元マラソン選手・千葉真子の旦那は?アニメ声が可愛いと話題の彼女の経歴は?

日本の女子マラソン界を担った歴代ランナーの中でもひと際「かわいい!」と評判の千葉真子。現役時代から今もなお、アニメ声の「ちばちゃん」としてその人気は健在です。今回は、トップアスリートとして活躍した千葉真子のマラソン選手としての輝かしい経歴を振り返り、千葉真子の現在の活動について画像や動画を交えてお伝えします。また、彼女のプライベートにも踏み込み、千葉真子の旦那さんの職業や気になる年収についても調査しました。元マラソン選手、千葉真子を知らない人も彼女の魅力に、是非、注目してくださいね!

元マラソン選手・千葉真子の旦那は?アニメ声が可愛いと話題の彼女の経歴は?

目次

  1. 千葉真子プロフィール
  2. 学生時代の千葉真子は?
  3. 名門「旭化成」に入社した千葉真子
  4. オリンピック初出場で5位入賞!
  5. 世界陸上で日本人女子初となる銅メダルを獲得!
  6. マラソンへ転向した千葉真子の栄光と挫折
  7. 引退後も千葉真子はテレビやイベントに引っぱりだこ!
  8. 千葉真子が「授かり婚」!旦那は競輪選手!
  9. 千葉真子の現在の活動は?
  10. まとめ:千葉真子は42歳になってもかわいいアニ声アスリート!

千葉真子プロフィール

身長155cmの小さな巨人!千葉真子

千葉真子(ちばまさこ)
本名:櫻川真子(さくらかわまさこ)
生年月日:1976年7月18日(蟹座)
出身地:京都府宇治市
身長:155cm
血液型:A型
愛称:「千葉ちゃん」

誕生日占いから見える千葉真子の性格

誕生日占いによると、7月18日生まれの女性は、困難や苦境にも屈せずそれを乗り越える精神の持ち主なんだとか。また、仕事中心に動くことを好み、困難が立ち塞がっても人々をまとめるリーダーシップを発揮して進む性格で、とっても社交的で明るい女性なのだそうです。千葉真子は生まれながらにして、アイドル的なオリンピアンとしての宿命にあったのかも知れませんね。

学生時代の千葉真子は?

中学の3年間はテニス部で部活動

宇治市立東宇治中学校に通っていた千葉真子は、中学1年生から中学3年生の夏までテニス部の部員として日々、練習に励んでいました。テニスの大会で目立った成績を残したような記録や千葉真子自身からのコメントもありません。しかし中学3年の冬に陸上部から駅伝の助っ人として声がかかり走者として参加したところ、進学先となる高校の陸上部の監督からスカウトされたのでした。

高1の千葉真子は補欠にも入れなかった劣等生

全国高校女子駅伝の常連校である宇治高校(現・立命館宇治高校)へ進学し、高校駅伝日本一を目標に掲げ意気込んで陸上部に入部した千葉真子ですが、同校に全国から集まった30人以上の強者部員の中で挫折感を味わいます。駅伝選手として選抜してもらえるよう、高1だった当時の千葉真子は毎日、必死に練習を重ねますが選手はおろか補欠にも入ることさえもできませんでした。

全国高校女子駅伝で高2の千葉真子が17人抜きの快挙!

千葉真子は、その後も日々の厳しい練習を続け高2の時に全国高校女子駅伝に2区走者として出場を果たしました。そして初出場のプレッシャーを跳ねのけ見事17人抜きの素晴らしい走りを見せ、区間4位の成績を残しました。3年の時は1区で出場しますが不甲斐ない成績に終わったことで「このまま陸上生活を終わらせられない」と卒業後も陸上の道を進むことを決めたということです。

名門「旭化成」に入社した千葉真子

千葉真子が長距離ランナーとして開花

高校を卒業した千葉真子は当時、実業団の陸上界では敵なしと呼ばれた「旭化成」に入社。そこで更なる高みを目指し、厳しい練習を重ね、入社した翌年2月に行われた「唐津10マイルロードレース大会(10km)」に出場し、31分44秒のアジア新記録を樹立しました。千葉真子が長距離走者、そして、マラソンランナーとしての才能が開花した瞬間だったと言えるでしょう。

入社後2年目にはオリンピック代表に選出された千葉真子

その後、千葉真子の快進撃は止まらず、同年4月に行われた「兵庫リレーカーニバル」の女子10000mに出場した千葉真子は31分28秒15の日本新記録で優勝を果たし、6月の日本選手権において女子10000mに出場した千葉真子は優勝は逃がしたものの自己ベスト記録を更新し、見事、アトランタオリンピックの切符を手にしたのでした。

オリンピック初出場で5位入賞!

世界の強豪を相手に小さな千葉真子が大健闘!

千葉真子にとって初のオリンピック出場となったアトランタでは10000m女子の決勝まで駒を進めました。決勝のレースの序盤、千葉真子は真っ先に先頭に躍り出てレースを引っ張り、自らレースのペースを作ります。大型の外国選手ばかりの中で小さな千葉真子が先頭に立つ姿にテレビ観戦していた日本人の応援も白熱したに違いありません。

最終的には5位入賞に終わりましたが、その小さな体格からは予想もできないハードなレース展開に食らいつく彼女の姿や、明るくハキハキした性格、そして何よりあの、かわいいアニメ声でインタビューに応える姿を見た視聴者から日本陸上界のアイドルとして、一気に人気を集めることになったのです。

世界陸上で日本人女子初となる銅メダルを獲得!

アトランタオリンピック開催の翌年の8月に世界陸上アテネ大会に出場した千葉真子は、ここでも持ち味の負けん気を発揮して快挙を成し遂げます。日本女子陸上界のトラック競技種目において69年ぶりとなるメダルを獲得。長距離トラック競技では日本女子では初となる偉業を達成したのです。この時、千葉真子は21歳。これからの陸上界を担う逸材として期待されました。

マラソンへ転向した千葉真子の栄光と挫折

シドニーを目指してマラソンに転向

世界陸上アテネ大会から2年後の1999年、千葉真子は10000mからマラソンへと転向し、2000年9月に開催されるシドニーオリンピック出場を果たすため、代表選考レースでもある東京国際女子マラソンに出走エントリー。自身、初となるマラソンでの大会出場となりましたが、序盤のハイペースに後半スタミナが切れてしまい、5位入賞に留まりました。

頼みの綱となる代表選考を兼ねた名古屋国際女子マラソンでの成績が期待されましたが、同大会の欠場をし事実上、シドニー出場への道は断たれてしまいます。ご存じの通り、シドニーオリンピック女子マラソンでは高橋尚子が金メダルを獲得し、話題を呼びました。

引退説を一蹴し小出監督のSACに移籍

その後も怪我に泣き、旭化成を退社した千葉真子に対して、マスコミ間では「千葉真子はもう潮時を過ぎた」と引退説が報道されるようになりました。しかし千葉真子はそんな引退説を一蹴するかのごとく、あの高橋尚子を育てた小出義雄監督が率いるSACへ2001年に電撃移籍します。そして、同年8月に開催された北海道マラソンで優勝を果たし、復活のノロシをあげたのです。

日本女子マラソン界を牽引しつづけた千葉真子

SACに移籍した2001年から2006年までの約5年間、千葉真子は怪我に悩まされ続けるも、目標に向かって厳しい訓練に果敢に挑んできました。野口みずきや坂本直子らトップランナー達と肩を並べ、互いに研鑽しながら日本女子マラソン界を盛り上げてきました。そして2006年8月に引退レースとして出走した北海道マラソンでは右腕に「ありがとう」と書いて笑顔でゴールしました。

引退後も千葉真子はテレビやイベントに引っぱりだこ!

かわいいルックスと声に「癒される」と大人気

千葉真子のチャームポイントは何といっても、アニメ声優も顔負けの、あのかわいい声です。現役時代から特徴のある声がテレビで取り上げられるほどで、それに加え華奢な体格に似合わないハキハキした男前キャラがバラエティ向きであるため、引退後も多くの番組でその姿を見せてくれました。マラソンの国際大会の解説者としても出演されていました。

テレビやラジオの番組以外では、精力的に講演活動もされているようです。全国各地で行われるマラソン大会でもゲストランナーとして呼ばれ、数多い女性ゲストランナーの中でも群を抜く人気なのだそうです。千葉真子自身も引退時には、市民ランナーの指導やマラソンの普及活動に力を注ぐことを心に決めていたとのことなので、引退後も幸せな人生が送れているようです。

千葉真子が「授かり婚」!旦那は競輪選手!

35歳の時に8歳年下の男性と結婚

引退後もタレントとして大忙しだった千葉真子ですが、実は100人以上が集まるBBQに誘われ参加した時に出会った大男、後に千葉真子の旦那となる「櫻川雅彦」と出会い交際を経た後、2011年11月8日にめでたくゴールインしました。この時、千葉真子35歳、旦那となった櫻川雅彦は8歳年下の27歳。翌年の6月27日には第1子となるかわいい女の子を出産しました。

競輪選手の旦那の年収は?

自らの足で賞金を稼ぐ競輪選手。千葉真子の旦那、櫻川雅彦の年収はいったいどれ位なのでしょうか。旦那の年収について千葉真子はあるテレビ番組で「年収はだいたい800万くらい」と語っています。A級3班というクラスで出走しているのでS級の一流選手と比較すると高額賞金を得ている選手ではないようです。年収では千葉真子のほうが高いと想像できます。

年収では姐さん女房である千葉真子には敵わないのかも知れませんが、8歳年下の勝負師を旦那に迎えられたことと、2人のかわいい子どもに恵まれたことは千葉真子にとって年収以上の幸せを感じていると思われます。そして何より、仕事大好きな千葉真子にとって、仕事に理解を示してくれる旦那の存在そのものが年収の多い少ない以上に有難いと思っていることでしょうね。

千葉真子の現在の活動は?

現在、千葉真子は子育てをしながら継続してテレビやラジオ、マラソン大会のゲストランナーとして全国各地を飛び回っています。また、出産後に取得した「ベビーヨガインストラクター」や「ジュニアアスリート・フードマイスター」の資格を活かし、次代を担う子供たちが楽しく健やかにスポーツに取り組める活動も行い、ママさんアスリートとして活躍の場を広げています。

まとめ:千葉真子は42歳になってもかわいいアニ声アスリート!

今年の7月で43歳になる千葉真子ですが、そのかわいいアニメ声と明るいちゃっきり娘っぷりは今も健在です。2児のママとなり、育児に仕事に多忙を極めていると思われますが、元気いっぱい明るいトークは市民ランナーのアイドル的存在として需要が衰えるどころか、益々ニーズが高まっています。これからの彼女の活躍に期待して注目してください!

女子マラソンについての記事はこちら!

Thumbマラソン・高橋尚子はパチンコ中毒?結婚しない理由から現在の年収まで | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-05-25 時点

新着一覧