もつ煮込みのレシピで人気は?美味しく作る決め手や煮込み方のコツ

簡単で美味しいもつ煮込みの人気レシピや味付けのコツについてまとめました。簡単な味付けのコツや美味しい人気レシピを取り入れておけば、ワンランク上のもつ煮込みを作ることができるようになります。どのようなコツを取り入れていけば美味しいもつ煮込みを簡単なレシピで作れるのか把握して、人気の味付けを楽しんでみませんか。もつ煮込みの簡単レシピと美味しい味付けのコツをチェックしていきましょう。

もつ煮込みのレシピで人気は?美味しく作る決め手や煮込み方のコツ

目次

  1. もつ煮込みの人気レシピや簡単で美味しい味付けのコツを知りたい!
  2. 簡単レシピが人気!もつ煮込みとは
  3. もつ煮込みレシピに必要な材料を揃えよう
  4. 美味しいもつ煮込みは下ごしらえがレシピのコツ
  5. 簡単に行うことができるもつ煮込みの下ごしらえ方法
  6. こんな下ごしらえ方法がもつ煮込みのレシピで活用できる
  7. 美味しいのに簡単!もつ煮込みの人気レシピ
  8. さらに美味しいもつ煮込みにするための味付けのコツ
  9. もっと簡単に作りたいときに最適な圧力鍋のもつ煮込みレシピ
  10. 炊飯器に入れるだけの美味しいもつ煮込み人気レシピ
  11. 余ったもつ煮込みはリメイクレシピが人気!
  12. 旨味たっぷり!もつ煮込み炊き込みご飯の人気レシピ
  13. 気軽に作れるもつ煮込みカレーのレシピ
  14. ボリューム満点のもつ煮込みうどんにリメイクするのも人気
  15. 味付けのコツをおさえてもつ煮込みを作ろう

もつ煮込みの人気レシピや簡単で美味しい味付けのコツを知りたい!

簡単で美味しいもつ煮込みのレシピが人気

いろいろなレシピがある中で簡単に美味しいメイン料理を作れると人気を集めているのがもつ煮込みのレシピ。もつ煮込みのレシピはコツさえおさえておけば、料理初心者でも気軽に作ることができるので「何か美味しい料理を作りたい!」という場合にぴったり。もつ煮込みの簡単レシピを活用して、みんなが喜ぶ美味しいもつ煮込みを作ってみませんか。

もつ煮込みを作るときは味付けや下ごしらえの方法に工夫をプラスするのがおすすめ。簡単に取り入れることができるコツさえ覚えておけば、お店の味を再現することも可能です。もつ煮込みはご飯との相性が良いのはもちろんのこと、お酒とも相性ぴったりなので大人から子供まで美味しく食べられるのが嬉しいポイント。ぜひもつ煮込み作りをチャレンジしてみましょう。

味付けのコツをおさえて人気レシピを活用しよう

「美味しく食べられるもつ煮込みのレシピを知りたい!」「ワンランク上のもつ煮込みを作るためにはどういった方法を取り入れれば良い?」といった場合に最適なもつ煮込みのレシピについてまとめました。もつ煮込みを美味しく作るためのコツもまとめたので、ぜひ参考にしてみてはいかがですか。自宅で気軽に作れる絶品もつ煮込みを楽しんでいきましょう。

簡単レシピが人気!もつ煮込みとは

豚や牛などのもつを野菜と一緒に煮込んだレシピ

居酒屋などでは定番メニューとなっているもつ煮込みですが、具体的にはどんな料理なのでしょうか。もつ煮込みとは、もつを呼ばれる内臓部分を野菜と一緒に煮込んだ料理。豚や牛、鳥、馬といったようにさまざまな種類のもつを使うことができます。使用するもつの種類は地域によって異なる場合もあり、バリエーション豊かなもつ煮込みのレシピが全国各地にあるのが特徴。

地域によってさまざまな人気レシピがある

使用するもつの種類が違う以外に、味付けも地域ごとによって異なるのもポイント。醤油ベースや塩ベース、味噌ベースといったように地域やお店によってこだわりの味付けをほどこしています。山梨ならB級グルメのグランプリに輝いた鳥もつ煮、愛知県なら八丁味噌を使った濃いめの味付けのどて煮など地域によって特色豊かなもつ煮込みをいただくことができるのが魅力的なポイント。

もつ煮込みレシピに必要な材料を揃えよう

お好みのもつや野菜

それでは、基本的なもつ煮込みのレシピに必要な材料を揃えていきましょう。もつ煮込みに必要となるのがもつ、人参、大根、こんにゃく、ネギ、生姜、ニンニクとなります。使用するもつはスーパーなどで気軽に手に入れることができる豚もつなどお好みのものでOK。珍しいもつが手に入ったらそれを使ってもつ煮込みを作ってみるのも良いかもしれません。

味噌などの調味料

調味料は酒1カップ、水2カップ、味噌大さじ4、砂糖小さじ2となります。今回ご紹介するのは味噌ベースのもつ煮込みのレシピですが、もつ煮込みを作るのに慣れてきたら醤油ベースのレシピや塩ベースのレシピを取り入れてみるのも良いかもしれません。味噌の種類を変えることによって風味も変わるので、基本のレシピをベースとしていろいろチャレンジしてみましょう。

美味しいもつ煮込みは下ごしらえがレシピのコツ

下ごしらえを怠るとくさみが残ることがある

もつ煮込みを作る上で気をつけておきたいのがもつの下ごしらえ。もつのような内臓の部位は下ごしらえをきっちり行っておかないとくさみが残ってしまうことがあります。くさみが残ると全体の味も落ちてしまうので、美味しいもつ煮込みにしたいと恋は下ごしらえを忘れないようにしましょう。下ごしらえがきっちりできていれば、美味しいもつ煮込みに仕上げることができます。

簡単な下ごしらえでもつ煮込みを作っていこう

最初に下ごしらえをするというと面倒に感じることがあるかもしれませんが、もつ煮込みの下ごしらえはとても簡単なので気軽に取り入れることができるようになります。もつ煮込みのレシピで活用できる下ごしらえの方法は4種類ほどあるので、やりやすい方法を取り入れてみてはいかがですか。もつの下ごしらえの方法についてまずはチェックしていきましょう。

Thumbもつ鍋は下ごしらえが大切!臭みの取り方や下処理・おすすめレシピも紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

簡単に行うことができるもつ煮込みの下ごしらえ方法

塩もみをして下ごしらえする

まずおすすめのもつ煮込みの下ごしらえの方法は塩もみ。塩もみをすることでもつのくさみが吸着され、美味しく仕上げることができます。もつを軽く水洗いをしたら塩をまぶして全体に揉み込んでいきましょう。もつのくさみを塩に吸着させるように揉み込んだら流水で洗っていきます。もつのぬめりがしっかりと落ちるように洗っていくのがポイント。

もつを洗い終わったら、沸騰させたお湯の中にもつを入れます。再び沸騰してから10分ほど茹でて、ザルにあけましょう。このようにゆでこぼすことによってもつのくさみを完全にとるのがレシピのポイント。これで下ごしらえの完了です。

牛乳を使った下ごしらえも美味しいレシピのためにおすすめ

続いておすすめなのが牛乳を使ったもつの下ごしらえの方法。牛乳にはもつのにおいやぬめりを吸着する成分が含まれているので、くさみをとりたいときにぴったりです。レバーのくさみをとるときにもよく牛乳を使うのが特徴。

もつを水洗いしたらボウルに入れ、全体に浸るくらいの牛乳を注ぎましょう。その状態で1時間ほど漬け込んんでおきます。1時間経過したら水洗いをし、塩もみのときと同じように茹でこぼしてください。これで牛乳を使った下ごしらえの完了です。

こんな下ごしらえ方法がもつ煮込みのレシピで活用できる

小麦粉でもみ洗いをしてくさみを取るのがコツ

もつのくさみをとる方法は他にもあります。続いての方法は小麦粉を使った方法。小麦粉も牛乳と同じようにぬめりやくさみを吸着する性質があると言われているので取り入れてみてはいかがですか。ボウルに水洗いしたもつと小麦粉を入れたら、水を加えて小麦粉を揉み込んでいきます。

くさみやぬめりが吸着できるように揉み込んだら、流水でもつを洗ってください。沸騰させたお湯の中にもつをいれて茹でこぼしたら完了です。

ニンニクと生姜で風味付けする

ニンニク、生姜、ネギにはもつをくさみをとるのに効果的な成分が多く含まれています。水洗いをしたもつを鍋に入れたらネギとニンニク、生姜を加えてたっぷりのお湯で茹でてください。10分ほど茹でたら一度ザルにあけましょう。生姜とニンニク、ネギ、茹でこぼしたもつを再び沸騰させたお湯の中に入れて10分茹でます。

ザルにあげて流水でぬめりをとるように洗ったら完了。二回茹でこぼすことによってしっかりとくさみをとり、生姜とニンニクの風味をつけて美味しいもつに仕上げていきます。

美味しいのに簡単!もつ煮込みの人気レシピ

野菜類をカットする

もつの下ごしらえをすることができたら、もつ煮込み作りに入っていきましょう。まずは材料をカットしていきます。こんにゃくのあく抜きが必要な場合は、手でちぎって沸騰したお湯で茹でておいてください。大根と人参はいちょう切りにしておきます。ニンニクと生姜は薄切りにしましょう。ネギは小口切りにしたら材料のカットは完了です。

煮込んで調味料を加えたら完成

鍋にニンニクと生姜、日本酒、水を入れたら沸騰させます。沸騰したら下ごしらえをしたもつを加え、10分ほど煮込みましょう。煮込んでいるうちにもつからアクが出てくるのが取り除きます。10分経過したら人参や大根、こんにゃくなども加えてさらに煮込んでください。全ての食材に熱が通ったら残りの調味料を全て入れます。

蓋をして10分ほど煮込んだらOK。器に盛ってからネギをトッピングして完成です。お好みで七味唐辛子をかけても美味しいので、取り入れてみてはいかがですか。

さらに美味しいもつ煮込みにするための味付けのコツ

日本酒を多めにして旨味をアップすると美味しい

それでは、さらに美味しいもつ煮込みにするための味付けのコツを見ていきましょう。もつ煮込みを作るときに酒を入れますが、日本酒の量を多くすると旨味がアップします。今回のレシピでは水:酒が2:1の割合でしたが日本酒の割合をさらに多めにすると旨味をより感じられるようになるので、たくさん分量がある場合はぜひ多めにしてみましょう。

冷ましておくと味が染み込んで美味しいもつ煮込みになる

味付けをして煮込んだもつ煮込みは一度冷ましておくのがおすすめ。食材は冷ましていく段階で味がどんどんしみこんでいくので、長時間煮込むよりも一度冷ました方が味がしっかりしみこんだもつ煮込みに仕上げることができます。

冷ましてから食べる直前にまた温めて器に盛り付けましょう。このようにちょっとした工夫で美味しいもつ煮込みになるので、ぜひ取り入れてみてください。

もっと簡単に作りたいときに最適な圧力鍋のもつ煮込みレシピ

もつと青ネギを圧力鍋に入れて15分加圧

もつ煮込みは圧力鍋を使うと、さらにとろとろで美味しいもつに仕上げることができます。圧力鍋を使ったレシピも簡単なので取り入れてみてはいかがですか。圧力鍋にもつと青ネギ、生姜を入れたら全体が浸るくらいの水を加えて蓋をし、加圧します。加圧状態に入ってから弱火にし15分ほど圧力をかけたら火を消して冷めるのを待ちましょう。

野菜と調味料を入れて10分加圧したら完成

圧力鍋の圧が完全に抜けたら蓋を開き、他の食材や調味料を加えます。蓋をして再び加圧し、弱火にしてから10分ほど熱してください。火を止めて圧を抜いたら蓋を開けて強火にかけて煮詰めましょう。好みの味に煮詰まったら完成です。

炊飯器に入れるだけの美味しいもつ煮込み人気レシピ

材料を全て炊飯器に入れて炊飯ボタンを入れるだけ

「もっと簡単にもつ煮込みを作りたい!」と思ったら、炊飯器を活用してみてはいかがですか。炊飯器に下ごしらえをしたもつ、野菜、調味料などの全ての材料を入れたら炊飯をスタートさせます。あとは炊飯器にお任せでOK。炊飯が終わったら蓋を開き、盛り付けて完成。炊飯器にお任せなので調理中に他の家事ができるのが嬉しいポイントです。

タイマーを設定しておけば簡単に夕飯のメインができあがる

事前に材料の下ごしらえをしたタイマーにかけておけば、夕飯時に自動的にもつ煮込みができあがっているのも炊飯器を使う魅力。火加減の手間もかからないので、料理初心者の方にもおすすめです。このように炊飯器も活用しながらもつ煮込みを作ってみてはいかがですか。

余ったもつ煮込みはリメイクレシピが人気!

たくさん作ると余ることも多い

もつ煮込みはついつい作りすぎて余ってしまうことがよくあるのではないでしょうか。どんなに美味しいもつ煮込みができたとしても、翌日も同じ味では飽きてしまうのが問題。そんなときはちょっとした工夫を加えてもつ煮込みをリメイクしてみてはいかがですか。簡単なリメイク術を活用していけば、まったく味の違った料理に仕上げることができます。

人気のリメイクレシピでもつ煮込みを食べきろう

もつ煮込みを作るときは翌日にリメイクすることを見越してあえて多めに作っておくのも良いかもしれません。多めに作って翌日のリメイクレシピも考えておけば、時短調理につなげることができます。このように一度作った料理をリメイクしていくのは家事の手間をぐっと減らすことができるので便利。ぜひリメイクをしてもつ煮込みを食べ切っていきましょう。

旨味たっぷり!もつ煮込み炊き込みご飯の人気レシピ

もつ煮込みとご飯を合わせて炊飯する

まずおすすめしたい簡単なもつ煮込みリメイクレシピは炊き込みご飯です。もつ煮込みの旨味がご飯にたっぷりしみこんで美味しい炊き込みご飯になるのが魅力。炊飯器に白米を入れたらもつ煮込みを汁ごと加えます。水分量のメモリに足りない分量の水を加えたら蓋をして炊飯をスタートさせましょう。あとはご飯が炊き上がるのを待っているだけでOKです。

冷めても美味しい

もつ煮込みの炊き込みご飯はしっかりと味がついているので冷めてもご飯が美味しくいただくことができます。そのため、お弁当に活用するのもおすすめ。お弁当箱にもつ煮込みの炊き込みご飯を入れるだけで豪華な雰囲気になるのではないでしょうか。おにぎりにするのもOK。ぜひもつ煮込み炊き込みご飯を活用していきましょう。

Thumb土鍋の炊き込みご飯レシピ集!おこげも楽しむ絶品・おすすめの作り方とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

気軽に作れるもつ煮込みカレーのレシピ

足りない具材をカットして炒める

もつ煮込みをリメイクしたいときはカレーにするのもおすすめ。もつの旨味が詰まっているので、お店で食べるようなカレーに仕上げることができます。まずはジャガイモや人参、玉ねぎといった足りない具材をカットしましょう。ジャガイモと人参はレンジで加熱しておくと簡単です。鍋に玉ねぎを入れてしんなりするまで炒め、ジャガイモと人参を加えてください。

もつ煮込みとカレールーを加えて完成

もつ煮込みを加えたら水もプラスし、ひと煮たちさせます。カレールーを加えてとろみが出るまで加熱をしたらもつ煮込みのカレーのできあがり。

Thumbカレーにはにんにくがおすすめ!入れ方のタイミングや量はどうするの? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ボリューム満点のもつ煮込みうどんにリメイクするのも人気

もつ煮込みにだしを足して水溶き片栗粉を加える

ボリューム感のあるもつ煮込みうどんも作ってみてはいかがですか。もつ煮込みの入った鍋にだしを加えてから加熱をし、ひと煮たちしたら水溶き片栗粉を加えましょう。具材が足りない場合は、水溶き片栗粉を入れる前にお好みで加えておきましょう。

茹でたうどんにかけてできあがり

うどんは別途茹でておき、器に盛り付けておきます。片栗粉でとろみをつけたもつ煮込みをうどんにかけたらもつ煮込みうどんのできあがり。簡単に食べ応えのある一品ができあがるので、時短調理をしたいときにおすすめです。もつ煮込みの旨味を余すことなく味わうことができるのが魅力的なポイント。

もつ煮込みうどんを作りたいときは、カレーうどんにするのもおすすめの方法。カレー粉を加えてスパイシーさを出してから水溶き片栗粉を入れてとろみをつけることで美味しいカレーうどんに仕上げることができます。ぜひ取り入れてみてはいかがですか。

Thumbうどんに合うおかず・付け合せのレシピ集!ご飯や天ぷらが定番で人気? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

味付けのコツをおさえてもつ煮込みを作ろう

もつ煮込みを作るときは下ごしらえをしてくさみをとること、一度冷まして味をしみこなせるのが美味しく仕上げるときのポイント。リメイクレシピも取り入れながら、ぜひ美味しいもつ煮込みを楽しんでみてはいかがですか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-11-22 時点

新着一覧