ブラジャーの洗い方・干し方を紹介!正しいやり方と長持ちさせるコツは?

ブラジャーは、形崩れやレースなどのほつれ、生地の傷みなどを気にして洗わないといけません。ブラジャーを洗う頻度は毎回洗うのか、何日か置きに洗うのがいいのか正しい洗い方はどうしたらいいのかなど悩んでしまいます。お気に入りのブラジャーだと特に長持ちさせて長く愛用したいと思う方は多いはずです。今回は、ブラジャーの正しい洗い方や、干し方長持ちさせるコツをご紹介します。

ブラジャーの洗い方・干し方を紹介!正しいやり方と長持ちさせるコツは?

目次

  1. ブラジャーを洗う頻度は?
  2. ブラジャーの正しい洗い方をするには洗濯表示の確認が必須!
  3. 洗い方の前にチェックしておくこと!
  4. 手洗いでのブラジャーの正しい洗い方はお湯も重要!!
  5. 正しい手洗いの洗い方でブラジャーを洗おう!
  6. 手洗いでも最後の脱水は洗濯機でも大丈夫!
  7. 手洗いのブラジャーの洗い方のメリットは?
  8. 洗濯機でのブラジャーの洗い方は?
  9. ブラジャーを洗うのに柔軟剤は使っていい?
  10. 洗濯機でのブラジャーの洗い方はネットに入れるだけじゃない!?
  11. ブラジャーの干し方にも正しい方法がある!
  12. ブラジャーを吊るすときの干し方
  13. 型崩れを防いでブラジャーを長持ちさせる畳み方
  14. ブラジャーを長持ちさせる収納のコツ
  15. 洗い方や干し方をマスターしてブラジャーを長持ちさせよう!

ブラジャーを洗う頻度は?

ブラジャーを洗う頻度は人によって異なります。ですが基本は、なるべくブラジャーを傷めないようにしたいと思っている方が多いです。毎回着けるたびに洗う方の意見によると、皮脂汚れや汗ジミが付かないように毎日洗う・レースなどを傷めないように毎日洗っている・汗をかいたものを続けて着けるのが嫌という意見が多いそうです。

2回着けて洗濯をするという方もいます。臭いを嗅いで洗濯をするか決める・洗いすぎると生地が傷みそう・冬場は洗う頻度を減らす・ブラジャーの形崩れが気になるので頻繁には洗わないといった意見があります。

3回以上着てから洗うといった意見も多いです。洗い方を間違えると生地を傷めそう・形崩れの原因になりそう・肩ひもの部分やゴムの部分が伸びるのが心配でお気に入りのブラジャーの洗う頻度を少なくしたいといった方もいます。

洗い方は簡単!挑戦してみよう!

どの意見もブラジャーを洗うのがメンドクサイ・大変だから洗わないといった理由はありません。ブラジャーをなるべく傷めないようにしたいと思っている方が多いのではないでしょうか。ですが、直接肌に着けるものなので汗や皮脂汚れが付いたブラジャーを着ていると生地を傷めたり肌荒れの原因にもなりかねません。

正しいブラジャーの洗い方を、覚えておけばお気に入りのブラジャーも毎回洗っても長持ちさせることが出来ます。洗い方も大切ですが干し方にも正しい方法があります。これから洗い方やブラジャーの干し方をご紹介します。

ブラジャーの正しい洗い方をするには洗濯表示の確認が必須!

ブラジャーの長持ちのコツには、この洗濯表示をしっかり確認することが大切です。色あせや、ほつれなど生地を傷めないようにするためにも確認をしましょう。

洗濯の表示は、洗い方や脱水の方法・干し方・漂白をしてもいいかなど様々なことが書かれています。ほとんどのブラジャーが手洗いなのですが、ブラジャーによっては洗濯機の手洗いコースもしくはドライコースなら洗濯機の使用が大丈夫なものもあります。

洗い方の前にチェックしておくこと!

ホックは止めて洗濯しよう!

洗濯機の手洗いコースを使う方も、手洗いでブラジャーを洗う方もブラジャーのホックはしっかり止めてから洗いましょう。ホックを止めることでブラジャーの形崩れを防ぐことが出来ます。洗っている時にブラジャーのレースなどがホックに引っかからないようにするためでもあります。

肩紐・パットは外す

ブラジャーと肩ひもは別々に洗うことがおすすめです。洗濯機で洗う時も手洗いの時も肩ひもの外れるタイプであればブラジャーとは別で洗うことでゴムの伸びるのを防ぐことが出来ます。肩ひもは一番に劣化してきてしまうので注意が必要です。

パットは厚みがあるものがほとんどです。なので、中に染み込んだ洗剤が残りやすくなってしまうので外したほうがいいでしょう。洗剤が残ってしまうと、傷みの原因になったり汚れが落ちにくくなったりしてしまいます。肩ひもと同じように別々で洗うことがおすすめです。

洗濯ネットに入れる

ブラジャー専用の洗濯ネットもあります。できれば専用の洗濯ネットにブラジャーを入れて洗うことがおすすめです。100円均一でも売っているので手軽に使うことが出来ます。折りたたんだブラジャーが入るような小さな丸い形をしています。

ブラジャー専用のネットが見つからない場合は、網目の細かいネットで手のひらサイズほどのネットを選ぶといいです。1つのネットに1つブラジャーを入れて洗いましょう。

手洗いでのブラジャーの正しい洗い方はお湯も重要!!

洗うときのお湯の温度にも注意が必要です。お湯の温度は約30度程度がいいでしょう。普段のお湯の温度設定は約40度にしている方が多いかもしれませんが、ブラジャーを洗うときは約30度程度のぬるま湯が適温になっています。

熱いお湯で洗ってしまうと、色落ちや、ブラジャーの縮み、生地の劣化に繋がってしまいます。お湯の設定温度を確かめてから洗うようにしましょう。

お風呂の残り湯は使わないように気を付けましょう。一晩おいたお湯は雑菌がたくさんいます。すすぐだけでも雑菌が洗うときのお湯も大切に入り込んでしまうこともあるので洗う時のお湯は新しいお湯にしましょう。

正しい手洗いの洗い方でブラジャーを洗おう!

基本、洗剤は洗濯表示を見て決めます。シルクなどは酵素入り洗剤やアルカリ性の洗剤は使わないようにしましょう。基本ブラジャーにいい洗剤は、オシャレ着用の洗剤か、中性洗剤がおすすめです。

洗い方は、優しく振り洗いと押し洗いで洗っていきます。洗面器やバケツなどに30度くらいのぬるま湯を入れ、そこに洗剤を入れます。そしてブラジャーを入れて5分ほど浸け置きの状態にします。その後、軽く振り洗いをします。カップの部分は優しく押し洗いをしましょう。

汚れの目立つ場所の洗い方

目立つ汚れには、つまみ洗いが最適です。汗ジミなどが目立つ場合にはその部分のにつまみ洗いをしましょう。生地を傷めないように優しくすることがコツです。ゴシゴシと洗うことはしないようにしましょう。

最後のブラジャーのすすぎは、とても大切です。黄ばみの原因は、大抵が洗剤が残っていたりすることです。ためすすぎをする場合は、お湯を変えながら3回以上しっかりお湯の濁りが無くなるまですすぎましょう。流水ですすぐ場合は、洗剤がきちんと落ちたのかがわかりにくいのでためすすぎがおすすめです。

手洗いでも最後の脱水は洗濯機でも大丈夫!

ここまで、手洗いでのブラジャーの洗い方をご紹介しましたが最後の脱水はどうしても手だと絞りにくいので洗濯機の脱水機能を使っても問題はありません。上手く絞れず水分を残したまま干してしまうほうがブラジャーにはよくありません。

だたし、脱水機にかけるときは、1分程度にしましょう。ブラジャーをそのまま脱水機に入れるのではなく、必ずネットに入れてから脱水しましょう。せっかく丁寧に手洗いしてもそのまま脱水してしまうと形崩れの原因になってしまいます。

脱水機が無い場合や、旅行先などで脱水が出来ない場合は、厚手のタオルや、バスタオルなどにブラジャーを挟んで水分を取るといいです。傷めないように優しくトントンと軽くたたくようにして水分をとりましょう。

手洗いのブラジャーの洗い方のメリットは?

ブラジャーを手洗いすることでメリットがあります。ブラジャーを洗濯機で洗ったときよりも長持ちします。ブラジャーを長持ちさせることで購入も少なくなり、節約につながります。ブラジャーを長持ちさせることで綺麗なバストの維持にもつながります。

ブラジャーが傷んでくるとゴムの部分が伸びたりカップがくたっとなってしまったりしてきます。そうなってくると胸を補正する機能が落ちてしまい胸のお肉がアンダー部分や背中に流れてしまい形も綺麗に見えなくなってしまいます。

洗濯機でのブラジャーの洗い方は?

ブラジャーは基本手洗いがいいですが、洗濯機でも洗うことは出来ます。手洗いする時間がない方や、手洗いが面倒という方はこちらの方法を試してみてください。

洗い方のコツ

ブラジャーには、ワイヤーが入っているものもあるので他の洗濯物と一緒に洗濯することは避けたほうがいいでしょう。一緒に洗ってしまうと形崩れの原因にもなってしまいます。洗濯機の手洗いコースやドライコース・ランジェリーコースの弱水流で洗うことが洗濯機でのブラジャーの洗い方のコツです。

洗剤は手洗いの洗い方のときと同じく、おしゃれ着用の洗剤か中性洗剤がいいでしょう。洗濯機にブラジャーを入れるときは、必ずネットに入れて洗濯しましょう。ブラジャー専用のネットか、厚手の目の細かいネットがいいです。

洗濯機での洗い方のコツは色分けも大事

ブラジャーは、色移りすることもあるので色別で洗うことも正しい洗い方のコツになります。白色のブラジャー・淡い色のブラジャー・濃い色のブラジャーといった順番で洗うといいでしょう。

ブラジャーを洗うのに柔軟剤は使っていい?

柔軟剤は使っても使わなくてもどちらでも構いません。肌触りが良くなるので使いましょうと書かれていたり、ゴムが伸びやすくなってしまうので使わないようにしましょうという方もおりブラジャーへの柔軟剤の使用は賛否両論になっています。

肌の弱い方は、柔軟剤の使用は控えたほうがいいでしょう。柔軟剤を使ってブラジャーを洗うのと柔軟剤を使わずに洗った時の肌触りを試してみるのもいいかもしれません。

洗濯機でのブラジャーの洗い方はネットに入れるだけじゃない!?

洗濯機でブラジャーを洗うときにネットに入れて洗いましょうとご紹介しましたが、プラスチックのボール型のものもあります。形崩れを防ぎ手洗いと同じような仕上がりになります。刺繍が付いているブラジャーやレースが付いているブラジャー、ワイヤー入りのブラジャーでもこのボールに入れるだけで洗濯機で洗うことが出来ます。

小ボールを使えばブラジャー以外にもストッキング・ショーツ・ブラジャーパットなども洗濯できます。AカップからDカップまでしか対応していないので購入の際には、よく確認しましょう。

ブラジャーの干し方にも正しい方法がある!

手洗いでの正しい洗い方や洗濯機での洗い方をご紹介しましたがブラジャーを干すときにも正しい干し方があります。雨が降っていてブラジャーが乾かないからと言って乾燥機を使うことはやめましょう。ブラジャーを乾燥機にかけてしまうと、生地を傷める原因になります。

干すときは、シワにならないようにしっかり伸ばして干すことがコツになります。カップの部分もしっかり伸ばしておくと形が整ったまま乾きます。繊細なレース部分などは手のひらを使って優しく伸ばしてあげましょう。

ハンガーで干すときは、アンダーの部分のカップ下の2か所を吊って干すといいでしょう。実際に着けている状態の形で干すことができます。角ハンガーや洗濯ばさみのついた吊るすタイプのものでも干すことが出来ます。

ブラジャーを吊るすときの干し方

基本は、カップの下部分2か所を止めて吊るすのがいいです。間違ってもストラップ部分を洗濯ばさみで挟んで吊るしたり、ホックの部分でつるした干し方はしないようにしましょう。ゴムの伸びの原因になってしまいます。

干し方を覚えておくと形崩れが防ぐことが出来長持ちさせることが出来ます。干す場所は、色あせを防ぐために直射日光の当たらない日陰になっている場所が適しています。日陰になる場所がない場合は、部屋干しをしましょう。

部屋干しの臭いが気になる場合は、風通しのいい場所に干すようにするといいでしょう。もしくは、扇風機の風を当てると早く乾かすことも出来ます。エアコンを使う場合はドライにしておくといいでしょう。

型崩れを防いでブラジャーを長持ちさせる畳み方

ブラジャーの洗い方や干し方にも正しいやり方がありますが畳むときにも長持ちさせるコツがあります。まず、ブラジャーのホックは必ずすべて止めておきましょう。他のブラジャーと一緒に収納したときにホックが引っかかって傷めてしまうことがあるのでホックはしておきましょう。

ブラジャーの両脇の部分を軽く折って内側にします。ブラジャーの肩紐は、カップの中にしまっておくといいでしょう。この畳み方をすれば形崩れも少なくなりブラジャーが長持ちします。ワイヤー入りのブラジャーは、この畳み方がいいです。ノンワイヤーのブラジャーなら半分に折って畳んでも問題はありません。

ブラジャーを長持ちさせる収納のコツ

ブラジャーの収納のときにも長持ちさせるコツがあります。洗う時も干すときも畳むときもですがホックは必ずすべて止めておきましょう。ブラジャーの収納は、なるべくぎゅうぎゅうに詰めないようにすると形が崩れず長持ちします。

タンスなどに仕切りを作って、色別や柄別などに分けて収納しておくのもいいでしょう。半分に折りたたんでの収納はなるべく避けましょう。収納ボックスは様々なところで売られていますのでこの機会に色々探してみるのもいいでしょう。綺麗な収納は長持ちにもつながります。

畳んで仕舞うと形が崩れそうと思う方はこちらもおすすめです。ブラジャー専用のハンガーになっていて立体になっているので形崩れをしっかりと防いでくれます。洗濯後にこのハンガーに干して乾かすとそのまま収納も出来ます。

旅行や出張などで下着をトランクに仕舞うときに型崩れをしてしまうこともありますがこちらを使えばそんな悩みも解消できます。ブラジャー専用の収納バックになります。デザインも可愛いので気分も上がります。中に入るブラジャーは2枚から4枚入ります。

洗い方や干し方をマスターしてブラジャーを長持ちさせよう!

ブラジャーには正しい洗い方と干し方がありました。基本は、手洗いが一番いいのですが忙しかったり、面倒だったりもします。そんな時は洗濯機でも洗うことは可能です。ドライコースなどブラジャーに合った洗濯機能を使うようにしましょう。

干し方も、肩紐を洗濯ばさみでつまんで干すといった方法は間違った方法です。肩紐が伸びる原因になってしまうので注意しましょう。ブラジャーの畳み方や収納の仕方にも長持ちさせるコツがありますので今回ご紹介した洗い方や干し方と一緒に参考にして試してみてください。

洗濯に関する記事はこちら

Thumbドライマーク表示の正しい意味とは?自宅での洗濯方法と注意点を詳しく紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb洗濯の新表示・マークを解説!PやFなどの意味・基礎知識まとめ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb手洗い用洗剤のおすすめランキング!洗濯のコツも併せて紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb洗濯表示マークのドライの意味とは?上手におうちクリーニングする方法! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-05-26 時点

新着一覧