重曹で靴の臭いを簡単に消す方法!消臭対策にも効果ありって本当?

重曹は、様々な使い道があり掃除や料理にまで幅広く使えます。料理には食用の重曹を使いますが掃除などにも使われます。今回ご紹介する靴の臭い消しの方法でも、食用の重曹を使うことがおすすめです。重曹には汚れ落としのほかに消臭効果もあります。簡単な方法で靴の臭いも消すことが出来るので試してみてください。臭い消しだけではなく消臭効果も期待できるシューキーパーも作ることが出来ます。

重曹で靴の臭いを簡単に消す方法!消臭対策にも効果ありって本当?

目次

  1. 重曹とはどんなもの?
  2. 様々な効果のある重曹
  3. 種類は3種類ある!重曹の種類
  4. 靴の臭いも重曹で消せる!
  5. つけ置き粗いで靴の臭いを重曹で消す洗い方
  6. 靴の臭い消しを重曹水でする方法
  7. 靴を洗った後早く乾かす方法!重曹を使って消臭する方法
  8. すぐに靴の臭いを消したいときも重曹で簡単に!
  9. 靴のカビも落とせる重曹パワー!?
  10. 効果的につかうなら重曹スプレー!
  11. 重曹だけでは消しきれない靴の臭いもある
  12. 靴の臭い対策には重曹を使ったシューキーパー!
  13. 重曹と古い靴下でシューキーパーが作れる!
  14. 重曹で元から臭いを断つ!
  15. 重曹は靴の臭いに効果的!!

重曹とはどんなもの?

重曹は、炭酸水素ナトリウム(重炭酸曹達)と言います。これを略してよく聞く重曹と呼ばれています。重曹は、岩塩や鉱物に手を加えて作った重炭酸ソーダ石というもので出来たものです。ナイル川や、ケニアが原産地になっています。

重曹はとても身近なもので、人間の体の中にもあります。弱アルカリ性の重曹は、血液中や唾液に含まれていて、虫歯の発生を抑えてくれたり、酸性に傾いた血液中のPhバランスを整えてくれます。

様々な効果のある重曹

重曹には、様々な効果があります。重曹の結晶が柔らかいので物を磨く際に傷を付けずにできることが出来ます。汚れの多くは、酸性が多いので重曹の弱アルカリ性との反応が中和させて汚れが落ちやすくなります。

重曹とクエン酸を合わせると二酸化炭素が発生してこの泡が掃除では汚れを落としてくれます。他にも料理の時に使うパンケーキなどを膨らませるベーキングパウダーにも重曹が入っています。

重曹の吸湿効果は高く、水分や臭いも一緒に吸収してくれます。この臭いの吸収が消臭効果になり靴の臭い消しによく効きます。水を超軟水にする作用もあり、温泉のような柔らかい水が作れます。まろやかになった水を使うと石鹸での汚れ落ちの効果も上がります。

Thumb重曹のアルカリ性は酸性の汚れに効果あり!効率的な掃除方法を紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

種類は3種類ある!重曹の種類

重曹には3種類あり、使う用途によって分けられます。一般的に家庭で使う重曹は、食品用のものが多く靴の臭いを消すときに使う重曹も、食品用の重曹になります。

薬品用の重曹というのは、医薬品や点滴などに使われていて、粒子がとても細かいものになります。薬局で買うことも出来ます。工場用のものは不純物が混ざっている純度の低い重曹になっています。掃除など大量に使う場合は、このグレードの重曹でもいいかもしれません。

食品用の重曹は、薬品用の重曹にくらべて純度が高く口に入れても安全なように作られています。そんなに高価なものではないので使いやすく一般的です。

重曹には除菌や殺菌効果はない!

重曹は掃除や消臭・除湿などで使われますが、除菌や殺菌の効果はありません。殺菌効果を出したいのであれば、精油を入れるといいでしょう。精油はアロマのことでおすすめなのは、ラベンダーやユーカリが殺菌効果があります。重曹に数滴たらすだけなので簡単に出来ます。

Thumb重曹の食用と掃除用の成分の違いを解説!それぞれの上手な活用法とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

靴の臭いも重曹で消せる!

基本的に靴に重曹をかけるだけでも消臭の効果がありますが、臭いのキツイ靴には振りかけるだけでは臭いは消えません。重曹で臭いを消したいときは、つけ置き洗いとこすり洗いを合わせてする洗い方をするといいでしょう。

つけ置きできる靴であれば試してみるのもいいでしょう。水洗いできる靴は、布靴やゴム製の靴になります。水で洗えないものは、革靴や合否の靴・スエードの靴になります。

Thumb靴の洗い方で簡単な方法は?臭いには重曹が効果的って本当? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

つけ置き粗いで靴の臭いを重曹で消す洗い方

上記で靴の臭いを消すには重曹でつけ置き洗いをするといいとご紹介しましたが、どうやって重曹を使った浸け置きの洗い方をするのか洗い方についてご紹介します。用意するものも、普通の靴の洗い方のときとあまり変わりません。

重曹での靴の洗い方で準備するものは。つけ置きをするので靴の入るバケツや洗面器です。ホーローのものを使うとにおい移りの心配もありません。少し硬めのブラシ・汚れの酷い場所に使う石鹸、最後に重曹になります。重曹は、食品用の重曹がおすすめですが、靴を洗うだけなので工場用の重曹でも問題なくできます。

Thumb靴は重曹で消臭!洗い方・量・つけおきの時間はどれくらい? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

靴の臭い消しを重曹水でする方法

ここから、重曹を使った靴の臭い消しの洗い方をご紹介します。まず靴を浸ける重曹水を作っていきます。用意したバケツか洗面器に1リットルのお湯を大さじ2杯の重曹を入れてよく混ぜ合わせます。重曹水はこれだけで簡単に作れます。

次に重曹水に靴を全体が浸るように浸け込みます。軽い靴などは浮いてきてしまって重曹水が上手く全体にいきわたらないこともあるので重しをして鎮めるようにしておくといいでしょう。泥汚れなどが付いている場合は、最初に軽くこすり落としておくといいでしょう。

靴を重曹水に浸けたら約30分から約1時間は浸けたままにしましょう。臭いの強いものは、一日浸けたまま置いておいてもいいです。重曹が酸と反応して汚れや臭いを浮かせてくれます。お湯がキレート作用で軟水になり、汚れや臭いを落としやすくしてくれます。

重曹は、基本色落ちは少ないのですが靴の素材で色が落ちやすいものもあるので様子を見ながら重曹水に浸ける時間を短くしたり長くしたりしましょう。つけ置きの終わった靴は、重曹水の中でそのままこすり洗いをします。キレート作用があるのでそのまま石鹸を使うと汚れが落ちやすいです。

重曹水が真っ黒の場合は、新しい重曹水を作りその中で洗うようにするといいでしょう。汚れの酷い時は重曹をそのまま直につけてこすり洗いをすると効果的です。研磨効果も重曹にはあるので靴を傷つけずに綺麗にすることが可能です。

洗い終わったらよく乾かしましょう。太陽に当てると殺菌効果もあるので効果がアップします。風通しのいい日当たりのいい場所で乾かしてください。生乾きになってしまうとカビの原因になり、臭いの発生にもつながります。洗い終わった靴をよく乾かすことも臭い対策に繋がります。

重曹を使った靴の洗い方の頻度はどのくらい?

毎日洗うと臭い対策に効果がありそうですが毎日洗うのは実際には厳しいです。なので靴が臭ってきたと感じた場合や汚れが目立ってきたと思ったら重曹でつけ置き洗いを試してみてください。無理に毎日洗う必要はありません。

靴を洗った後早く乾かす方法!重曹を使って消臭する方法

靴を早く乾かしたいときや、雨や曇りでなかなか乾かないときは、色々な乾燥方法があります。しっかり乾燥させることも靴の消臭対策になります。靴乾燥機を使うのもいいでしょう。靴を立てて乾かせる靴専用の乾燥機もありますコインランドリーなどにはあるかもしれません。

家で簡単にしたいのであれば、靴を洗濯機で脱水したり乾燥機にかけるといでしょう。靴と中敷きを別々にして脱水または乾燥します。柔らかい布製の靴にはこのほうほうがおすすめです。靴の中に新聞紙を入れる方法も乾く時間の短縮になります。新聞紙にも吸湿効果があるので脱水した後少し乾かしてから新聞紙を丸めて入れておくと湿気が取れます。

扇風機を使って風通しを良くしてみてもいいでしょう。早く乾かそうとしてドライヤーを使うこともあるかもしれませんが、靴の種類によっては靴が傷むこともあるので注意が必要です。ゴムが変形したり、靴の底の接着部分が剥がれる可能性もあります。素材などを確かめてドライヤーの温度に注意して乾かしましょう。

すぐに靴の臭いを消したいときも重曹で簡単に!

上記の方法は、靴を浸け置きにしておく方法ですが、すぐに臭いを消したいときなどには、こちらの方法がおすすめになります。簡単に臭いを消すことが出来ますが、臭いの強い靴には効果が薄いかもしれません。

まず、重曹を靴に直接大さじ1杯振り入れます。そのあと靴を振って重曹をなじませます。袋にいれてするとまんべんなく重曹が回ります。終わったら重曹を綺麗にはたき落とすだけです。これだけでもある程度の臭いであれば取り除くことが出来ます。終わった後の重曹は、玄関に蒔いて掃き掃除をすると玄関の汚れを取ってくれるので一石二鳥です。

靴のカビも落とせる重曹パワー!?

あまり履かない靴などは仕舞いっぱなしにしておくとカビが生えることもあります。特に革靴などにはカビが生えやすいです。革靴は水洗いできないことと、カビの大好きな植物タンニンが含まれているのでカビの発生が特に多いです。

カビが繁殖する原因というのは、湿気と鉱物の栄養があることです。この湿気と栄養をなくしてあげるとカビの繁殖は抑えられます。湿気を取るのに重曹はとても効果があります。カビの多くは弱酸性のものが多く、重曹のアルカリ性がよく効くのです。

靴のカビ落としも消臭予防に!

カビが生えてしまうと靴からカビの臭いが発生します。きちんと対策しておきましょう。カビを落とすには、使わなくなった歯ブラシや古い布を使うといいでしょう。歯ブラシや布をよく濡らして水分をよく取っておきましょう。

水分をとった歯ブラシか布に重曹を浸けて軽くこすりながら靴を磨きます。少しずつカビが落ちていきます。ここで落ちないからと言って強くこすったりしてしまうと靴に傷を付けてしまう可能性もあるので気を付けましょう。カビが取れたら重曹をよくふき取って日に当てて乾燥させます。太陽に当てることで殺菌効果があります。

効果的につかうなら重曹スプレー!

重曹スプレーも消臭対策にもなります。つけ置き洗いの洗い方と同じように1リットルの水に大さじ2杯ほどの重曹をよく混ぜ溶かします。重曹水が出来たらスプレーボトルに入れます。半分の量で作りたいのであれば水500ミリリットルに重曹を大さじ1杯にするといいでしょう。

この重曹スプレーは、強くない臭いの靴に効果的です。あまりにも強い臭いの靴はつけ置き洗いをしましょう。靴だけではなく、お部屋の中のソファーやマット、カーテンなどに使うことも出来ます。毎日洗濯ができない、大きくて洗うのが困難なものに最適です。毎日スプレーすることによって防臭効果や消臭対策が期待できます。

Thumb重曹スプレーは消臭や油汚れに強い効果が!作り方や室内別の使い方を調査! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

重曹だけでは消しきれない靴の臭いもある

靴の臭いにもいろいろあります。重曹で効かない靴の臭いもあります。酸っぱい匂いなどは、主に酢酸とイソ吉草酸といわれる酸性の臭いが原因です。重曹の弱アルカリ性で酸性を中和してこういった臭いは消すことが出来ます。

ですが、重曹で消せない臭いは、アルカリ性の臭いになります。主に内蔵機能の低下が起きている時に発生しやすくなっています。そのほかにも、疲労やお酒の飲みすぎ・更年期障害などのときも発生しやすくなります。このアルカリ性の臭いは重曹では消えないのです。

靴の生地の奥のほうまで染みついた臭いは、重曹でつけ置き洗いをしても数日履くだけでも湿気の影響で、すぐに臭いが発生してしまいます。こういったものは重曹だけでは、消しきることが出来ません。

靴の臭い対策には重曹を使ったシューキーパー!

きつくない臭いであれば重曹シューキーパーを使えば日常的に消臭対策が出来ます。お茶のパックや使い古した靴下を使って簡単に出来るので、とてもエコで簡単に作れます。一度作っておけば、天日干しをして繰り返して使うことも出来ます。

日にちが経つと重曹は固まってしまいますが、3カ月ほど同じものを使えるのでとても便利です。重曹が靴の中の汗や、湿気を取ってくれる役割をし、一緒に臭いも取り除いてくれます。3カ月ほどたつと重曹の吸収効果が薄れてくるので3カ月たった重曹はお洗濯や掃除に使うといいでしょう。

重曹と古い靴下でシューキーパーが作れる!

作り方はとても簡単です。用意するものは、使い古して履かなくなった靴下またはストッキングなどを使っても作れます。靴下は左右違うものでも構いません。重曹は大体500グラムで大丈夫です。靴のサイズに合わせて量を変えてみてください。他にはお茶のパック、靴下の口を結ぶリボンや紐だけです。

家にあるものを使うだけで出来ます。作り方は、お茶のパックに500グラムほど用意した重曹を1/4くらい入れて口を閉じます。中に入れた重曹がこぼれないようにお茶のパックを2重にしておくといいでしょう。これを4つ作ります。

靴下の片方に重曹入りのお茶のパックを2つ入れます。残った片方の靴下にも2ついれましょう。靴下の口をリボンや紐などで縛ります。リボンや紐で結んでおけば交換の際に簡単に取り出すことが出来ます。重曹は湿気と一緒に臭いも吸収してくれます。重曹に好きなアロマオイルを数滴入れて混ぜると香り付きで除湿効果・消臭対策のできる重曹シューキーパーも作ることが出来ます。

重曹で元から臭いを断つ!

重曹でつけ置き洗いして臭いを取った靴や、重曹シューキーパーを使って臭いをとった靴でも足が臭っているとあまり効果がありません。夏場の子供が裸足で靴を履いてとても臭うといったときにも重曹は使えます。

洗面器かバケツに入れたお湯に重曹を大さじ2杯程度入れよく混ぜ、足を直接つけます。15分程度でいいでしょう。これで足の臭いも軽減することが出来ます。更にこの重曹水にお酢を大さじ1杯ほど加えると効果が上がります。重曹足湯になります。夏場はさっぱりするのでお試しください。

Thumb足の臭いは重曹で解消?重曹スプレーで臭いを消す方法や足湯のやり方を紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

重曹は靴の臭いに効果的!!

重曹をお湯に溶かしたものに浸けるだけで簡単に靴の臭いが消える洗い方をご紹介しました。重曹には、消臭効果や湿気を取り除く効果があります。洗い方も簡単なので誰にでもできるようになっています。臭いのキツイものは、重曹の量を増やしたり、浸けておく時間を延ばしたりなど工夫をしてみてください。

重曹でつけ置きする洗い方以外にも、直接重曹を振りかけても消臭効果があります。使った後の重曹も掃除などに使えるので無駄なく重曹を使うことが出来ます。消臭対策としては重曹シューキーパーがおすすめです。簡単に作れて湿気対策にもなり3カ月も持ちます。その後の重曹も掃除や洗濯にも使えるので一石二鳥です。この機会にお試しください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-08-21 時点

新着一覧