ダンボールの崩れない結び方!簡単にキツく縛る方法を動画や写真で紹介

ダンボールを捨てる際、どんなにきつく縛っても緩んでしまったり、中から崩れ落ちてきたりした経験はありませんか?ここでは、ダンボールの崩れない結び方や、簡単にきつく縛る結び方を動画や写真を交えて紹介しています。また、荷造りの際に覚えておくと便利なダンボールの結び方なども併せて紹介しています。かさばるダンボールや雑誌をしっかり縛って捨てて、部屋をすっきりさせましょう。

ダンボールの崩れない結び方!簡単にキツく縛る方法を動画や写真で紹介

目次

  1. つぶしたダンボールを捨てるとき
  2. ダンボールをきつく縛る結び方【ぐるぐる巻き縛り】
  3. 便利で簡単なダンボールの結び方【4の字縛り】
  4. 崩れないダンボールの結び方【キの字縛り】
  5. 持ち手をつける結び方【本の十字縛り】
  6. 捨てるだけじゃなく荷造りにも応用可能
  7. 大きなダンボールに便利な結び方【行李結び】
  8. ひもだけじゃない!ダンボールをガムテープでめとめる方法
  9. ダンボールを増やさないためには
  10. 【まとめ】簡単な結び方でダンボールをまとめてすっきりしよう

つぶしたダンボールを捨てるとき

最近インターネットでの買い物が主流になっていきています。その際、必ずと言っていいほど一緒にやってくるのがダンボールですね。つぶして置いて溜まったら縛って、リサイクルなど、専用の回収置き場所に持って行くと言う方も多いのでは?しかし、いざ持っていくときにあって重ねたダンボールの内側がはみ出てきてしまったり、ひもが緩んでしまったりと思うように運べない経験はありませんか?

注文したもののサイズに合わせて送られてくるダンボールは大きさがバラバラなのでうまくまとまらず、ひもにかからないダンボールがどうしても出てきてしまいます。小さいダンボールを上にして重ね直しても結果は変わりません。

しかし、どんなにサイズがバラバラなダンボールでも崩れない結び方さえ覚えてしまえば、簡単にダンボールを結んで持ち運べます。絶対に崩れないからといってもそんなに難しい結び方ではなく、コツさえつかめば誰でも簡単に結べます。

ここからはダンボールはもちろん、雑誌や不要になった服など、ありとあらゆるものを崩れないように結ぶ方法を、動画や写真などを交えて紹介していきましょう。

Thumbダンボールの正しい捨て方とは?処分の仕方や簡単なまとめ方を解説 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ダンボールをきつく縛る結び方【ぐるぐる巻き縛り】

ひもを簡単に何重にも巻きつけるダンボールの結び方

ダンボール大きさが揃っていれば、ぐるぐる巻きにしてしまうのがとても簡単できつく縛れるのでおすすめです。しかし、大きなダンボールだと何重もひもを巻きつけるのは大変ですよね。そんなぐるぐる巻きを簡単にやる方法を紹介します。まず、紐を「の」の字を描くように置きます。巻き着けたい回数分の「の」の字を作ってください。

「の」の左部分を持ち、片手でひとまとめにし、輪を広げてダンボールに通します。左右に伸びたひもを左右に引っ張って結べば、どんなに分厚いダンボールでもきつく縛ることができます。詳しいやり方が見たい人は動画を参考にしてみてください。

便利で簡単なダンボールの結び方【4の字縛り】

番組で紹介されたダンボールの結び方が簡単と話題に

まず紹介するのが、昔とある番組で紹介されていたダンボールや古紙・雑誌などを縛る際に便利なひもの結び方です。文字だけでは分かりづらいので、動画や写真とともに詳しい結び方を紹介していきます。まず、ひもを4の字を描くように床に置きます。これがこの結び方の名前の由来ともされています。

次に、交差している部分にダンボールなどの縛るものの中心がくるように置き、最初の手順で作った輪をダンボールの上に引っ張って中心にくるように置きます。

続いて、下方向に伸びているひもを、先ほど中心においた輪に絡めて交差させます。最後に右方向に伸びているひもと結べば崩れないダンボールの結び方の完成です。文字や写真で分からない場合は是非動画でチェックしてみてくださいね。

4の字結びのメリットは、どんなに大きなものでもきつく縛ることができる点です。下方向に伸びるひもを強めに引っ張ればきつく縛ることができるので、好みのきつさに調整できるのも4の字結びのメリットです。やり方さえ分かれば簡単なので、これを機に覚えておいて損はありませんよ。

これらの結び方にはデメリットも?

ただ、4の字縛りやぐるぐる巻き縛りには難点があります。それはサイズがばらばらなダンボールだと中に入れたサイズの小さなダンボールが崩れてきてしまうことです。その難点を克服できるのが次に紹介するダンボールの結び方です。

崩れないダンボールの結び方【キの字縛り】

サイズがバラバラなダンボールを縛るのにおすすめの結び方

まず、ダンボールの3分の1の当たりにひもを1周巻きつけます。上下のひもをクロスさせてまだ切っていないほうの紐を3分の2の位置で同じように1周巻きつけます。このとき、3分の1の部分から伸びているひもをゆるめにのこしておくことを忘れずに。

続いて、3分の2の位置に巻きつけたひもを、先ほどゆるめに残しておいたひもにクロスさせて左右に引っ張ります。ひもがピンと張ったらダンボールを裏返して、先端が切れているほうのひもを3分の1の部分に巻きつけた縦ひもに巻きつけて、3分の2の位置に巻きつけた縦ひもにも同じように巻きつけます。

最後に、ひも束に繋がっているひもと結べば、ダンボールのサイズがバラバラでも崩れないダンボールの結び方ができます。文字情報だけでは分かりづらい場合には動画を参考にしてみてください。

持ち手をつける結び方【本の十字縛り】

運ぶのに便利な持ち手をつける縛り方

ダンボールを捨てるだけなら大して重量もないので、あまり問題になりませんが、雑誌などの重いものを捨てる際には結んだひもに指を引っ掛けて持ち運ぶと、指が痛くなってしまいますよね。そんな、重いものを捨てる際に便利な結び方を紹介しましょう。

まず、ビニールひもを長めに切ってひもの両端を合わせて2重止め結びにします。ひもの上に本の中心を合わせて置き、結んだ先端を反対の輪に通して上に向かって引っ張ります。結んだ方のひもを二つに分けてクロスさせて、雑誌の下にくぐらせます。

くぐらせたひもを上方向に引っ張って締めたら、十字の部分にひもをくぐらせます。もう一度十字部分にひもをくぐらせて、持ち手を余らせた状態で玉結びをすれば、持ち手のある結び方になります。言葉だけではわかりづらいので、動画を参考にしてみてください。

捨てるだけじゃなく荷造りにも応用可能

ここまで、つぶしたダンボールを回収場所まで運ぶことを前提としてダンボールの結び方を紹介してきましたが、ダンボールと言えば、引越しなどの荷造りでも使うことが多いですよね?軽めダンボールや小さいダンボールなら2、3個ひもでまとめてしまえば、作業がはかどります。

ダンボールにものを入れて複数個まとめるのにも、4の字縛りやキの字縛りがおすすめです。重さに合わせて巻きつける回数を2回、3回と増やすだけで、どんなに重い荷物でも一回で運べて便利ですよ。

しかし、荷物のサイズが大きくなってくると、先ほど紹介した4の字結びやキの字縛りでは、結ぶが大変になったり、緩んでしまう場合があります。そんなときに活躍するダンボールの結び方を紹介しておきましょう。

大きなダンボールに便利な結び方【行李結び】

荷造りの際にいくつか重ねると大きくなってしまうことがあります。大きくなった荷物に最適なのが行李結びになります。行李結びの結び方は、まず紐を二つ折りにして2重止め結びにします。長辺の長さと同じ長さを残して、最初の2重止め結びの反対側に2重止め結びを作ったら、ダンボールを裏返し、最初に作ったひもの輪にひもを2本とも通して2つに分けて左右に折り返して、ダンボールを裏返します。

真ん中の2本にそれぞれ裏から持ってきたひもをくぐらせて、さらにダンボールを裏返します。先ほど表で通した軸に表から通してきたひもをクロスさせて長辺に沿わせた状態でダンボールを裏返します。裏から通してきたひもを最初に作った結び目にひと巻きして、ふた結びで結んだら行李結びの完成です。文章で分かりにくければ動画を参考にしてみてください。

Thumb結び方の種類大全集!紐・ロープの基本から絶対ほどけないものまで紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ひもだけじゃない!ダンボールをガムテープでめとめる方法

ダンボールを一番簡単にまとめられるのはやはりガムテープでしょう。ガムテープはひもと比べて幅もあり、縛る必要もないのでダンボールをまとめるのにはたいしたコツはいりません。縦と横方向にそれぞれ、1、2周巻きつけて止めるだけです。中に入れたダンボールが出てこないように、横方向は最低でも2箇所巻きつけて止めればダンボールが崩れることはないでしょう。

しかし、自治体によってはガムテープでダンボールをまとめて捨てることを禁止している地域もあります。地域によってはひもでダンボールを結ばなければならない場合もありますので、ガムテープを使用する際は各自治体のホームページをチェックするか、電話で問い合わせてみてくださいね。

ダンボールを増やさないためには

ダンボールの結び方を覚えるのもダンボールを片付けるのに便利な知識ですが、そもそもダンボールを増やさなければダンボールを縛って捨てる必要もありませんし、梱包の削減は立派なエコ活動にもなります。インターネットでの買いものは簡単で便利ですが、なるべく一回の買いもので済ませるなど、ダンボールを増やさない努力もしましょう。

【まとめ】簡単な結び方でダンボールをまとめてすっきりしよう

ここまで、様々なダンボールの結び方を紹介してきました。自治体によってはガムテープでダンボールをまとめられない地域もあるので、ダンボールの結び方を知っておいて損はないはず。どこへ行ってもダンボールを捨てられるように、1つくらいは結び方を把握しておいたほうがいいかもしれません。

また、今回紹介したダンボールの結び方はダンボール以外にも流用できるので、ダンボールに限らず荷物や、震災などの災害時にも役に立つものです。ぜひ、今回紹介した結び方をマスターしてみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-08-21 時点

新着一覧