20代の年収の平均はいくら?手取りや貯金・生活や結婚事情など徹底調査

20代の頃には初めて自分自身で、社会に出てお金というものを稼ぐ年です。そういった部分からも20代で年収を意識しすぎることは、とても危険なことなのです。そういった20代の年収などのお金に対する価値観は、一生自分自身についてくるものになります。だからこそ、20代の年収の認識などをしっかりと行なっておきましょう。この記事では一体20代ではどのくらい稼いでも、どのくらいの生活しかできないのかなどを詳しくご紹介していきます。

20代の年収の平均はいくら?手取りや貯金・生活や結婚事情など徹底調査

目次

  1. 世の中の20代の人の年収などが知りたい!
  2. 給料と手取りは違う!?年収にどんな関係が?
  3. 20代の人がお金を多く貰える職業とは?
  4. 平均的などんなもの?20代の平均的な暮らしについて
  5. 最近では年収が20代で少ない為結婚率が低下中
  6. 20代でも結婚できる人は共働きが当たり前に
  7. 結婚の理想年収とは?20代ならどのくらい?
  8. 現代の20代は貯金すら難しいが間違いではない!
  9. 20代で貯金するとしたら目標はいくらがベスト?
  10. 20代のうちに様々な経験がこれからの年収を決める!
  11. 年収に合わせた生活を妥協することも選択肢!
  12. 20代ではお金よりも自己投資にシフトしよう!
  13. 一人暮らしの20代が気をつけるポイントとは?
  14. 20代の実家暮らしはチャンス!
  15. 拝金主義者を脱して自己投資にシフトしよう!

世の中の20代の人の年収などが知りたい!

20代の人の年収など色々気になる部分が多いことでしょう。そんな20代の年収などは最近では、本当に少なくなっています。高度経済成長頃に勤めている年数が長い事が、ステータスとなりそれによって年収も上昇すると言われていました。

しかし現在では退職金を用意するために、日々の給料を下げられています。そういった事実に気づいている、方はかなり少ないでしょう。そういった部分についてご紹介します。

給料と手取りは違う!?年収にどんな関係が?

20代の年収や平均手取りとは?貯金や生活などの詳細その1

まず基本的に年収や手取りという、言葉を聞いた事がある方が多いでしょう。まず年収とは基本的には、ボーナスを除外した月々の給料を一年で計算した時の、合計金額のことを指しています。日本人のほとんどが、この指数を基にしてその人がどういった生活帯で、どういったお金の使い方をしているのかを判断していることでしょう。そんな指数が年収と言われているものなのです。では手取りとは何でしょうか?

手取りとは一般的に給料が配布される予定の金額から、所得税などの源泉徴収を行い、さらには社会保険料やその他の費用を全て引いた金額を、給料として受け取った金額のことです。そういった金額に関してはかなり人によって、大きな差がありますが、日本の平均的な年収は430万円と言われています。これを少ないととるか多いと取るかでは、かなり変わってきますが基準として覚えておきましょう。

20代の人がお金を多く貰える職業とは?

20代の年収や平均手取りとは?貯金や生活などの詳細その2

20代の年齢で就職したのちに、給料が与えられます。その中でも給料が多い職業を選んで就職する方も、多いでしょう。まずは20代のうちに年収とは一体どのくらいを、稼ぐ事ができるのでしょうか?20代の前半から後半の、平均的な年収は296万円となっています。かなり少ないですね。走り回って仕事をしており、それによって通常よりも稼いでいる方も最近では増えていますが、それでも平均以内でしょう。

給料が一番高いとして、有名な職業が金融系でしょう。男の方であれば平均年収400万で女の方であれば、360万程度となっています。年収ベースで見たとしても、平均値よりもはるかに高いのでかなりの高収入という事がわかります。しかし最近では金融系の転職率が3割以上増加しており、ストレスレベルは給料金額を超えているようですね。お金を与えるストレスマネジメントは危険でしょう。

平均的などんなもの?20代の平均的な暮らしについて

20代の年収や平均手取りとは?貯金や生活などの詳細その3

平均的な20代の暮らしとは一体どんなものなのでしょうか?年収が300万ある人でも、様々な税金が引かれてしまうので、会いたい8割と言われています。8割なのでひと月当たり大体、15〜18万円ほどでしょう。そうなってくるとそこまでいい家に住むことはできません。普段の一ヶ月の食費でも、外食が多いと数万円かかります。通信費などを差し引いても、そこまでいい生活はできないでしょう。

自炊などを行う事ができれば、食費などの面を抑える事ができますが、ほとんどの社会人はかなり色々な飲み会などに、参加している事が多いです。他にも昼食などは外で食べたり、コンビニなどで食べる事が多いはずです。そういった部分を加味して、生活帯を考えてもかなりかつかつである事がわかります。趣味などがある方であれば、かなり大変な思いをしながら生活が必要でしょう。

最近では年収が20代で少ない為結婚率が低下中

20代の年収や平均手取りとは?貯金や生活などの詳細その4

最近では独立志向が増えており、かなり若い年齢で成功しようと努力している方が多いです。それと引き換えにして、給料の安定を取っていないという事なので、結婚率が低下していることは必然と言えるでしょう。その夢などに対して、一緒に投資してくれるパートナーなどは本当に少ないので、ほとんどの場合結婚は軌道に乗った時なので、男性で言えば30代くらいになってしまうことでしょう。

さらに生物学的分野でいうと、女性は子供を生む用意を高校生くらいから始めるため、脳内の成熟度がとても高いです。いわば精神年齢というものが大人なのです。しかし男性の場合生物学的に見ても、脳の成熟速度がかなり遅いので、結婚しても浮気をして不倫などを行なっている方が多いのは、自然なことなようです。そういった部分からも、SNSなどで個人の状態を確認できる今は、結婚にも影響しているようです。

20代でも結婚できる人は共働きが当たり前に

20代の年収や平均手取りとは?貯金や生活などの詳細その5

20代でお互いのことを考えて結婚をしている方は、共働きが多いです。ダブルワークなどを行なって、パートで働いている女性も多いはずです。そういった方はなかなか家事をする暇がなく、男性と協力する必要があるのですが、そういった部分ができず離婚することも、よくある事例の一つなのです。ですが20代で結婚している人は、ほとんどが共働き出なくては、家計が成り立たないのです。

専業主婦などを目指している方であれば、旦那の給料に頼らずに自分自身で知識を、マネタイズ化できる仕組みを自分自身で考えて、在宅で時間を有効活用して見ましょう。そうすることによって、家計が潤いながらも余裕が持てるようになるので、安定した関係を構築する事ができます。共働きはお互いの時間帯などに、寛容でなくは難しいので、しっかりと話し合って行うといいでしょう。

結婚の理想年収とは?20代ならどのくらい?

20代の年収や平均手取りとは?貯金や生活などの詳細その6

最近ではマイホームを持つ文化がありません。そういった部分でもそこまで年収は必要ないですが、これから生まれてくる子供の養育費などの麺も加味して考えると、年収は多いに越した事はありません。男性の平均年収は現在では、430万ほどになっているのですがそれでは全く足りない事がわかっています。二人ぶんの生活とこれからの、子どもの分を考えると、最低でも500万は必要でしょう。

結婚に必要な年収について詳しくご紹介していきます。基本的に結婚した後に、車などを購入するためにもローンを組んだりする際は、650万くらいの年収は必要でしょう。子供を一人育てるにも3000万ほどかかると言われているので、そういった部分に関してもしっかりと気をつけておく必要があります。通わせる習い事によってはそれ以上にかかる場合がありますので、やはり年収は高くなくてはいけません。

現代の20代は貯金すら難しいが間違いではない!

20代の年収や平均手取りとは?貯金や生活などの詳細その7

現在の20代では平均的な給料が少なくなっていますが、空前の転職ブームにおいて退職金を用意する事は、企業にとってかなり難しくなっています。そういった部分を加味して考えると、ひと月当たりの給料が少なく設定されているのにも、合点が行く事でしょう。そんな貯金が難しい世の中ですが、決してそれは間違いではありません。自分自身に投資価値を見出してお金を投資する事が大切です。

貯金はもともと国策で、明治時代〜昭和までの金融政策の一環として行われた国策なのです。銀行という場所にお金をあづけてくれる代わりに、年間の利子でその貯金を膨らませて行くという国策の名残で、貯金という習慣だけが残ったのです。現在の貯金はなんの意味もありません。利子もつくこともないので、貯金は無駄です。そういった正しい知識を持って貯金を行う場合はいいですが、ほとんどの方が知らないでしょう。

20代で貯金するとしたら目標はいくらがベスト?

20代の年収や平均手取りとは?貯金や生活などの詳細その8

20代で貯金をして将来の明確な目的に投資したい!と考えている方も多いでしょう。そんな方は一体どのくらいを、貯金金額として掲げたらいいのでしょうか?手取りが15万ほどの方であれば、月に一万〜三万程度が無難でしょう。無理に貯金してしまうと、そのストレスによってお金を使ってしまう事がありますので、自分のもらっている給料を意識して、貯金しましょう。20代で貯金するのであれば、そういった年収の計算が入ります。

20代ではどうしても年収が低いので、そういった貯金といった思考などにはなりにくいです。しかし20代では年収以外のものに、価値を感じる事ができる年齢でもあります。20代のうちから年収などに縛られていると、40代になった時に、価値観的ステータスが乏しすぎて鑑賞などを行なった時に、心が荒んでしまい良いものと悪いものも区別がつかない悲しい大人になってしまいます。20代は年収に縛られず、好きなことをしましょう。

20代のうちに様々な経験がこれからの年収を決める!

20代の年収や平均手取りとは?貯金や生活などの詳細その9

成功している多くの人間が若い頃から、年収などの価値観に縛られることなく20代の頃からフレキシブルに活動しています。20代では年収というものを気にしているのは、現代社会の特徴と言えるでしょう。20代で年収を気にして働いているようでは、天井を決めていることと同じことです。もともと人間の労働力や効率に関しては、現代のテクノロジーを見ても、AIを搭載してるペッパーよりも高性能です。

そんなロボットの値段は120万円を超えていたりするのに、人間の月収や年収は20代でも300万未満ということに疑問を持ちましょう。20代の人のエネルギーや活動量をたった数百万円しか無いと、自分に言いきかせていることと同じことです。20代では年収などに左右されることなく、自分の好きなことを追求することによって、これからの現代に必要な能力が身につきます。そういった部分をしっかりと20代で意識しましょう。

年収に合わせた生活を妥協することも選択肢!

20代の年収や平均手取りとは?貯金や生活などの詳細その10

20代のうちはどうしても体力などもある分、お金を仕事終わりにも使ってしまいます。20代であれば年収を超える働きができるように自分自身で、工夫を凝らしましょう。そうすることによって20代のうちに年収などの価値観を、アップデートすることによって、これからの現代を生き抜く事ができるようになります。20代のうちから年収に固執して、ストレスを感じている生活はこれからどんどんと減っていきます。

20代のうちから年収を気にしなくても良いようになるには、生活スタイルなどもしっかりと考える必要があります。そういった年収以外の面でもとても重要な生活スタイルを、一度見直して見ましょう。自分自身の20代の年収にあっっている生活スタイルになっていますか?多くの人が自分の生活スタイルにかかる金額の無駄を、把握していないからこそ年収に縛られてしまうのです。

20代ではお金よりも自己投資にシフトしよう!

20代の年収や平均手取りとは?貯金や生活などの詳細その11

20代のうちは年収を気にせずに、どんどんと自己投資をしていきましょう。20代のうちから年収以外の価値観を、培っておくことによって、30代などの年齢を重ねた時に大きな差が生まれます。20代から年収を気にしている人は、社会や会社の策略である階級保存装置によって、年収を20代のうちから稼ぐことに、ステータスを感じてしまい本当に自分の好きなものを、見つける事ができなくなってしまいます。

しっかりと自分自身に投資する癖をつけて、20代のうちから良いものを手にとって見たり、美味しいものを口にする事によって、年収を超える事ができます。今は時代の変革点になっています。仮想通貨が流行っており、それによって国の最大の旨味である、通貨発行権を今国は失いかけています。そんな国が定めている20代の年収や貯金の安定性が揺らいできます。そんな時代だからこそ20代の年収ではなく、自己投資にシフトしましょう。

一人暮らしの20代が気をつけるポイントとは?

20代の年収や平均手取りとは?貯金や生活などの詳細その12

一般的な20代の人が気をつける事が今後重要になります。20代の暮らしに関しては、かなり出費がかさんでいる部分が多いです。例えば光熱費に関しても水道やガス代などは、掛かってもしょうがないですがお風呂などの入り方によっても、抑える事ができる部分が多いです。20代では年収などを気にしがちですが、そういった生活の微細な部分を意識しておく事によって、20代の年収に苦しむ事が減るでしょう。

生活スタイルの中でも気をつける点はありますが、まず20代の気をつける点は年収の観念を捨てる事です。年収などの拝金主義はよくありません。明治時代によって国策に美徳化された貯金というものは、かなり危険です。今の世代であれば20代の人は年収に関しては、明治時代に関して残った名残となっています。20代の年収は投資にシフトする事が一番です。そういった習慣を身につけましょう。

20代の実家暮らしはチャンス!

20代の年収や平均手取りとは?貯金や生活などの詳細その13

投資に回して何もしなくても、お金は入っているという仕組みを作り上げる事がとても重要です。20代のうちは年収を気にしてしまうと、20代で年収で縛られてしまっていると、30代になった時にもそういった基準で動いてしまい、全く意味のない年齢の重ね方をしてしまします。そういった20代などの若いうちに、年収などを気にすることは危険ということです。わかっている人は少ないですが、これは今後かなり重要になります。

若い年齢の頃で実家で暮らしながら働いている方も、多いでしょう。そんな方こそ貯金などを行う必要が一切なく、自分自身の自己投資にシフトする事ができます。20代のうちから年収などを意識する事によって、凝り固まってしまう価値観を持っていると、とても危険です。年収だけが正義になった20代の価値観は、一生付き纏ってきます。そういった部分を意識して20代の頃は年収の価値観をアップデートしましょう。

拝金主義者を脱して自己投資にシフトしよう!

年収などの面を初めて意識する年齢でもある20代は、何かと周りの誤った知識などを吸収してしまいがちです。そういった部分を、しっかりと理解することが大切です。

鵜呑みにするのではなく自分自身の年収や20代という、年齢の特徴をしっかりと理解して、最大の武器である若さの20代というステータスを、年収に殺されないようにしましょう!

年収に関する他の記事が気になる方はこちら

Thumbサラリーマンの小遣いの平均は?相場・妥当な金額を年収・年代別に紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb子供3人育てるのに安心できる年収の目安!良かった事や大変な事は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-16 時点

新着一覧