気になるシミを消したい人は必見!おすすめのスキンケア方法を紹介!

シミを消したいならどのようなスキンケアをすればいいの?しっかりシミ対策をしていたのにもかかわらず、シミができてしまった方、若いうちにシミ対策を怠った結果シミで悩んでいる方はどうにかしてシミを消したいですよね。シミを消したいけどなかったことにでいるのか?気になりますよね。そこで、気になるシミにおすすめのスキンケア方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

気になるシミを消したい人は必見!おすすめのスキンケア方法を紹介!

目次

  1. 一度できてしまったシミを消したい!
  2. シミが出来てしまう原因とは?
  3. シミの種類を知ろう!
  4. シミ消しクリームを使う
  5. シミ消したいおすすめクリーム
  6. ピーリングケアをする
  7. 美白化粧品を使う
  8. シミ消したいおすすめ美白化粧品
  9. シミを消したい美白化粧品の効果的な使い方
  10. シミに効果的なサプリメントを摂取する
  11. 紫外線を対策してシミを増やさないことが大切
  12. 洗顔時の摩擦を減らす
  13. 質のよい睡眠を心がける
  14. クリニックやエステサロンに通う
  15. 毎日のケアでシミを消そう!

一度できてしまったシミを消したい!

しっかり日焼け止めを塗っているのになぜかシミができてしまい悩んでいる方も多いのではないでしょうか?できてしまったシミを消したいと思い美白化粧品でケアしているにのなかなかシミが消えないなんてこともあります。一度できてしまうとなかなか消すことが難しい厄介な肌悩みの一つでもあるシミですが、どのような方法で消すことができるのか?気になる方も多いでしょう。

一度できてしまったシミをどうにかして消したい方必見です。この記事では、頑固なシミの消し方や種類をご紹介します。なかなか消えずにもう諦めていたという方はぜひ参考にしてください。

Thumbシミ消しクリームおすすめランキング!美白効果がある人気の商品は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

シミが出来てしまう原因とは?

そもそも、シミはなぜできてしまうのでしょうか?美白ケアをしているのに、毎日日焼け止めを塗って紫外線対策をしているのになぜかシミができてしまうと悩んでいる方は、シミができてしまう原因についても少し見ておきましょう。

紫外線による影響

シミができてしまう原因の一つは、紫外線による影響です。これは誰もが知っていることではありますね。紫外線は肌の奥にまで到達してメラニンを刺激し、シミを作り出します。シミとなる紫外線は室内まで届くことはないのですが、屋内にいるときでもしっかり日焼け止めを塗ってシミ対策をする必要があります。

日焼け止めの使い方を間違っている

シミができてしまう原因として、日焼け止めの使い方を正しく行えていない方が意外に多いということです。これは、日焼け止めをしっかり塗っているのにシミができてしまうと悩んでいる方の原因ともいえそうですね。日焼け止めにも効果的な正しい使い方があるので、自己流になっている方は日焼け止めの正しい使い方を今一度確認してくださいね。

ターンオーバの乱れ

紫外線の影響のほかにも、お肌のターンオーバーが乱れることで肌に古い角質がたまり、メラニンが蓄積されるなどの原因もあります。お肌のターンオーバーが乱れると、肌がざらついたり、ニキビができたり、毛穴つまりなどあらゆる肌悩みを引き起こします。しっかり日焼け止めを塗っているのに、美白ケアをしているのにシミが改善されないと悩んでいる方はお肌のターンオーバーが乱れている可能性があります。

Thumbシミ対策におすすめの美容液を紹介!美白成分配合の売れ筋ランキング! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

シミの種類を知ろう!

紫外線ダメージによる老人性色素斑

一番多いシミ悩みは、紫外線の影響による老人性色素斑です。紫外線の影響でできるシミは、昨日浴びた紫外線のシミがいきなり現れるのでなく、これまで浴びた紫外線のシミが肌表面に出てきます。顔の中でも紫外線を浴びやすい鼻や頬など高い位置にシミができることが多いです。また、シミの輪郭がはっきりしているのも特徴です。

女性ホルモンの乱れにによる肝斑

女性ホルモンの乱れによる肝斑は、目の下左右対称にできるのが特徴です。シミの輪郭がはつきりせずに肌との境がないのが特徴です。ぼんやりくすんでいるようにも見えます。

遺伝性の強い雀卵斑

遺伝性の強い雀卵斑は、ソバカスのことをいいます。ソバカスは、生まれつきのものが多いので、改善することが難しいとも言われています。遺伝的なものと、紫外線によるダメージでできるシミもあります。ソバカスがある方は、紫外線の影響も受けやすいのでしっかり紫外線対策を行いましょう。

ニキビ跡やレーザー治療による炎症後色素沈着

炎症色素沈着によるシミは、ニキビ跡やレーザー治療による炎症でできてしまうことが多いです。間違ったケアや、ニキビ跡を放置してしまうと炎症によるシミがそのまま定着してしまうので、早めのケアが大切です。

Thumbシミに効果的な化粧水おすすめは?今日からできる予防と対策方法を紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

シミ消しクリームを使う

シミ消したいおすすめ方法と種類①

シミ消したいおすすめ方法と種類①は、シミ消しクリームを使うことです。シミ消しクリームとは、できてしまったシミのクリームを塗ることでシミを効果的に消すことができるとされているクリームです。シミに有効的な成分がシミの元に届いてシミを改善してくれます。シミ消しクリームは、シミを消すことを認められたクリームなので、美白化粧品よりも効果的にシミを消すことができそうです。

シミ消しクリームの選び方

シミ消しクリームの選び方ですが、まずは美白有効成分が含まれているかどうか確認しましょう。シミ消しクリームには、国が認めた美白有効成分が含まれていることが前提です。美白有効成分は、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、リノール酸、プラセンタエキスなどがあります。これらの美白有効成分がきちんと配合されているかチェックしましょう。

Thumbシミを消す化粧品のドラッグストア人気ランキング!美白効果が一番あるのは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

シミ消したいおすすめクリーム

ケシミンクリーム

ケシミンクリームは、美白有効成分として「ビタミンC誘導体」を配合しているので、角質層のすみずみまでじっくり浸透しメラニンの生成を抑えてシミを防いでくれます。さらに、血行を促進させるビタミンEを配合しているので、Wの美容成分の効果でシミを改善してくれます。

ビーグレン・QuSomeホワイトクリーム1.9

ビーグレン・QuSomeホワイトクリーム1.9は、進化した美白成分「ハイドロキノン」を配合しており、悩める紫外線ダメージにアプローチしてシミを防いでくれるクリームです。ビーグレンは美白ケアができる化粧品シリーズが人気で、できてしまったシミも効果的にケアしてくれると口コミでも話題の化粧品シリーズです。集中ケアすることで、シミを目立たなくすることができるクリームです。

Thumbシミ対策におすすめ化粧品ランキング!自分でできるスキンケア方法を紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ピーリングケアをする

シミ消したいおすすめ方法と種類②

シミ消したいおすすめ方法と種類②は、ピーリングケアです。ピーリグケア、自宅でもできますし、エステサロンで受けることもできます。ピーリングケアをすることで肌の代謝がアップし、ターンオーバーも促されて、角層に蓄積されたメラニンを排出することができます。他にも、肌のくすみが改善されるなど、肌の透明感がアップすることでシミが目立ちにくくなります。

自宅でやるならウォーターピーリングがおすすめ

自宅でできるピーリングケアなら、ウォーターピーリングがおすすめです。洗顔料や化粧品を使ってピーリングする方法もありますが、肌への刺激が気になるなどリスクもあるので不安に感じる方も多いです。ウォーターピーリングなら、水と超音波の力だけで古い角質を取り除き、ピーリングケアをすることができるのでおすすめです。

Thumbケシミンクリームの効果は?口コミで検証!成分や使い方も調査! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

美白化粧品を使う

シミ消したいおすすめ方法と種類③

シミ消したいおすすめ方法と種類③は、美白化粧品を使ってケアすることです。美白化粧品にも、シミ消しクリームと同じように美白有効成分が含まれているので、メラニンの生成を制御し、シミを防ぐことができます。

また、できてしまったシミを改善することができるとも言われている美白有効成分が含まれた化粧品を毎日使うことでシミを薄くすることが目指せます。美白化粧品の中には、シミを消すことができると認定されているものもあります。

美白化粧品の選び方

美白化粧品の選び方ですが、まず美白有効成分が含まれたものを選びましょう。できてしまったシミの効果的な美白有効成分は、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、4MSKなどがあります。他にも、肌の潤いをキープしてくれ保湿成分が含まれたものを選びたいですね。シミを改善するには肌のうるおいも欠かせません。

シミ消したいおすすめ美白化粧品

HAKU・メラノフォーカスV

HAKU・メラノフォーカスVは、メラニン色素の過剰生成を効果的に抑える「4MSK」と、メラノサイトの活性化を効果的に抑える「m-トラネキサム酸」を配合した美白美容液です。HAKU・メラノフォーカスVは、美白ケアはもちろんうるおいをたっぷり与え、乾燥を防いでくれる保湿効果も期待できます。

パーフェクトワン・薬用ホワイトニングジェル

パーフェクトワン・薬用ホワイトニングジェルは、美白有効成分「アルブチン・トラネキサム酸」を配合した美白ジェルです。紫外線による肌ダメージを防ぎ、メラニンの生成を抑制してシミを防いでくれます。薬用ホワイトニングジェルは、これ1つで化粧水、乳液、クリーム、美容液、パック、化粧下地の6つの機能を備えたオールインワンジェルなので、スキンケアの時間を短縮したい方にもおすすめのアイテムです。

シミを消したい美白化粧品の効果的な使い方

毛穴の汚れをしっかり落とす

どれだけいい化粧品を使っても、毛穴に汚れが詰まっていると美白有効成分も肌の奥まで届かずに本来の化粧品のスキンケア効果も得られなくなるので、しっかり毛穴の汚れを落としておくことが大切です。毛穴には、メイクや空気中の汚れが詰まりやすいので、毎日の洗顔でしっかり毛穴の汚れを落とすことが大切です。毛穴のつまりが気になる方は、定期的に毛穴洗浄をして美肌を目指しましょう。

化粧水はコットンパックする

最近人気のケア方法としては、コットンパックです。コットンパックは、化粧水をコットンに浸しておでこや頬にコットンを貼り付けてパックする方法です。シートパックを使わなくてもこれだけでもパック効果があるのでおすすめです。

シミが気になる部分に美容液を重ね塗りする

できてしまった気になるシミがある部位は、美容液やクリームを重ね塗りしましょう。美容液や美容クリームには豊富に美容成分が含まれているので、気になるシミに重ね塗りすることで成分がシミの元に届きやすく、効果的にシミを改善することができます。

Thumbアットノンは顔のシミにも効く?黒ずみや色素沈着、ほくろにも効くの? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

シミに効果的なサプリメントを摂取する

シミ消したいおすすめ方法と種類④

シミ消したいおすすめ方法と種類④は、シミに効果的なサプリメントを摂取することです。今は色々な種類のサプリメントがたくさんあります。中にサプリメントを飲んで日焼け対策をするものなどもあります。サプリメントを摂取することで、体の内側からアプローチし、シミを改善していくのも効果的です。サプリメントに限らず、ビタミンCが豊富に含まれた食べ物を食べることもおすすめです。

サプリメントでシミを改善するならビタミンCがおすすめです。その他にもビタミンEやプラセンタなどもお肌を活性化させてくれるのでおすすめです。サプリメントは目的に合わせて摂取のしすぎには注意しましょう。

紫外線を対策してシミを増やさないことが大切

シミ消したいおすすめ方法と種類⑤

シミ消したいおすすめ方法と種類⑤は、紫外線を対策してシミを増やさないことです。できてしまったシミをどうにか消したいと思う方が多いので、つい日焼け止めを塗り忘れたり、紫外線を気にしない方もいます。できてしまったシミを改善しつつ、これから新しくシミを作らないためにも毎日の紫外線対策をしっかりと行いましょう。

紫外線は容赦なく肌に降り注いできます。1日日焼け対策を忘れただけでもメラニンを刺激してシミを増やそうとするので、しっかりシミ対策をしましょう。シミ対策に遅い時期などありません。もうシミができているから今更やったもしょうがないなど思わずに、これ以上増やさないようにと前向きに対策ができるといいですね。

洗顔時の摩擦を減らす

シミ消したいおすすめ方法と種類⑥

シミを消したいおすすめと種類⑥は、洗顔時の摩擦を減らすことです。シミは、紫外線によるダメージ以外にも、乾燥による刺激、洗顔時の摩擦によるダメージなどが原因でシミができることがあります。肌を刺激することでメラノサイトが肌を守ろうと働き出し、メラニンを刺激してシミができてしまうので、洗顔時に肌を擦りすぎていないか?洗顔のしすぎで肌を痛めていないか?今一度確認してみましょう。

正しい洗顔方法

正しい洗顔方法は、しっかりとあわ立てて肌をこすらないように洗顔することです。弾力の良い洗顔料を選ぶことも大切です。洗顔はしっかりした泡が作れないと意味がありません。洗顔方法に合わせて良い洗顔料を選べるかどうかもポイントです。また、洗顔は1分くらいで切り上げるのがベストです。あまり洗いすぎると肌を傷めてしまいますし、肌に必要な皮脂まで落としてしまうので注意しましょう。

質のよい睡眠を心がける

シミ消したいおすすめ方法と種類⑦

シミ消したいおすすめ方法と種類⑦は、質の良い睡眠を心がけることです。毎日しっかり睡眠を取ることで、お肌のターンオーバーを促すことができます。逆に寝不足や質の良い睡眠が取れないと、お肌のターンオーバーが乱れてしまうので、古い角質がたまり、メラニン色素も上手く押し出せずに肌に残ってシミとなってしまいます、なので、お肌のターンオーバーを促すためにもしっかり睡眠を取ることが大切です。

夜の10〜2時はお肌のゴールデンタイムとも言われているので、この時間には就寝できるのが理想ですね。寝ている間はお肌も1日にダメージを修復している大切な時間になるので、しっかり睡眠をとってお肌を修復させましょう。

クリニックやエステサロンに通う

シミ消したいおすすめ方法と種類⑧

シミ消したいおすすめ方法と種類⑧は、クリニックやエステサロンに通うのもおすすめです。シミはとても厄介なものなので、自宅だけのケアでの改善は難しいこともあります。そんな時はプロの力を借りるのもおすすめです。

クリニックでは、レーザー治療でシミを消すことができるので効果的です。エステサロンでもフォトフェイシャルなど機会を使ってシミを改善することができるトリートメントがあります。ただ、クリニックでは保険が効かないので、全額自己負担となり、お金がかかるのが難点です。

毎日のケアでシミを消そう!

シミを消したいなら、諦めずに毎日ケアをすることです。シミの消したい方法ですぐに効果が現れる方は少ないですが、薄くしたり目立たなくしたりすることは可能です。また、これ以上シミが増えないようにしっかり日焼け止めで対策をしたり、美白ケアをしたりでシミ対策をすることも大切です。みなさんもこの記事を参考に、毎日のケアでシミの改善を目指してください!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-12-12 時点

新着一覧