筋トレ前の食事と食後におすすめな食べ物!何時間前・後に食べると効果的?

筋トレ前の食事&食後にぴったりな食べ物やおすすめの食事の時間についてまとめました。筋トレの効果をさらにアップさせるためには、筋トレ前の何時間前に食事をすれば良いのかおすすめの食べ物を把握しておくことが大切です。食後何時間で筋トレをすれば良いのか、筋トレ前のおすすめの食事や食べ物と合わせてチェックしておくことで食後に効率的に筋トレに入ることができます。筋トレ前の食事を役立てていきましょう。

筋トレ前の食事と食後におすすめな食べ物!何時間前・後に食べると効果的?

目次

  1. 筋トレ前におすすめの食事や食後の筋トレについて知りたい
  2. なぜ筋トレ前の食事が重要視されている?
  3. 怪我を予防するためにも筋トレ前に食事をしておこう
  4. 食後の筋トレまでの時間があまりないときのおすすめの食べ物
  5. 直前の食事におすすめの具体的な食べ物は?
  6. おすすめの飲み物も筋トレ直前の栄養補給に役立てよう
  7. 食後2〜3時間で筋トレをする場合の食べ物はどうする?
  8. 食後から筋トレ前に時間がある場合のおすすめの炭水化物系食べ物
  9. タンパク質系の食べ物なら筋トレ前に何がおすすめ?
  10. タンパク質の分量は筋トレ前にどのくらいとれば良い?
  11. 他にも気をつけておきたいことが筋トレ前の食事にある?
  12. 脂質の量は筋トレ前は控えめにしておこう
  13. 食物繊維も筋トレ前の食事ではとりすぎないようにする
  14. 胃の調子が悪いときの筋トレ前の食事はどうする?
  15. 食べ物を工夫して筋トレ前の食事に役立てよう

筋トレ前におすすめの食事や食後の筋トレについて知りたい

効果を上げるためには筋トレ前の食事が大切

筋トレの効果をあげたいときは筋トレの内容だけでなく筋トレ前にする食事の内容も大切になります。筋トレ前に適切な食事をとっておくことによって、食後の筋トレの効果をさらに上げることができるため気をつけてみてはいかがですか。どんな食事を筋トレ前にとっておけば良いのか事前に把握しておけば、効率的に筋トレ前に食事をいただくことができます。

筋トレ前の食事内容は、食後何時間で筋トレをするかによっても異なります。筋トレ直前に食事をとる場合と、筋トレから何時間か前に食事をとる場合とでは食事内容が違ってくるので筋トレ前の時間に合わせて食事を選んでいくことも意識してみましょう。適切な筋トレ前の食事方法を取り入れて、引き締まった体を手に入れるための効果的な筋トレに取り組んでみてはいかがですか。

おすすめの食べ物や食後何時間で筋トレをすれば良いのかチェックしよう

「筋トレ前の食事ではどんなものを食べれば良い?」「筋トレ前の時間によって異なる食事内容について知りたい!」といった場合にぴったりな筋トレ前の食事についてまとめました。筋トレ前の食事内容を徹底しておけば、綺麗な筋肉をつけるためのサポートになります。どんな食事をどのくらいの分量とっておけば良いのか筋トレ前にチェックしておきましょう。

Thumb筋トレとアルコール・酒の関係は?お酒を摂取するのは筋肉に悪影響? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

なぜ筋トレ前の食事が重要視されている?

エネルギーを摂取した食後に筋トレを行うことで効果を上げる

それでは、なぜ筋トレ前の食事が重要視されているのでしょうか。その理由について見ていきましょう。筋トレ前はしっかりとエネルギーを摂取しておく事が筋トレの効果を上げるためには大切なポイントになります。筋肉がエネルギー源として活用しやすいと言われている栄養がグリコーゲン。グリコーゲンは炭水化物に含まれるブドウ糖によって生成されます。

筋肉の生成の元になるタンパク質や、筋肉のエネルギー源となる炭水化物を筋トレ前の食事で取り入れておく事によって効率的に筋肉に栄養をいきわたらせる事ができます。筋トレ前の食事で筋肉に十分な栄養を与えておく事によって筋トレのパフォーマンスが上がり、しっかりと筋肉を鍛えることが可能になるためぜひ筋トレ前の食事にはこだわっておきましょう。

食後のエネルギーが足りないと筋トレの効果が下がる

逆に筋トレ前の食事が十分でないと筋トレの効果が落ちる可能性があるため気をつけましょう。筋トレ前に筋肉の栄養となるグリコーゲンが足りていないと、もともとある筋タンパク質を分解してエネルギー源として使う働きがあるとされています。せっかくつけた筋肉が分解されてエネルギーとして消費されてしまっては筋トレの意味がありません。

筋トレの効果を下げないためにも筋トレ前の食事はとても大切。筋トレによって筋肉を育て、疲労を修復できるような筋トレ前の食事をとっていくようにしましょう。

怪我を予防するためにも筋トレ前に食事をしておこう

筋トレの集中力が切れると怪我のリスクが増える

筋トレ前の食事は怪我のリスクを抑えるためにも大切になります。筋トレ前に十分な食事をとっていないと空腹状態で筋トレをする事になり、集中力が途切れてしまう可能性があるため注意しておきましょう。

集中力が切れた状態で筋トレをすると思わぬところでアクシデントがおき、怪我をしてしまう危険性があります。筋トレ前に食事をとらないことはこういったリスクもあるので気をつけてください。

食後にエネルギーをためることで集中して筋トレを行う

筋トレ前に十分に食事をとって集中力を高めておけば、怪我のリスクをおさえながら筋トレに取り組む事ができるようになります。さまざまな器具を使う筋トレだからこそ、適切に器具を扱って筋肉を鍛えるための集中力が大切になるのではないでしょうか。

食事を筋トレ前にしっかりとって、食後に行う筋トレに集中していきましょう。このように筋トレ前の食事はあらゆる面で重要になります。

食後の筋トレまでの時間があまりないときのおすすめの食べ物

筋トレ直前に食事をするときは素早くエネルギーになる食べ物がおすすめ

それでは、筋トレ前の食事に取り入れておきたい食べ物について見ていきましょう。筋トレ前の時間がどのくらいあるかによって食事内容が異なるため、筋トレ前にしっかり把握しておくのがおすすめです。まずは筋トレ直前に食事をとる場合を見ていきましょう。本来であれば筋トレの数時間前に食事をとっておくのがおすすめですが、時間がない場合は食事内容に気をつけてください。

筋トレ直前に食事をとることになった場合は、素早くエネルギーになるような食べ物を取り入れていくのがおすすめ。食前だったとしても素早く消化され、エネルギーに変換する事ができたら筋トレをしたときに筋肉のエネルギーとして活用する事ができます。

食事の量は軽めにして効率的にエネルギーをためよう

筋トレ直前の場合は食事量は控えめにしておきましょう。あまりたくさんの食事量を筋トレ直前にとってしまうとお腹が痛くなるなどの不調が出てしまう可能性があります。エネルギー含有率が高く、消化に良い食事を筋トレ直前に控えめな分量だけ摂取するように意識してみてください。こうしておけば筋トレ直前でもしっかりと食事でエネルギーを補給できます。

直前の食事におすすめの具体的な食べ物は?

筋トレ直前ならバナナが最適

筋トレ直前におすすめの食べ物を具体的に見ていきましょう。筋トレ直前であれば、バナナを食事に取り入れるのがおすすめです。バナナには筋トレに必要なエネルギーが豊富に含まれており、消化にも良いので筋トレ直前に食べるのにぴったり。バナナであればスーパーなどで簡単に手に入れる事ができるので、筋トレ直前に活用してみてはいかがですか。

ドライフルーツもエネルギー補給におすすめの食べ物

続いておすすめしたいのがドライフルーツです。ドライフルーツは素早くエネルギーに変換する事ができる栄養が多く含まれているため、筋トレ直前に食べるのに最適ではないでしょうか。ビタミンやミネラルなどの栄養も豊富に含まれているのも嬉しいポイントです。持ち運びにも便利なのでドライフルーツを携帯して筋トレ前の食事に役立ててみてはいかがですか。

おすすめの飲み物も筋トレ直前の栄養補給に役立てよう

水分と栄養の補給ができるフルーツスムージーがおすすめ

筋トレ直前に素早く栄養を補給したいときは飲み物も食事に取り入れておくのがおすすめです。栄養の他に筋トレ中に必要となる水分も補給する事ができるフルーツスムージーは筋トレ直前に最適な飲み物なので取り入れてみましょう。旬のフルーツをいくつか組み合わせて飲んでおけば、筋トレのためのエネルギーを効率的に吸収できる簡単な食事になります。

ホエイプロテインもプラスして食後に筋トレをしよう

フルーツスムージーを筋トレ前の食事に取り入れる場合は、ホエイプロテインを入れて飲むのもおすすめの方法です。筋肉の生成のサポートとなるホエイプロテインを入れておけば、筋トレのエネルギーとして必要となるグリコーゲンと一緒に効率的に摂取する事ができるためこのような工夫をしておくことが筋トレ直前には大切になります。

食後2〜3時間で筋トレをする場合の食べ物はどうする?

食後から数時間あるなら消化の時間が十分にある

ここまでは筋トレ直前の食事内容について見てきましたが、本来であれば筋トレをする2〜3時間前に食事をして栄養を補給しておくのがおすすめです。そうすることで体に無理なく食事をとり、筋トレをすることができるので時間がある場合はなるべく筋トレの2〜3時間前には食事を終わらせるようにしておきましょう。

筋トレの2〜3時間前に食事をしておけば筋トレをする頃には食事が消化され、しっかりとエネルギーが身についた状態になっています。筋トレに必要なエネルギーが補充してあれば筋トレの効果アップを見込めるため、2〜3時間前を目安として食事を心がけてみてください。

消化の時間がゆっくりな炭水化物やタンパク質系の食べ物をとろう

筋トレの2〜3時間前に食事をするのであれば、ゆっくりと消化をしてエネルギーを補給する事ができる炭水化物やたんぱく質を取り入れていきましょう。消化がゆっくりな炭水化物やタンパク質であれば十分に体に必要な栄養をいきわたらせ、筋トレをするときには万全の状態にすることができます。このように筋トレのタイミングに合わせて食事を意識してみましょう。

Thumb筋トレで太る理由!正しい方法でダイエットを効果的にするには? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

食後から筋トレ前に時間がある場合のおすすめの炭水化物系食べ物

栄養豊富な全粒粉パンや玄米が食後に時間がある場合に最適

それでは、筋トレの2〜3時間前の食事におすすめな食事内容について具体的に見ていきましょう。筋トレ2〜3時間前に食べるのであれば全粒粉パンや玄米といった炭水化物がおすすめです。

筋肉のエネルギーとなるグリコーゲンの元となる炭水化物は、ビタミンなどの栄養が豊富な全粒粉パンや玄米で摂取するのが最適ではないでしょうか。消化もゆっくりなので筋トレをするときには栄養をしっかりと吸収した状態になります。

午前中に筋トレをするならオートミールも食後に時間がある食べ物として最適

栄養豊富で筋トレ前にぴったりな食事として続いてあげられるのがオートミール。オートミールは朝食に食べる印象が強いので、午前中に筋トレをする場合の朝食として取り入れてみてはいかがですか。

朝食にオートミールを食べて2〜3時間後に筋トレをすることでエネルギーを蓄えた状態で筋肉を鍛えることができます。ドライフルーツなどをトッピングするのも良いのではないでしょうか。

Thumb筋トレには炭水化物も必要?タンパク質とのバランスやおすすめの食べ物! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

タンパク質系の食べ物なら筋トレ前に何がおすすめ?

赤身肉や鶏胸肉などのタンパク質系の食べ物を活用

筋肉の生成・修復に役立てることができるタンパク質も筋トレ前の食事に取り入れていきましょう。筋トレ前の食事としておすすめなのが鶏胸肉や赤身肉といった脂身の少ない肉です。鶏胸肉を筋トレ前の食事に使う場合は皮は取り除いておきましょう。皮の部分には脂が多く含まれているため、取り除くことでタンパク質を効率的に摂取することができます。

ビタミン類も豊富な卵も筋トレ前に取り入れよう

卵も筋トレ前の食事にぴったりな食べ物です。卵に含まれる豊富なビタミン類は、巡り巡って筋肉を鍛えるために日強な栄養となるため積極的に食事に活用してみてはいかがですか。ゆで卵やスクランブルエッグ、目玉焼きなど簡単な調理でいろいろな食べ方ができるのも卵を筋トレ前の食事に取り入れる魅力です。

タンパク質の分量は筋トレ前にどのくらいとれば良い?

直前でも時間がある場合もタンパク質は摂取すぎると意味がない

筋トレ前の食事に取り入れておきたいタンパク質ですが、実はとりすぎては意味がありません。筋トレ前の食事で1日分のタンパク質をとったとしても使用することがなかったタンパク質が無駄になる可能性があるためです。適量を食事に取り入れることで健康的な食事内容にすることができるので、そういったことも意識してみてください。

20〜30gくらいがちょうど良い

筋トレ前の食事にタンパク質を取り入れる場合は、20〜30gほどで良いとされています。このくらいの分量を目安にして筋トレ前の食事に活用してみてはいかがですか。

他にも気をつけておきたいことが筋トレ前の食事にある?

おすすめの食べ物がある一方で避けたほうが良い食べ物もある

ここまで筋トレ前の食事に取り入れておきたい食べ物を見てきましたが、逆に筋トレ前は避けておいたほうが良い食べ物もあります。そういした知識も身につけておけば、筋トレの効果をさらに上げることができるのではないでしょうか。

筋トレ前の正しい食事の知識を身につけよう

良かれと思ってやっていたとしても、実は筋トレにはあまり効果がない食事である場合もあります。そうならないように注意しておきたい筋トレ前の食事についても見ていきましょう。

脂質の量は筋トレ前は控えめにしておこう

脂質を一緒にとることで他の栄養の吸収も時間がかかる

筋トレ前の食事でまず避けておきたいのが脂質。脂質は消化吸収がとても遅いのが特徴です。脂質の消化に時間が掛かると他の栄養の吸収にも時間が掛かるため、特に筋トレ直前にとるのは避けておきましょう。このため、筋トレ前には脂身の少ない赤身肉や鶏胸肉を食べるのが良いとされています。揚げ物などは脂質が多いので避けておいてください。

食後に体が重い感覚になり筋トレのパフォーマンスが落ちる

筋トレ前に脂質をとりすぎると体が重たい感覚になってしまうのも注意点としてあげられます。消化が遅い脂質は胃に残りやすく、そのため体全体が重たい感覚に陥ってしまうので気をつけましょう。筋トレのパフォーマンス力を上げるためにも脂質は避けておいたほうが良い食べ物です。

食物繊維も筋トレ前の食事ではとりすぎないようにする

消化吸収がゆっくりな食物繊維

続いておすすめしないのが食物繊維。食物繊維は健康的な生活に欠かすことができませんが、脂質と同じように消化が遅いため2〜3時間前の食事なら良いですが筋トレ直前の食事にはおすすめできません。

必要な栄養が十分の補給しきれない可能性がある

たくさんの食物繊維と一緒に食事をとると、他の栄養の吸収も遅くなるため筋トレをするときに十分な栄養が体に行き渡っていない可能性があります。しっかりと栄養をとるためにも食物繊維の分量にも気をつけてみてください。

胃の調子が悪いときの筋トレ前の食事はどうする?

筋トレの2〜3時間前に軽く食事をする

「胃の調子があまり良くないけれども筋トレはしておきたい……」と言う場合もあるのではないでしょうか。そういったときは無理して食事をとらず、小分けにして胃に負担をかけないようにすることが重要になります。まずは、筋トレの2〜3時間前に控えめにエネルギー補給ができる食事をしておきましょう。おかゆのような消化吸収の良い炭水化物がおすすめです。

直前にタンパク質や炭水化物を控えめに摂取

2〜3時間前に軽く食事をとっておいたら、筋トレ直前に効率的に吸収できるタンパク質や炭水化物を取り入れておきましょう。プロテインドリンクなど消化吸収率の良いものを活用しておくのがおすすめです。ただし、胃の調子があまりにも悪い場合は筋トレをお休みして休むことも大切ではないでしょうか。自分の体の調子を見ながら判断してみてください。

Thumb筋トレ女子が急増中!美腹筋の作り方やダイエット効果が高まる方法は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

食べ物を工夫して筋トレ前の食事に役立てよう

筋トレ前に適切な食事をしておくことは、筋肉にしっかりと栄養を与え成長させるために重要となります。筋トレ前に食事をとっておかないと筋タンパク質が分解される原因となり筋トレが逆効果になる可能性があるため気をつけましょう。食事が筋トレの直前なのか、筋トレよりも2〜3時間前なのかによって食事の内容は異なるためシチュエーションに合わせて食事をとってください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-05-20 時点

新着一覧