布団の洗い方を教えて!コインランドリーや家で丸洗いする方法を解説!

みなさんは布団を洗ったことはありますか?布団は大きく洗うとなるとコインランドリーやクリーニングで洗う人もいます。しか最近では丸洗いできる布団が発売されています。布団には見えない菌などもたくさんいるので自宅で簡単に丸洗いできたら助かります。今回は布団を自宅で洗う洗い方をご紹介します。布団を自宅で洗うには洗濯機かお風呂の2種類の洗い方があります。布団の自宅で洗いたいと考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

布団の洗い方を教えて!コインランドリーや家で丸洗いする方法を解説!

目次

  1. 季節ごとに替えたい!「布団」の洗い方は?
  2. 布団を自宅で洗う洗い方をご紹介
  3. 見えない菌がたくさんいる布団!
  4. 洗い方としてまずは布団の洗濯表記を確認しよう
  5. 自分の家の洗濯機に布団は入る?
  6. 布団は乾く?天気の確認も忘れずに
  7. 布団の洗い方をご紹介
  8. 布団をコンパクトにする紐かネットを用意
  9. 布団の洗い方のポイントは洗剤を先に入れる
  10. 布団の洗い方は「つけ置き洗い」がおすすめ
  11. 洗濯機に入らない布団の洗い方
  12. 大きい布団はお風呂で洗おう!
  13. 洗った布団の脱水方法
  14. 知っておこう!洗った布団の干し方
  15. 布団は意外と汚れるもの!こまめに洗おう

季節ごとに替えたい!「布団」の洗い方は?

みなさんは布団をどのようにして管理していますか?布団といっても敷布団、掛け布団など種類がたくさんあります。特に掛け布団は大きく分けて夏と冬で替える人がほとんどです。布団を衣替えする際は一度洗ったりしていますか?

天日干しにしてからしまういう人が多いと思いますが、なかなか布団を洗うという事はしていない人がほとんどです。そもそも布団は家で丸洗いで洗えるのか?気になりますよね。今回は布団の洗い方についてご紹介します。今回ご紹介する布団の洗い方はあくまで洗える布団の洗い方をご紹介しています。

布団の丸洗いの洗い方をご紹介

布団によってはコインランドリーでは洗える、クリーニングでは洗えるなど一言で「洗える」といっても様々ば意味があります。もちろん中には洗ってはいけない布団もあるのでしっかりと自分の布団を確認していから洗うようにしましょう。

布団を自宅で洗う洗い方をご紹介

布団を丸洗いするとなる一番に考えるのは家ではなく、コインランドリーで洗う方法です。コインランドリーは確かに業務用で大きくお金を入れれば洗ってくれますが、コインランドリーで洗うとなると布団を家からコインランドリーまで運ぶ事やコインランドリーで布団を洗っている間待っている時間などがあります。

コインランドリーやクリーニングは手間がかかる

コインランドリーは便利だけれど手間のかかる方法です。布団は布団の素材などによりますが、最近では家で丸洗いできる不布団が多く登場しています。コインランドリーもいいですが、手間などを考えたら家で丸洗いで洗えた方が助かります。そこで今回は布団を自宅で簡単に洗う洗い方をご紹介します。

布団を自宅で洗う洗い方にはいくつかのポイントがあります。これさえチェックしておけば誰でも簡に布団を自宅で丸洗いで洗う事ができます。

見えない菌がたくさんいる布団!

布団には見た目はきれいでも見えない菌がたくさんあります。特に1年中同じものを使う人が多い敷布団はこまめに洗うのをおすすめします。人は寝ている時にコップ1杯分の汗をかくと言われています。実際に目に見えなくても人間は寝ているときに汗をかいているのです。この汗を布団が吸収しそのままにしておくと湿気などでダニやカビが生える原因になります。

こまめに洗う為に洗い方をしっておこう

特にダニの大好物は人間の髪の毛や皮脂などを好んでおり、布団はダニが繁殖しやすい場所でもあります。その為、最近では布団掃除機などが家電で発売されており、こまめにダニなどを除去できるようになりました。このダニを放っておくと体がかゆくなったり、アレルギー反応を起こす可能性もあります。

特に小さいお子さんがいる家庭ではこまめに布団の掃除はしておきたいです。人には見えないけれど布団には様々な雑菌がいるので定期的に自宅で丸洗いしておきましょう。

洗い方としてまずは布団の洗濯表記を確認しよう

布団の洗い方をご紹介する前にまずは自分の家お布団が洗えるかチェックしましょう。自分の家の布団が洗えるかは洗濯表示タグを見れば確認することができます。洗濯表示タグで水洗い可能という表示があればとりあえずは自宅で洗う事ができます。ドライマークの表示がある場合は、クリーニング店に一度相談してみてください。

大丈夫と思って洗ってしまうと形が変形する場合があります。さらにそこから洗濯機で洗えるか手洗いでぬるま湯なのかなどをチェックしてください。それによって洗い方が異なってきます。今回は洗濯機で洗う洗い方とお風呂で洗う洗い方の2種類をご紹介します。布団によっては素材などで洗えない布団もあります。

洗い方の前に洗濯表示の確認

洗えると思って洗ったら変形したり特に羽毛布団などどの冬物の分厚い布団は中に入っている素材が非常に大事になってきます。まずは自分の家の布団が水洗いできるかと素材は大丈夫かの2点をしっかりチェクしておいてください。

自分の家の洗濯機に布団は入る?

自分の家の布団が水洗いできると確認した後は、洗濯機の確認です。洗濯機に大きさによっては布団が入らない可能性があります。布団を洗う前にこちらも確認しておきましょう。また、自分の洗濯機で布団が洗えるかも確認しておく必要があります。取扱説明書などを見て、布団を洗う事ができるのか確認してください。

布団・毛布コースなどがある場合は洗濯機で洗う事ができます。しかし洗濯機の容量で5㎏や8㎏など大きさの違いで一度に洗える布団の数が変わってきます。布団や毛布が洗えない洗濯機で無理やり洗ってしまうと洗濯機が壊れる原因にもなるので注意してください。さらに容量を確認せずにたくさん入れてしまう場合でも壊れる原因になります。

布団を洗う前にまずは洗濯機の取り扱いを確認する必要があります。さらに今回ご紹介する自宅で布団を洗う洗い方ではドラム式洗濯機で洗う事ができません。一部のドラマ式洗濯機は毛布や布団が洗えないタイプもあるので確認してください。ドラム式しかないという方は洗濯機ではなくお風呂で洗う洗い方を参考にしてください。

布団は乾く?天気の確認も忘れずに

ここまで洗い方について色々確認してきましたが、天気も非常に大事になってきます。後でご紹介しますが、布団は基本的に陰干しになります。その為、なかなか乾きにくいので天気に確認は忘れないようにしてください。また、布団はだいたい1セットづつしか持っていない人がほとんどかもしれません。

特に敷布団が乾かないと寝る場所がない人もいます。そうゆう事を防ぐために天気を確認し、なるべく晴れの日が何日が続く日がおすすめです。布団が大きいので他の衣類よりも乾きにくい為、雨の日に布団を洗うのはやめましょう。

また、生乾きだと湿気などでダニが発生し自宅で布団を洗った意味がなくなってしまいます。布団が晴れの日に洗ってしっかりと乾かしましょう。

布団の洗い方をご紹介

布団の洗濯表示や自宅にある洗濯機の仕様を確認したらいよいよ布団を丸洗いしていきます。布団の洗う方法は2種類あるのですが、まずは洗濯機で洗う方法をご紹介します。

洗濯機での洗い方

洗濯機で洗う方法の他にはお風呂で洗う方法もあります。洗濯機で洗う際に用意するものは洗剤と布団を入れる大きな洗濯ネットです。洗濯ネットが無い場合は麻の紐などを用意しましょう。今では布団専用の洗濯ネットも100均などで手に入れる事ができます。

布団をコンパクトにする紐かネットを用意

まずは掛け布団の丸洗いの洗い方をご紹介します。掛け布団は洗濯機で洗う事ができます。ここでおすすめなのは布団専用の大きい洗濯ネットを使用するか、紐などで縛っておく方法です。縛り方は掛け布団を丸めてサイドを紐で固定します。ネットや紐に縛る事で膨らまずにしっかりと洗う事ができます。

紐で固定せず、ネットにもいれず、そのまま洗ってしますと洗濯機の中でひっかかり布団が痛む可能性があります。また、4つ折りで洗濯機内に入れる人もいますが、先ほどご紹介した筒形がおすすめです。筒形にする時のポイントはなるべく空気を抜きながら洗濯ネットや紐などで縛る事です。こうする事でよりコンパクトになり洗濯機の中で全体的に洗う事ができます。

布団の洗い方のポイントは洗剤を先に入れる

洗濯機で布団を洗う洗い方でポイントになるのは先にお湯を貯めて洗剤を溶かしておく事です。いつも衣類などの洗濯の場合は衣類を入れて洗剤を入れる方がほとんどだと思いますが、布団の場合は違います。布団を入れてから洗剤を入れる洗い方だとどうしても布団が大きく布団にかかる洗剤にムラができます。

その為、先にお水を入れて洗剤を溶かした場所に筒形に丸めた布団を入れて下さい。洗剤は何でも大丈夫ですが、できれば粉末タイプの洗剤より液体タイプをおすすめします。粉末タイプの洗剤だと洗い終わってみると粉が布団について取れていない可能性があります。その点では液体タイプの洗剤の方が布団に固まってしまう心配はありません。

洗剤は絶対にこれ!という洗剤はありませんが、最近では「寝具専用」の洗剤が発売しています。家にある洗剤でも寝具専用でもどちらでも大丈夫です。先に水を入れる為、先ほどご紹介した通りドラム式の洗濯機では布団を洗う事ができません。

布団の洗い方は「つけ置き洗い」がおすすめ

先程ご紹介した通り、まずは水をためて洗剤を溶かしたら筒形にした布団を入れます。その後は布団コースを選択してボタンを押して終わりです。少し工夫するだけで家で布団が洗えます。ここで1つおすすめの洗い方をご紹介します。もちろん布団コースで洗うのでもいいのですが、ぬるま湯をためてつけ置きする洗い方もあります。

手順は水の部分をぬるま湯に替えるだけです。つけ置きするだけで汚れが落ちる率がかなり上がると言われています。ポイントはぬるま湯です。かなり熱いお湯を使用するとお布団によっては熱いお湯はNGのタイプがあるので注意が必要です。つけ置きの洗い方はまずぬるま湯をためて洗剤を溶かした所に筒形の布団をいれます。

洗い方のポイントは「ぬるま湯」

その後に布団コースを押して少し洗濯機を回し布団全体にぬるま湯を行き渡らせます。そしたらすぐに一時停止を押して約10分ほどつけ置きをします。こうする事で頑固な汚れも落ちやすくなるのでおすすめです。もちろん10分たったら再開のボタンを押してください。つけ置きの洗い方はおすすめなので時間がある方はぜひやってみてください。

洗濯機に入らない布団の洗い方

自宅で布団を洗濯機で丸洗いする方法をお伝えしてきました。ですが、布団の種類や自宅の洗濯機の大きさによっては、布団を丸ごと洗えない場合もあります。特に、洗う際に筒状にすることが出きない敷布団や、今はやりのドラム式洗濯機は、水をためられないため、洗えない場合があります。

ではこのような場合はコインランドリーやクリーニングに出すしかないのでしょうか。布団の洗濯表示で自宅で洗う事のできるタイプの布団はなるべく家で洗いたいですよね。実はもう一つ方法があり、洗濯機で洗う事のできない布団はお風呂の浴槽で洗う洗い方があります。今回は洗濯機で洗う事ができない布団をお風呂の浴槽で洗う洗い方をご紹介します。

大きい布団はお風呂で洗おう!

洗濯機で丸洗いが難しい布団の場合に、自宅のお風呂場で布団を洗う方法をご紹介します。まずは布団をお風呂場へ運びますが、すぐには浴槽に入れず、シャワーを使って大部分の汚れを落としましょう。見える部分の汚れが落ちたら、布団を浴槽の淵にかけます。そして浴槽に水を溜め、洗剤を溶かしましょう。汚れが落ちやすくするには少しぬるま湯でもいいでしょう。

準備ができたら布団を浴槽の中にいれます。洗濯機と違いお風呂では手洗いになります。しかし大きくて手洗いが体力を消耗するのでおすすめは「踏み洗い」です。布団を上から踏んで汚れを落としていきましょう。汚れがとれたら一度水をすべて流します。

お風呂での洗い方を知っておこう

しかし一度だけでは布団についた洗剤は完全にとれていないのでもう一度浴槽に水をいれます。ここからは洗剤はいれず水で踏み洗いをしてきます。だいたいこれを2~3回繰り返すと洗剤がとれてきます。これでお風呂での布団洗いは終了です。

洗った布団の脱水方法

洗濯機で洗った布団は勝手に洗濯機が脱水を行ってくれますが、お風呂の場合は自分で脱水を行わなければいけません。しかし水を吸ってかなり布団が重くなっているので脱水作業は一苦労です。お風呂で布団を洗った場合は浴槽の淵に布団をかけておきます。

こうすると勝手に下に水が抜けていくので約1時間もすれば脱水が完了しています。しっかりと水を抜いて脱水を行わないと乾きにくい原因にもなるのでしっかりと脱水を行いましょう。

知っておこう!洗った布団の干し方

脱水まで完了したら次は布団んの干し方の方法です。布団は基本的に陰干しをするのがおすすめです。しかし場所によっては布団を陰干しできない場合がありますよね。そういう時は布団の上に布を被せるなどの方法で干してください。直射日光に長時間当てておくと布団の色落ちの原因にもなります。

また、布団を乾かす方法として乾燥機があります。乾燥機で布団を乾かす場合はこまめに布団の位置を洗濯機内で替えてあげてください。高温ではなく低温で乾燥させるようにしましょう。

またテニスボールを入れておくと特に羽毛などはふんわり仕上がると言われています。陰干しでも乾燥機でもどちらでも乾かす方法は大丈夫ですが、どちらの方法でもしっかりと乾かすしてください。生乾きはダニの発生の原因でもあります。

布団は意外と汚れるもの!こまめに洗おう

今回は自宅で布団を丸洗いする方法をご紹介しました。布団は毎日使うものなので定期的に洗う事をおすすめします。しかし布団を洗うにはクリーニング屋コインランドリーなどを利用しなければいけないから少し手間と思っていた方もいますよね。布団にもよりますが、中には自宅で丸洗いできる布団も少なくはありません。

人は寝ている時に汗をたくさんかくので目に見えないだけで意外と汚れているものです。今回は自宅でできる洗濯機やお風呂などで洗う洗い方の方法をご紹介しました。大掃除の時などにお布団も一緒に洗うように心がけましょう。

忙しくて丸洗いが定期的に行えない場合は布団乾燥機や布団掃除機などを活用し天日干しなどをしておきましょう。布団は毎日使うものだからきれにしておきたいものです。今回ご紹介した洗い方をぜひ実践してみてください。

布団に関しての関連記事はこちらから

Thumb布団乾燥機おすすめを口コミから紹介!人気商品の比較ランキング! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbしまむらの布団カバーセットがおすすめ!可愛い・コスパ抜群のデザイン集 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-06-01 時点

新着一覧