Bluetoothマウスのおすすめ11選!ワイヤレスの違いと接続方法

Bluetoothマウスを探している方で、かなりの数が合ってわからなくなっている方も多いでしょう。しかし自分自身の使い方にあっているBluetoothマウスでなければ意味がありませんよね?そんな悩んでいる方のために、Bluetoothマウスのおすすめな選び方やおすすめな商品を11選ご紹介していきます。そのご紹介する商品の詳細や、値段などの面でも詳しくご説明しますので、購入の際の参考にしてみてくだい。

Bluetoothマウスのおすすめ11選!ワイヤレスの違いと接続方法

目次

  1. Bluetoothマウスのおすすめ商品が欲しい!
  2. Bluetoothマウスとワイアレスマウスの違いと接続方法とは?
  3. 失敗しないBluetoothマウスのおすすめの選び方は?
  4. ワイヤレスで無線接続できるBluetoothマウス11選をご紹介!
  5. 1選目:充電速度が速い「バッファロー BSMBB500S」
  6. 2選目:充電時間が短い「ロジクール MX2100s」
  7. 3選目:シンプル!「Apple Magic Mouse 2 MLA02J/A」
  8. 4選目:滑らかに動く「ロジクール MXAnywhere2™ ワイヤレスモバイルマウス MX1500」
  9. 5選目:周波数で接続「エレコム ワイヤレスマウス M-FPG3DBSBK」
  10. 6選目:超コンパクト「エレコム ワイヤレスマウス M-FCC2BRSBK」
  11. 7選目:超薄型「FENIFOX Bluetooth 超薄型 ワイヤレスマウス」
  12. 8選目:ボタン設定で快適に「ロジクール トライアスロンマウス M720」
  13. 9選目:省エネん機能がおすすめ「マイクロソフト Designer Bluetooth Mouse 7N5-00011」
  14. 10選目:電池も長持ち「ロジクール ワイヤレスマウス M545」
  15. 11選目:簡単接続「マイクロソフト Sculpt Touch Mouse」
  16. 自分に合っているBluetoothマウスを選ぼう!

Bluetoothマウスのおすすめ商品が欲しい!

Bluetoothマウスには様々な商品が登場しており、その中から自分自身にあっているものを選ぶことはかなり難しいです。そんなBluetoothマウスの選び方や違いなどを詳しくご紹介しつつ、おすすめなBluetoothマウスを11選ご紹介しますので、ぜひ参考にして見てくださいね。

Bluetoothマウスとワイアレスマウスの違いと接続方法とは?

さすだけで使える「USBレシーバー式」

無線マウスには二種の種類が存在しています。USBレシーバーは基本的に接続が簡単で、PC本体がそのマウスに対応していればさすだけで、使うことができる様になります。特にソフトのダウンロードなどは必要ありません。

本体設定で接続する「Bluetooth式」

Bluetoothマウスの場合、本体設定からBluetoothの設定を設定して、マウスとPCを接続してあげる必要があります。もともとBluetooth機能が備わっていないと使うことができません。本体設定や購入時の説明書を読んで対応しているのかを、確認しておきましょう。

失敗しないBluetoothマウスのおすすめの選び方は?

パッド不要の「ブルーLED式」

かなり優秀なタイプのマウスに備わっている「ブルーLED式」です。特徴としては、埃や小さな凸凹までも判別することができる性能を持っており、マウスパッドなしでも使用できます。透明なガラスなどの上では使用できないので、注意が必要ですが他の場所では使えます。

パットが必要な「レッドLED式」

安価で購入しやすいタイプのマウスに多い「レッドLED式」です。真っ白な面、市松模様などのマウスパッドには反応しない様になっているので、マウスパッドの種類を考えて使う必要があります。無地のマウスパッドがおすすめでしょう。

省エネ効果「IR LED式」

マウスの使用頻度がとても多く、充電などを少なくしたい方におすすめです。圧倒的に消費電力が少ないので、一つでかなりの期間動いてくれます。光学式と性能は変わりませんが、コスパの面でも手間の面でもおすすめと言えるでしょう。

動きがスムーズ「レーザー式」

人の視界では認識できないレーザーを出しており、様々な場所で使うことができますが、ガラスの上では使用できないので覚えておきましょう。正確な動きに定評があるので、しっかりと動かしたい時などにおすすめです。ゲームなどにも向いているものが多いでしょう。

大きさや形にはこだわろう!

自分自身の手のひらのサイズに合っていないマウスは、無駄に疲れを招いてしまうのでしっかりと、使う種類を選びましょう。まずは一度持って見ることがおすすめですので、ネットでの購入は控えたほうがいいでしょう。慣れている方であればいいですが、初心者は危険です。

ワイヤレスで無線接続できるBluetoothマウス11選をご紹介!

Bluetoothマウスのおすすめな選び方や違いをご紹介した次は、おすすめなBluetoothマウスを11選でご紹介していきます。様々なマウスがありますが、商品のスペックなどを詳しくご紹介しますので、しっかりと考えて選ぶ参考にして見てくださいね。

1選目:充電速度が速い「バッファロー BSMBB500S」

ワイヤレスで無線接続できるおすすめBluetoothマウス1選目

ワイヤレスで簡単に無線接続ができる、おすすめなBluetoothマウス11選中、1選目は「バッファロー」から販売されている「バッファロー BSMBB500S」というおすすめなBluetoothマウスです。「バッファロー BSMBB500S」のおすすめなBluetoothマウスの電源の種類は「充電式」と、なっており読み取り形式は「レーザー式」を採用しています。

ハイスピード機能を搭載しているので、3分〜4分程度充電するだけで1日使うことができるおすすめBluetoothマウスです。おすすめなBluetoothマウスの性能値(分解能)は、「200~4,000dpi(50単位で設定可能)」という設計で本体重量は「145g」です。「バッファロー BSMBB500S」の値段は「12616円」となっています。最大接続数も3台となっているので、面倒な設定をいちいちする必要がありません。

2選目:充電時間が短い「ロジクール MX2100s」

ワイヤレスで無線接続できるおすすめBluetoothマウス2選目

ワイヤレスで簡単に無線接続ができる、おすすめなBluetoothマウス11選中、2選目は「ロジクール」から販売されている「ロジクール MX2100s」というおすすめなBluetoothマウスです。「ロジクール MX2100s」のおすすめなBluetoothマウスの電源の種類は「充電式」と、なっており読み取り形式は「レーザー式」を採用しています。短時間の充電でかなり稼働してくれるマウスです。

おすすめなBluetoothマウスの性能値(分解能)は、「200~4,000dpi」という設計で本体重量は「145g」というおすすめなBluetoothマウスです。「ロジクール MX2100s」の値段は「12616円」となっていますので、気になる方は購入して見ましょう。自然に手に馴染む様な設計になっているので、ストレスを少なく使用することが可能になっているおすすめBluetoothマウスです。

3選目:シンプル!「Apple Magic Mouse 2 MLA02J/A」

ワイヤレスで無線接続できるおすすめBluetoothマウス3選目

ワイヤレスで簡単に無線接続ができる、おすすめなBluetoothマウス11選中、3選目は「Apple」から販売されている「Apple Magic Mouse 2 MLA02J/A」というおすすめなBluetoothマウスです。「Apple Magic Mouse 2 MLA02J/A」のおすすめなBluetoothマウスの電源の種類は「充電式」と、なっており読み取り形式は「レーザー式」を採用しています。

おすすめなBluetoothマウスの性能値(分解能)は、「1000dpi」という設計で本体重量は「99g」というおすすめなBluetoothマウスです。「Apple Magic Mouse 2 MLA02J/A」の値段は「8,640円」となっていますので、気になる方は購入して見ましょう。マウス自体にタッチパネルが搭載されており、それによってタッチ操作も可能な万能マウスです。マックが好きな方は使用している方が多いでしょう。

4選目:滑らかに動く「ロジクール MXAnywhere2™ ワイヤレスモバイルマウス MX1500」

ワイヤレスで無線接続できるおすすめBluetoothマウス4選目

ワイヤレスで簡単に無線接続ができる、おすすめなBluetoothマウス11選中、4選目は「ロシクール」から販売されている「ロジクール MXAnywhere2™ ワイヤレスモバイルマウス MX1500」というおすすめなBluetoothマウスです。「ロジクール MXAnywhere2™ ワイヤレスモバイルマウス MX1500」は「充電式」と、なっており読み取り形式は「レーザー式」を採用しています。

おすすめなBluetoothマウスの性能値(分解能)は、「1000dpi」という設計で本体重量は「106g」というおすすめなBluetoothマウスです。「ロジクール MXAnywhere2™ ワイヤレスモバイルマウス MX1500」の値段は「8,699円」となっていますので、気になる方は購入して見ましょう。マウスに備わっている機能が多彩なので、使っているとどんどんと作業を効率化することができます。

5選目:周波数で接続「エレコム ワイヤレスマウス M-FPG3DBSBK」

ワイヤレスで無線接続できるおすすめBluetoothマウス5選目

ワイヤレスで簡単に無線接続ができる、おすすめなBluetoothマウス11選中、5選目は「エレコム」から販売されている「エレコム ワイヤレスマウス M-FPG3DBSBK」というおすすめなBluetoothマウスです。「エレコム ワイヤレスマウス M-FPG3DBSBK」のおすすめなBluetoothマウスの電源の種類は「電池式」と、なっており読み取り形式は「BlueLED式」を採用しています。

おすすめなBluetoothマウスの性能値(分解能)は、「1600dpi」という設計で本体重量は「51グラム」というおすすめなBluetoothマウスです。「エレコム ワイヤレスマウス M-FPG3DBSBK」の値段は「1,999円」となっていますので、気になる方は購入して見ましょう。ウェブ作業を効率化してくれるので、しっかりと使いこなすこととで、使っている人の味方になることでしょう。

6選目:超コンパクト「エレコム ワイヤレスマウス M-FCC2BRSBK」

ワイヤレスで無線接続できるおすすめBluetoothマウス6選目

ワイヤレスで簡単に無線接続ができる、おすすめなBluetoothマウス11選中、6選目は「エレコム」から販売されている「エレコム ワイヤレスマウス M-FCC2BRSBK」というおすすめなBluetoothマウスです。「エレコム ワイヤレスマウス M-FCC2BRSBK」は「充電式」となっています。

おすすめなBluetoothマウスの性能値(分解能)は、「1200dpi」という設計で本体重量は「40g」というおすすめなBluetoothマウスです。「エレコム ワイヤレスマウス M-FCC2BRSBK」の値段は「2,399円」となっていますので、気になる方は購入して見ましょう。とてもコンパクトで使いやすいので、女性の方から大人気のマウスだと言われています。

7選目:超薄型「FENIFOX Bluetooth 超薄型 ワイヤレスマウス」

ワイヤレスで無線接続できるおすすめBluetoothマウス7選目

ワイヤレスで簡単に無線接続ができる、おすすめなBluetoothマウス11選中、7選目は「FENIFOX」から販売されている「FENIFOX Bluetooth 超薄型 ワイヤレスマウス」というおすすめなBluetoothマウスです。「FENIFOX Bluetooth 超薄型 ワイヤレスマウス」のおすすめなBluetoothマウスの電源の種類は「充電式」と、なっており読み取り形式は「光学式」を採用しています。

おすすめなBluetoothマウスの性能値(分解能)は、「800/1200/1600dpi(切り替え可能)」という設計で本体重量は「45g」というおすすめなBluetoothマウスです。「FENIFOX Bluetooth 超薄型 ワイヤレスマウス」の値段は「2,137円」となっていますので、気になる方は購入して見ましょう。

左右どちらが利き手でも、使うことができるマウスなので、選ぶ必要がありません。気分によって切り替えても使うことがでるBluetoothマウスです。

8選目:ボタン設定で快適に「ロジクール トライアスロンマウス M720」

ワイヤレスで無線接続できるおすすめBluetoothマウス8選目

ワイヤレスで簡単に無線接続ができる、おすすめなBluetoothマウス11選中、8選目は「ロジクール」から販売されている「ロジクール トライアスロンマウス M720」というおすすめなBluetoothマウスです。「ロジクール トライアスロンマウス M720」のおすすめなBluetoothマウスの電源の種類は「電池式」と、なっており読み取り形式は「光学式」を採用しています。

おすすめなBluetoothマウスの性能値(分解能)は、「1000dpi」という設計で本体重量は「82グラム」というおすすめなBluetoothマウスです。「ロジクール トライアスロンマウス M720」の値段は「6201円」となっていますので、気になる方は購入して見ましょう。サイドボタンがしっかりとついているので、複数の作業を同時にこなす時に向いているBluetoothマウスです。

9選目:省エネん機能がおすすめ「マイクロソフト Designer Bluetooth Mouse 7N5-00011」

ワイヤレスで無線接続できるおすすめBluetoothマウス9選目

ワイヤレスで簡単に無線接続ができる、おすすめなBluetoothマウス11選中、9選目は「マイクロソフト」から販売されている「マイクロソフト Designer Bluetooth Mouse 7N5-00011」というおすすめなBluetoothマウスです。「マイクロソフト Designer Bluetooth Mouse 7N5-00011」は「電池式」と、なっており読み取り形式は「BlueLED式」を採用しています。

おすすめなBluetoothマウスの性能値(分解能)の本体重量は「57グラム」です。「マイクロソフト Designer Bluetooth Mouse 7N5-00011」の値段は「2,719円」となっていますので、気になる方は購入して見ましょう。様々な場所で簡単に操作ができるマウスなので、カフェなどの簡易的な場所でも、しっかりと作業をすることができます。

10選目:電池も長持ち「ロジクール ワイヤレスマウス M545」

ワイヤレスで無線接続できるおすすめBluetoothマウス10選目

ワイヤレスで簡単に無線接続ができる、おすすめなBluetoothマウス11選中、10選目は「ロジクール」から販売されている「ロジクール ワイヤレスマウス M545」というおすすめなBluetoothマウスです。「ロジクール ワイヤレスマウス M545」のおすすめなBluetoothマウスの電源の種類は「電池式」と、なっており読み取り形式は「レーザー式」を採用しています。

おすすめなBluetoothマウスの性能値(分解能)は、「1000dpi」という設計で本体重量は「154g(電池含まず)」というおすすめなBluetoothマウスです。「ロジクール ワイヤレスマウス M545」の値段は「2,200円」となっていますので、気になる方は購入して見ましょう。キーボードもマウスも簡単に接続できるので、とても優れものなマウスと言えます。

11選目:簡単接続「マイクロソフト Sculpt Touch Mouse」

ワイヤレスで無線接続できるおすすめBluetoothマウス11選目

ワイヤレスで簡単に無線接続ができる、おすすめなBluetoothマウス11選中、11選目は「マクロソフト」から販売されている「マイクロソフト Sculpt Touch Mouse」というおすすめなBluetoothマウスです。「マイクロソフト Sculpt Touch Mouse」のおすすめなBluetoothマウスの電源の種類は「電池式」と、なっており読み取り形式は「光学式」を採用しています。

おすすめなBluetoothマウスの性能値(分解能)は、「1000dpi」という設計で本体重量は「55g」というおすすめなBluetoothマウスです。「マイクロソフト Sculpt Touch Mouse」の値段は「3,500円」となっていますので、気になる方は購入して見ましょう。マイクロソフトから販売されているマウスなので、ウィンドウズ系パソコンと相性がいいです。迷っている方は一度使って見ましょう。

自分に合っているBluetoothマウスを選ぼう!

Bluetoothマウスには様々なものが販売されており、その種類は自分自身の使い方によって切り替えることが重要です。その使い方や機能は無限大で、自分の設定次第でかなり性能が大きく変化します。

そういった部分を使用者がしっかりと理解していないと、どんなにいいマウスでも宝の持ち腐れになってしまいます。自分自身にはどの様な効果が必要なのかを、しっかりと考えてから購入するといいでしょう!

Bluetoothに関する他の記事が気になる方はこちら

ThumbBluetooth機器の充電はどうするの?充電方法や充電時間まとめ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
ThumbBluetoothのテザリングとは?設定方法を紹介!【スマホ】 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
ThumbBluetoothが繋がらない時の原因と対処法!【iphone】 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-21 時点

新着一覧