手帳に使うペンのおすすめを紹介!ボールペンの色分けと収納術!

手帳に使うペンは「ボールペン」を使っている方が多いでしょう。そんな手帳に使うボールペンとは、一体どんなものがおすすめなのでしょうか?またどのよなボールペンが手帳には、適しているのでしょうか?そういった細かい部分や手帳に使うボールペンの収納術など詳しくご説明します。おすすめの商品についても10選ご紹介してますので、購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

手帳に使うペンのおすすめを紹介!ボールペンの色分けと収納術!

目次

  1. 手帳におすすめなボールペンを使いたい!
  2. 失敗しない手帳用ボールペンの選び方とは?
  3. 手帳を使っている時のボールペン収納術と色分け術
  4. 色・収納面でおすすめな手帳用ボールペン10選をご紹介!
  5. 1選目:重心が低く疲れにくい「ぺんてる ビクーニャEX XBXW1375A」
  6. 2選目:場所を選ばずスラスラ書ける「トンボ鉛筆 加圧式油性ボールペン エアプレス0.7 BC-AP12」
  7. 3選目:色の切り替え簡単「パイロット ドクターグリップ4+1」
  8. 4選目:デザイン性が高い「三菱鉛筆 ジェットストリーム Fシリーズ 2&1 MSXE370105.25」
  9. 5選目:間違えても消せる!「パイロット フリクションボールノック」
  10. 6選目:発色がいい手帳用ペン「ゼブラ クリップ-オンマルチ」
  11. 7選目:水性なのに手帳に?「パイロット 水性ボールペン マルチボール」
  12. 8選目:スラスラと書くことが楽しくなる「ゼブラ スラリマルチ」
  13. 9選目:大切な時に使えるボールペン「セーラー万年筆 就活ボールペン3way-M」
  14. 10選目:本当にストレスの少ないボールペン「ゼブラ サラサマルチ0.4 4+1」
  15. 自分の使い方にあっている手帳用ボールペンを選ぼう

手帳におすすめなボールペンを使いたい!

手帳に使うボールペンをどれにしようか、迷った経験は誰しも一度はあるはずです。新しい手帳を買ったなら尚更ですよね。気分が上がるボールペンを買うこともいいですが、手帳は細かい動作が多いのでストレスを感じることなく、しっかりと出し入れできるボールペンなどがおすすめです。

もちろんインクの種類も重要になってきます。この記事では手帳に、おすすめなボールペンをご紹介していきます。手帳用のボールペンを探している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

失敗しない手帳用ボールペンの選び方とは?

「太さや長さ」も手帳型ボールペンには重要

手帳に使うボールペンであれば、付属して入れておけるだけの太さと、長さが重要です。長すぎれば手帳からはみ出てしまい、太過ぎれば手帳が浮いてしまいます。ボールペンを選んんでから手帳を、選ぶこともいいですがまずは、手帳に合わせてボールペンを選ぶことが重要です。使うシーンによっても、長さは変えたほうがいいですが基本的には同じなので、気にする必要はないでしょう。

「重さや素材」も手帳型ボールペンには重要

手帳を使いながら、ボールペンでメモするという状況が多いはずですので、ボールペン自体が重すぎても危険です。腕が疲れてしまい、メモなどを取る気がなくなってしまいます。そういった部分を防ぐためにも、適度な重さでスラスラと書けるタイプをおすすめします。素材に関しては木・アルミ・プラスチックなど様々なものがあります。自分で触って気にいるものを選ぶといいでしょう。

クリップの有無も重要

実はボールペンにおいて、かなりクリップは重要です。不意にどこかにしまう際などに、クリップがついて入れば体のどこかにしまうことができます。無くさないための防止機能といったところでしょうか。他にもクリップを使って、手帳と一体型にするボールペンポーチなども販売されていますので、クリップがあるほうが手帳には使いやすいでしょう。

自分にあったペンの出し方を選ぼう

ペンの出し方には様々なタイプが存在しています。ノック式・スライド式・ツイスト式・キャップ式・振り子式・サイドノック式など様々なタイプが存在しています。自分自身でどのタイプが、芯を出しやすいかを考えて選ぶことをおすすめします。

手帳に向いているボールペンのインクを選ぼう

手帳に使うボールペンの場合、書いたすぐにしまうことが多いので、インクが速乾性があり滲みにくいものがいいでしょう。水性染料・水性顔料(ゲルインク)などは避けるようにしましょう。減りが早く速乾性がないので、滲みやすい特徴を持っています。

手帳を使っている時のボールペン収納術と色分け術

手帳を使っている方で、ボールペンの色分けや収納を行いたいのであれば、手帳に取り付けられる小型のペンケースを使うといいでしょう。チャック式やフック式など様々なものが販売されており、手帳のサイズ別に最近では種類が増えています。カバンの前後や胸ポケットの中に入れるのもいいですが、手帳で使うペンは手帳と一緒にしておいたほうが便利です。

ボールペンは基本的に「ブラック」、「レッド」、「ブルー」の3色で色分けするのが、一般的と言われています。普段はブラックカラーのボールペンを使い、重要な時はレッドカラーのボールペンを使いましょう。ブルーカラーのbオールペンは、見出しやタイトルなどに使用することをおすすめします。

色・収納面でおすすめな手帳用ボールペン10選をご紹介!

先の章では手帳に使うボールペンの、選び方や注意点などをご紹介してました。次の章では具体的な手帳に使いやすいボールペンの、メーカーやそのボールペンの特徴を詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみてくださいね。

1選目:重心が低く疲れにくい「ぺんてる ビクーニャEX XBXW1375A」

色・収納面でおすすめな手帳用ボールペン1選目

色や収納面で手帳用におすすめなボールペン10選中1選目の、商品は「ぺんてる」というブランドによって、製作されている「ぺんてる ビクーニャEX XBXW1375A」という手帳用に向いているボールペンです。「ぺんてる ビクーニャEX XBXW1375A」の芯の太さ・長さ・重さは「11㎜、134㎜、19g」となっており、ペン先の出す方式は「ツイスト式」を採用して作られています。

値段も安いのですが、しっかりと高級感を演出してくれるデザインになっています。ボールペン自体の重さが、低めに作られているので、少ない力で滑らかに書き進めることができる、手帳におすすめなボールペンです。インクの種類や太さは「油性、0.7㎜」で、こちらの「ぺんてる ビクーニャEX XBXW1375A」の値段は「531円」という価格帯で販売されている手帳ようにおすすめなボールペンです。

2選目:場所を選ばずスラスラ書ける「トンボ鉛筆 加圧式油性ボールペン エアプレス0.7 BC-AP12」

色・収納面でおすすめな手帳用ボールペン2選目

色や収納面で手帳用におすすめなボールペン10選中2選目の、商品は「トンボ鉛筆」というブランドによって、製作されている「トンボ鉛筆 加圧式油性ボールペン エアプレス0.7 BC-AP12」という手帳用に向いているボールペンです。「トンボ鉛筆 加圧式油性ボールペン エアプレス0.7 BC-AP12」の芯の太さ・長さ・重さは「0.5㎜、122㎜、14.6g」となっており、ペン先の出す方式は「ノック式」を採用しています。

通常のボールペンでは、書くことが困難な場所にも対応しており、スイスイ書くことができます。一番特徴的な部分が、水に濡れている紙に文字を書ける点も、この商品独自の特徴でしょう。インクの種類や太さは「油性、0.7㎜」で、こちらの「トンボ鉛筆 加圧式油性ボールペン エアプレス0.7 BC-AP12」の値段は「419円」という価格帯で販売されている手帳ようにおすすめなボールペンです。

3選目:色の切り替え簡単「パイロット ドクターグリップ4+1」

色・収納面でおすすめな手帳用ボールペン3選目

色や収納面で手帳用におすすめなボールペン10選中3選目の、商品は「パイロット」というブランドによって、製作されている「パイロット ドクターグリップ4+1」という手帳用に向いているボールペンです。「パイロット ドクターグリップ4+1」の芯の太さ・長さ・重さは「14.1㎜、148㎜、28.1g」となっており、ペン先の出す方式は「サイドノック式」を採用して作られています。

軽い力でスイスイ書けるようになっており、従来の手帳用のボールペンであれば、擦れてしまう部分も粘度のあるインクがカバーしている素晴らしいボールペンです。インクの種類や太さは「油性、0.7㎜」で、こちらの「パイロット ドクターグリップ4+1」の値段は「972円」という価格帯で販売されている手帳ようにおすすめなボールペンです。

4選目:デザイン性が高い「三菱鉛筆 ジェットストリーム Fシリーズ 2&1 MSXE370105.25」

色・収納面でおすすめな手帳用ボールペン4選目

色や収納面で手帳用におすすめなボールペン10選中4選目の、商品は「三菱鉛筆」というブランドによって、製作されている「三菱鉛筆 ジェットストリーム Fシリーズ 2&1 MSXE370105.25」という手帳用に向いているボールペンです。「三菱鉛筆 ジェットストリーム Fシリーズ 2&1」の芯の太さ・長さ・重さは「11.6㎜、144.1㎜、12g」となっており、ペン先の出す方式は「ツイスト式」です。

ボールペン界の中でも、かなり滑らかな書き心地で有名な、「ジェイェットストリームシリーズ」の手帳におすすめなボールペンです。滑らかなかき心地はそのままに、外観のデザイン性を高めているので、ビジネスシーンにもおすすめでしょう。インクの種類や太さは「油性、0.5㎜」で、こちらの「三菱鉛筆 ジェットストリーム Fシリーズ 2&15」の値段は「455円」という価格帯で販売されている手帳ようにおすすめなボールペンです。

5選目:間違えても消せる!「パイロット フリクションボールノック」

色・収納面でおすすめな手帳用ボールペン5選目

色や収納面で手帳用におすすめなボールペン10選中5選目の、商品は「パイロット」というブランドによって、製作されている「パイロット フリクションボールノック」という手帳用に向いているボールペンです。「パイロット フリクションボールノック」の芯の太さ・長さ・重さは「11.1㎜、146㎜、9g」となっており、ペン先の出す方式は「サイドノック式」を採用して作られています。

ゲル式のインクを採用しているのに、速乾性が早くとてもおすすめな手帳用ボールペンでしょう。書いたすぐに間違えたら、消すことも可能でビジネスシーンの手直しや、校閲などにも使われています。インクの種類や太さは「ゲル、0.5 ㎜」で、こちらの「パイロット フリクションボールノック」の値段は「161円」という価格帯で販売されている手帳ようにおすすめなボールペンです。

6選目:発色がいい手帳用ペン「ゼブラ クリップ-オンマルチ」

色・収納面でおすすめな手帳用ボールペン6選目

色や収納面で手帳用におすすめなボールペン10選中6選目の、商品は「ゼブラ」というブランドによって、製作されている「ゼブラ クリップ-オンマルチ」という手帳用に向いているボールペンです。「ゼブラ クリップ-オンマルチ」の芯の太さ・長さ・重さは「14㎜、148.5㎜、24.2g」となっており、ペン先の出す方式は「サイドノック式」を採用して作られています。

油性インクだと色が深くなってしまい、あまり発色が良くなく予定などを記入した際に暗い印象を、自分自身で感じてしまう方におすすめな手帳用ボールペンです。赤、青、緑、黒という色を備えているので、これ一つで様々な予定振り分けが可能ですね。インクの種類や太さは「油性、0.7㎜」で、こちらの「ゼブラ クリップ-オンマルチ」の値段は「702円」という価格帯で販売されている手帳ようにおすすめなボールペンです。

7選目:水性なのに手帳に?「パイロット 水性ボールペン マルチボール」

色・収納面でおすすめな手帳用ボールペン7選目

色や収納面で手帳用におすすめなボールペン10選中7選目の、商品は「パイロット」というブランドによって、製作されている「パイロット 水性ボールペン マルチボール」という手帳用に向いているボールペンです。「パイロット 水性ボールペン マルチボール」の芯の太さ・長さ・重さは「12.5㎜、142㎜、10.4g」となっており、ペン先の出す方式は「キャップ式」を採用して作られています。

水性は基本的には手帳用のペンには向かないのですが、このシリーズのボールペンは手帳にもおすすめできます。気圧の変化に強く旅行先などでも簡単に使用ができるので、ビジネスマンの間で人気にあっています。インクの種類や太さは「水性、0.5㎜」で、こちらの「パイロット 水性ボールペン マルチボール」の値段は「892円」という価格帯で販売されている手帳ようにおすすめなボールペンです。

8選目:スラスラと書くことが楽しくなる「ゼブラ スラリマルチ」

色・収納面でおすすめな手帳用ボールペン8選目

色や収納面で手帳用におすすめなボールペン10選中8選目の、商品は「ゼブラ」というブランドによって、製作されている「ゼブラ スラリマルチ」という手帳用に向いているボールペンです。「ゼブラ スラリマルチ」の芯の太さ・長さ・重さは「13.8㎜、154.3㎜、16.6g」となっており、ペン先の出す方式は「サイドノック式」を採用して作られています。

名前の通りスラスラと、簡単に書くことができるおすすめな手帳用ボールペンです。裏移りのしにくいインクを採用してるので、筆圧が強い方や大量にかく人にもおすすめなボールペンでしょう。インクの種類や太さは「油性、0.5㎜」で、こちらの「ゼブラ スラリマルチ」の値段は「441円」という価格帯で販売されている手帳ようにおすすめなボールペンです。

9選目:大切な時に使えるボールペン「セーラー万年筆 就活ボールペン3way-M」

色・収納面でおすすめな手帳用ボールペン9選目

色や収納面で手帳用におすすめなボールペン10選中9選目の、商品は「セーラー万年筆」というブランドによって、製作されている「セーラー万年筆 就活ボールペン3way-M」という手帳用に向いているボールペンです。「セーラー万年筆 就活ボールペン3way-M」の芯の太さ・長さ・重さは「12㎜、146㎜、14.6g」となっており、ペン先の出す方式は「振り子式」を採用して作られています。

こちらのボールペンはもともと履歴書などを、書く専用のボールペンとして開発されたものです。黒のボールペンだけで太さを、三種類内蔵しているので書く書類によって、ペン先の大きさを変化させることができます。インクの種類や太さは「油性、0.7㎜」で、こちらの「セーラー万年筆 就活ボールペン3way-M」の値段は「1,080円」という価格帯で販売されている手帳ようにおすすめなボールペンです。

10選目:本当にストレスの少ないボールペン「ゼブラ サラサマルチ0.4 4+1」

色・収納面でおすすめな手帳用ボールペン10選目

色や収納面で手帳用におすすめなボールペン10選中10選目の、商品は「ゼブラ」というブランドによって、製作されている「ゼブラ サラサマルチ0.4 4+1」という手帳用に向いているボールペンです。「ゼブラ サラサマルチ0.4 4+1」の芯の太さ・長さ・重さは「13.8㎜、154.3㎜、16.7g」となっており、ペン先の出す方式は「サイドノック式」を採用して作られています。

ボールペンは基本的にインクを使用しているので、つけた状態にしているとインクがペン先にたまります。それが重要書類を汚してしまう原因にもなり、余計にミスが増えてしまうのです。そういった部分を解消したおすすめなボールペンです。インクの種類や太さは「ゲル、0.4㎜」で、こちらの「ゼブラ サラサマルチ0.4 4+1」の値段は「395円」という価格帯で販売されている手帳ようにおすすめなボールペンです。

自分の使い方にあっている手帳用ボールペンを選ぼう

ボールペンには様々な種類が存在していますが、今回のように手帳に使う目的であれば選ぶものは決まってきます。ボールペンはもともとは、全ても書類ではなくごく一部の書類に使われるために、作られたものですのでその趣旨を理解して、自分の使いたいものを決めてからボールペンを選ぶといいでしょう。手帳の場合は収納できるサイズ感も、重要ですので、覚えておきましょう!

ボールペンに関する記事はこちら

Thumb多機能ペン・ボールペンのおすすめランキング!プレゼントにも人気なのは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbボールペンの高級ブランドでおすすめは?男性へのプレゼントにも人気 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbボールペンが出ない時の対処法!原因・理由とインクを復活させる方法 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-16 時点

新着一覧