シングルバーナーのおすすめご紹介!選び方のポイントとは?

シングルバーナーなどのアウトドア用品が、最近のアウトドアブームの到来によって、かなり需要が伸びています。山などにいく際にもおすすめで、温かいコーヒーをいっぱい入れる時にも、使う事ができるおすすめな商品がシングルバーナーなのです。種類によっても、その使い方が大きく変化して、特徴なども変わってきます。そういった部分についてもご紹介していきますので、是非参考にしてみてくださいね。

シングルバーナーのおすすめご紹介!選び方のポイントとは?

目次

  1. キャンプなどで使えるシングルバーナーを使いたい!
  2. 失敗しない!おすすめシングルバーナーの選び方とは?
  3. シングルバーナーガスのタンクの使用期限に注意しよう!
  4. 分離型・一体型等は選び方が重要!人気なシングルバーナーをご紹介!
  5. 1選目:小さく素早く!「モンベル ジェットボイル PCS FLASH CARB 182432」
  6. 2選目:小さくて軽い「コールマン スポーツスターII 508A700J」
  7. 3選目:大きいものも簡単調理「EPI NEOストーブ S-1030」
  8. 4選目:コンパクトに収納!「コールマン ビバークストーブ 2000019529」
  9. 5選目:小さくてもハイパワー!「プリムス 153ウルトラバーナー P-153」
  10. 6選目:コスパ最高!「SOTO レギュレーターストーブ ST-310」
  11. 7選目:薄型ボディで楽々!「SOTO Gストーブ ST-320」
  12. 8選目:ガスのパワーとがソリの力!「SOTO MUKAストーブ SOD-371」
  13. 9選目:寒さや風に強い!「SOTO マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター」
  14. 10選目:コスパや使い勝手が強い!「イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」
  15. 自分のアウトドアライフにあったシングルバーナーを選ぼう!

キャンプなどで使えるシングルバーナーを使いたい!

最近ではアウトドアがかなりブームになっており、バーナーを使う機会もかなり増えている事でしょう。シングルバーナーがあるだけで、かなりおいしい温かいものを作る事ができます。しかしただシングルバーナーを購入すればいいというわけではなく、自分自身の使い方にあっているシングルバーナーを、選ぶ事がとても重要になります。この記事ではシングルバーナーに悩んでいる方のために、おすすめなバーナーをご紹介していきます。

失敗しない!おすすめシングルバーナーの選び方とは?

収納しやすく場所を取らない「一体型」

カートリッジ行きのバーナーで、コンパクトで置いて使用する事ができる、おすすめなバーナータイプです。コンパクトな事と、安定しやすいので風などでも簡単に倒れる事がありません。大きさによっては、対応していないサイズもあるので、自分自身が持っている器具とバーナーの相性がいいかを、しっかりと確認してから使用するようにしましょう。バーナーには相性が重要です。

容器の大きさを選ばない「分離型」

一体型に比べて分離型は、かなり安定して鍋などをバーナーで温める事ができます。バーナーと燃料部分が別々になっているので、少し使用するには場所が必要ですが、しっかりと安定してバーナーを使う事ができます。自分自身が持っている鍋などんp種類によっても、バーナーとの相性は変化していきますので、自分の持っている鍋の種類を確認してから、バーナーを購入しましょう。

初心者におすすめ「ガス式」

簡単にワンタッチでバーナーを点火する事ができるので、手間がかからずおすすめなバーナータイプです。消化なども簡単に行える特性を持っています。折りたたみも簡単ですぐに取り出したり、しまったできるバーナーなので手間取らずにすみます。初心者の方はこちらのタイプのバーナーを購入しましょう。

上級者向き「ガソリン式」

ガソリンタイプのバーナーは、ホワイトガソリンや灯油を燃料としています。ですので燃料の交換は必要なく、自分自身で補給する必要があります。構造が複雑で点火するだけでも、かなり難しいタイプのバーナーになっていますので、上級者にはおすすめなバーナーですが初心者には難しいバーナーでしょう。

シングルバーナーガスのタンクの使用期限に注意しよう!

シングルガスバーナーなどのように、燃料を必要とするタイプのアウトドア用品は、メンテナンスがとても重要です。ガスの使用期限の確認や、本体の清掃、導火線部分の交換など様々なメンテナンスが必要です。大切に使う事で、長く使う事ができる商品なので、そういった部分を理解してバーナーを購入しましょう。

分離型・一体型等は選び方が重要!人気なシングルバーナーをご紹介!

バーナーには様々な種類が存在しており、それによって特徴も使い方も大きく変化します。そういった部分を気をつけて、自分に合っているバーナーを選ぶ事が重要で、あまり使いこなせないタイプを選んでしまうと、かなり大変です。なれることに精一杯で、楽しむ事ができなくなってしまいますので、ストレスなく使えるものを選びましょう。次の章からは、おすすめなバーナーをご紹介しつつ、商品の詳細をご説明します。

1選目:小さく素早く!「モンベル ジェットボイル PCS FLASH CARB 182432」

分離型・一体型等は選び方が重要!人気・おすすめなシングルバーナー1選目

アウトドアで人気にアイテムとして有名な、シングルバーナーの人気商品10選の中のうち、1選目のシングルバーナーは「モンベル」というメーカーが販売を行なっている、「モンベル ジェットボイル PCS FLASH CARB 182432」というシングルバーナーです。「モンベル ジェットボイル PCS FLASH CARB 182432」の販売されているメーカー希望価格は「15,096円」です。

「モンベル ジェットボイル PCS FLASH CARB 182432」のガスの形式は、「一体型」となっており、重量は「470g」、燃料のタイプは「ガス式OD缶」を採用して作られているシングルバーナーとなっています。「モンベル ジェットボイル PCS FLASH CARB 182432」の火力・出力は「1134kcal/h」で、使用時・収納時のサイズは「径104×高さ180mm」です。

2選目:小さくて軽い「コールマン スポーツスターII 508A700J」

分離型・一体型等は選び方が重要!人気・おすすめなシングルバーナー2選目

アウトドアで人気にアイテムとして有名な、シングルバーナーの人気商品10選の中のうち、2選目のシングルバーナーは「コールマン」というメーカーが販売を行なっている、「コールマン スポーツスターII 508A700J」というシングルバーナーです。「コールマン スポーツスターII 508A700J」のガスの形式は、「一体型」となっています。気になる方は見てみましょう。かなり火力が高いタイプなのに、寒暖差に強いのでおすすめです。

重量は「約960g」、燃料のタイプは「ガソリン式」を採用して作られているシングルバーナーとなっています。「コールマン スポーツスターII 508A700J」の火力・出力は「最高時約2,125kcal/h」で、使用時・収納時のサイズは「径140×高さ140mm」です。「コールマン スポーツスターII 508A700J」の販売されているメーカー希望価格は「8,121円 (税込)」ですので、気になった方は一度実物を見てみましょう。

3選目:大きいものも簡単調理「EPI NEOストーブ S-1030」

分離型・一体型等は選び方が重要!人気・おすすめなシングルバーナー3選目

アウトドアで人気にアイテムとして有名な、シングルバーナーの人気商品10選の中のうち、3選目のシングルバーナーは「EPI NEOストーブ S-1030」というメーカーが販売を行なっている、「EPI」というシングルバーナーです。「EPI NEOストーブ S-1030」のガスの形式は、「一体型」となっており、重量は「185g」、燃料のタイプは「ガス式OD缶」を採用して作られているシングルバーナーとなっています。

静かな音で安定して、温めることができるのでおすすめな、シングルバーナーといしてアウトドアの業界では、有名なものでしょう。「EPI NEOストーブ S-1030」の火力・出力は「最高4500kcal」で、使用時・収納時のサイズは「高さ132×奥行82×幅84mm」です。「EPI NEOストーブ S-1030」の販売されているメーカー希望価格は「6,707円 (税込)」ですので、気になった方は一度実物を見てみましょう。

4選目:コンパクトに収納!「コールマン ビバークストーブ 2000019529」

分離型・一体型等は選び方が重要!人気・おすすめなシングルバーナー4選目

Screenshot - 51a303980c322a63a83c2df52176d7a2 - Gyazo

アウトドアで人気にアイテムとして有名な、シングルバーナーの人気商品10選の中のうち、4選目のシングルバーナーは「コールマン」というメーカーが販売を行なっている、「コールマン ビバークストーブ 2000019529」というシングルバーナーです。「コールマン ビバークストーブ 2000019529」のガスの形式は、「一体型」となっています。小さいけどパワフルなシングルバーナーなのです。

重量は「約1.05kg」、燃料のタイプは「ガス式OD缶」を採用して作られているシングルバーナーとなっています。「コールマン ビバークストーブ 2000019529」の火力・出力は「最高時約3,900kcal/h」で、使用時・収納時のサイズは「径約210×径210×径100mm」です。「コールマン ビバークストーブ 2000019529」の販売されているメーカー希望価格は「5,980円 (税込)」です。

5選目:小さくてもハイパワー!「プリムス 153ウルトラバーナー P-153」

分離型・一体型等は選び方が重要!人気・おすすめなシングルバーナー5選目

アウトドアで人気にアイテムとして有名な、シングルバーナーの人気商品10選の中のうち、5選目のシングルバーナーは「プリムス」というメーカーが販売を行なっている、「プリムス 153ウルトラバーナー P-153」というシングルバーナーです。「プリムス 153ウルトラバーナー P-153」のガスの形式は、「一体型」となっており、重量は「116g」、燃料のタイプは「ガス式OD缶」を採用して作られています。

かなり軽量のモデルなので、バックに入れても安定して入れて置くことができます。「プリムス 153ウルトラバーナー P-153」の火力・出力は「4.2kW・3,600kcal/h」で、使用時・収納時のサイズは「幅75×高さ88×奥行30mm」です。「プリムス 153ウルトラバーナー P-153」の販売されているメーカー希望価格は「8,456円 (税込)」ですので、気になった方は一度実物を見てみましょう。

6選目:コスパ最高!「SOTO レギュレーターストーブ ST-310」

分離型・一体型等は選び方が重要!人気・おすすめなシングルバーナー6選目

アウトドアで人気にアイテムとして有名な、シングルバーナーの人気商品10選の中のうち、6選目のシングルバーナーは「SOTO」というメーカーが販売を行なっている、「SOTO レギュレーターストーブ ST-310」というシングルバーナーです。「SOTO レギュレーターストーブ ST-310」のガスの形式は、「一体型」となっており、重量は「350g」、燃料のタイプは「ガス式CB缶」を採用して作られています。

安定した火力と、使用している際に燃料のコスパがとてもいい商品となっています。「SOTO レギュレーターストーブ ST-310」の火力・出力は「2.9kW・2,500kcal/h」で、使用時・収納時のサイズは「幅140×奥行70×高さ110mm」です。「SOTO レギュレーターストーブ ST-310」の販売されているメーカー希望価格は「5,120円 (税込)」ですので、気になった方は一度実物を見てみましょう。

7選目:薄型ボディで楽々!「SOTO Gストーブ ST-320」

分離型・一体型等は選び方が重要!人気・おすすめなシングルバーナー7選目

アウトドアで人気にアイテムとして有名な、シングルバーナーの人気商品10選の中のうち、7選目のシングルバーナーは「SOTO」というメーカーが販売を行なっている、「SOTO Gストーブ ST-320」というシングルバーナーです。「SOTO Gストーブ ST-320」のガスの形式は、「一体型」となっており、重量は「380g」、燃料のタイプは「ガス式CB缶」を採用して作られているシングルバーナーとなっています。

風などをしっかりと遮って、効率よく温めてくれるので、安定した火力を維持しながら使用することができます。「SOTO Gストーブ ST-320」の火力・出力は「2.1kW・1800kcal/h」で、使用時・収納時のサイズは「幅142×奥行78×高さ25mm」です。「SOTO Gストーブ ST-320」の販売されているメーカー希望価格は「6,800円 (税込)」ですので、気になった方は一度実物を見てみましょう。

8選目:ガスのパワーとがソリの力!「SOTO MUKAストーブ SOD-371」

分離型・一体型等は選び方が重要!人気・おすすめなシングルバーナー8選目

アウトドアで人気にアイテムとして有名な、シングルバーナーの人気商品10選の中のうち、8選目のシングルバーナーは「SOTO」というメーカーが販売を行なっている、「SOTO MUKAストーブ SOD-371」というシングルバーナーです。「SOTO MUKAストーブ SOD-371」のガスの形式は、「分離型」となっており、燃料のタイプは「ガソリン式」を採用しており、しっかりと加熱できるバーナーです。

操作性もとても簡単で、ガスとガソリンのいいところをとって作った、おすすめなシングルバーナーでしょう。「SOTO MUKAストーブ SOD-371」の火力・出力は「4.7kW・4,000kcal/h」で、使用時・収納時のサイズは「幅80×奥行65×高さ80mm」です。「SOTO MUKAストーブ SOD-371」の販売されているメーカー希望価格は「15,206円 (税込)」ですので、気になった方は一度実物を見てみましょう。

9選目:寒さや風に強い!「SOTO マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター」

分離型・一体型等は選び方が重要!人気・おすすめなシングルバーナー9選目

アウトドアで人気にアイテムとして有名な、シングルバーナーの人気商品10選の中のうち、9選目のシングルバーナーは「SOTO」というメーカーが販売を行なっている、「SOTO マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター」というシングルバーナーです。「SOTO マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター」のガスの形式は、「一体型」となっており、重量は「67g」で作られています。

燃料のタイプは「3.3kW・2,800kcal/h」を採用して作られているシングルバーナーとなっています。「SOTO マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター」の火力・出力は「2,800kcal/h」で、使用時・収納時のサイズは「幅47×奥行51×高さ88mm」です。「SOTO マイクロレギュレーター ウインドマスター」の販売されているメーカー希望価格は「7,603円 (税込)」ですので、気になった方は一度実物を見てみましょう。

10選目:コスパや使い勝手が強い!「イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」

分離型・一体型等は選び方が重要!人気・おすすめなシングルバーナー10選目

アウトドアで人気にアイテムとして有名な、シングルバーナーの人気商品10選の中のうち、10選目のシングルバーナーは「イワタニ」というメーカーが販売を行なっている、「イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」というシングルバーナーです。「イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」のガスの形式は、「一体型」となっており、重量は「約274g」、燃料のタイプは「ガス式CB缶」を採用して作られています。

大きな鍋でもしっかりと、温めることができるのでアウトドアに最適でしょう!「イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」の火力・出力は「2.7kW・2300kcal/h」で、使用時・収納時のサイズは「幅82×奥行68×高さ109mm」です。「イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」の販売されているメーカー希望価格は「3,290円 (税込)」ですので、気になった方は一度実物を見てみましょう。

自分のアウトドアライフにあったシングルバーナーを選ぼう!

アウトドアやキャンプなどにもぴったりなシングルバーナーを選ぶ際は、種類が多すぎて迷ってしまう方も多いはずです。「アウトドアでシングルバーナー」を使用すると、とても快適にアウトドアやキャンプになります。朝起きたすぐにコーヒーを入れることも、暖かいご飯を食べることも可能です。あなたも、自分にぴったりなシングルバーナーを見つけて購入してみましょう!

キャンプ用品に関する他の記事が気になる方はこちら

Thumbランタンのおすすめまとめ!キャンプに便利なアイテムの選び方は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbウォータージャグのおすすめランキング!キャンプで人気のおしゃれアイテム | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbソロキャンプ用テントのおすすめランキング!人気製品の選び方を徹底解説 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-10-17 時点

新着一覧