グリル鍋のおすすめランキング!ホットプレート・鍋にもなる人気機種を比較

グリル鍋と言われると、どのようなものを想像しますか?実は普通の鍋や土鍋などと違い、様々な用途で使用できるのがグリル鍋なのです。最近ではかなりおしゃれなデザインも多く登場しており、その結果かなり人気を集めています。そんな話題のグリル鍋の商品を、この記事ではランキング形式でご紹介してきますので、ぜひ購入に迷っている方や買い替えを検討されている方も参考にしてみてくださいね。

グリル鍋のおすすめランキング!ホットプレート・鍋にもなる人気機種を比較

目次

  1. おすすめで便利なグリル鍋が使いたい!
  2. 失敗しないグリル鍋の選び方は?
  3. メンテナンスが大切?グリル鍋の注意点
  4. ホットプレート兼鍋にもなる人気機種のグリル鍋をランキングで紹介!
  5. 10位:見た目もおしゃれに「グリルポット ブルーノ BOE029 BRUNO」
  6. 9位:一台で5役!「recolte ポットデュオフェット」
  7. 8位:レトレロな見た目がおしゃれ!「ビタクラフト ダブルグリル鍋 ガラス蓋セット」
  8. 7位:安定感のあるグリル鍋「山善 グリル鍋」
  9. 6位:直火で調理もできる「TESCOM グリルなべ」
  10. 5位:たこ焼きも焼ける!「タイガー グリル鍋 5.0L CQD-B300-TH」
  11. 4位:複雑な操作がいらない「アビテラックス グリル鍋」
  12. 3位:ヘルシーに仕上がる「東芝 グリル鍋」
  13. 2位:全ての料理がこれ一つ「コイズミ IHグリル鍋」
  14. 1位:プレート種類が豊富「象印 グリル鍋あじまる」
  15. 使い方に合っているグリル鍋を選ぼう!

おすすめで便利なグリル鍋が使いたい!

グリル鍋は様々な料理に活用できることから、最近かなり話題になっています。おしゃれなデザインのものも数多く登場しているので、話題になっていますがどんなグリル鍋がおすすめか本当にわかっている方は少ないでしょう。

そんな方のためにも、この記事ではグリル鍋の選び方や様々な使い方が可能な、おすすめグリル鍋をランキング形式でご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね。

失敗しないグリル鍋の選び方は?

安価で入手しやすい「電気ヒーター式」

値段が安く手に入りやすいことで人気なグリル鍋の加熱方法が「電気ヒーター式」です。この加熱方法は電気コイルによって、発生した熱をプレートに伝えているので、場所によって火力のムラがあり温まりにくい特徴を持っています。ヒーター部分が全体にあるものを購入すると焼きムラなくおすすめです。

IH鍋とセットになっている「IHグリル鍋」

電気ヒーターに比べて少ない電力で、ムラなく温めることができるほか、しっかりと鍋などのプレートがセットになっているものが多いので、様々な料理に対応できます。値段自体は高めになっているものが多く、長持ちするので思い切って購入する場合はこちらのタイプがおすすめでしょう。

容量や重量を確認しよう

一人用で使うのであれば、こういったグリル鍋は難しいです。家族で使用する目的で作られているものが多いので、しっかりと自分の食べる量と人数に合わせて、グリル鍋を購入する必要があります。闇雲に買ってしまうとかなり危険で作ったのに食べきれず捨ててしまうことにもなりますので、しっかりと容量や重量などを確認して購入しましょう。

付属プレートを確認しよう

グリル鍋の醍醐味としては、様々な用途に使えることでしょう。付属のプレートによってもかなり種類があるものや、シンプルに鍋だけのものまで様々です。付属プレートの種類によって、購入するグリル鍋を選ぶ方法もおすすめですので、しっかりと吟味しましょう。

タイマー機能などがあると便利

意外と便利な機能がタイマー機能です。加熱してから保温に切り替わるまでの時間設定ができれば、餃子などを焼いたり蒸したりする際に、とても簡単に行うことができます。また煮込みなどを行うことにも、使用できるようになるのでとても便利です。付属の機能も確認しておきましょう。

メンテナンスが大切?グリル鍋の注意点

メンテナンスが実はかなり重要なのが、グリル鍋であるということをご存知でしたか?管理の仕方や掃除の仕方を間違ってしまうと、かなり危険で次の料理を作る際に悲惨なことになってしまうのです。

グリル鍋は基本的に細かく分解できます。油汚れなどが機械の間に入ってしまうこともよくあります。ですので、使用後はしっかりと油などを洗い流し自然乾燥させてから、食器棚などにしまうようにしましょう。

ホットプレート兼鍋にもなる人気機種のグリル鍋をランキングで紹介!

先の章ではグリル鍋の選び方や注意点などをご紹介しました。次の章ではおすすめな人気グリル鍋を、ランキング形式でご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。それではご紹介していきます!

10位:見た目もおしゃれに「グリルポット ブルーノ BOE029 BRUNO」

ホットプレート兼鍋にもなる人気機種を紹介!おすすめグリル鍋ランキング10位

ホットプレートや鍋にも早変わりしてくれるおすすめな、グリル鍋ランキング10位の商品はブルーノ」が販売・開発を行なっている、「グリルポット ブルーノ BOE029 BRUNO」というグリル鍋です。「グリルポット ブルーノ BOE029 BRUNO」の設定できる温度は「70〜210度」となっており、重量は「2.2kg(鍋、フタ使用時)」、サイズ感は「幅30.7cm×奥行24.8cm×高さ21.1cm」という設計で作られています。

「グリルポット ブルーノ BOE029 BRUNO」に付属しているプレートの種類は、「蒸し網、揚げ物カバー」などが付属しており、消費電力は「1000W」で最大容量は「2リットル」となっていますので、使用人数には注意しましょう。値段も「12,000円」となっているので、購入される方は是非参考にしてみてくださいね。

9位:一台で5役!「recolte ポットデュオフェット」

ホットプレート兼鍋にもなる人気機種を紹介!おすすめグリル鍋ランキング9位

ホットプレートや鍋にも早変わりしてくれるおすすめな、グリル鍋ランキング9位の商品は「recolte」が販売・開発を行なっている、「recolte ポットデュオフェット」というグリル鍋です。「recolte ポットデュオフェット」の設定できる温度は「70〜220度」となっており、重量は「1.6kg」、サイズ感は「収納時 幅24.0cm×奥行22.0cm×高さ17.5cm」という設計で作られています。

「recolte ポットデュオフェット」に付属しているプレートの種類は、「セラミックボウル、グリルプレート、蒸し料理用アミ、揚げ物カバー、フタ、専用レシピブック」などが付属しており、消費電力は「650W」で最大容量は「約1.2L」となっていますので、使用人数には注意しましょう。値段も「8,640円」となっているので、購入される方は是非参考にしてみてくださいね。

8位:レトレロな見た目がおしゃれ!「ビタクラフト ダブルグリル鍋 ガラス蓋セット」

ホットプレート兼鍋にもなる人気機種を紹介!おすすめグリル鍋ランキング8位

ホットプレートや鍋にも早変わりしてくれるおすすめな、グリル鍋ランキング8位の商品は「ビタクラフト」が販売・開発を行なっている、「ビタクラフト ダブルグリル鍋 ガラス蓋セット」というグリル鍋です。「ビタクラフト ダブルグリル鍋 ガラス蓋セット」の設定できる温度は「90〜220度」となっており、重量は「深グリル 1.13kg/ガラス蓋 0.74g」です。

サイズ感は「幅35.8cm×奥行22cm×高さ7.3cm」という設計で作られています。「ビタクラフト ダブルグリル鍋 ガラス蓋セット」に付属しているプレートの種類は、「浅グリル、深グリル、ラック、ガラス蓋、レシピブック」などが付属しており、消費電力は「650W」で最大容量は「2リットル」となっていますので、使用人数には注意しましょう。値段も「20,304円」となっています。

7位:安定感のあるグリル鍋「山善 グリル鍋」

ホットプレート兼鍋にもなる人気機種を紹介!おすすめグリル鍋ランキング7位

ホットプレートや鍋にも早変わりしてくれるおすすめな、グリル鍋ランキング7位の商品は「山善」が販売・開発を行なっている、「山善 グリル鍋 YGA-120(B)」というグリル鍋です。「山善 グリル鍋 YGA-120(B)」の設定できる温度は「保温~230度」となっており、重量は「1.9kg」、サイズ感は「29.3×35×16.8cm」という設計で作られています。

「山善 グリル鍋 YGA-120(B)」に付属しているプレートの種類は、「着脱式鍋プレート」などが付属しており、消費電力は「1200W」で最大容量は「2リットル」となっていますので、使用人数には注意しましょう。値段も「2,800円」となっているので、購入される方は是非参考にしてみてくださいね。コスパの面でも安定しており、使い勝手のいいグリル鍋と言えるでしょう。

6位:直火で調理もできる「TESCOM グリルなべ」

ホットプレート兼鍋にもなる人気機種を紹介!おすすめグリル鍋ランキング6位

ホットプレートや鍋にも早変わりしてくれるおすすめな、グリル鍋ランキング6位の商品は「TESCOM」が販売・開発を行なっている、「TESCOM グリルなべ GP6000-H」というグリル鍋です。「TESCOM グリルなべ GP6000-H」の設定できる温度は「保温~250度」となっており、重量は「3.1kg」、サイズ感は「190×390×310mm」という設計で作られています。

「TESCOM グリルなべ GP6000-H」に付属しているプレートの種類は、「深なべ」などが付属しており、消費電力は「1300W」で最大容量は「3.4リットル」となっていますので、使用人数には注意しましょう。値段も「3,996円」となっているので、購入される方は是非参考にしてみてくださいね。すき焼きなどの加熱を最初に行う料理などにも、簡単に使用できるので安定した使い心地が人気を集めているグリル鍋です。

5位:たこ焼きも焼ける!「タイガー グリル鍋 5.0L CQD-B300-TH」

ホットプレート兼鍋にもなる人気機種を紹介!おすすめグリル鍋ランキング5位

ホットプレートや鍋にも早変わりしてくれるおすすめな、グリル鍋ランキング5位の商品は「タイガー」が販売・開発を行なっている、「タイガー グリル鍋 5.0L CQD-B300-TH」というグリル鍋です。「タイガー グリル鍋 5.0L CQD-B300-TH」の設定できる温度は「保温~240度」となっており、重量は「7kg」、サイズ感は「幅43.2・奥行40.2・高さ18.8cm」という設計で作られています。

「タイガー グリル鍋 5.0L CQD-B300-TH」に付属しているプレートの種類は、「深なべプレート・たこ焼きプレート・波型プレート」などが付属しており、消費電力は「1200W」で最大容量は「5リットル」となっていますので、使用人数には注意しましょう。値段も「10,593円」となっているので、購入される方は是非参考にしてみてくださいね。

4位:複雑な操作がいらない「アビテラックス グリル鍋」

ホットプレート兼鍋にもなる人気機種を紹介!おすすめグリル鍋ランキング4位

ホットプレートや鍋にも早変わりしてくれるおすすめな、グリル鍋ランキング4位の商品は「アビテラックス」が販売・開発を行なっている、「アビテラックス グリル鍋」というグリル鍋です。「アビテラックス グリル鍋」の設定できる温度は「弱・中・強(最大約240度)」となっており、重量は「2.6kg」、サイズ感は「幅350・奥行365・高さ185mm」という設計で作られています。

ちょうどいいサイズ感で、二人暮らしなどにおすすめな、グリル鍋です。「アビテラックス グリル鍋」に付属しているプレートの種類は、「着脱式鍋」などが付属しており、消費電力は「1200W」で最大容量は「3リットル」となっていますので、使用人数には注意しましょう。値段も「7,700円」となっているので、購入される方は是非参考にしてみてくださいね。

3位:ヘルシーに仕上がる「東芝 グリル鍋」

ホットプレート兼鍋にもなる人気機種を紹介!おすすめグリル鍋ランキング3位

ホットプレートや鍋にも早変わりしてくれるおすすめな、グリル鍋ランキング3位の商品は「TOSHIBA」が販売・開発を行なっている、「TOSHIBA グリル鍋 HGN-6J(K)」というグリル鍋です。「TOSHIBA グリル鍋 HGN-6J(K)」の設定できる温度は「80~230度」となっており、重量は「5.2kg」、サイズ感は「幅344・奥行357・高さ189mm」という設計で作られています。

「TOSHIBA グリル鍋 HGN-6J(K)」に付属しているプレートの種類は、「深なべ・ドーム型プレート」などが付属しており、消費電力は「1300W」で最大容量は「2リットル」となっていますので、使用人数には注意しましょう。値段も「8,480円」となっているので、購入される方は是非参考にしてみてくださいね。油を落としながら、ヘルシーに焼き上げられるので、女性の方にもおすすめなグリル鍋です。

2位:全ての料理がこれ一つ「コイズミ IHグリル鍋」

ホットプレート兼鍋にもなる人気機種を紹介!おすすめグリル鍋ランキング2位

ホットプレートや鍋にも早変わりしてくれるおすすめな、グリル鍋ランキング2位の商品は「コイズミ」が販売・開発を行なっている、「コイズミ IHグリル鍋 KIH-1410/R」というグリル鍋です。「コイズミ IHグリル鍋 KIH-1410/R」の設定できる温度は「保温~250度」となっており、重量は「3.1kg」、サイズ感は「高さ19.3・幅35.7・奥行28.3cm」という設計で作られています。

「コイズミ IHグリル鍋 KIH-1410/R」に付属しているプレートの種類は、「鍋・焼き肉プレート」などが付属しており、消費電力は「1400W」で最大容量は5リットル」となっていますので、使用人数には注意しましょう。値段も「13,071円」となっているので、購入される方は是非参考にしてみてくださいね。ボタン一つで煮込みものも、揚げ物も簡単に作れてしまうおすすめなグリル鍋です。

1位:プレート種類が豊富「象印 グリル鍋あじまる」

ホットプレート兼鍋にもなる人気機種を紹介!おすすめグリル鍋ランキング1位

ホットプレートや鍋にも早変わりしてくれるおすすめな、グリル鍋ランキング1位の商品は「象印」が販売・開発を行なっている、「象印 グリルなべ あじまる EP-RV30-TA」というグリル鍋です。「象印 グリルなべ あじまる EP-RV30-TA」の設定できる温度は「80~250度」となっており、重量は「7kg」、サイズ感は「幅44.5・奥行38・高さ27cm」という設計で作られています。

「象印 グリルなべ あじまる EP-RV30-TA」に付属しているプレートの種類は、「土鍋風鍋・平面プレート・焼き肉プレート・蒸しプレート」などが付属しており、消費電力は「1350W」で最大容量は「5.3リットル」となっていますので、使用人数には注意しましょう。値段も「12,521円」となっているので、購入される方は是非参考にしてみてくださいね。

使い方に合っているグリル鍋を選ぼう!

グリル鍋はそれぞれ使い方や、人数や容量などが大きく異なっています。ですのでそういった部分を、しっかりと考えて購入することが重要で、一度購入したらかなりの年数を使用できるように作られているので、頻繁な買い替えは必要ないでしょう。しかし使い方が間違っていたりする場合、故障の原因にもなりますので、使い道にしっかりとあっているグリル鍋を選びましょう。

鍋に関する他の記事が気になる方はこちら

Thumb土鍋のおすすめ人気ランキング!炊飯・鍋料理に最適な商品の選び方は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbミルフィーユ鍋のレシピ・作り方紹介!人気の白菜と豚肉を使った献立とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb土鍋でIH対応のおすすめ人気ランキング!仕組みや利用する方法は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-21 時点

新着一覧