マスクのサイズは合ってる?正しい選び方や美人に見える種類は?

風邪をひいてしまったときや予防のため、そして花粉症の方などはマスクが必需品になることでしょう。そういった時期になると欠かせなくなるマスクですが、マスクにも個人個人に合ったサイズがあるというのをご存じでしたでしょうか。また着けると美人に見えるような種類のマスクというのもあるそうです。マスクのサイズの正しい選び方や美人に見える種類のマスクなどについてまとめました。

マスクのサイズは合ってる?正しい選び方や美人に見える種類は?

目次

  1. マスクにも正しいサイズというものがある?
  2. 隙間ができるサイズのマスクはつけても意味がない?
  3. まったく隙間ができないサイズのマスクを見つけるのは難しい!
  4. マスクは自分に合ったサイズを選ぼう!
  5. 目安はどれくらい?マスクのサイズの測り方をご紹介!
  6. もっとお手軽!お金で自分に合ったサイズのマスクが分かる?
  7. 正しいマスクのサイズの選び方と一緒につけ方も覚えておこう!
  8. マスクで美人に見せたいときにお勧めの種類はある?
  9. これをやっておくとモテるかも?マスクで美人に見せるコツ!
  10. まとめ:どんな目的でもマスクは自分のサイズに合ったものを!

マスクにも正しいサイズというものがある?

乾燥した時期になると風邪になりやすいために、その予防や花粉症の方はピーク時にずっと利用されるため、時期になると欠かせない方もいらっしゃるでしょう。そんないつも使用しているマスクですが、実は個人に合った正しいサイズというのもがあるというのをご存じでしたでしょうか。

いろんなメーカーから様々なサイズのマスクが出ていますが、購入するときにはいつも何となく選んだサイズのものを買うという方は意外に多いのではないでしょうか。しかし実はマスクには正しい選び方やつけ方があるのです。

また、美人に見せることのできるマスクというものがあるそうです。顔を隠すために使用するという方も多いようですので、そういったものがあれば覚えておきたいですね。ではマスクの正しいサイズの選び方や、美人に見えるマスクの種類にはどういったものがあるのかを見ていきましょう!

隙間ができるサイズのマスクはつけても意味がない?

マスクは上記のように花粉症の対策や風邪の予防などといった目的で使用されています。特にそれらがピークの季節になるとマスクをつけている方は格段に増えますよね。なのでマスクをつけている方は多く見かけることでしょうが、実はそのほとんどが正しいサイズのマスクを選べていないのが現状のようなのです。

正しいマスクの選び方ができていない人というのは、マスクをつけていても意味がないといっても過言ではないです。なぜならばマスクは空気中のウイルスや花粉などを内蔵のフィルターでつかみ取り、口や鼻などから体内に入ってこないようにするためのものです。

そういった目的で使用されているはずなのに、もし顔とマスクとの間に隙間が発生してしまえばそこからフィルターにつかみ取られなかったウイルスなどが侵入してしまい、体内に入っていってしまうのです。マスクをつけていてもこれでは意味がありません。

まったく隙間ができないサイズのマスクを見つけるのは難しい!

マスクは隙間ができてしまうようなサイズではだめだということが分かりましたね。ではマスクをつけた時に隙間のないサイズのものを選べばいいんじゃないかと思われる方もいらっしゃるでしょうが、残念ながら完全にマスクと顔の間の隙間をゼロにするというのも難しいものなのです。

マスクと顔の隙間を完全になくすというのは難しいですが、当然ながら隙間ばかりのマスクをつけていても意味はありません。もし花粉症や病原菌の対策としてマスクを着けていたけれど意味がなかったという経験がある方は、使っているマスクのサイズを見直してみることをおすすめします。

マスクは自分に合ったサイズを選ぼう!

自分に合ったマスクを選ぶためには、まずは自分に合ったマスクのサイズがどれくらいなのかということを知っておくことが重要になってきます。マスクのサイズは大まかに分けると、子供用、小さめのスモールサイズ、普通のレギュラーサイズ、大きめのラージサイズに分けられます。

いろんなメーカーから様々なサイズのマスクが出ており、上述のようなサイズ分けになっていることが一般的なようですがいざ自分のマスクを選ぼうとするとどのサイズを選ぶべきか難しい所もありますよね。そこで、簡単にできる自分に合ったサイズのマスクを確認する方法をご紹介しておきましょう。

目安はどれくらい?マスクのサイズの測り方をご紹介!

では、自分にはどれくらいのサイズのマスクがあっているのかという確認の方法をご紹介していきます。マスクのサイズの目安の確認方法は、まず自分の人差し指と親指でLの字を作ります。次に親指を耳の上側の先端に当てて、人差し指を鼻の付け根から1センチ程度下のところに当てます。おそらく目の下あたりに人差し指が来るでしょう。

親指と人差し指の場所を確定させられたら、そのまま指を固定して顔から離します。この状態で親指と人差し指の間の距離を測れば自分に合ったサイズのマスクがどれくらいかということが分かります。

指の間の長さが9センチから11センチの間の場合は子供用のサイズのマスク、10センチ5ミリから12センチ5ミリの場合は小さめのサイズのマスクがおすすめです。長さが12センチから14.5センチの間の場合はノーマルサイズのマスクで、14センチ以上になると大きめのサイズのマスクがおすすめになります。

もっとお手軽!お金で自分に合ったサイズのマスクが分かる?

自分に合ったサイズのマスクがどれくらいなのかという確認の方法と選び方は上記のやり方でできます。最近はスマホが定規代わりになるアプリなども登場しているようなので、お店でどのサイズのマスクが良いか迷っているときにもすぐに確認をすることができそうですね。

これ以外にも、もっとお手軽にサイズを測る方法として千円札と一円玉を使った測り方もあります。千円札は長いほうの辺がちょうど15センチ、1円玉は直径がちょうど2センチになっているそうです。ですのでこれらを組み合わせれば、おおよそのサイズの目安が分かりますのでこのやり方を覚えておくと便利そうですよね。

正しいマスクのサイズの選び方と一緒につけ方も覚えておこう!

マスクは口と鼻を覆ってさえいれば問題なしと思っている方が多いかもしれませんが、実はマスクには正しい向きやつけ方というものもあります。マスクのサイズの選び方と一緒につけ方なども覚えておいてしまいましょう。ここでは一般的に多く使用されているプリーツマスクのつけ方をご紹介します。

まずマスクには裏表と上下があります。裏表を見分ける方法はゴム紐が付いているほうが内側という見分け方をすれば非常に簡単です。そして上下は鼻の形にフィットさせるために形を変えるノーズフィットがあるほうが上ということになります。見分け方はとても簡単ですね。

次に実際につけていく手順ですが、先に手をちゃんと洗っておいてください。もしも手に病原菌などがついたままではマスクをつける意味がなくなってしまいます。そして、マスクの裏表をご紹介した方法で確認します。プリーツマスクの場合は上記の通り上下に開けばすぐにわかります。

そしてノーズフィットがあるかどうかでマスクの上下を確認します。付けるときにはマスクを広げてからノーズフィットが鼻の形に合うように形を変えておきます。そのまま上と下に広げて下は顎までと上は鼻までをしっかり覆い、耳に紐をかければ完了です。

Thumbマスクの付け方あってる?裏表の見分け方や正しい着用方法を解説 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

マスクで美人に見せたいときにお勧めの種類はある?

マスクの正しいサイズの選び方やつけ方などについてご紹介しました。さて、最近では顔を隠すためにマスクをつけているという女性も増えてきているようですね。どうせならば、美人に見せることのできるマスクをつけておきたいと思うことでしょう。美人に見せたいときにお勧めのマスクの種類はどんなものなのでしょうか。

マスクで美人に見せたいときには、マスクの色と大きさに注意する必要があります。例えば青色のマスクをつけると目元のくすみが強調されてしまうので厳禁です。美人に見せたいときにはピンク色の種類のマスクをつけると顔色が明るくなってくれるのでお勧めですよ。

また、大きさにも注意する必要があります。自分に合っていない、小さすぎるマスクをつけていると反比例して顔が大きく見えてしまいます。大きすぎても違和感がありますので、これもやはり大きすぎず小さすぎない自分に合ったサイズのマスクを選ぶことをおすすめします。

これをやっておくとモテるかも?マスクで美人に見せるコツ!

美人に見せたいときにお勧めのマスクの種類をご紹介しました。しかしこれだけで美人に見せる準備完了というわけではありません。他にもマスクで美人に見せるコツがありますのでご紹介していきます。まず1つはアイメイクをしっかりしておくということです。

マスクをつけると視線は目元に集中します。そこでアイメイクをしっかりとしておけば目力がアップして好印象になります。また髪型は清潔感を重視して顔にかからないようにしておきましょう。前髪が長かったりふんわりした髪型はマスクをつけると一気に暗いイメージを持ってしまいがちになります。

ですので、髪は顔にかからないようにまとめておくとすっきりとした清潔感のある印象を与えることができます。病院のナースさんを参考にしてみると良いかもしれません。

Thumbマスク美人のメイク方法!落ちない・崩れないアイテムやお直しテクを紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

まとめ:どんな目的でもマスクは自分のサイズに合ったものを!

自分に合ったサイズのマスクの選び方や正しいつけ方、美人に見せたいときにお勧めの種類などについてご紹介しました。マスクは自分に合った正しいサイズのものでないと花粉症の対策などで付けていても意味がなくなってしまうので、事前にどれくらいのサイズが良いかを知っておくべきでしょう。

また、マスクで美人に見せたいときにも大きすぎても小さすぎてもいけないようでした。通常のマスクのサイズの選び方と同様に美人に見せるときにもサイズを意識しておくことが重要ですよ。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-15 時点

新着一覧