筋トレベンチのおすすめ10選!選び方のポイントと正しい使い方は?

筋トレベンチなどの用品がかなり最近売れています。そういった商品は、最近の健康志向と合間って売れ時のようです。便乗して自分の筋トレのベンチを買おうとしている方も多いでしょう。しかしどの筋トレベンチがいいのか、さっぱりわからないですよね。そんな方には、おすすめの筋トレベンチをご紹介していきますので、これから購入を考えている方も、買い替えを考えている方もおすすめですので、是非参考にしてみてくださいね。

筋トレベンチのおすすめ10選!選び方のポイントと正しい使い方は?

目次

  1. 筋トレベンチのおすすめ商品が欲しい!
  2. 失敗しない為の筋トレベンチの選び方とは?
  3. 筋トレベンチは安全チェックを定期的に行おう!
  4. 選び方やトレーニングで失敗しない!人気筋トレベンチを紹介!
  5. 1選目:初めての方におすすめ「リーディングエッジ フラットベンチ」
  6. 2選目:ベンチプレスも楽々「WILD FIT トレーニングベンチ」
  7. 3選目:折りたたみで安定している「YouTen フラットベンチ 2017年NEWモデル」
  8. 4選目:高重量を耐える!「FIELDOOR フラットベンチ」
  9. 5選目:三本足で安定!「IROTEC フラットベンチEX」
  10. 6選目:角度を細か調節「PURE RISE フラットインクラインベンチ」
  11. 7選目:値段が安い!「MRG フラットインクラインベンチ」
  12. 8選目:ハイスペックの国産!「マッスルプロジェクト インクラインベンチ」
  13. 9選目」このサイズで折りたたみ?!「IROTEC マルチパーパスフォールディングベンチ」
  14. 10選目:アジャストできる!「Bowflex5.1 アジャスタブルベンチ」
  15. 自分の体にあった筋トレベンチを選ぼう!

筋トレベンチのおすすめ商品が欲しい!

最近では外で運動に出かけるよりも、自宅で筋トレのベンチなどを揃えることで、ジムのように自宅でトレーニングできる環境を整えている方が多いです。そのためベンチの使い方や、人気な商品などが飛ぶように売れています。

そんな空前の筋トレブームで、自宅に筋トレベンチの購入を、考えている方も多いことでしょう。そんな方のためにも、この記事ではおすすめな筋トレベンチをご紹介していきます。

失敗しない為の筋トレベンチの選び方とは?

筋トレベンチの基本耐荷重量は200kg

筋トレの際に使用するベンチの、耐久性は200kgないと危険と言われています。自分自身の体重が75kgでベンチプレスは50kgなどの場合、二つの重さを合わせたものが筋トレベンチにかかるので、そういった部分をしっかりと考えて筋トレのベンチを選びましょう。耐久がないと使っている際に壊れて、思わぬ怪我を引き起こしてしまう可能性があります。

体にあった筋トレベンチが重要

筋トレベンチは基本的に、体にあっているものさサイズを変更できるものがおすすめでしょう。体にあっているもの以外であれば、どの身長にも対応しているものがおすすめです。ごく稀に男性でとても小さい人がいますが、そういった方はしっかりとメーカーの対応身長などを確認しましょう。腕の長さなどが足りない場合かなり危険です。

シートの幅を確認する

筋トレベンチのもう一つの選び方としては、まずはシートの幅を確認してもいいでしょう。シートの幅を確認しておけば、ブルガリアんスクワットなどをする際などにも、ゆとりを持って行うことができるようになります。そういった部分にも注目して、筋トレベンチを選ぶようにしましょう。シート幅が狭いものはそういった使い方はできますが、複雑性をもたせた筋トレなどには向いていません。

折りたたみ式やシート角度が変えられるとおすすめ

筋トレベンチにはさまざまな種類のものが販売されています。その中でもシートの角度が変えられるものは、かなりおすすめですが、重量には注意しましょう。折りたたみ式などのタイプは基本的に、部屋の角などに置いておいておけるので、コンパクトで部屋を圧迫せずに使用することができます。シートの角度は変えられると、様々な筋トレに使用できるので、そういったものを選んでもおすすめです。

筋トレベンチは安全チェックを定期的に行おう!

筋トレベンチの正しい使い方とは?

筋トレのベンチなどは高い重量がかかるものです。重量をしっかりと考えて、安全チェックを行うことが重要でしょう。安全性を日々確認しておかなければ、高重量をあげたときに壊れてしまうと、最悪死ぬ可能性があります。

もしくは体の部分できな不自由が生じることも、珍しくありません。ですので、しっかりと日々のメンテナンスなどを心がけて行うようにしましょう。

選び方やトレーニングで失敗しない!人気筋トレベンチを紹介!

トレーニングなどを失敗させないためにも、人気なベンチプレスなどを選ぶようにしましょう。使っている人が多ければ、それだけメンテナンスの方法や、サポートがついているということになります。迷っている方はとりあえず、一番有名なものから購入してもいいでしょう。次の章では、そんなおすすめな筋トレベンチを、ご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

1選目:初めての方におすすめ「リーディングエッジ フラットベンチ」

選び方やトレーニングで失敗しない!使い方がおすすめな人気筋トレベンチ1選目

最近では筋トレや運動ブームから、自宅でジムの道具を揃える人が増えています。そん方にも筋トレをサポートしてくれる、おすすめ筋トレベンチ10選中1選目の筋トレベンチは、「リーディングエッジ」というメーカーが製造から販売まで一括して行なっている、「リーディングエッジ フラットベンチ」という筋トレベンチです。初心者の方にも使いやすく、筋トレがしやすいタイプの筋トレベンチとなっています。

シート幅も少し広くなっているタイプなので、様々な筋トレに対応して作れている筋トレベンチです。「リーディングエッジ フラットベンチ」の筋トレベンチのタイプは「フラット」となっており、シートの寸法は「110×27×5」、筋トレベンチの耐荷重量「200kg」、筋トレベンチの便利な折りたたみ機能は「可能」となっています。「リーディングエッジ フラットベンチ」の販売価格は「5,960円 (税込)」です。

2選目:ベンチプレスも楽々「WILD FIT トレーニングベンチ」

選び方やトレーニングで失敗しない!使い方がおすすめな人気筋トレベンチ2選目

最近では筋トレや運動ブームから、自宅でジムの道具を揃える人が増えています。そん方にも筋トレをサポートしてくれる、おすすめ筋トレベンチ10選中2選目の筋トレベンチは、「WILD FIT」というメーカーが製造から販売まで一括して行なっている、「WILD FIT トレーニングベンチ」という筋トレベンチです。さすがに体重が100kgを超える方には使えませんが、80kgまでの方であれば楽々使えます。

安定感のあるベンチプレスが家庭でも、できるようになります。「WILD FIT トレーニングベンチ」の筋トレベンチのタイプは「フラット(ベンチプレス用)」となっており、シートの寸法は「122×25×34」、筋トレベンチの耐荷重量「150kg(自重除く)」、筋トレベンチの便利な折りたたみ機能は「不可」となっています。「WILD FIT トレーニングベンチ」のおすすめ筋トレベンチの販売価格は「11,500円 (税込)」です。

3選目:折りたたみで安定している「YouTen フラットベンチ 2017年NEWモデル」

選び方やトレーニングで失敗しない!使い方がおすすめな人気筋トレベンチ3選目

最近では筋トレや運動ブームから、自宅でジムの道具を揃える人が増えています。そん方にも筋トレをサポートしてくれる、おすすめ筋トレベンチ10選中3選目の筋トレベンチは、「YouTen」というメーカーが製造から販売まで一括して行なっている、「YouTen フラットベンチ 2017年NEWモデル」という筋トレベンチです。フラットタイプなのに、安定感が抜群なタイプの筋トレベンチとなっています。

高い重量にも対応しているタイプの筋トレベンチで、重量を上げたい方にもおすすめです。「YouTen フラットベンチ 2017年NEWモデル」の筋トレベンチのタイプは「フラット」となっており、シートの寸法は「110×26×7」、筋トレベンチの耐荷重量「250kg」、筋トレベンチの便利な折りたたみ機能は「可能」となっています。「YouTen フラットベンチ 2017年NEWモデル」の販売価格は「4,480円 (税込)」です。

4選目:高重量を耐える!「FIELDOOR フラットベンチ」

選び方やトレーニングで失敗しない!使い方がおすすめな人気筋トレベンチ4選目

最近では筋トレや運動ブームから、自宅でジムの道具を揃える人が増えています。そん方にも筋トレをサポートしてくれる、おすすめ筋トレベンチ10選中4選目の筋トレベンチは、「FIELDOOR」というメーカーが製造から販売まで一括して行なっている、「FIELDOOR フラットベンチ」という筋トレベンチです。かなり高重量まで絶えぬことができスタンド部分が小さくなっているので、邪魔にならないです。

滑り止めもついているので、安定して筋トレを行うことができるでしょう。「FIELDOOR フラットベンチ」の筋トレベンチのタイプは「フラットタイプ」となっており、シートの寸法は「110×24×22」、筋トレベンチの耐荷重量「250kg」、筋トレベンチの便利な折りたたみ機能は「不可」となっています。「FIELDOOR フラットベンチ」のおすすめ筋トレベンチの販売価格は「6,970円 (税込)」です。

5選目:三本足で安定!「IROTEC フラットベンチEX」

選び方やトレーニングで失敗しない!使い方がおすすめな人気筋トレベンチ5選目

最近では筋トレや運動ブームから、自宅でジムの道具を揃える人が増えています。そん方にも筋トレをサポートしてくれる、おすすめ筋トレベンチ10選中5選目の筋トレベンチは、「IROTEC」というメーカーが製造から販売まで一括して行なっている、「IROTEC フラットベンチEX」という筋トレベンチです。筋トレの上級者も購入しているほどの、パフォーマンスができるタイプの筋トレベンチとなっています。

ベンチプレス中にもストレスを、溜めないように作られているので効率よく行えることでしょう。「IROTEC フラットベンチEX」の筋トレベンチのタイプは「フラットタイプ」となっており、シートの寸法は「111×25×6」、筋トレベンチの耐荷重量「200kg」、筋トレベンチの便利な折りたたみ機能は「不可」となっています。「IROTEC フラットベンチEX」のおすすめ筋トレベンチの販売価格は「11,232円 (税込)」です。

6選目:角度を細か調節「PURE RISE フラットインクラインベンチ」

選び方やトレーニングで失敗しない!使い方がおすすめな人気筋トレベンチ6選目

最近では筋トレや運動ブームから、自宅でジムの道具を揃える人が増えています。そん方にも筋トレをサポートしてくれる、おすすめ筋トレベンチ10選中6選目の筋トレベンチは、「PURE RISE」というメーカーが製造から販売まで一括して行なっている、「PURE RISE フラットインクラインベンチ」という筋トレベンチです。角度を細かく調節が簡単なタイプの、筋トレベンチとなっています。

「PURE RISE フラットインクラインベンチ」の筋トレベンチのタイプは「インクライン」となっており、シートの寸法は「110cm×23cm×22」、筋トレベンチの耐荷重量「200kg」、筋トレベンチの便利な折りたたみ機能は「不可」となっています。「PURE RISE フラットインクラインベンチ」のおすすめ筋トレベンチの販売価格は「14,800円 (税込)」です。

7選目:値段が安い!「MRG フラットインクラインベンチ」

選び方やトレーニングで失敗しない!使い方がおすすめな人気筋トレベンチ7選目

最近では筋トレや運動ブームから、自宅でジムの道具を揃える人が増えています。そん方にも筋トレをサポートしてくれる、おすすめ筋トレベンチ10選中7選目の筋トレベンチは、「MRG」というメーカーが製造から販売まで一括して行なっている、「MRG フラットインクラインベンチ」という筋トレベンチです。コスパがとてもいいのに、しっかりと使うことができる筋トレベンチと言えるでしょう。

ネジでしっかりと固定することができるので、安心してリクライムすることができます。「MRG フラットインクラインベンチ」の筋トレベンチのタイプは「インクライン」となっており、シートの寸法は「110cm×24cm×23」、筋トレベンチの耐荷重量「250kg」、筋トレベンチの便利な折りたたみ機能は「不可」となっています。「MRG フラットインクラインベンチ」のおすすめ筋トレベンチの販売価格は「11,800円 (税込)」です。

8選目:ハイスペックの国産!「マッスルプロジェクト インクラインベンチ」

選び方やトレーニングで失敗しない!使い方がおすすめな人気筋トレベンチ8選目

最近では筋トレや運動ブームから、自宅でジムの道具を揃える人が増えています。そん方にも筋トレをサポートしてくれる、おすすめ筋トレベンチ10選中8選目の筋トレベンチは、「マッスルプロジェクト」というメーカーが製造から販売まで一括して行なっている、「マッスルプロジェクト インクラインベンチ」という筋トレベンチです。国産の安心感を感じたい方には、かなりおすすめな筋トレベンチと言えるでしょう。

角度調節も11段階用意されているので、微調節が可能となっています。「マッスルプロジェクト インクラインベンチ」の筋トレベンチのタイプは「インクライム」となっており、シートの寸法は「114×30×6」、筋トレベンチの耐荷重量「300kg」、筋トレベンチの便利な折りたたみ機能は「不可」となっています。「マッスルプロジェクト インクラインベンチ」のおすすめ筋トレベンチの販売価格は「11,500円 (税込)」です。

9選目」このサイズで折りたたみ?!「IROTEC マルチパーパスフォールディングベンチ」

選び方やトレーニングで失敗しない!使い方がおすすめな人気筋トレベンチ9選目

最近では筋トレや運動ブームから、自宅でジムの道具を揃える人が増えています。そん方にも筋トレをサポートしてくれる、おすすめ筋トレベンチ10選中9選目の筋トレベンチは、「IROTEC」というメーカーが製造から販売まで一括して行なっている、「IROTEC マルチパーパスフォールディングベンチ」という筋トレベンチです。この価格と大きさで、折りたたみにすることができるので、かなり便利ば筋トレベンチとなっています。

「IROTEC マルチパーパスフォールディングベンチ」の筋トレベンチのタイプは「インクライム」となっており、シートの寸法は「113×20×7」、筋トレベンチの耐荷重量「250kg」、筋トレベンチの便利な折りたたみ機能は「可能」となっています。「IROTEC マルチパーパスフォールディングベンチ」のおすすめ筋トレベンチの販売価格は「25,920円 (税込)」です。

10選目:アジャストできる!「Bowflex5.1 アジャスタブルベンチ」

選び方やトレーニングで失敗しない!使い方がおすすめな人気筋トレベンチ10選目

最近では筋トレや運動ブームから、自宅でジムの道具を揃える人が増えています。そん方にも筋トレをサポートしてくれる、おすすめ筋トレベンチ10選中10選目の筋トレベンチは、「Bowflex5.1」というメーカーが製造から販売まで一括して行なっている、「Bowflex5.1 アジャスタブルベンチ」という筋トレベンチです。角度調節もそうですが、メーカーによってしっかりと、設計されているのでかなりおすすめでしょう。

「Bowflex5.1 アジャスタブルベンチ」の筋トレベンチのタイプは「インクライム」となっており、シートの寸法は「バックシート82cm×16~29cm×不明・座面シート36cm×29~37cm×不明」、筋トレベンチの耐荷重量「218kg」、筋トレベンチの便利な折りたたみ機能は「不可」となっています。「Bowflex5.1 アジャスタブルベンチ」のおすすめ筋トレベンチの販売価格は「38,000円 (税込)」です。

自分の体にあった筋トレベンチを選ぼう!

筋トレのベンチは上記で紹介したもの以外にも、たくさんのものが登場しています。自分自身でここに載っていないものを、吟味することもおすすめですしこのランキングから、購入してもいいでしょう。それはみているあなたの自由です。この記事では様々な種類の筋トレベンチを、ご紹介しましたので購入などを、考えている方は是非参考にしてみてくださいね。

筋トレ器具に関する他の記事が気になる方はこちら

Thumb自宅筋トレのおすすめ器具特集!初心者でもジム並みの効果がある? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-12-13 時点

新着一覧