電動サンダーの選び方と使い方!初心者にもOKな人気でおすすめは?

電動サンダーは最近市販でも売っており、誰でも使える様になっています。DIYが流行しているので、家でも本格的に何かを作りたいと思っている方は多い様ですね。そん時に使えるのが、電動サンダーなのですが初心者の方であれば、どれから選んだらいいのかすらわからないでしょう。そんな方のために、この記事ではおすすめな電動サンダーを10選ご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

電動サンダーの選び方と使い方!初心者にもOKな人気でおすすめは?

目次

  1. おすすめな電動サンダーを使ってDIYしたい!
  2. 失敗しない為の電動サンダーの選び方とは?
  3. 電動サンダーの使い方とは?
  4. 選び方・使い方が人気!DIYにもおすすめな電動サンダーおすすめ10選を紹介!
  5. 1選目:安価で使いやすい「BLACK+DECKER(ブラックアンドデッカー) コンパクトオービタルサンダー KA320E」
  6. 2選目:握りやすいグリップ式「SHUREMAN オービタルサンダーKSD-90」
  7. 3選目:充電式でおすすめ「Panasonic 充電サンダー EZT511X-H」
  8. 4選目:小さくて使いやすい「日立工機 ミニサンダー」
  9. 5選目:コスパ最高「新興製作所 SDS200D」
  10. 6選目:静音性が優れている「マキタ 仕上げサンダ」
  11. 7選目:静音性がおすすめ!「リョービ ミニサンダー S-5000」
  12. 8選目:吸塵性に優れている「マキタ 防じんミニサンダBO4555」
  13. 9選目:小さいのにパワフル「日立工機 オービタルサンダーFSV10SA」
  14. 10選目:なんでもできる!「BOSCH 吸塵オービタルサンダーGSS23AE」
  15. お家で電気サンダーを使ってDIYしよう!

おすすめな電動サンダーを使ってDIYしたい!

おすすめな電動サンダーを使って、お家で何か作りたい!と思っている方は最近多いでしょう。しかし研磨などをする際に、手でやっていては無駄に時間がかかってしまい、思う様に作業が進まない時もありますよね?そんな時に役に立つものが、電動サンダーです。使い方を覚えてしっかりと使うことで、素材の表面を滑らかにしつつ、しっかりと整えてくれる効果などがあります。そんな電動サンダーについてご紹介していきます。

失敗しない為の電動サンダーの選び方とは?

種類や付属品によっても効果が変化することを理解しよう

まずは電動サンダーにはどの様な種類があり、違いがあるかを理解しておきましょう。そうすることによって、電動サンダーを選ぶ際とても楽になります。初心者の方であれば、これ!というものが決まっているので、そういったものを参考にして電動サンダーを選んでみましょう!

市販のペーパーが使える「オービタルサンダー」

市販のペーパーを装備して、円運動を行うことによって研磨してくれる電動サンダーの種類です。比較的市販のものが使えるので、コスパも良く安定して使うことができます。初心者の方はまずこの電動サンダーを使用するといいでしょう。

丸いよく見る電動サンダー「ランダムサンダー」

ワックスがけなどにも使用できるタイプの、電動サンダーです。接地面がつくないので、曲面なども研磨することができますが、専用のペーパーを使用するため初心者の方が使うと、なかなかうまくいかないタイプでしょう。あまりお勧めはできません。

持ちやすいアイロンの形「デルタサンダー」

アイロンの様に尖っているので、角の部分や直角の隙間などを綺麗に研磨することに長けています。そのため完成しているものに対して使うことが多いので、大きな部分には使用できません。プロ仕様と言ってもいいでしょう。

静音性能や吸塵性能も重要!

使う場所などにもよりますが、電動サンダーは基本的に音が出ます。使う場所で音を気にされるのであれば、ある程度静音性が優れているものや、吸塵機能を持っているものを選択しましょう。

電動サンダーの使い方とは?

まず商品によって異なるペーパーの取り付け方を、しっかりと行いましょう。ピンと貼って、穴あけパンチなどでペーパーに穴を開ければ、吸塵機能がついているものであれば、削った木屑を吸い取ってくれます。本体をしっかりと抑え、ゆっくりと動かしましょう。一定方向に向けて行うことでムラがなく、均一になりますので一度研磨した部分には、戻らない様にしましょう。

選び方・使い方が人気!DIYにもおすすめな電動サンダーおすすめ10選を紹介!

初心者のかたにはやはり、オービタルサンダーがおすすめでしょう。他の種類もいいですが、扱いに慣れるまで時間がかかってしまっては、せっかくの楽しいDIYも台無しです。そんな初心者の方でも使いやすい、オービタル電動サンダーのおすすめ商品を10選ご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1選目:安価で使いやすい「BLACK+DECKER(ブラックアンドデッカー) コンパクトオービタルサンダー KA320E」

選び方・使い方が人気!DIYにもおすすめな電動サンダーおすすめ1選目

初心者の方でも簡単に使うことができる、電動サンダー10選中1選目の電動サンダーは、「BLACK+DECKER(ブラックアンドデッカー)」というブランドが製造している、「BLACK+DECKER(ブラックアンドデッカー) コンパクトオービタルサンダー KA320E」という電動サンダーです。吸塵機能は「あり」、市販のサンドペーパーは「使用可能」、スピードの調節機能は「6段変則」となっています。

「BLACK+DECKER(ブラックアンドデッカー) コンパクトオービタルサンダー KA320E」の最大の回転速度は「7000-15000(回転/分)」という設計で、作られており「BLACK+DECKER コンパクトオービタルサンダー 」についている付属品は「集塵ダストパック、サンドペーパー、ペーパーパンチ」という様に販売されています。メーカー販売価格は「4,980円 (税込)」という値段で販売されています。

2選目:握りやすいグリップ式「SHUREMAN オービタルサンダーKSD-90」

選び方・使い方が人気!DIYにもおすすめな電動サンダーおすすめ2選目

初心者の方でも簡単に使うことができる、電動サンダー10選中2選目の電動サンダーは、「SHUREMAN」というブランドが製造している、「SHUREMAN オービタルサンダーKSD-90」という電動サンダーです。「SHUREMAN オービタルサンダーKSD-90」の特徴をご紹介します。吸塵機能は「吸塵可能、別途吸塵機が必要」、市販のサンドペーパーは「使用可能」、スピードの調節機能は「なし」となっています。

手の負担を軽くなる様に、設計されているので初心者の方でも扱いやすいです。「SHUREMAN オービタルサンダーKSD-90」の最大の回転速度は「10000(回転/分)」という設計で、作られており「SHUREMAN オービタルサンダーKSD-90」についている付属品は「なし」という様に販売されています。メーカー販売価格は「9,300円 (税込)」という値段で販売されているので、気になる方は手にとってみましょう!

3選目:充電式でおすすめ「Panasonic 充電サンダー EZT511X-H」

選び方・使い方が人気!DIYにもおすすめな電動サンダーおすすめ3選目

初心者の方でも簡単に使うことができる、電動サンダー10選中3選目の電動サンダーは、「パナソニック」というブランドが製造している、「パナソニック充電サンダー」という電動サンダーです。吸塵機能は「あり」、市販のサンドペーパーは「あり」、スピードの調節機能は「なし」となっています。

「パナソニック 充電サンダー」の最大の回転速度は「8000(回転/分)」という設計で、作られておりパナソニック 充電サンダー 」についている付属品は「サンドペーパー、集塵袋、穴あけパンチ」という様に販売されています。メーカー販売価格は「9,290円 (税込)」という値段で販売されているので、気になる方は手にとってみてチェックしてみてくださいね!

4選目:小さくて使いやすい「日立工機 ミニサンダー」

選び方・使い方が人気!DIYにもおすすめな電動サンダーおすすめ4選目

初心者の方でも簡単に使うことができる、電動サンダー10選中4選目の電動サンダーは、「日立工機」というブランドが製造している、「日立工機 ミニサンダー FSV12SG」という電動サンダーです。「日立工機 ミニサンダー FSV12SG」の特徴をご紹介します。吸塵機能は「有り」、市販のサンドペーパーは「使用可能」、スピードの調節機能は「なし」となっています。

吸塵性能がとても優れており、削ったすぐにしっかりと吸い取ることができるので、汚れる心配がありません。「日立工機 ミニサンダー FSV12SG」の最大の回転速度は「14000(回転/分)」という設計で、作られており「日立工機 ミニサンダー FSV12SG」についている付属品は「なし」という様に販売されています。メーカー販売価格は「7,980円 (税込)」という値段で販売されているので、気になる方は手にとってみましょう!

5選目:コスパ最高「新興製作所 SDS200D」

選び方・使い方が人気!DIYにもおすすめな電動サンダーおすすめ5選目

初心者の方でも簡単に使うことができる、電動サンダー10選中5選目の電動サンダーは、「新興製作所」というブランドが製造している、「新興製作所 SDS200D」という電動サンダーです。「新興製作所 SDS200D」の特徴をご紹介します。吸塵機能は「吸塵可能、別途吸塵機が必要」、市販のサンドペーパーは「使用可能」、スピードの調節機能は「なし」となっています。

とても使いやすく値段も安いので、採用している企業が数多く存在しています。「新興製作所 SDS200D」の最大の回転速度は「12000(回転/分)」という設計で、作られており「新興製作所 SDS200D」についている付属品は「サンドペーパー18枚」という様に販売されています。メーカー販売価格は「サンドペーパー18枚」という値段で販売されているので、気になる方は手にとってみましょう!

6選目:静音性が優れている「マキタ 仕上げサンダ」

選び方・使い方が人気!DIYにもおすすめな電動サンダーおすすめ6選目

初心者の方でも簡単に使うことができる、電動サンダー10選中6選目の電動サンダーは、「マキタ」というブランドが製造している、「マキタ 仕上サンダ BO3710」という電動サンダーです。「マキタ 仕上サンダ BO3710」の特徴をご紹介します。吸塵機能は「あり」、市販のサンドペーパーは「使用可能」、スピードの調節機能は「なし」となっています。吸塵性に優れながらも、振動も安定している電動サンダーです。

サンドペーパーも簡単にセットできるので、初心者の方の安心な電動サンダーです。「マキタ 仕上サンダ BO3710」の最大の回転速度は「11000(回転/分)」という設計で、作られており「マキタ 仕上サンダ BO3710」についている付属品は「本体のみ」という様に販売されています。メーカー販売価格は「8,846円 (税込)」という値段で販売されているので、気になる方は手にとってみましょう!

7選目:静音性がおすすめ!「リョービ ミニサンダー S-5000」

選び方・使い方が人気!DIYにもおすすめな電動サンダーおすすめ7選目

初心者の方でも簡単に使うことができる、電動サンダー10選中7選目の電動サンダーは、「リョービ ミニサンダー」というブランドが製造している、「リョービ ミニサンダー S-5000」という電動サンダーです。「リョービ ミニサンダー S-5000」の特徴をご紹介します。吸塵機能は「吸塵可能、別途吸塵機が必要」、市販のサンドペーパーは「使用可能」、スピードの調節機能は「なし」となっています。

安定した使用感と、握りやすい形になっているので、使いやすい電動サンダーとなっています。「リョービ ミニサンダー S-5000」の最大の回転速度は「10000(回転/分)」という設計で、作られており「リョービ ミニサンダー S-5000」についている付属品は「なし」という様に販売されています。メーカー販売価格は「7,090円 (税込)」という値段で販売されているので、気になる方は手にとってみましょう!

8選目:吸塵性に優れている「マキタ 防じんミニサンダBO4555」

選び方・使い方が人気!DIYにもおすすめな電動サンダーおすすめ8選目

初心者の方でも簡単に使うことができる、電動サンダー10選中8選目の電動サンダーは、「マキタ」というブランドが製造している、「マキタ 防じんミニサンダBO4555」という電動サンダーです。「マキタ 防じんミニサンダBO4555」の特徴をご紹介します。吸塵機能は「あり」、市販のサンドペーパーは「使用可能」、スピードの調節機能は「なし」となっています。

安定性と吸塵性に優れているので、しっかりと削ることができる電動サンダーです。「マキタ 防じんミニサンダBO4555」の最大の回転速度は「14000(回転/分)」という設計で、作られており「マキタ 防じんミニサンダBO4555」についている付属品は「なし」という様に販売されています。メーカー販売価格は「9,300円 (税込)」という値段で販売されているので、気になる方は手にとってみましょう!

9選目:小さいのにパワフル「日立工機 オービタルサンダーFSV10SA」

選び方・使い方が人気!DIYにもおすすめな電動サンダーおすすめ9選目

初心者の方でも簡単に使うことができる、電動サンダー10選中9選目の電動サンダーは、「日立工機」というブランドが製造している、「日立工機 オービタルサンダーFSV10SA」という電動サンダーです。「日立工機 オービタルサンダーFSV10SA」の特徴をご紹介します。吸塵機能は「あり」、市販のサンドペーパーは「使用可能」、スピードの調節機能は「なし」となっています。

小回りが利き細かい作業などに向いており吸塵性も高いので、作業が長時間になっても疲れにくいです。「日立工機 オービタルサンダーFSV10SA」の最大の回転速度は「10000(回転/分)」という設計で、作られており「日立工機 オービタルサンダーFSV10SA」についている付属品は「なし」という様に販売されています。メーカー販売価格は「7,800円 (税込)」という値段で販売されています。

10選目:なんでもできる!「BOSCH 吸塵オービタルサンダーGSS23AE」

選び方・使い方が人気!DIYにもおすすめな電動サンダーおすすめ10選目

初心者の方でも簡単に使うことができる、電動サンダー10選中10選目の電動サンダーは、「BOSCH」というブランドが製造している、「BOSCH 吸塵オービタルサンダーGSS23AE」という電動サンダーです。「BOSCH 吸塵オービタルサンダーGSS23AE」の特徴をご紹介します。吸塵機能は「あり」、市販のサンドペーパーは「使用可能」、スピードの調節機能は「電子無段変速」となっています。

「BOSCH 吸塵オービタルサンダーGSS23AE」の最大の回転速度は「12000-24000(回転/分)」という設計で、作られており「BOSCH 吸塵オービタルサンダーGSS23AE」についている付属品は「なし」という様に販売されています。メーカー販売価格は「8,806円 (税込)」という値段で販売されているので、気になる方は手にとってみましょう!

お家で電気サンダーを使ってDIYしよう!

電動のサンダーには数多くの種類が存在していますが、初心者の方はまずは「オービタルサンダー」を使用する様にしましょう。そうすることによって、かなり便利に使うことができ自分の思っている様に、コントロールすることができます。

そういった扱いを覚えてから電動サンダーの種類を、購入していくといいでしょう。ぜひこの機会に、電動サンダーを買って、お家でDIYしてみてくださいね!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-05-15 時点

新着一覧