もつ鍋の人気レシピ!下ごしらえやスープの作り方をご紹介!

もつ鍋の人気レシピや下ごしらえの方法についてまとめました。醤油や塩など味付けによってもさまざまな作り方のあるもつ鍋は下ごしらえをきっちり行って人気レシピを活用していくのがおすすめ。人気を集めているレシピであれば簡単な作り方や下ごしらえの方法で醤油や塩といったバリエーション豊かなもつ鍋を作ることができます。人気レシピを参考にしながら醤油や塩といったお気に入りのもつ鍋の作り方を取り入れていきましょう。

もつ鍋の人気レシピ!下ごしらえやスープの作り方をご紹介!

目次

  1. もつ鍋の人気レシピが集合!
  2. 人気を集める醤油味のもつ鍋レシピに必要な材料
  3. 人気のもつ鍋にするための生もつの選び方のポイント
  4. 美味しいもつ鍋のためには下ごしらえが大切
  5. あっという間にできるもつ鍋の下ごしらえの方法
  6. 生もつの下ごしらえが終わったら野菜の下ごしらえを行おう
  7. とても簡単!醤油ベースのもつ鍋の人気レシピ
  8. 美味しい人気のもつ鍋を作るためのレシピのコツ
  9. もつ鍋レシピに加えておきたい人気の食材は?
  10. こんな食材をもつ鍋レシピに入れるのが人気
  11. さっぱりした人気のもつ鍋なら塩ベースのレシピがぴったり
  12. こってり派は味噌ベースのもつ鍋の作り方が人気
  13. ピリ辛な味が人気!キムチもつ鍋の作り方も取り入れよう
  14. 美味しいもつ鍋のシメにぴったりなレシピは?
  15. 醤油や塩など好みの人気レシピでもつ鍋を作ろう!

もつ鍋の人気レシピが集合!

簡単な作り方や下ごしらえの方法で楽しめるもつ鍋

プリプリとしたもつと旨味たっぷりなスープが美味しいもつ鍋はお店で食べるのも良いですが、自宅で簡単なレシピを活用して作ることも可能です。自宅で人気レシピを活用してもつ鍋を作ることができたら、友人たちと気軽にもつ鍋パーティーを楽しめて便利ではないでしょうか。もつ鍋の人気レシピは醤油や塩などの味付けによってもいろいろな種類があるので活用してみましょう。

もつ鍋の人気レシピを活用したいときは、美味しいもつ鍋を作ることができる下ごしらえのポイントをおさえておくことも大切になります。下ごしらえがきっちりできていれば、自宅でも本格的なもつ鍋レシピを満喫することができるのでぜひこだわってみてはいかがですか。みんなが「美味しい!」と言ってくれるような人気のもつ鍋レシピをチェックしていきましょう。

醤油や塩などお好みの人気レシピを活用しよう

「美味しいもつ鍋の人気レシピを知りたい!」「もつ鍋をワンランク上の味わいにするためのレシピのコツとはどんなもの?」といった場合にぴったりなもつ鍋の人気レシピについてまとめました。もつ鍋の人気レシピはいろいろあるので、ぜひお気に入りのレシピを見つけて活用してみてはいかがですか。本格的なもつ鍋レシピを気軽に自宅で楽しんでいきましょう。

Thumbもつ鍋のカロリー・糖質は低い?ダイエットに効くヘルシーな食べ方とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

人気を集める醤油味のもつ鍋レシピに必要な材料

生もつや野菜

それでは、もつ鍋を作るのに必要となる基本的な材料について見ていきましょう。もつ鍋のレシピでまず必要となるのが生もつです。プリプリとした食感で脂の甘みを感じることができる生もつは美味しいもつ鍋レシピに欠かせないのでぜひ用意してください。生もつが用意できたら、キャベツ、もやし、ニラ、ニンニク、鷹の爪といった基本の食材を準備します。

醤油ベースの調味料

続いて調味料も準備していきましょう。今回は醤油ベースのもつ鍋レシピの調味料をご紹介していきます。もつ鍋のレシピにはいろいろな味付けがありますが、使用する調味料を少し変えるだけで味付けを変えることができるので、工夫しながら美味しいもつ鍋を作っていきましょう。

醤油ベースのもつ鍋レシピに必要となるのが、だしの素大さじ1/2、鶏がらスープの素大さじ1と1/2、みりん大さじ2、醤油大さじ2、水600mlになります。味の濃さはお好みに合わせて調整してください。この基本の醤油ベースに自分なりの味付けを加えていくとオリジナルの味に仕上げることができるので、もつ鍋レシピに慣れてきたら試してみてはいかがですか。

人気のもつ鍋にするための生もつの選び方のポイント

新鮮な生もつをレシピに取り入れよう

おいしいもつ鍋にするためには、もつの選び方が大切になります。もつ鍋レシピ用に生もつを選ぶときは、なるべく新鮮なもつを選ぶようにしましょう。新鮮なもつであればくさみが少なく、食感も良いので自宅で簡単にもつ鍋レシピを活用したい場合にぴったりです。ワンランク上のもつ鍋にしたい場合は生もつ選びにこだわってみてください。

カロリーが気になる場合は脂が少なめのものを選ぶ

「もつ鍋を食べたいけれども、レシピのカロリーが気になる…」という場合は、脂が少なめの生もつを選んでいきましょう。生もつの脂が少なければ、もつ鍋レシピの全体のカロリーを落とすことができるので比較的ヘルシーにいただくことができます。このようにもつ鍋のレシピでは生もつ選びが重要になるため、ぜひこだわってみてはいかがですか。

美味しいもつ鍋のためには下ごしらえが大切

もつ鍋はもつを下ごしらえしないとくさみが残る

食材がそろったら、続いてはもつ鍋のレシピに欠かすことができない生もつの下ごしらえを行っていきましょう。お店で食べるような美味しいもつ鍋にするためには下ごしらえをきっちり行うのがポイントになります。生もつの下ごしらえがちゃんとできていないとくさみが残り、スープにも溶け込んであまり美味しくないもつ鍋になるため注意してください。

気軽にできる下ごしらえの方法を取り入れよう

「生もつの下ごしらえが面倒くさそう…」と感じる方もいるかもしれませんが、もつ鍋レシピで必要となる下ごしらえの方法はとても簡単です。あっという間に行うことができるので、ぜひもつ鍋を作る準備として行っていきましょう。ちょっとしたひと手間によってもつ鍋のレシピがワンランク上のものになるので、本格的な味わいを堪能することができるようになります。

Thumbもつ鍋は下ごしらえが大切!臭みの取り方や下処理・おすすめレシピも紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

あっという間にできるもつ鍋の下ごしらえの方法

生もつを塩もみして冷水で洗う

それでは、もつ鍋レシピに取り入れておきたい下ごしらえの方法について見ていきましょう。まずは、生もつをボウルに入れてたっぷりの塩をふりかけます。塩をふりかけたら全体を優しく揉んでください。こうすることで塩に生もつのくさみが吸着し、美味しい状態に仕上げられるのがポイントになります。全体に塩を揉み込んだら冷水で洗って塩を落としましょう。

小麦粉を揉み込んでから冷水で洗って水気をとる

冷水で洗って塩が落ちたら、続いては小麦粉を使います。水気を切ってから生もつ全体を覆えるような小麦粉をふりかけて、塩で揉み込んだときと同じように全体に揉み込んでください。小麦粉が全体に行き渡ったら、再び冷水で生もつを洗います。小麦粉がしっかりとれたらキッチンペーパーなどで水気を拭き取って、生もつの下ごしらえの完了となります。

生もつの下ごしらえが終わったら野菜の下ごしらえを行おう

野菜類の下ごしらえはざく切りでOK

生もつの下ごしらえが終わったら、続いてはもつ鍋のレシピに必要な野菜をカットしていきます。キャベツは4〜5cm角程度のざく切り、ニラは幅5cmくらいにカットしていきましょう。基本的に野菜はざく切りにしていけばOKです。それぞれの野菜の形をだいたいそろえておけば熱の通り方も均一になるので、その部分だけ意識してカットしてみてください。

ニンニクは潰すのとスライスと2種類準備するのが人気

ニンニクは、仕上げにのせる用にスライスしたものと煮込む用に包丁で潰した状態の2種類を準備しておきましょう。ニンニクを2種類準備しておくことによって、しっかりとニンニクの風味をもつ鍋に取り入れることができます。美味しいもつ鍋にするにはニンニクの風味も大切なポイントになるため、ぜひスライスと潰したものの2種類のニンニクを準備してみてください。

とても簡単!醤油ベースのもつ鍋の人気レシピ

調味料を煮立たせてもつを10分ほど煮込む

材料の下ごしらえができあがったら、簡単に作ることができるもつ鍋の人気レシピを見ていきましょう。まずは醤油などの全ての調味料と、潰したニンニクを鍋の中に入れて煮立たせます。スープが煮立ったら、下ごしらえをしてくさみをとった生もつを加えて10分ほど煮込んでください。生もつを先に煮込むことで、生もつに含まれた旨味をスープに溶け込ませるのがポイントです。

野菜類も加えて煮込んだら人気のもつ鍋のできあがり

10分が経過したらざく切りにしておいたキャベツともやしを加えて蓋をし、再び10分ほど煮込みます。キャベツがくたっとした状態になったらニラとスライスしたニンニク、鷹の爪をのせてスープを全体にかけながらひと煮たちさせてください。ニラに軽く熱が通ったらもつ鍋の完成です。下ごしらえをしっかりしておけば、簡単なレシピで作ることができるのでぜひ挑戦してみましょう。

。生もつの旨味や野菜の旨味がスープに溶け込んで簡単なレシピなのに本格的な味わいを堪能することができます。自宅で美味しいもつ鍋パーティーを楽しんでみてはいかがですか。

美味しい人気のもつ鍋を作るためのレシピのコツ

もつを煮込みすぎる作り方は避けよう

さらに美味しいもつ鍋にするために知っておきたいレシピをチェックしていきましょう。もつ鍋を作るときにレシピで注意しておきたいのが生もつの煮込みすぎです。生もつは煮込みすぎると縮んで、旨味も全部外に溶け出してしまいます。食べたときに生もつ本来の美味しさを楽しむことができなくなってしまうため、煮込みすぎには気をつけてください。

ほどよく煮込まれた生もつであれば、プリプリとした食感と脂の旨味を感じることができます。レシピを参考にしながら生もつの熱の入れ方を工夫することで、お店で食べるような美味しいもつ鍋にしていきましょう。

野菜の加熱の順番も工夫するのがもつ鍋レシピでは大切

もつ鍋のレシピでは野菜を入れる順番も大切になります。基本的なレシピの順番としては、火の通りにくいものから入れていくのがコツです。もし、根菜類を入れるのであれば最初に入れ、続いてキャベツやもやし、最後にニラを加えて軽く煮立たせていきましょう。ニラは加熱しすぎると食感が悪くなるので、もつ鍋レシピの仕上げとして最後に入れるのがおすすめです。

もつ鍋レシピに加えておきたい人気の食材は?

旨味が出るゴボウやきのこ

ここまで基本的なもつ鍋のレシピを見てきましたが、基本的なもつ鍋の食材に加えてお好みの食材も加えていくとさらに美味しいもつ鍋に仕上げることができます。レシピに取り入れておきたいのが旨味が出てくる食材です。ごぼうはよく煮込むことで美味しい旨味が出てくるのでもつ鍋を作る最初の段階で入れておきましょう。

また、きのこももつ鍋のレシピに活用しておきたい食材です。きのこからも美味しいだしが出てくるので、舞茸やしいたけなどお好みのきのこをもつ鍋のレシピに取り入れてみましょう。

豆腐も美味しい

豆腐ももつ鍋のレシピにぴったりの食材です。豆腐に生もつの旨味がしみこんで、とても美味しくいただくことができるのではないでしょうか。木綿か絹かはお好みに合わせて選んでいきましょう。

こんな食材をもつ鍋レシピに入れるのが人気

まろやかな味わいを楽しめるとろろを入れたもつ鍋の作り方

もつ鍋レシピに最適な変わり種食材も見ていきましょう。まずもつ鍋のレシピにおすすめしたいのがとろろです。もつ鍋にとろろを入れることによってまろやかな味わいになり、普段とは違った美味しさを味わえるのが魅力なのでぜひ試してみましょう。途中まで通常のもつ鍋を食べて、後からとろろを入れて味を変えるレシピもおすすめです。

味のアクセントになる明太子を入れた作り方も人気でおすすめ

味にアクセントをつけたい場合は、いつものもつ鍋レシピに明太子を入れてみてはいかがですか。明太子を入れたもつ鍋レシピはピリッとした辛味も感じることができるので、普段とは違うもつ鍋の美味しさを味わうことができます。明太子からも良い旨味が出てくるのでぜひレシピに活用してみましょう。とろろと明太子の両方を入れるレシピもおすすめです。

Thumbもつ鍋の具材のおすすめは?定番から変わり種まで人気レシピを紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

さっぱりした人気のもつ鍋なら塩ベースのレシピがぴったり

醤油よりも口当たりがさっぱりとした塩ベースのもつ鍋

さっぱりとした風味のもつ鍋にしたいときは塩ベースのもつ鍋にするレシピが最適です。塩ベースにすることで醤油を使ったときよりも軽い味わいになり、どんどんもつ鍋が食べられるのではないでしょうか。普通の塩も良いですが、塩麹を使えば旨味もアップするので、少量の調味料の味付けでも十分に美味しくいただくことができます。

醤油を塩にかえるだけの簡単な作り方

塩ベースのもつ鍋のレシピはとても簡単です。醤油ベースのもつ鍋のレシピで使った調味料の中から醤油を塩に置き換えるだけで塩ベースのもつ鍋になるので試してみましょう。シンプルな味付けは生もつの美味しさも引き立ててくれるので、新鮮で美味しい生もつを手に入れたときのレシピとしておすすめです。

こってり派は味噌ベースのもつ鍋の作り方が人気

味噌を溶き入れて味を整えよう

「こってりとしたもつ鍋にしたい!」という場合は味噌ベースのもつ鍋レシピが人気です。基本のもつ鍋のレシピの調味料の味付けに味噌を加えることによって、醤油や塩よりもこってりとした味わいのもつ鍋に仕上げられるので試してみてはいかがですか。

味噌の種類を変えた作り方なら味の変化を楽しめる

味噌のもつ鍋レシピは味噌の種類を変えると味も変わるのが魅力です。八丁味噌や麦味噌など、お好みの味噌をレシピに活用してみてはいかがですか。合わせ味噌を使ったレシピなら複雑な味わいも楽しむことができます。

ピリ辛な味が人気!キムチもつ鍋の作り方も取り入れよう

キムチを入れるだけでピリ辛な味わいに

辛いもの好きであればキムチを入れるレシピを取り入れてみてはいかがですか。基本のもつ鍋レシピに刻んだキムチを入れるだけで、一気にピリ辛味に仕上げることができます。キムチには発酵食品ならではの旨味も含まれているので、さらに美味しいもつ鍋にしたいときにもおすすめのレシピです。

豆乳を加えるのも人気なレシピ

キムチもつ鍋レシピを取り入れるのであれば、豆乳を加えるレシピもおすすめです。豆乳を入れることでまろやかな味になるので、もつ鍋をするメンバーの中に辛いものがそこまで得意ではない方がいる場合も安心ではないでしょうか。途中で豆乳を入れて味を変えるレシピも人気です。

美味しいもつ鍋のシメにぴったりなレシピは?

もちもち食感が美味しいちゃんぽん

もつ鍋のスープにはたっぷりの旨味が含まれているのでシメのレシピにもこだわって食べていきましょう。まずおすすめしたいのがちゃんぽんのシメレシピ。もちもちとした食感のちゃんぽんをもつ鍋のスープの中に入れて煮込めば旨味たっぷりのシメになります。

旨味たっぷりなチーズリゾット

もつ鍋をしたときはチーズリゾットを作るのも人気のシメレシピです。ご飯をもつ鍋のスープに入れて煮込み、仕上げにとろけるチーズをたっぷり入れましょう。これだけで絶品のチーズリゾットを作ることができます。

明太子もつ鍋にしていれば、さらに美味しいチーズリゾットがシメに作れると評判です。このように入れる食材に合わせてシメのレシピを決めるのも良いかもしれません。ぜひお好みのシメで最後までもつ鍋を満喫していきましょう。

Thumbもつ鍋のしめでおすすめは?ラーメンやちゃんぽん・雑炊の美味しいレシピ集 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

醤油や塩など好みの人気レシピでもつ鍋を作ろう!

美味しいもつ鍋にするためのポイントは、下ごしらえをしっかり行うことです。生もつのくさみをとるために塩揉みと小麦粉を揉み込むのを忘れないようにしましょう。下ごしらえができていればあとは簡単なレシピで作ることができるので、自宅で美味しいもつ鍋を気軽に楽しめます。シメにもこだわって、美味しいもつ鍋をいただいてみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-09-21 時点

新着一覧