ラインの友達が消えたのはなぜ?考えられる理由・原因や復元方法を徹底解説

ラインの友達とのトークルームを開いてみたら「メンバーがいません」と表示されていたり、リストからもその友達が消えたので、ブロックをされたり削除をされたのではないかと不安になった経験はありませんでしょうか。果たして本当にそれはブロックや削除で消えたものなのでしょうか。違うのであれば考えられる理由はなんでしょう。そして復元方法はどうするのでしょうか。ラインの友達が消えた時の原因や復元の方法などをまとめました。

ラインの友達が消えたのはなぜ?考えられる理由・原因や復元方法を徹底解説

目次

  1. ラインの友達が消えた!なぜ消えたのか原因と復元方法
  2. 相手がアカウント削除をしたからラインの友達が消えた
  3. アカウント削除によってラインの友達が消えた時に復元はできる?
  4. アップデートで友達が消えたりすることがある!
  5. 友達が消えないようラインにメールアドレスを登録する方法を覚えよう
  6. ラインのトーク履歴もバックアップしておくといいかも!
  7. 友達が消えた後に再インストールする時のログインに注意!
  8. 自分が原因で友達が消えた?ラインで非表示やブロックにしてしまった!
  9. 友達が消えたらどうする?ブロックや削除との違いは?
  10. LINEで友達を削除して消えた時の復元方法をご紹介!
  11. 相手にブロックや削除をされて消えたということはあり得る?
  12. 機種変更などでラインのアカウントが引継ぎできず友達が消えた!
  13. ラインのアカウント引継ぎができていない場合に友達の再追加は可能?
  14. ラインのバックアップさえ取っておけば友達が消えた時でも復元できる?
  15. まとめ:ラインで友達が消える前にバックアップを取るのがおすすめ!

ラインの友達が消えた!なぜ消えたのか原因と復元方法

スマホでラインを利用していて、ある日友達のトークルームを開いてみたら「メンバーがいません」と表示されていたり、友達のリストを見てみたらその友達が消えたためにいくら探しても見つからないため、ブロックや相手側が自分を削除したのではないかと不安に思われた方もいらっしゃるかもしれません。

確かに何の前触れもなく友達とのトークルームに「メンバーがいません」と表示されていたり、その友達が消えたとなったら相手側が何かしたのではないかと思っても不思議ではありません。しかし、仮に相手がブロックなどをしたとしても、友達リストから勝手に消えるということはないのです。

では、ブロックや削除で友達リストから友達が消えることはないし、自分では何もしていないのに消えたというのならばいったいどんな原因が考えられるのでしょうか。ラインの友達が消えた時に考えられる原因や復元の方法はあるのかなどをまとめました。

相手がアカウント削除をしたからラインの友達が消えた

ではさっそく、ラインの友達が消えた理由とした考えられるものをご紹介していきましょう。まず1つ目に考えられるのが、相手がラインのアカウントを削除したというものです。アカウントを削除するとLINEのトークルームで「メンバーがいません」と表示されるようになります。

アカウントの削除による原因の多くが、スマートフォンの機種変更の時に新しい端末へのアカウントの引継ぎに失敗したというものになるのだそうです。それまで使用されていた友達のアカウントの情報が引継ぎに失敗したことによって完全に消えてしまいます。

そのためにトークルームで「メンバーがいません」と表示されるようになったり、友達リストからも消えたということになるわけです。機種変更の時にはアカウントにメールアドレスの登録などを行う必要がありますが、これをやっていないと失敗してしまうことも多いようです。

アカウント削除によってラインの友達が消えた時に復元はできる?

では、そんな相手のアカウントが削除されたことによってラインの友達が消えた時に復元する方法というのはあるのでしょうか。これについてはご紹介しましたように、アカウントの情報自体が完全に消えてしまっているので、復元とまではいくことができません。

ただし、相手が新しい端末でラインのアカウントを作り直したという時には友達リストや「知り合いかも?」に再表示されることがあるようですので、そちらから新しく追加すれば一応友達との連絡は取れるようになります。または相手の電話番号が変わっておらず、ラインにもそれが登録されていれば電話番号で検索をかけることも可能です。

こういった方法以外でも、様々なやり方で友達を改めて追加することはできるようになっています。相手がラインのアカウント引継ぎで失敗してしまった場合には、こちら側から相手のアカウントを探して再度追加してあげるというのも方法の一つでしょう。

アップデートで友達が消えたりすることがある!

2つ目のラインの友達が消えた時に考えられる理由が、ラインアプリのアップデートがされたことによって、何らかの不具合が発生してしまいリストから友達が消えたというものです。過去に一部のラインユーザーでアップデートが原因となったということも実際にあったのだそうです。

その際、友達リストから友達がすべて消えてしまっていたそうで、これはさすがにアプリ側に原因がある可能性が高いでしょう。不具合の修正をしたアップデートでそれが直ればまだ良いですが、それで直ることが無ければもう一度アプリをインストールし直す必要も出てきます。

もし再インストールをする場合には、ラインのアカウント情報を取っておきましょう。つまり友達リストが消えたりすることのないように最低でもラインにメールアドレスの登録を行っておく必要があります。購入したスタンプや着せ替えも消えてしまうので、これは必ずやっておきましょう。

友達が消えないようラインにメールアドレスを登録する方法を覚えよう

ご紹介したようにラインのアップデートによる不具合が原因でアプリを再インストーする時には、メールアドレスを登録しておかないと友達リストはおろか、せっかく購入したスタンプや着せ替えも消えてしまいます。そうならないために、ラインへのメールアドレス登録の方法を覚えておきましょう。

ラインにメールアドレスを登録する方法:手順1

ラインへのメールアドレスの登録は、アプリを起動させて「その他」のタブから歯車マークの設定をタップし、アカウントの項目からメールアドレスの登録というものを選択することで新規の登録ができます。メールアドレスとパスワードを確認を含めて2回入力します。

ラインにメールアドレスを登録する方法:手順2

メールアドレスとパスワードを入力してから「確認」をタップすると、入力したメールアドレスにラインからメールアドレスの登録確認のメールが送られます。そこには認証番号が記載されているので、その番号を入力して正式に登録されればメールアドレスが表示されます。

ラインのトーク履歴もバックアップしておくといいかも!

ラインの友達が消えたということでアプリを再インストールしようとすると、友達リストと一緒にトークルームのトーク履歴も一緒に削除されてしまいます。ですので、もしアプリを再インストールするという時には、ご紹介したメールアドレスを登録するのと同時に履歴のバックアップを取っておくことをおすすめします。

Androidスマホの場合は、各々のトークルームのメニューから「トーク設定」を選び「トーク履歴をバックアップ」を選択し「すべてバックアップ」を選択すれば完了します。iPhoneスマホの場合はicloudを利用してそこへバックアップを保存する方法が使用できます。

バックアップを取る場合には、icloudriveをオンにさせた状態でラインの「その他」タブから「設定」「トーク・通話」から「トークのバックアップ」と進んでいき、「今すぐバックアップ」と続いていきます。

友達が消えた後に再インストールする時のログインに注意!

ご紹介したように、ラインのアップデートで不具合が起きたのが理由で友達が消えてしまうことの他に、機種変更のために新しくアプリをインストールするときにも少々注意するべき点があります。それが、ログインの際には「新規登録」ではなく「ログイン」を選択するべきであるということです。

もし「新規登録」を選択してしまうと当然ながら今まで使用していたアカウントでログインするわけではないので、友達のみならずグループやスタンプ、着せ替えなどすべてが消えてしまうからです。ログインを選択したら、電話番号やメールアドレスなどを登録していきます。

ちなみにメールアドレスとパスワードを入力すると「トーク履歴は削除されます」と表示され戸惑ってしまうかもしれませんが、ここで「OK」を選択しても、後でバックアップからトーク履歴は復元できるので問題はないということを覚えておきましょう。

自分が原因で友達が消えた?ラインで非表示やブロックにしてしまった!

ラインを使用されている方はご存じでしょうが、ラインでは友達を非表示やブロック、削除することができるようになっています。ラインで友達が消えた時に考えられる3つ目の理由は、非表示かブロック、削除の3つのうちどれかの作業を意図せずにやってしまっていたからというものです。

このうち非表示とブロックはすぐに解除させることができます。ラインの「その他」のタブから「設定」、「友達」、「ブロックリスト/非表示リスト」と進むと現在自分がブロックか非表示にしている相手のリストが表示されます。

この中にもし該当する友達が入っていれば、解除したい友達の右側にある「編集」で「再表示」もしくは「ブロック解除」を選択すれば再び友達リストに表示されるようになります。

友達が消えたらどうする?ブロックや削除との違いは?

ブロックや非表示が原因で友達が消えたという時には、ご紹介した方法で再び表示させることが可能です。しかし、リストに追加された相手からのトークが表示されなくなったり、リストにいなくてもトークは表示される2つと「削除」が原因の場合は少し直す方法が違います。

それは、ラインにおける削除というのは非表示リストやブロックリストから相手を完全に「削除」するものだからです。これは再び相手と友達にならない限り、戻すことはできません。ブロックの場合はトークがこなくなるだけでリストに表示されますし、非表示の場合はリストに出ないだけでトークは表示されます。

ですが、非表示やブロックのリストで復元をしようとして誤って削除を選択してしまうと、二度とどこかのリストに追加されるなどはなく、もう一度相手を友達に追加する必要があるのです。

LINEで友達を削除して消えた時の復元方法をご紹介!

ご紹介したように、誤って友達をブロックや非表示の状態から削除してしまったときにはもう一度友達追加をしなければいけません。ですが、相手とのトーク履歴さえ残っていれば復元は可能です。削除してしまった相手のトーク履歴を見ると上部に「追加」「ブロック解除」「通報」と出ます。

ブロックという方法で削除をした場合は2つ目が「ブロック解除」、非表示からの場合は「ブロック」となります。削除した相手をもう一度友達に追加したい場合は、左の「追加」をタップしましょう。

相手にブロックや削除をされて消えたということはあり得る?

自分が友達をブロックや非表示、削除してしまったのが原因で消えた時の対処方法をご紹介しました。では、もし相手側が自分をブロックや削除などした場合にはどうなるのでしょうか。ご紹介したように、ブロックをされたとしても友達リストの表示はそのままですし、トークも今まで通り送ることができます。

つまり自分の友達リストから友達が消えたとしても、相手がブロックや削除などをしたのが理由になるということはないわけです。ただしそれらをされてしまえばトークは送れても既読は付きませんし、長くそれが続けば相手にブロックされている可能性が高いでしょう。

機種変更などでラインのアカウントが引継ぎできず友達が消えた!

冒頭で相手が機種変更などをしたときにラインのアカウントの引継ぎができておらず、アカウントが削除されたことが友達リストから消えてしまった理由になるということをご紹介しました。ですがこれは相手だけに限った話ではなく、自分もそれが原因になりえるのです。

すなわち、自分が機種変更をする時にちゃんとラインのアカウントが正しく引き継がれなかったために、自分の友達リストがすべて消えてしまうというものです。こうなるとラインアプリの再インストールで新規登録を選んだ時と同様に、スタンプや着せ替えも消えてしまいます。

ラインのアカウント引継ぎができていない場合に友達の再追加は可能?

この場合は、新しい端末へのラインのアカウント引継ぎが上手くできていなかったために友達が消えてしまうということですので、引継ぎをする時にはメールアドレスとパスワードの登録はしっかり行っておきましょう。実は初めてラインをインストールしたときにはメールアドレスの登録などは必須ではないのです。

そのために意外と登録をしていない場合が多いのですが、事前に登録は済ませておくと良いでしょう。もし引継ぎが上手くできずアカウントが使用できなくなってしまったときには、自分の方では友達リストは空ですが相手側には残っています。

なので、メールや電話など、ライン以外の方法で相手とコンタクトを取って友達申請をし直してもらうか、IDを知っている場合には検索をかけて自分の方から申請をしましょう。また、その際に古いアカウントの方は相手に消してもらうと良いですね。

ラインのバックアップさえ取っておけば友達が消えた時でも復元できる?

さて、ラインで友達が消えた時に考えられる理由や対処方法などをご紹介しました。色々と原因が考えられるようですが、何か確実に友達リストを復元させたりする方法はないのでしょうか。これについては1つだけ方法があります。それは何かというと、ラインのバックアップを取っておくことが唯一確実に復元可能な方法です。

事前にバックアップを取っておかない人は案外多く、ご紹介したように機種変更や再インストールなどで自分のアカウントのデータが完全に消えてしまうなどの事態に陥ってしまいます。そうならないように定期的にバックアップを取っておくと、機種変更をしても再インストールをしても安心です。

ただし、友達の側が機種変更をしたときに、アカウントの引継ぎが上手くいかなかったなどの理由でリストから消えてしまったときにはバックアップを取っておいたとしても、相手がそのアカウントを使うことがなくなってしまったので復元は不可能です。ぜひ、友達にもバックアップを取ることをおすすめしましょう。

まとめ:ラインで友達が消える前にバックアップを取るのがおすすめ!

ラインで友達が消えた時に考えられる原因や復元の方法などについてご紹介しました。主に友達が消えた時に考えられる理由は相手がアカウントを削除してしまったか、アプリの不具合もしくは表示やブロックの問題であるようでした。非表示やブロックの場合はすぐに直すことができますが、それ以外の理由だと復元に少々手間がかかります。

しかし事前にバックアップを取ってさえおけば、相手がアカウントを削除してしまった場合以外はどうにかなります。バックアップだけなら端末に空きさえあればいつでも取ることができるので、定期的に取っておくことをおすすめします。

あわせて読みたいラインの記事はこちら

Thumbラインにメールアドレス登録できない!理由や対処法・変更の仕方を解説 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbラインの友達を非表示にするとどうなる?ブロックとの違いや解除方法を解説 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-06-14 時点

新着一覧