涙袋美容液って効果あるの?人気・おすすめ商品や使い方を徹底解説

芸能人でも可愛いなと思う人は決まって涙袋がしっかりある人が多いです。そんな魅力的な涙袋ですが、生まれつきのものだと諦めていませんか?実は涙袋は自分で作ることが可能です!このまとめでは、涙袋の正体やなぜ涙袋があると魅力的に見えるのかをご紹介します。さらに涙袋を作るのに人気の涙袋美容液は効果があるのか、おすすめの人気涙袋美容液なども合わせてご紹介します。美容液をより効果あるものにするための使い方や注意点を徹底解説します!

涙袋美容液って効果あるの?人気・おすすめ商品や使い方を徹底解説

目次

  1. 芸能界にも涙袋のある人がいっぱい!
  2. そもそも涙袋の正体とは?
  3. 涙袋があると魅力的に見える理由
  4. 魅力的な効果ある涙袋は自分で作れる!
  5. 教えて!涙袋美容液の効果は?
  6. 効果ある涙袋美容液の使い方!
  7. おすすめの人気涙袋美容液はこれだ!
  8. 目元のマッサージが簡単に出来る美容液「eyepocke(アイポッケ)」
  9. メイクも出来ちゃう!「ピメル涙袋用美容液アイカラー」
  10. 素敵な香りも人気の涙袋美容液「ガールズメーカー パフィリーエッセンス」
  11. バストケアを参考に開発された美容液「EYEMAZING(アイメイジング) 涙袋グリッター」
  12. 目元のケアはこれ1本でOK!「アイコンシャス/アイゾーンセラム」
  13. コスパよしの涙袋美容液!「アイマニア アイリッドコンディショナー」
  14. 貼るだけ簡単なシートタイプの美容液「ぷるぷるアイシートマスク」
  15. 合わせて目の周りの筋肉を鍛えよう!
  16. 生まれつきだからと諦めず魅力的な涙袋を手に入れよう!

芸能界にも涙袋のある人がいっぱい!

元々可愛い人や綺麗な人が集まっている芸能界ですが、その中でもパッと目を引くのは涙袋がしっかりある女性ではないでしょうか?思いつくだけでも桐谷美玲さんや綾瀬はるかさん、大島優子さん、柴咲コウさんや佐々木希さんなどは、タイプは違えど涙袋が印象的な芸能人です。

また女性だけでなく男性でも涙袋のある方もいます。例えば妻夫木聡さんや玉木宏さん、小栗旬さんや向井理さんです。涙袋のある男性は優しい顔立ちの方が多いですね。

Thumb大島優子の涙袋に憧れる!涙袋は整形なのか? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

そもそも涙袋の正体とは?

そもそも涙袋とは何なのでしょうか?涙袋という名称から涙が溜まっている場所と思いがちですが、実は目の周りにある眼輪筋という筋肉が盛り上がっているだけなんです。涙袋があるのは目の大きい人やシャープな輪郭の人に多いです。そして筋肉なので年齢と共に衰えていってしまい、昔はあった涙袋がなくなってしまったというパターンも多いのです。

Thumb涙袋がない人の理由は?自力での作り方・可愛い美人メイクを紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

涙袋があると魅力的に見える理由

涙袋は目を大きく印象付ける

涙袋の正体は判明しましたが、そんな涙袋はなぜ魅力的に見えるのか理由をご紹介しましょう。まず涙袋があるとないとでは目の大きさが変わります。目が大きい人に涙袋があるわけではなく、一重の人でも涙袋がある人はいますし、逆に二重でもない人はいます。

ですが二重で涙袋がない人よりも一重で涙袋がある人の方が目が大きく見えますよね。涙袋は目を大きく見せるだけでなく、目元に優しさも出ますので人懐っこいイメージがあります。先ほど挙げた芸能人の方を思い浮かべると納得できる点が多いのではないでしょうか。

涙袋は若さの象徴

また、普段涙袋がない人でも笑うと涙袋がでる人がいますよね。つまり笑顔と涙袋には切っても切れない密接な関係があるので、涙袋があるだけで笑っていなくても明るい表情に見えるのです。更に先ほどご紹介したように涙袋は筋肉なので、年を取るごとに衰えて目立たなくなってしまいます。つまり涙袋はハリのある肌と同じく若さの象徴でもあるのです。

このように涙袋には目元を印象深くしたり若々しく明るい表情に見せますが、涙袋自体が別名ホルモンタンクと呼ばれるほど魅力のある体のパーツなので、涙袋があるだけで魅力的な顔立ちを作ることが可能なんです。

魅力的な効果ある涙袋は自分で作れる!

メイクよりも効果ある涙袋美容液

涙袋は生まれつきのものだと諦めてはいませんか?先ほどご紹介したように涙袋は筋肉なので、涙袋を自分で手に入れる事は可能なのです。涙袋はメイクでも作ることが可能ですが、これだとメイクをしていないすっぴん状態で涙袋を手に入れる事が出来ません。更に涙袋メイクはどうしても全体的に濃いメイクになりがちなので、ナチュラルメイクで涙袋メイクをするのが難しいでしょう。

しかし、涙袋を諦める必要はありません。涙袋メイクよりも効果ある涙袋の作り方は涙袋美容液を使う方法です。これは自前の涙袋を作ることになるのですっぴん状態でも涙袋を手に入れる事が可能です!いったいどんなメカニズムで涙袋を作るのか早速ご紹介しましょう。

Thumb涙袋の作り方!作るにはオロナイン・アイプチ・テープがあれば簡単? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

教えて!涙袋美容液の効果は?

元々目の周りの皮膚というのは全身に比べるととっても薄くできていて、個人差はありますがおよそ0.02ミリ程度の厚さしかありません。頬の皮膚の厚さと比べると3分の1程度しかないので、いかに目元の皮膚が薄いかお判りでしょう。なので目元の皮膚はとても乾燥しやすくデリケートなのです。

涙袋美容液は目元に潤いを与える

涙袋美容液には保湿成分として有名なヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタなどがたっぷり含まれているので、皮膚が薄くデリケートな目元の皮膚に潤いを与えてぷっくりとした涙袋を作るのです。

保湿するだけならわざわざ涙袋美容液を買わなくても乳液やクリームを使えばいいのでは?と思うかもしれませんが、涙袋美容液と乳液では保湿力やカバー力も異なり、また薄い目元の皮膚の負担を極力抑えることが出来ますので、ぜひ目元専用の涙袋美容液をおすすめします。

ただし効果あると実感できるのは個人差がありますので、少なくとも1か月ほどは継続して涙袋美容液を使ってみましょう。

涙袋美容液は目元全体に効果あるアイテム

涙袋美容液は目元に潤いを与える効果があるので、涙袋を作るだけでなく目の周りにも効果ある働きをします。目元の皮膚が薄いと実感するのは目の下にクマが出来た時ではないでしょうか?

目の下のクマは血行不良や色素沈着に加えて目元の乾燥も原因とされています。涙袋美容液に含まれる保湿成分には目の下のクマにも効果ある成分が含まれているので、涙袋のみならず目の下のクマや目元のシワ対策にも効果あるアイテムと言えます。

更に涙袋美容液で目元のマッサージを行うことによって血行が改善されるので、より目元のトラブル改善の効果が期待できます。

効果ある涙袋美容液の使い方!

涙袋美容液は涙袋を作りたい部分に塗るだけの簡単な使い方ですが、正しい使い方をすればより効果的なアイテムになりますので、おすすめの涙袋美容液の使い方をご説明いたします。

涙袋美容液効果をよりアップさせる使い方

まず涙袋美容液を使う前にきちんと洗顔して顔の汚れを落としておきましょう。汚れが残っていると涙袋美容液の成分がきちんと浸透していきません。丁寧に洗顔したら水分をタオルで取り除きます。お肌の保湿は大切なので涙袋美容液を塗る前にしっかりと顔に化粧水をつけて乾燥を防ぎますが、涙袋美容液がしっかり浸透するように目元にクリームを塗るのは控えておきましょう。

おすすめの涙袋美容液の使い方

ここでようやく涙袋美容液の出番です。基本的な涙袋美容液の使い方は涙袋を作りたい場所に塗るだけですが、先ほどご紹介したように涙袋美容液は目元のケア力が高いので、目の下のクマやくすみ、しわなど気になる部分全体に塗ってしまう使い方がおすすめです。これを朝晩2回、毎日行いましょう。

涙袋美容液を使う時の注意点

涙袋美容液の使い方は先ほどご紹介しましたが、美容液を使う上での注意点があります。目元の皮膚はとても薄くデリケートです。ゆで卵の表面をイメージすると分かりやすいでしょうか。なので少しの力でも目元の皮膚はダメージを受けやすいです。

ですので奥まで美容液の成分を浸透させようとつい力を入れがちになってしまいますが、美容液を塗り込むときには専用のチップが付いているものはそれを使って、優しくそっと塗っていきましょう。美容液でマッサージをする時も優しく短時間で終わらせましょう。

おすすめの人気涙袋美容液はこれだ!

実は涙袋美容液は手頃な値段で購入できるので気軽に試すことが可能です。涙袋美容液の使い方は先ほどご紹介した通りですので、続いては口コミで人気のあるおすすめ涙袋美容液をご紹介していきます!

目元のマッサージが簡単に出来る美容液「eyepocke(アイポッケ)」

手軽にマッサージ出来るのが人気

アイポッケの涙袋美容液はコロコロと回るロールタイプの美容液なので、涙袋を作りながら簡単に目の周りのマッサージをすることが出来ておすすめです。またアイポッケの美容液には大豆たんぱくやヒアルロン酸など女性に人気の成分がたっぷり入っているのもおすすめの点です。

涙袋や目のケアの他にも目元メイクの下地として使える点や、容量が多いのでたっぷり使える点も人気ですよ。

メイクも出来ちゃう!「ピメル涙袋用美容液アイカラー」

ピメルの涙袋用美容液アイカラーは美容液だけではなくアイメイクとしての使い方も可能なので、仕事終わりの疲れた目元にさっと塗るだけで目元のケアと涙袋メイクの両方の効果が得られるのが人気の美容液です。カラーもナチュラルなベージュとキュートなピンクの2色から選べます。

ピメルの美容液はデリケートな目元に嬉しい処方

デリケートな目元に使う美容液ということで、無香料無鉱物油は勿論、アルコールやパラベンも使用していませんので安心して使うことが出来ます。コラーゲンやヒアルロン酸以外にもハリや保湿効果のあるレチノール誘導体やシュガースクワランが配合されています。

ウォータープルーフ処方で汗にも強いのでアイメイクの観点からもおすすめですね。塗りやすい細身のソフトスポンジペンシルタイプなので、忙しい仕事終わりにもさっと塗ることが出来ます。

素敵な香りも人気の涙袋美容液「ガールズメーカー パフィリーエッセンス」

ガールズメーカーパフィリーエッセンスはヒアルロン酸やスクワランの他、プラセンタなどのお肌に嬉しい成分がたくさん配合されている美容液ですので、涙袋だけでなく目元全体のケアに有効です。グロスのようにチップタイプなのでさっと塗れるのもおすすめの点です。

ガールズメーカーの涙袋美容液の人気の点はそれだけでなく、ハニーローズの甘い香りで癒されるという口コミも多いです。口コミよると蜂蜜というより薔薇の香りが強いようですよ。

バストケアを参考に開発された美容液「EYEMAZING(アイメイジング) 涙袋グリッター」

つけまつげが人気のEYEMAZINGからも涙袋美容液が発売されています。先ほどご紹介した「ガールズメーカー パフィリーエッセンス」と同じように細いチップタイプなので、不器用な方でも目元にしっかりフィットさせて美容液を塗ることが出来ます。また、ラメグリッターが加えられているのでEYEMAZINGの美容液も涙袋メイクをしつつケアが可能です。

EYEMAZINGがぷっくりツヤツヤな涙袋を目指すのに参考にしたのは何とバストケアです。確かに涙袋とバストの目指すところには共通点が多いです。なのでヒアルロン酸やプラセンタといった保湿成分の他にも、お肌に嬉しいペプチド系成分もたっぷり配合されています。

EYEMAZINGは涙袋美容液をシリーズ展開している

EYEMAZINGは今ご紹介した涙袋グリッターの他にも美容ケアに重点を置いた「EYEMAZING涙袋美容液」や、涙袋グリッターよりも肌になじむジェルタイプで作られた「EYEMAZING涙袋ジェルパウダー」といったシリーズが展開されていますので、昼と夜で使い分ける事も可能です。

目元のケアはこれ1本でOK!「アイコンシャス/アイゾーンセラム」

「涙袋も作りたいけど、まつ毛やまぶたもトータルでケアしたい!」という願いを叶えてくれる美容液が「アイコンシャスアイゾーンセラム」です。保湿成分プラセンタやダイズ種子エキスに加えて、まつ毛やまぶたのケアに効果のあるパンテノールやコラーゲン、ビタミンCなどのケア成分がふんだんに使われているので、アイゾーンセラム1本で目元のトータルケアが可能です。

まつ毛、まぶた、涙袋の全てのパーツにフィットするように柔らかいチップは先端と側面で形状が異なり、どのパーツでも塗りやすいように考え抜かれています。目元のケアを重点的に行いたいけれど、何本もケア用品を揃えるのが大変という方におすすめの人気美容液です。

コスパよしの涙袋美容液!「アイマニア アイリッドコンディショナー」

マスカラで人気のアイマニアからもアイリッドコンディショナーという涙袋美容液が登場しています。アイマニアアイリッドコンディショナーにはコエンザイムQ10や水溶性コラーゲン、セラミドなどが配合されていて、ハリ艶のあるふっくらとした涙袋を目指せます。

アイマニアアイリッドコンディショナーはジェルタイプで直接塗り込みますが、伸びがいいのでコスパが高いと口コミでも人気です。ただしメイクの前に塗るとメイクが崩れやすくなることもあるので、出来るだけおやすみ前に使うのがおすすめのようです。

貼るだけ簡単なシートタイプの美容液「ぷるぷるアイシートマスク」

美容液というと直接塗るタイプが主流ですが、こちらのぷるぷるアイシートマスクは既にシートにたっぷりとコラーゲンやセラミドなどの保湿成分が配合されているので、目の下に張るだけで簡単に涙袋のケアが出来ます。

シートタイプは家の中でしかケアが出来ませんが、普通の美容液と違って直接美容液を塗りこむ時の刺激がないのでデリケートな目元のケアにはぴったりのタイプでしょう。また、コスパがかなりいいので「ちょっと涙袋ケアを始めてみたいな」というスタートキットとしておすすめです。

合わせて目の周りの筋肉を鍛えよう!

涙袋の正体は既にご説明したように、目の周りの筋肉の盛り上がりです。つまり、腹筋や腕の筋肉を鍛えるように涙袋の筋肉を鍛えることで涙袋をふっくらさせることが可能です。美容液でケアするのと一緒に目の周りの筋トレを行うとより効果が高くなるのでおすすめです。

涙袋の筋トレ方法

なかなか動かしにくい目の周りの筋トレですが、やり方は下まぶたでまぶたを閉じる方法です。これだけでは分かりにくいので順を追ってご説明します。普段まばたきをする時は上のまぶたを閉じていますよね?涙袋の筋トレではこれが反対になります。

最初は難しいので上のまぶたが下がらないように手で上に引っ張って固定します。そうして下まぶたで目を閉じるのです。10回まばたきで1セットとし、1日3セット行うのが理想です。涙袋の筋トレ方法は普段使わない下まぶたを動かして鍛える事が基本になりますが、効果ある筋トレ方法はこれ以外にもあります。自分のやりやすい方法で筋トレを行ってみて下さいね。

Thumb涙袋はマッサージ&筋トレで作れる?自力で作る方法を徹底調査! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

生まれつきだからと諦めず魅力的な涙袋を手に入れよう!

今回は涙袋の正体や自力で涙袋を作る美容液や筋トレ方法をご紹介しましたがいかがでしょうか?このように涙袋は目の大きさや生まれつきと関係なく自分の努力で手に入れられるものです。なので涙袋が生まれつきないからと諦める必要はありません!使い方を守った美容液や筋トレで憧れのぷっくり涙袋を手に入れましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-12-12 時点

新着一覧