牛乳のカロリーは高い?計算方法とダイエットに効果的な飲み方を紹介!

牛乳のカロリーや糖質についてまとめました。カロリーや糖質の計算方法を知っておけば、牛乳を飲むときに安心なのではないでしょうか。計算方法を活用してカロリーや糖質について把握することができたら、ダイエットに効果的な牛乳の飲み方も取り入れることができるでしょう。牛乳の糖質やカロリーは高いのか低いのかを計算し、ダイエット中にもぴったりな飲み方をチェックしていきましょう。

牛乳のカロリーは高い?計算方法とダイエットに効果的な飲み方を紹介!

目次

  1. 牛乳のカロリーや糖質が高いのか低いのか知りたい!
  2. コップ1杯あたりの牛乳のカロリーはどのくらい?
  3. カロリー以外にも大切!牛乳の糖質量は?
  4. 牛乳のカロリーを把握しておけばダイエット中も飲める
  5. 脂肪の分解を促進する効果が牛乳にはある?
  6. 牛乳のアミノ酸の働きで脂肪を燃焼しやすい体を作る
  7. 運動してから30分以内に牛乳を飲むと効果的
  8. 寝る前に牛乳を飲んで脂質の代謝を促進させる
  9. 空腹感を紛らわしてカロリー摂取を抑える牛乳
  10. カロリーを抑えられる牛乳の飲み方のポイント
  11. 温かい牛乳を飲むこともダイエット中は大切
  12. 腸内環境を整えたいときに最適なきな粉牛乳
  13. 抹茶牛乳にするのもダイエット中にはおすすめ
  14. ダイエット中はココア牛乳も飲んでみよう
  15. カロリーや糖質を計算して上手に牛乳を飲もう

牛乳のカロリーや糖質が高いのか低いのか知りたい!

ダイエット中に気になる牛乳の糖質やカロリー

カルシウムやアミノ酸など豊富な栄養が含まれた牛乳ですが、ダイエット中はやはり糖質やカロリーが気になるのではないでしょうか。牛乳の糖質やカロリーが高いのか低いのか計算して知っておけばダイエット中でもカロリーを計算しながら安心して牛乳を飲むことができます。牛乳のカロリーや糖質について把握しておきましょう。

牛乳は、飲み方によっては高いダイエット効果を期待することができるとも言われています。牛乳に含まれるさまざまな栄養にはダイエットに効果的な働きがあるとされているため、健康的にダイエットをしたいときにも最適ではないでしょうか。飲み方の工夫をすることで、牛乳の栄養を体に取り入れながらダイエットをすることができるようになります。

カロリーが高いのか低いのか計算して効果的な飲み方を取り入れよう

「牛乳の糖質が高いのか低いのか知りたい!」「ダイエットに効果的な牛乳の飲み方とはどういったもの?」といった場合にぴったりな牛乳の糖質やカロリー、効果的な飲み方についてまとめました。牛乳にはもともと豊富な栄養を含んでいますが、飲み方を工夫することでさらにその栄養を生かすことができます。効果の高い牛乳の飲み方を取り入れていきましょう。

コップ1杯あたりの牛乳のカロリーはどのくらい?

200mlをコップ1杯とするとカロリー計算は134kcal

それでは、まずは牛乳のカロリーについて見ていきましょう。牛乳コップ1杯あたりの分量を200mlとすると、牛乳のカロリーは134kalになります。牛乳1杯で100kcalを超えているので決してカロリーが低いとは言えないかもしれません。しかし、牛乳には通常の種類の他に低脂肪や無脂肪の牛乳もあるので、ダイエット中はそういった種類を活用するのがおすすめです。

牛乳の種類によって異なるカロリー計算

低脂肪牛乳の場合、コップ1杯200mlあたりのカロリーは92kcalと普通の牛乳よりもカロリーがかなり低いことがわかります。また、無脂肪牛乳になるとコップ1杯で72kcalとかなり低いカロリーになることがわかりました。このように、低脂肪や無脂肪牛乳であれば1杯あたり100kcal以下になるので飲み過ぎなければダイエット中も安心ではないでしょうか。

無脂肪牛乳の場合はかなりあっさりとした味わいなので、物足りない場合は低脂肪牛乳にしてみるなど自分好みになるように調整してみましょう。低脂肪や無脂肪であったとしても牛乳の基本的な栄養にはあまり変動がないので、ダイエット中にカロリーを抑えたいときは脂肪分が少ない牛乳がおすすめです。

カロリー以外にも大切!牛乳の糖質量は?

ダイエット中はカロリー以外に糖質量も大切

ダイエット中はカロリー以外に糖質量も気にしておくことが大切になります。糖質は体のエネルギー源となるため、食事の中で摂取しておかなければならない栄養ですが取りすぎると消費できずに脂肪となってたまりやすくなるとされています。そのため、糖質を控えることによって体内に脂肪がたまりやすくなるのを防ぐことがダイエットにつながるのではないでしょうか。

ダイエット中の糖質制限のやり方はいろいろありますが、ストイックすぎる糖質制限はリバウンドの元にもなると言われています。適度に糖質を摂取しながら自分にとって続けやすい糖質制限をすると良いのではないでしょうか。1日の糖質量を200gほどにするゆるい糖質制限の方法もあるので、やりやすい方法を取り入れながらダイエットをしてみましょう。

コップ1杯あたりの牛乳の糖質を計算すると?

それでは、コップ1杯200mlあたりの糖質量はどのくらいになるのでしょうか。コップ1杯あたりになると、牛乳の糖質量は12gほどになります。ゆるい糖質制限が1日あたり200g以内の糖質量に抑えることを考えると、牛乳の糖質量は低いと言えるのではないでしょうか。無脂肪や低脂肪の場合でも糖質量は変わらないので、糖質制限をしたい場合はこの値を覚えておきましょう。

牛乳のカロリーを把握しておけばダイエット中も飲める

摂取したカロリーを他の食事で調整すればOK

牛乳のカロリーや糖質が高いのか低いのか見ていきましたが、牛乳の種類によってカロリーが低い場合もありますし、高い場合もあることがわかりました。それでもカロリーを摂取することには変わりないので、牛乳を飲む場合は他の食事でカロリーを調整していけば良いのではないでしょうか。

牛乳を飲んで栄養を摂る代わりに、ご飯の量を減らすなど工夫をしておけばダイエット中も安心です。やりやすい方法を取り入れながら栄養豊富な牛乳を取り入れていきましょう。

カロリー計算をして効果的な飲み方をすればダイエットにも最適

牛乳には実はダイエットに高い効果を発揮してくれる栄養が豊富に含まれているとも言われています。カロリーオーバーにならないようにカロリー計算をしておけば、代謝を上げ、脂肪を燃焼しやすい体づくりに役立てられるのではないでしょうか。牛乳をダイエットに活用したい場合は飲み方が大切になります。飲み方のポイントをチェックして、牛乳を飲んでみましょう。

脂肪の分解を促進する効果が牛乳にはある?

カルシウムが豊富な牛乳

まず知っておきたいのが牛乳に含まれるダイエット効果のある栄養です。牛乳に含まれる栄養としてまずあげられるのがカルシウム。牛乳にはコップ1杯200mlあたり220mgのカルシウムが含まれていると言われています。他の食品と比べても豊富にカルシウムが含まれていることがわかっているため、カルシウムを効率的に摂取したいときに最適な飲み物ではないでしょうか。

脂肪の分解が促進される働きを期待できる

健康的な骨作りに欠かすことができるなカルシウムですが、実はダイエットにも良い効果を発揮してくれると言われています。カルシウムを摂取することによって脂肪を分解する働きが促進されていると言われているのがポイントです。脂肪の分解効果が高まれば蓄積された脂肪を排出しやすくなるので、カルシウム豊富な牛乳はダイエットに最適なのではないでしょうか。

牛乳のアミノ酸の働きで脂肪を燃焼しやすい体を作る

筋肉が作るのに必要なアミノ酸が豊富

牛乳に含まれるダイエットに効果的な栄養として続いてあげられるのがアミノ酸です。タンパク質の一種であるアミノ酸は、筋肉を作るのに欠かすことができない栄養として知られています。アミノ酸を効果的に摂取することによって効率的に筋肉をつけることができ、それが結果的に代謝を上げるダイエット効果につながるとされているため、ダイエット中はぜひ取り入れてみましょう。

筋肉をつけることで代謝がアップ

筋肉は体内の器官の中でもエネルギーを消費しやすい器官と言われています。そのため、筋肉をバランスよくつけることによってエネルギーの消費率が上がり、代謝のアップを見込むことができるのではないでしょうか。

ほどよく筋肉をつけることは代謝が上がるだけでなく、引き締まった体を手に入れることもできるため、綺麗に痩せたい場合は運動とともに牛乳のアミノ酸も活用してみましょう。効果的に牛乳で筋肉をつけるには飲むタイミングも大切になります。

運動してから30分以内に牛乳を飲むと効果的

運動をした後の30分間は体がアミノ酸を欲している

筋肉をつけたいときに牛乳を飲むのにぴったりと言われているのが筋トレなどの運動をした後の30分間です。運動後の30分間は筋肉の修復や生成が行われているゴールデンタイムと言われ、体がアミノ酸を欲しがっている状態のため牛乳を飲むのに最適ではないでしょうか。運動前に牛乳を準備しておき、30分を目安に飲むようにしてみましょう。

吸収率が高まり効果的に牛乳を活用できる

体がアミノ酸を欲しがっているタイミングで牛乳を飲むと、効率的にアミノ酸を吸収することができます。さらに筋肉をしっかりつけたい場合はプロテインを牛乳に溶かして飲む方法も良いかもしれません。自分にとって飲みやすい方法で牛乳をダイエットに取り入れてみましょう。

寝る前に牛乳を飲んで脂質の代謝を促進させる

牛乳を寝る前に飲むと質の良い睡眠がとれる

続いておすすめしたい牛乳の飲み方が寝る前に飲む方法です。牛乳には自律神経を落ち着かせる効果を期待できる栄養が含まれているとされているため、良い睡眠を取りたいときに最適ではないでしょうか。牛乳を寝る前にゆっくり飲んで、心を落ち着かせた状態で良い睡眠をとっていきましょう。この良質な睡眠が実はダイエットにも良い効果を発揮してくれると言われています。

質の良い睡眠は成長ホルモンの分泌を促進

質の良い眠りは成長ホルモンの分泌を促します。成長ホルモンが正常に分泌されると脂肪の燃焼効果が高まるとされており、効率的にダイエットをしたいときに最適です。また、成長ホルモンの分泌が促進されると肌のターンオーバーも効果的に行われるため、綺麗な肌を保ちたいときにも牛乳を飲むと良いかもしれません。このように良質な睡眠にはさまざまな良い効果を期待できます。

Thumb寝る前の牛乳は太るって本当?ダイエットにも効果的な飲み方とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

空腹感を紛らわしてカロリー摂取を抑える牛乳

吸収スピードがゆっくりなのでカロリー摂取を抑えたいときに最適

牛乳は吸収スピードがゆっくりなため、空腹を紛らわしたいときにもおすすめです。空腹の状態が続くとストレスが溜まってしまいますし、暴飲暴食の原因となってしまうかもしれません。

そうならないように牛乳のような栄養豊富な飲み物を取り入れて、イライラをおさえながらダイエットをしていくことも大切です。牛乳を飲んでおけば、後から食べる食事のカロリー量も抑えられるのではないでしょうか。

食前や小腹が空いたときに適量を飲もう

まずおすすめしたいのが、牛乳を食前に飲む飲み方です。食前に飲むことで空腹感を紛らわすことができ、その後に食べる食事の量が控えめでも満足しやすくなるのではないでしょうか。全体のカロリー摂取を抑えることができます。また、食事と食事の間で小腹が空いたときの間食としても牛乳が最適とされています。このように上手に牛乳を取り入れてカロリーを調整してみましょう。

カロリーを抑えられる牛乳の飲み方のポイント

早飲みはNG

牛乳を飲んで全体の食事のカロリーを抑えたいときは早飲みはNGです。牛乳を早く飲んでしまうと満腹感を得ることができず、あまり効果がありません。早飲みはせずゆっくりと飲むようにすることが大切なポイントになります。

ゆっくり噛むようにして飲もう

牛乳をダイエット中に飲む場合は噛むようにしてゆっくり飲むようにしましょう。こうすることで徐々に満腹中枢を刺激し、空腹を紛らわすことができるようになります。時間をかけて飲むことを習慣付けておくことで、食事の早食いの抑制にもなるのではないでしょうか。ゆっくり飲むことを意識して牛乳を取り入れていきましょう。

温かい牛乳を飲むこともダイエット中は大切

冷たい牛乳は内臓を冷やす

牛乳を飲むときに気をつけておきたいのが冷たい状態で飲まないことです。冷蔵庫から取り出したばかりの冷たい牛乳だと内臓を冷やし、代謝を下げてしまう可能性があるため気をつけましょう。また、いきなり冷たい牛乳を飲むと腹痛の原因になる場合もあるため、そういった面でも気をつけておいた方が良いのではないでしょうか。

温かい牛乳で代謝を上げよう

牛乳を飲むときは温めた状態で飲むのがおすすめです。牛乳を温めておけば内臓を冷やすことなくいただくことができます。温めた牛乳は腸内を温め、働きを活性化してくれるため便秘を解消したい場合にも良いのではないでしょうか。湯煎にかけるか、電子レンジで加熱するか好みの方法で牛乳を温めて飲んでみてください。

腸内環境を整えたいときに最適なきな粉牛乳

食物繊維豊富なきな粉を牛乳に混ぜてみよう

牛乳の効果をさらにあげたいときは他の食材を取り入れるのもおすすめの方法です。きな粉は食物繊維が豊富に含まれているため、腸内環境を整えたいときに最適ではないでしょうか。腸の働きが正常化すれば老廃物がしっかりと排出され、代謝も上がりやすくなると言われています。小さじ1杯くらいのきな粉を加えて飲んでみましょう。

ダイエット以外にも良い効果がたくさん

きな粉にはダイエット以外にも嬉しい効果があると言われています。イソフラボンには美肌効果があると言われているため、肌の調子を整えたいときにもおすすめです。また、ポリフェノールのアンチエイジング効果も期待できるため、肌質を保ちたいときに良いのではないでしょうか。

抹茶牛乳にするのもダイエット中にはおすすめ

タンニンやカフェインが脂肪燃焼効果を発揮

牛乳と相性の良い抹茶もおすすめしたい食材です。抹茶に含まれるタンニンやカフェインといった栄養は脂肪の燃焼率を高めると言われているため、ダイエットに取り入れてみましょう。抹茶だけだと物足りないときは、ダイエットシュガーを入れてみるのも良いかもしれません。

葉緑素が不要なコレステロールを減らす

抹茶の葉緑素は不要なコレステロールを排出する働きがあると言われているのも嬉しいポイントです。コレステロールがたまると動脈硬化などの疾患の原因となると言われているため、早めの対策が大切ではないでしょうか。生活習慣が気になる方にも抹茶牛乳がおすすめです。

ダイエット中はココア牛乳も飲んでみよう

ポリフェノールや食物繊維が豊富なココア

牛乳にココアを加えて飲む方法もダイエットに良いとされています。ココアに含まれる食物繊維が腸内を整え、老廃物を効率的に排出する効果を期待できるので、便秘気味の方は活用してみてはいかがですか。また、ポリフェノールは老化を防止する働きもあると言われているため、年齢を重ねると落ちやすくなる代謝をキープしたいときにも最適です。

ダイエット中のイライラも抑えられる

ココアには気持ちをリラックスさせる効果もあるとされているため、ダイエット中のイライラを抑えたいときにも最適です。牛乳と組み合わせることで高いリラックス効果を期待できるのではないでしょうか。ココアを入れるときは甘味料の加えられていない純ココアがおすすめです。甘味が欲しいときは、カロリーや糖質が低いダイエット甘味料を使いましょう。

Thumb牛乳で栄養バランスを効果的に見直そう!身体に良い理由を徹底検証! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

カロリーや糖質を計算して上手に牛乳を飲もう

牛乳は飲み方や飲む種類を工夫すればダイエット中も飲むことができます。ダイエットに良い効果が期待できる栄養を多く含んだ牛乳を、ぜひ効果的に活用してみてください。

あわせて読みたい牛乳の記事はこちら

Thumb牛乳の賞味期限切れはいつまで大丈夫?未開封・開封後で期間は違うか調査 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb牛乳は冷凍保存できるの?方法や賞味期限まで徹底調査してみた | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-21 時点

新着一覧