内田正人と井上奨が除名処分に!宮川泰介選手の処分は?【日大アメフト】

内田正人と井上奨が除名されるとして、最新の報道では流れていました。今回の日大のタックル事件がおきたことによって、かなり世間が騒がしくなっています。スポーツマンシップの面や、教育などの面からも日大の立場が危うくなっている今、今後どういった展開になっていくのでしょうか?内田正人と井上奨の除名処分の詳細や、宮川泰介の詳しい処分内容についてご紹介していきます。気になる方は是非ご覧ください!

内田正人と井上奨が除名処分に!宮川泰介選手の処分は?【日大アメフト】

目次

  1. 今回のタックル騒動で内田正人と井上奨が除名処分!宮川泰介選手は?
  2. 今回の騒動になった内田正人とは誰?
  3. 日大のコーチであった井上奨とは?
  4. 選手である宮川泰介とはどんな人物?
  5. 今回のタックル事件についてのおさらい!
  6. タックル事件の発生までの流れとは?
  7. 現在のタックル事件の真相とは?
  8. 内田正人前監督と井上奨前コーチの除名処分が決定!
  9. 内田正人に文春砲が直撃!?
  10. その他の他にも反則を加担した選手の処分は?
  11. 今回の騒動で日大が公式戦出場停止(2018年末まで)が決定!
  12. 今回の事件で宮川泰介の処分とは?
  13. 刑事事件になることはある?宮川泰介の処分について
  14. 宮川泰介の活躍にはスポーツ界が期待していた?
  15. 今後の日大のアメフト部の行動に注目!

今回のタックル騒動で内田正人と井上奨が除名処分!宮川泰介選手は?

今回のタックル騒動によって、スポーツ界やお茶の間全体に衝撃が走りました。相手の選手を怪我をさせるための指示を、日本の学生のスポーツを牽引していう日大が行為に行なったとして、かなりニュースや週刊誌などで話題になっています。その中でも話題になっているのが、内田正人と井上奨らの対応です。意見の食い違いや選手などに責任を押し付ける姿勢が、世間から反感の声を集めています。

今世間を騒がせている日大のアメフト部の、タックルの事件ですがなぜそこまで問題になっているのか、わかっていない方も多いことでしょう。そんな方のためにもこの記事では、内田正人と井上奨などの指示や今後の処分の内容などについても、詳しくご紹介していきます。一体どんな理由があって、ここまで今回の事件が大きくなっているのでしょうか?それでは詳しくご紹介していきます。

今回の騒動になった内田正人とは誰?

内田正人と井上奨は除名?日大アメフト選手宮川泰介の処分と事件の詳細その1

名前:内田正人(うちだまさと)
生誕:1955年8月9日(62歳)
出身地:埼玉県
国籍:日本
出身校:日本大学豊山高等学校
勤務先:日本大学
職業:日本大学常務理事
団体:学校法人日本大学

内田正人(うちだまさと)は自分自身も元々、日本大学でアメフトに打ち込んでおりその姿勢などは「ショットガンオフェンス」と言われかなり賞賛をされていました。そしてそこから日本大学文学部の職員として、大学に勤め始めます。それによって数々の事務作業をこなしていきます。2003年にはアメフト部の監督に就任し、一度やめますが2017年に再度監督になります。甲子園ボウルで優勝を果たした実力も持っているようです。

日大のコーチであった井上奨とは?

内田正人と井上奨は除名?日大アメフト選手宮川泰介の処分と事件の詳細その2

名前:井上奨(読み方:いのうえ つとむ) 
年齢:30歳
生年月日:1987年生まれ
職業:日大アメフト部コーチ兼日本大学豊山高校のアメフト部監督
住所:東京都
学歴:2011年日本大学卒業
出身高校:大阪産業大学付属高校
方言:関西弁を話す
出身地:大阪府枚方市

今回の事件でもキーマンとして名前が挙がっている、井上奨コーチですが一体どんな人物なのでしょうか?日大のスポーツ学科の職員でもあったことから、今回スポーツ系に特化しているアメフトのコーチとして就任したようです。かなり選手からは好かれていたようですが、過去に様々ないかがわしいビデオに出演していることも、週刊誌に取り上げられ大変なことになっている井上奨なのです。

選手である宮川泰介とはどんな人物?

内田正人と井上奨は除名?日大アメフト選手宮川泰介の処分と事件の詳細その3

名前:宮川泰介(みやがわ たいすけ)
生年月日:1998年2月26日
年齢:20歳(2018年5月現在)
出身校:日本大学豊山高等学校
大学:日本大学3年生
ポジション:ディフェンシブライン
背番号:91番

日本大学豊山高等学校から日本大学に進学しているという経歴になっています。性格的には繊細で落ち込みやすいタイプの選手だったようです。反則を繰り返して退場したあとも、控え室でうなだれているところを、カメラが写しています。高校時代にはU-19の日本代表に選ばれるほどの、実力を持っており日本のアメフト界からも注目されていたスター選手の卵でした。今回の騒動ではかなり負い目を感じているようですね。

今回のタックル事件についてのおさらい!

内田正人と井上奨は除名?日大アメフト選手宮川泰介の処分と事件の詳細その4

今回話題になっている日大アメフト部のタックル問題についてですが、一体どんな経緯があったのでしょうか?内田正人と井上奨に関しては、今回のタックルに大きく関与しているようで、ホイッスルがなっているにも関わらず、宮川泰介が相手の選手にタックルをし、明らかな違反行為として1度目の注意を受けました。その後も度重なる違反行為によって、試合中に宮川泰介は退場処分にされました。

このタックルによって相手の選手は負傷してしまい、次の日の試合には復帰しているようでしたが、このタックルは故意に行われたものではないかとして、ニュースなどで取り上げられそこから深く調べていくにつれて、内田正人と井上奨などの指示のもと今回のような、不当な行為を行なったとして選手は供述しており、内田正人と井上奨は否定するという異例の事態になったのです。これが今回のタックルの主な経緯となっています。

タックル事件の発生までの流れとは?

内田正人と井上奨は除名?日大アメフト選手宮川泰介の処分と事件の詳細その5

今回の内田正人と井上奨の指示によって発生し除名されるまでの、主な流れをご紹介します。まずは選手であり、相当の実力を持っていた宮川泰介が不調などによって、メニューから外されてしまいます。そこでなぜか内田正人と井上奨ら二人から、日本代表の合宿にもいくなと言われます。さらに部内で練習を再開するも、やる気が見られないからといって、試合にも使わないと内田正人と井上奨は言ったのです。

これによって宮川泰介どん底に落ちてしまいます。そして監督二人からある特殊な条件のもと、試合に出してくれると宮川泰介は言われたのです。それが今回の事件のきっかけとなる「相手チームのクォーターバックを潰す」というものでした。これに悩んだ宮川泰介は選手生命の危機を感じ、相手を潰すからと当日試合に出るように監督にお願いをしました。その後「やらないと意味ないよ?」と脅しを受けて今回の事件が発生したのです。

現在のタックル事件の真相とは?

内田正人と井上奨は除名?日大アメフト選手宮川泰介の処分と事件の詳細その6

内田正人と井上奨はアメフトの日本委員会の調査が入り、どう言った経緯でこのようなことが起きたのかを、しっかりと聞き込みを行いました。しかし選手側の意見と内田正人と井上奨らの意見が全く一致しないのです。特に内田正人の意見は選手に罪をなすりつけるような、言い回しが多く結果どちらの意見が正しいのかわからないまま、ズルズルと日付だけが過ぎてしまいました。今後の展開を気にした視聴者の方も多かったでしょう。

さらに驚く事実で、内田正人と井上奨らは会見には出て来ずに、選手である宮川本人が登場し今回の経緯を説明し、さらに謝罪をしました。これによって世間は内田正人と井上奨の二人は責任逃れをしているのでは?という疑問や不満から、多くの電話や連絡が日大に集まったのです。今回の事件に限らず上の人間が下の人間を、蹴落として高みの見物をしているケースは珍しくありません。そう言った意味でも注目が集まっています。

内田正人前監督と井上奨前コーチの除名処分が決定!

内田正人と井上奨は除名?日大アメフト選手宮川泰介の処分と事件の詳細その7

内田正人と井上奨ら二人の処分が決まったとして、話題になりました。内田正人は雲隠れをずっと続けており、メディアなどに一切露出を避けていましたが、今回の判決によって永久追放とも同等な除名処分を受けました。さらにヘッドコーチなどは資格の剥奪を受けてしまったので、日大のアメフトの歴史は終わりを迎えるかもしれません。内田正人と井上奨らは選手らに、対しての発言を最後まで否定していたようです。

内田正人は最近では色々な情報が浮上しています。週刊誌にもたくさんの大変な情報を握られているようで、それによってどうやってもメディアから逃げることはできないでしょう。今回のタックル騒動によって、内田正人と井上奨に除名処分が出たと同時に、関西学院大学の選手側が警察に、傷害容疑の告訴状を提出しているようで、刑事事件にも発展しそうな展開を見せています。度々警察が日大に訪れ、事情徴収を行なっているようです。

内田正人に文春砲が直撃!?

内田正人と井上奨は除名?日大アメフト選手宮川泰介の処分と事件の詳細その8

今回のタックル騒動にて一番の原因ではないかと言われている内田正人ですが、一体何をしているのでしょうか?ここまで選手が謝罪会見などを行なっているにも関わらず、自身は関係ない雰囲気を出して、一切今回の件について触れていません。そう言った部分からも不審な声がたくさん上がっており、これを週刊文春が捉えたことが話題になっています。この報道には世間やスポーツ界がやっぱり、と思った方も多いでしょう。

文春砲の内容や動画「14分の自供テープ」というものがつい最近公開されました。これによって内田正人がメディアを避けている理由が、赤裸々に語られています。このテープの中ではタックルをした選手に対して、「よくやった」などと供述しており、ますます刑事事件への拍車がかかっています。さらには今回の事件に関して、一番関与しているにも関わらず「俺知らないもん」と言っていることがわかり、世間を騒がせています。

その他の他にも反則を加担した選手の処分は?

内田正人と井上奨は除名?日大アメフト選手宮川泰介の処分と事件の詳細その9

今回のタックル事件について、あまり詳しく述べられていませんが選手側にも、やはり問題があるとされておりそう言った選手側にも問題が問われています。今回のタックル事件では宮川が指示を受けたのですが、その念を押す形で、キャプテンが宮川に指示を出していたことがわかっており、こう言った今回の事件に関与している選手にも処分が下されています。そちらをご紹介しましょう。

監督らの指示などを横目で見ており、それに加担したことによってキャプテンなどには反則選手、出場資格停止(2018年度末まで)という処分が言い渡されています。しかし今回の事件で一番おかしな点は、宮川ほどの実力がある選手が、なぜかこの試合ではスターティングメンバーに登録されていませんでした。それなのにも関わらず、宮川を選手として出し、今回の事件が起きたことから、狙っていると言われてもおかしくないでしょう。

今回の騒動で日大が公式戦出場停止(2018年末まで)が決定!

内田正人と井上奨は除名?日大アメフト選手宮川泰介の処分と事件の詳細その10

タックル事件において関与している選手もそうでない選手も大勢います。その中で今回やはり一番辛いのは、何もしていないにも関わらず大学での、アメフト人生を終わらされてしまった他の選手たちでしょう。何もしていないにも関わらず、ただただ公式試合の出場停止処分を食らってしまい、今年が大学でラストという生徒方も少なくとも、いたことでしょう。そう言った部分すら考慮できない監督がわはやはり危険ですね。

内田正人の今回の対応について、様々な不安の声が上がっておりそれは、保護者の方も同じでしょう。他の選手たちも不審に思っている点から、最初は選手と内田正人らに食い違いがあり進展しなかったのですが、信ぴょう性が内田正人らの発言には欠けているとして、除名処分が言い渡されました。さらに週刊誌によって、その素顔を暴かれてしまい、もはや大学にすら入れなくなってしまっています。

今回の事件で宮川泰介の処分とは?

内田正人と井上奨は除名?日大アメフト選手宮川泰介の処分と事件の詳細その11

今回の事件で宮川泰介の処分とはどう言ったものなのでしょうか?今回の事件で宮川に言い渡された処分は、条件付き”の2018年度シーズン終了(2019年3月31日)までの「公式試合の資格出場停止」というものでした。これを見て、胸をなでおろしたファンは多かったでしょう。しかし宮川自体会見にて、もうアメフトをやらないと宣言していることから、自身でアメフト人生に終止符を打つようです。

今回の事件で宮川は今回の事件を起こしてしまい、退場した時にテントの中で号泣していたそうです。それを見ていた親御さん方も泣いて観戦していたと、かなり話題になっています。宮川は自身にアメフトを続ける資格はないとして、退部届を提出しようとしますが周りに止めれて、これをやめました。一人の一生徒がここまでの責任を感じているにも、関わらず何も公言しない監督のスタンスには、世間はかなり不信感を持っています。

刑事事件になることはある?宮川泰介の処分について

内田正人と井上奨は除名?日大アメフト選手宮川泰介の処分と事件の詳細その12

今回のアメフトのタックル事件に関しては、どう言った経緯になるのでしょうか?加害者として宮川は今回名前が上がることになります。怪我をさせられた関西学院大学の選手の父親が今回、刑事事件として訴訟上を相手の日大に向けて、警察に提出しています。これによってかなりの人が、固唾をのんで見守っており、隠れている内田正人に関しても、もう出てくる以外方法がなくなっています。

内田正人は現在ホテルなどを転々として、逃げるように生活しているようですが、職場が大学ということもあって逃げ切ることは不可能と言えるでしょう。今回のタックル騒動が刑事事件として、登録されるなら刑法「15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する」となっているので、選手と監督らにこのような罰が、下されることでしょう。そう言った部分に関しても今後注目ですね。


宮川泰介の活躍にはスポーツ界が期待していた?

内田正人と井上奨は除名?日大アメフト選手宮川泰介の処分と事件の詳細その13

日大の宮川の活動や活躍には、多くのファンやアメフト界が注目していました。もう大学生としての選手生命は終わってしまい、もはや次で活躍するのであればプロとしてデビューする以外に、方法はありません。そう言った部分でもかなり注目されており、多くの人から宮川への応援の声が集められています。今度アメフトには戻ることはないとして、会見で話していた宮川ですがどうなってしまうのか、期待が集まっています。

今後の日大のアメフト部の行動に注目!

今回のタックル騒動は、大人の汚い部分が大きく見え隠れしています。しかし一体どんな指示を出せば、このような人徳に反していることを、選手にやらせることができるのでしょうか?何も言わずにラフプレーを行うような選手は、日本代表候補の合宿などに呼ばれるはずもないことは、誰もがわかっています。今後もどんどんと新しい事実が湧いてくるので、今後の展開に期待ですね。

他の世間を騒がせた記事はこちら

Thumb夏目雄大のツイッターが炎上!大学や彼女・引退の噂とメンヘラの真相を調査! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
ThumbSHIHOの子育て論「叱らない子育て」とは?大炎上し見直すと懺悔告白! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb櫻井翔の弟は慶応ラグビー部出身?ツイッターが炎上したって本当?【画像あり】 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-06-14 時点

新着一覧