カラオケのキーの合わせ方!調整して彼の前でも気持ち良く歌える方法は?

キーが高い曲をカラオケで歌う時には、自分が歌いやすいキーに調整するのがおすすめです。カラオケでのキーの合わせ方を解説しますので、お気に入りの曲を自分のキーに調整して気持ちよく歌ってみましょう!キーの合わせ方が分かれば、高い音が続くような難しい女性ボーカルの歌も、低い音の多い男性ボーカルの歌も、好きな歌を選んで楽しく歌うことが出来て、カラオケが一層楽しくなります。

カラオケのキーの合わせ方!調整して彼の前でも気持ち良く歌える方法は?

目次

  1. キーが合わなくて歌いたい曲が歌えない!
  2. カラオケのキーをマスターしてもっと楽しもう
  3. 曲の「キー」ってどういうこと?
  4. 原曲キーと標準キーを使いこなそう
  5. それでも歌いづらいならキー調整を!
  6. カラオケのキー調整の基本方法
  7. パターンに合わせてキーの合わせ方を知ろう
  8. キーの高い曲を簡単に歌いやすくする方法
  9. 原曲のイメージを変えたくないなら
  10. 男性ボーカルの曲を女性が歌う方法
  11. 女性ボーカルの曲を男性が歌う方法
  12. 自分が出せる音域をチェックしてみよう
  13. 歌いたい曲の音域をチェックしてみよう
  14. キーを変えても採点カラオケには影響なし
  15. これでカラオケはもっと楽しめる!

キーが合わなくて歌いたい曲が歌えない!

カラオケでの定番のお悩み

カラオケは、好きな曲を思いっきり歌えて楽しいですし、ストレス発散にもなります。一人カラオケで自由に歌ったり、大勢で盛り上がって歌ったりと、様々な楽しみ方が出来るのも良いところです。そんなカラオケでよく聞かれる悩みが、高い声または低い声が上手く出せず、歌いたい歌を満足に歌いきれないというお悩みです。

プロの歌手の人は音域が広く、難しい歌を歌いこなす技術があります。そのプロの歌手の技術で歌われている歌は、ただ聴いている時には自分にも歌えるような感じがするかもしれませんが、いざ私たちが歌おうとすると、どうしても難しい部分や、音域の限界があるものです。

好きな曲のキーが高いからといって、高い声を無理して出し続けていると、喉に大きな負担がかかりますし、声が枯れてしまうこともあります。カラオケボックスの室内は乾燥していることが多いので、ただでさえ喉には負担がかかりがちです。せっかくの楽しいカラオケで、喉を壊して声が枯れてしまうのでは、その後が大変です!

カラオケのキーをマスターしてもっと楽しもう

歌いたい曲やお気に入りの曲の音程が、高すぎたり低すぎたりして歌いづらい場合には、カラオケの機械に搭載された機能を使ってキーを調整するのがおすすめです。曲が盛り上がるサビの部分で高い声が出なかったり、逆に曲の入りの落ち着いたメロディーで低い声が出なかったりすると、歌っていてイマイチ気持ちが良くありません。

しかし、キーを調整して自分の声で歌いやすいようにすると、曲の最初から最後まで気持ちよく歌えてとても楽しいです!ここから、カラオケでのキー調整の方法をご紹介していきます。様々な合わせ方のパターンがありますので、ぜひマスターしてもっとカラオケを楽しみましょう!

曲の「キー」ってどういうこと?

カラオケでのキー調整の方法について詳しく解説していく前に、そもそも曲の「キー」とはどういうことなのかをご説明します。少しでも音楽経験のある人にとっては馴染みのある言葉ですが、今まで特に音楽経験のない人にとっては、「キーを変える」ということが具体的にどういうことなのか、イメージがしづらいかもしれません。

「キー」とは、その曲全体の音の高さの事をいいます。曲にはそれぞれ基本となる音階があり、その音階の法則に従ってメロディーが出来ています。難しいことは分からなくても大丈夫なので、カラオケにおいては、「曲の音の高さのことだな」と分かっていればOKです。カラオケの機器に搭載された機能でキーを上げれば、曲の音の高さが全体に高くなります。

逆に、キーを下げれば音の高さが低くなります。この調整では、すべての音の高さが同じように上がったり下がったりするので、メロディーラインが崩れることはありません。キー調整をすれば、曲に登場する音の中で最も高い音や最も低い音の幅を変えることが出来ますから、自分にとって歌いやすい音域に調整することが出来るのです。

原曲キーと標準キーを使いこなそう

最も簡単な合わせ方!

カラオケの機器で曲の予約をする時や、画面に曲が表示された時に、「原曲キー」とか「標準キー」という言葉を目にしたことがあるでしょう。原曲キーとは、そのアーティストがCDなどで歌っている本来の音の高さの事をいいます。普段私たちがその曲を聴いている時のキーなので、最も馴染みのある音の高さです。

原曲キーだと、プロのアーティストと同じ音域で歌うことになるので、高い声や低い声が出しづらい人にとっては、歌いこなすのが難しい場合もあります。「標準キー」とは、一般の人に歌いやすいように、原曲キーから少し音程を調整されたキーの事です。

原曲キーでは歌いづらく、でもどのようにキーを調整したらいいのか分からないという人は、まず標準キーを試してみると良いでしょう。ただ、声の高さには個人差が大きいですので、標準キーが自分に合わないということもあります。

それでも歌いづらいならキー調整を!

原曲キーそのままで歌える場合や、標準キーの設定で問題なく歌える場合には、キーの調整は必要ありません。しかし、標準キーの設定が自分の声の音域に合わないのであれば、さらにキーを調整するのがおすすめです。まずは、カラオケでのキー調整方法の基本をおさえましょう。

カラオケのキー調整の基本方法

カラオケでのキー調整は、「+1」「ー1」もしくは「♯(シャープ)」「♭(フラット)」というような表示でボタンが設定されています。「+1」「♯」は音を半音上げる設定で、「ー1」「♭」は音を半音下げる設定です。半音とは、ピアノの鍵盤でいうと隣の鍵盤に移動することなので、例えば「ドからド♯」「ミからファ」は半音上がったことになります。

「+4」「+5」など、もっと大幅にキーを変えることも出来ます。例えば、キーを「+4」にした場合、曲のもともとの音程で「ド」だった音は、「ミ」に変わります。その曲に出てくる全ての音が、同じ幅で高くなるため、メロディーラインは変わることなく全体に音程が上がることになります。

パターンに合わせてキーの合わせ方を知ろう

カラオケのキー調整での「+1」「-1」「♯」「♭」の概念が分かったところで、さらに細かいパターンに分けて、曲のキーを調整する方法を見ていきましょう。自分の性別やアーティストの性別、どのように歌いづらいのかなど、様々な場合によっておすすめの合わせ方があります。

キーの高い曲を簡単に歌いやすくする方法

カラオケでのキーの合わせ方おすすめ①

プロの歌手の人は高い声を出す力があるので、私たちがカラオケで歌おうとするとその高さについていけないことが多いです。男性ボーカルの曲を男性が歌う場合や、女性ボーカルの曲を女性が歌う場合など、アーティストが自分と同性の場合には、キーをまず「-2(♭2)」か「-3(♭3)」くらいに設定して試してみると良いでしょう。

これくらい下げると、サビなど特に高音が登場しやすい部分も、大分楽に歌えるようになります。それでもまだ音が高い場合には、さらに下げてもOKです。ただ、あまり下げ過ぎると今度は低音が出しづらくなる場合もあります。よくある曲のパターンとしては、歌いだしの部分が比較的低音なので、歌い出しが歌いづらくならない程度に下げてみると良いでしょう。

原曲のイメージを変えたくないなら

カラオケでのキーの合わせ方おすすめ②

キーの設定を大きく変えると、原曲とはどうしても曲のイメージが変わります。曲のイメージを変えずに、少しでも歌いやすくキー調整をしたい場合には、「+1」「-1」など半音だけ変更するのがおすすめです。半音変えるだけなら、聴いていてあまり違和感がありません。

ただ、聴くイメージが変わらない分、歌う際の違いもとてもわずかです。「あと一歩の高音が出しづらい」「もう少し楽に歌いたい」という程度の調整でしたら、半音のみの変更で原曲のイメージを守るというのも良いでしょう。中には、半音だけの変更だと逆に音程を取りづらいという人もいます。自分に合わせた変更方法を探ってみましょう。

男性ボーカルの曲を女性が歌う方法

カラオケでのキーの合わせ方おすすめ③

男性ボーカルの曲をカラオケで女性が歌う場合には、キーが低くて歌いづらいと感じることが多いです。サビは歌えるけれど、歌い出しなど盛り上がりの少ない部分は特に低い音が多いです。どれくらいキーを上げれば歌いやすくなるのか分からない場合には、まず「+3(#3)」に設定して歌ってみるのがおすすめです。

それでもまだ低すぎるようなら、「+5(#5)」に上げてみましょう。声の高さや音域には個人差があるので、実際にカラオケで設定を変更して歌ってみて、自分に合うキーを探してみるのが一番です。お気に入りの曲は、自分に合うキーをあらかじめ覚えておけば、毎回スマートに設定して戸惑わずに歌うことが出来て良いでしょう。

男性ボーカルの曲を女性が歌う場合、かなりキーを上げないと歌えないということもあります。そんな時には、キーをプラスするのではなく、キーを少しだけマイナスに下げて、1オクターブ上で歌うというのもおすすめの方法です。1オクターブとは、基準にする「ド」から「ドレミファソラシド」と音階を上がった上の「ド」までの事をいいます。

つまり、同じ音名で一周高かったり低かったりする音の関係です。「+6」「+7」くらいにキーを変更していくと、原曲との違いがかなり大きくなってきます。それよりもむしろ、「-1」「-2」くらいの変更で1オクターブ上で歌った方が、原曲のイメージから大きく変わることなく、歌いやすくアレンジできておすすめです。

女性ボーカルの曲を男性が歌う方法

カラオケでのキーの合わせ方おすすめ④

女性ボーカルの曲をカラオケで男性が歌う場合には、キーが高くて歌いづらいでしょう。キーを調整するなら、まずは「-3(♭3)」くらいで試してみるのがおすすめです。もしくは、原曲キーのままで1オクターブ下で歌ったり、「+1」「+2」くらいにして1オクターブ下で歌うというのもおすすめの方法です。

自分が出せる音域をチェックしてみよう

カラオケでのキーの合わせ方おすすめ➄

カラオケでのキー調整の方法について解説してきましたが、そもそも自分がどれくらいの音域の声を出せるのか、どの曲が自分にとってキーが高い曲なのかが分からないという人もいるでしょう。カラオケの機種によっては、自分の声の音域を調べることが出来るものがあります。

例えば、カラオケ機種「LIVE DAM」のDAMボイストレーニングのコンテンツに「声域チェック」というものがあり、これを使うと自分の声域がどれくらいなのかが分かります。また、「LIVE DAM」「LIVE DAM STADIUM」「JOY SOUND MAX」などのカラオケ機種は、採点モードの結果が精密で詳しいので、自分の声域がどこまでだったのかを表示してくれて分かりやすいです。

カラオケの曲が始まるときに、その曲の音域を表示してくれるカラオケ機種もあり、結果的にその音域を歌えたかどうかの表示もされるので、それで自分の声域を把握するという手もあります。さらに、このようなカラオケの機能を使わなくても、もっと手軽に自分の声域を確認する方法があります。それは、実際に「あー」と声を出して、自分が出せる最高音と最低音を確認するという方法です。

音階が分からない場合には、ピアノなど楽器を使って、その音に合わせて発声してみると良いでしょう。楽器が自宅に無くても、最近はスマートフォンの無料アプリで簡単にピアノの音を出すことが出来ますので、そのような機能を活用すると便利です。この調べ方をする時には、「無理をしなくても発声できる範囲」を確認することが大切です。

歌いたい曲の音域をチェックしてみよう

カラオケでのキーの合わせ方おすすめ⑥

自分がどれだけ高い音や低い音を出せるのかが分かったら、自分にとって歌いやすい曲と歌いにくい曲を判断しやすくなります。曲の音域は、ネットで調べると簡単に調べることが出来ます。また、カラオケの機種によっては、選曲する時の画面や、曲が流れ始めた時の画面に、その曲に出てくる音の高さの範囲が表示されます。

このような情報を参考にして、自分が歌うためにキー調整が必要かどうかを判断すると良いでしょう。自分の出せる音域が分かっていれば、カラオケで実際に歌いながら慌ててキー調整をしなくても、歌い始める前にサッと自分向きのキーに変更することが出来ます。

キーを変えても採点カラオケには影響なし

カラオケに行くのが好きな人の中には、採点カラオケで高得点を狙うことを楽しみにしているという人もいるでしょう。原曲キーからキーを変えてしまうと、採点に悪影響が出るのでは?と心配する人もいるかもしれませんが、キー調整をしたからといって採点結果が下がったりする心配はありません。

カラオケの採点モードではもちろん「音程」の評価項目がありますが、これは正しいメロディーラインに合っているかどうかが重要です。つまり、キーを上げたり下げたり変更した場合、変更後のメロディーラインが正しいということで採点されますので、そのキーで歌えば採点内容は変わらないのです。

むしろ、発声に無理のある原曲キーで歌うよりも、自分の歌いやすいキーに調整して歌った方が、正確な音程が取れたり良い声が出せたりして、採点結果が良くなる可能性もあります。採点カラオケで高得点を狙うなら、自分にとってベストなキー設定を研究するのも良い方法でしょう。

これでカラオケはもっと楽しめる!

カラオケでのキーの合わせ方について解説してきました。気持ちよく歌って楽しみたいカラオケで、思うように高い声が出せなかったりすると、イマイチ楽しみきれません。キー調整の方法を知っていれば、もっと自由に好きなように色々な歌を歌うことが出来て、カラオケの楽しみが大きく広がります。

男性ボーカルの曲を女性が歌ったり、女性ボーカルの曲を男性が歌ったり、選曲の幅もとても広がりますので、ぜひカラオケでのキー調整の方法をマスターして、思いっきり好きな歌を歌って下さいね!また、上手く歌えずに困っている人がいたら、教えてあげると喜ばれるでしょう。

カラオケについて合わせて読みたい記事はこちら

Thumbカラオケで100点を出す方法!裏ワザやコツ・出やすい曲で彼を驚かせよう | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbカラオケの音程の合わせ方!正確な取り方や音痴を治す練習方法は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbカラオケで歌いやすい曲・女性編!音痴も気にならないおすすめソングは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-21 時点

新着一覧