エアコンとサーキュレーターで電気代を節約できる!効果的な使い方とは?

エアコンとサーキュレーターを組み合わせて、夏や冬を乗り切ることが当たり前になってきています。そんなエアコンやサーキュレーターは、様々なものが存在してます。電気代などを節約するのであれば、効果的な使い方が重要になってきます。ただサーキュレーターをつけて、エアコンを使っているようでは、なんの意味もありません。そういった細かい部分を理解することによって、電気代にも影響が出てくるのです。そういった部分についてもこの記事ではご紹介していきます。

エアコンとサーキュレーターで電気代を節約できる!効果的な使い方とは?

目次

  1. エアコンのサーキュレーターを使って節約したい!
  2. エアコンと組み合わせるといいサーキュレーターとは?
  3. なぜ電気代がエアコンだけだと高くなる?
  4. 温度変化が弱いエアコンにはサーキュレーターがおすすめ!
  5. 暖房・冷房時のエアコンにサーキュレーターを使う方法!
  6. 扇風機とサーキュレーターはどう違うの?
  7. エアコンとサーキュレーターを組み合わせるとどのくらい安くなる?
  8. サーキュレーターもエアコンもメンテナンスを定期的に行おう!
  9. 夏場や冬場の適正なサーキュレーターとエアコンの設定温度とは?
  10. 電気代の節約効果!エアコンにおすすめなサーキュレーターをご紹介!
  11. 5位:立体風圧で循環!「アイリスオーヤマ PCF-C15T」
  12. 4位:デザイン性と機能がすごい!「パナソニック 創風機キュー」
  13. 3位:超風圧で素早く循環!「ボルネード 660-JP」
  14. 2位:動きがすごい!「ツインバード KJ-D997」
  15. 1位:最強風圧!「アイリスオーヤマ PCF-HM23」
  16. 部屋にあっているエアコンとサーキュレーターを使おう!

エアコンのサーキュレーターを使って節約したい!

エアコンやサーキュレーターを組み合わせることによって、エアコンにかかる電気代を安くできることをご存知でしょうか?扇風機などを使っている方がいると思いますが、実際サーキュレーターと何が違うのでしょうか?

扇風機とサーキュレーターとの違いなどそういった細かい部分についても、詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみてくださいね。それではご紹介していきます。

エアコンと組み合わせるといいサーキュレーターとは?

電気代の節約効果!エアコンにおすすめなサーキュレーターの使い方その1

エアコンなどと組み合わせることによって、その効果を高めてくれるサーキュレーターとは一体、なんのことをいっているのでしょうか?そのサーキュレーターについてご紹介します。まずサーキュレーターとはもともと他の風などを、循環させるために使われる機会のことで、その名の通り「循環機器」としての機能を果たしてくれるものになっています。そういった機能をしっかりと把握して、正しく使うことが大切です。

サーキュレーターは風圧が強いことも、売りの一つなのです。他の風に干渉されることなく、その風を使って空気を循環させることができます。これが扇風機などの場合、風がお互いにぶつかり合うことによって、消滅してしまうので循環させる効果が生まれてくれません。そういった部分から、エアコンにはサーキュレーターを使うことが、普通として扱われているのです。サーキュレーターにはそのような使い方があります。

なぜ電気代がエアコンだけだと高くなる?

電気代の節約効果!エアコンにおすすめなサーキュレーターの使い方その2

なぜエアコンだけを使用していると、電気代が高くなると言われているのでしょうか?それは人間の体の温度の感じ方によるものです。人間は基本的に外部の温度変化があっても、体の体温はあまり変わりません。夏場などの暑い日は、動かずにいることが少ないので、体感温度が上がってしまいどんなにエアコンを、つけていても涼しく感じないという現象が起きてしまうのです。

いくら温度を下げても人間の体温自体が、根っこから下がるわけではないので、エアコンを過剰に使用してしまい、それによって電気代が跳ね上がってしまうのでしょう。さらに暑いからといって、最初のうちは風量を最大で使用しており、寒くなってきたからエアコンをきるということをしていると、どうしても電気代が高くなってしまいます。エアコンをつけるのであれば、一定の温度帯で使用しましょう。

温度変化が弱いエアコンにはサーキュレーターがおすすめ!

電気代の節約効果!エアコンにおすすめなサーキュレーターの使い方その3

エアコンなどはすぐに外部からの、温度変化によってその体感温度を変えてしまいます。日光がさしている部分に、いくらエアコンをつけても、涼しくならない理由がそれです。エアコン自体は冷たい風を出しているのですが、部屋全体にいきわたるような、冷たい風を出すことはできません。出している空気は自然と、空気中の熱と混ざり温度が上がってしまうのです。そういったことを踏まえて起きましょう!

人間は温度変化を感じることによって、その体感温度を脳に伝えます。温度変化が弱いエアコンでは、なかなかうまく部屋全体を冷やすことは難しいので、そういった部分からもサーキュレーターを使うことがおすすめです。サーキュレーターを使うことによって、空気の循環を素早く行うことができるので、冷たい空気を部屋全体にすぐに届けることができます。結果的にいつも冷たい空気を部屋に巡らせられます。

暖房・冷房時のエアコンにサーキュレーターを使う方法!

電気代の節約効果!エアコンにおすすめなサーキュレータの使い方その4

実はサーキュレーターには使い方が存在しているのです。まず冷房の時のサーキュレーターの使い方は、まずエアコンの空気の出る向きを平行にして起きましょう。そしてサーキュレーターの風向は天井に向けて、風を送るようにします。これによって風が上からしっかりと、混ぜるように降り注ぐので安定して部屋の温度を下げることができるようになります。冷房の時ほどしっかりとサーキュレーターを使いましょう。

次に暖房を使う際のサーキュレーターの使い方ですが、暖房の場合はエアコンの向きは上に向けて、暖房をつけます。そこにサーキュレーターも同じく上に向けて、風を送るようにセットします。そうすることによって、暖房を上から下へと循環させることができ、体をしっかりと温めつつも暖かい空気を下に溜めないように、できるので部屋全体を包み込むようにして、温めることができます。

扇風機とサーキュレーターはどう違うの?

電気代の節約効果!エアコンにおすすめなサーキュレーターの使い方その5

扇風機はもともと直接人が風を浴びるように作られています。扇風機の風を直に浴びても、そこまで皮膚からの体温蒸発はなく、気持ちのいい風を浴びることができます。扇風機は基本的には自分自身に直接風を、当てることをメインとして設計されているので、風量も弱になっており、首を振る角度も浅くなっています。そういった部分からも、サーキュレーターが、エアコンと相性がいいことがわかるでしょう。

サーキュレーターは基本的には、風を送ることに長けています。それによって空気を循環させてくれるので、自分自身が涼んだりするようとしては、作られていません。風量が強いのでもちろん涼むこともできますが、決して心地の良い風というわけではないので、そういった部分を理解して使い分けましょう。扇風機自体をサーキュレーターがわりにしても良いですが、風が弱いのであまりお勧めできません。

エアコンとサーキュレーターを組み合わせるとどのくらい安くなる?

電気代の節約効果!エアコンにおすすめなサーキュレーターの使い方その6

エアコンとサーキュレーターを組み合わせることによって、電気代がお得になると言われていることが多いです。しかしどのくらいの値段安くなるのでしょうか?おおよそですが一日あたり10円ほど安くなるようです。しかしこれは一箇所でエアコンを使用した時の、使用価格なので複数箇所で同時に使っている場合は、ワット数が上昇して電気代は自然と高くなってしまうので注意が必要です。

エアコンとサーキュレーターの組み合わせを行うことで、塵も積もれば山となるといったところでしょうか?一日あたりの値段をしっかりとカットして、年間でトータルした時の電気代を安くすることができるので、主婦の方にとってはかなりの大きなさかもしれませんね。そういった部分を気にされなくても、体感温度が大きく変化しますので、サーキュレーターとエアコンの組み合わせはおすすめです。

サーキュレーターもエアコンもメンテナンスを定期的に行おう!

電気代の節約効果!エアコンにおすすめなサーキュレーターの使い方その7

サーキュレーターやエアコンなどは、しっかりとメンテナンスを行うことが重要で、そのメンテナンスの仕方によっては、機械の寿命なども大きく変化します。また電気代などに関しても、正常に円滑に起動してくれるものの方が、圧倒的に電気代が安く埃が溜まっていたり、カビなどが生えてしまっているものは、かなり危険ですのでしっかりとメンテナンスを心がけるようにしましょう。

エアコンやサーキュレーターなどに、万が一カビが生えてしまうと室内に、アレルギー物質をばら撒いていることになります。そうなると、アレルギーなどにかかってしまいます。アレルギー症状が発生してしまうと、その治療には一年以上の長い年月が必要になりますので、エアコンの清掃代金よりも高くお金が発生してしまいます。ですので、そういった部分を意識して日々のメンテナンスを心がけましょう。

夏場や冬場の適正なサーキュレーターとエアコンの設定温度とは?

電気代の節約効果!エアコンにおすすめなサーキュレーターの使い方その8

夏場や冬場などのエアコンの適正温度についてご存知でしょうか?実際かなりの人が、間違って設定しています。そういった状況で、エアコンを使ってサーキュレーターなどを、使っていても電気代を安くすることは難しいです。温度を下げ過ぎれば、その分冷気も冷たくはなりますが、電気代金も高くつくようになってしまいます。いくらサーキュレーターで体感温度を下げてもなんの効果もありません。

エアコンの最適温度は、暖房であれば20度で設定しておきましょう。冷房の場合は28度が適温です。風量に関しては自動が一番ベストです。弱にしてしまっていると、その分効率が落ちてしまいますので、エアコンに任せると良いでしょう。そういった部分にサーキュレーターを使うことによって、体感温度に変化を出すことができるので、安定して温度変化を肌で感じて、満足することができるようになります。

電気代の節約効果!エアコンにおすすめなサーキュレーターをご紹介!

エアコンやサーキュレーターなどは、使い方がとても重要です。使い方などを間違えてしまっていると、その分効果なども半減してしまい、電気代を安くする効果などを得ることすらできず、そのまま電気代を高くしてしまいます。そんなおエアコンにもおすすめな、おすすめのサーキュレーターをご紹介してきますので、気になる方は是非参考にしてみてくださいね。

5位:立体風圧で循環!「アイリスオーヤマ PCF-C15T」

電気代の節約効果!エアコンにおすすめなサーキュレーター5位

夏場や冬場などにエアコンを使っている時の、温度を感じやすくするためにおすすめなサーキュレーター第5位の、商品は「アイリスオーヤマ」というメーカーが製造や販売を手がけている、「アイリスオーヤマ PCF-C15T」というエアコンにおすすめなサーキュレーターです。「アイリスオーヤマ PCF-C15T」のエアコンにおすすめなサーキュレーターの対応畳数は、「8畳まで」となっています。

本体のサイズ感は「幅22cm・奥行20.3cm・高さ30.3cm」という設計で作られています。「アイリスオーヤマ PCF-C15T」の本体重量は「2.1kg」となっており、消費電力に関しては「固定時最大31W」という規格です。エアコンにおすすめなサーキュレーター「アイリスオーヤマ PCF-C15T」のメーカー希望販売価格は、「6,119円 (税込)」となっていますので、気になる方は参考にしてみてくださいね。

4位:デザイン性と機能がすごい!「パナソニック 創風機キュー」

電気代の節約効果!エアコンにおすすめなサーキュレーター4位

夏場や冬場などにエアコンを使っている時の、温度を感じやすくするためにおすすめなサーキュレーター第4位の、商品は「パナソニック」というメーカーが製造や販売を手がけている、「パナソニック 創風機キュー」というエアコンにおすすめなサーキュレーターです。「パナソニック 創風機キュー」のエアコンにおすすめなサーキュレーターの対応畳数は、「8畳まで」となっています。

本体のサイズ感は「幅27.7cm・奥行25cm・高さ25cm」という設計で作られています。「パナソニック 創風機キュー」の本体重量は「2.1kg」となっており、消費電力に関しては「最大18.5W・最小2.5W」という規格です。エアコンにおすすめなサーキュレーター「パナソニック 創風機キュー」のメーカー希望販売価格は、「18,700円 (税込)」となっていますので、気になる方は参考にしてみてくださいね。

3位:超風圧で素早く循環!「ボルネード 660-JP」

電気代の節約効果!エアコンにおすすめなサーキュレーター3位

夏場や冬場などにエアコンを使っている時の、温度を感じやすくするためにおすすめなサーキュレーター第3位の、商品は「ボルネード」というメーカーが製造や販売を手がけている、「ボルネード 660-JP」というエアコンにおすすめなサーキュレーターです。「ボルネード 660-JP」のエアコンにおすすめなサーキュレーターの対応畳数は、「6~35畳」で本体のサイズ感は「幅30cm・奥行35cm・高さ38cm」という設計で作られています。

対応畳数に幅があるので、どの部屋にも使用することができるでしょう。「ボルネード 660-JP」の本体重量は「3.3kg」となっており、消費電力に関しては「ターボ46W/53W」という規格です。エアコンにおすすめなサーキュレーター「ボルネード 660-JP」のメーカー希望販売価格は、「14,980円 (税込)」となっていますので、気になる方は参考にしてみてくださいね。

2位:動きがすごい!「ツインバード KJ-D997」

電気代の節約効果!エアコンにおすすめなサーキュレーター2位

夏場や冬場などにエアコンを使っている時の、温度を感じやすくするためにおすすめなサーキュレーター第2位の、商品は「ツインバード」というメーカーが製造や販売を手がけている、「ツインバード KJ-D997」というエアコンにおすすめなサーキュレーターです。「ツインバード KJ-D997」のエアコンにおすすめなサーキュレーターの対応畳数は、「20畳まで」で本体のサイズ感は「幅22cm・奥行29cm・高さ33cm」という設計となっています。

「ツインバード KJ-D997」の本体重量は「2.7kg」となっており、消費電力に関しては「強50W/40W」という規格です。エアコンにおすすめなサーキュレーター「ツインバード KJ-D997」のメーカー希望販売価格は、「5,529円 (税込)」となっていますので、気になる方は参考にしてみてくださいね。

1位:最強風圧!「アイリスオーヤマ PCF-HM23」

電気代の節約効果!エアコンにおすすめなサーキュレーター1位

夏場や冬場などにエアコンを使っている時の、温度を感じやすくするためにおすすめなサーキュレーター第1位の、商品は「アイリスオーヤマ」というメーカーが製造や販売を手がけている、「アイリスオーヤマ PCF-HM23」というエアコンにおすすめなサーキュレーターです。「アイリスオーヤマ PCF-HM23」のエアコンにおすすめなサーキュレーターの対応畳数は、「20畳まで」となっています。

本体のサイズ感は「幅35.4cm・奥行23.2cm・高さ40cm」という設計で作られています。「アイリスオーヤマ PCF-HM23」の本体重量は「3kg」となっており、消費電力に関しては「固定時最大26W」という規格です。エアコンにおすすめなサーキュレーター「アイリスオーヤマ PCF-HM23」のメーカー希望販売価格は、「6,500円 (税込)」となっていますので、気になる方は参考にしてみてくださいね。

部屋にあっているエアコンとサーキュレーターを使おう!

サーキュレーターやエアコンは、部屋の畳数などにしっかりとあっているサイズ感を、使用しなくてはなんの意味もありません。そういった部分をしっかりと理解することによって、サーキュレーターやエアコンの選び方が簡単になります。是非この機会にサーキュレーターとエアコンを使ってみましょう!

エアコンとサーキューレーターに関する他の記事が気になる方はこちら

Thumbエアコンの電気代を節約!1ヶ月つけっぱなしとこまめの節電料金を比較! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbサーキュレーターと扇風機の違いは?代用出来るか比較してみた! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbエアコンおすすめランキング!自分にあったエアコンの選び方とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-14 時点

新着一覧