60年代のファッションの特徴11個!レトロで可愛いコーデまとめ

現在のファッションスタイルは、60年代のファッションスタイルの原点だと言われています。60年代のファッションコーデの特徴を知ることで、現代のファッションコーデのアレンジをしていきましょう。60年代のファッションはレトロで可愛いコーデになっていました。

60年代のファッションの特徴11個!レトロで可愛いコーデまとめ

目次

  1. レトロで可愛い60年代ファッションとは?
  2. 60年代ファッションの特徴をご紹介!
  3. 60年代コーデにおすすめのブランドをご紹介!
  4. 60年代ファッションを着こなした有名人といえば?
  5. 60年代ファッションを知るのにおすすめの映画は?
  6. 60年代ファッションはおしゃれ!コーデに取り入れよう

レトロで可愛い60年代ファッションとは?

60年代は好景気!日本でファッションの革命が起きた

1960年代という時代は日本が、色々なものに急成長した年でした。例えば、経済はもちろんのことカラーテレビが本格的に放送されたり、アジアで初の東京オリンピックが開催された年でもあります。

そして、今までは女性はなかなか社会進出が出来ない時代でしたが、女性も社会進出することができるようになりました。したがって、60年代も革命が起き、今までにない色使いや個性的なファッションスタイルが流行していきました。

60年代ファッションは色柄が派手なのが特徴

では、一体60年代のファッションスタイルというのはどういうものなのでしょうか?60年代のファッションの特徴は、基本的に派手なものになっています。派手な色や派手な柄、そして派手なデザイン、とにかく個性が目立つ60年代のファッションスタイルです。

では、60年代ファッションは全てを派手にすればいいのかと思いがちですが、ただ派手にすれば良いのではなく、60年代に活躍された革新的デザインナーと呼ばれる方々が生み出していきました。それに当時の若者は心を惹かれ、60年代のファッションは流行していったと言われています。また、その60年代ファッションは、現代のファッションスタイルの原点だと言われいます。

60年代ファッションの特徴をご紹介!

60年代のファッションスタイルというのはどういうスタイルだったのか紹介していきます。60年代のファッションの特徴を11選を見ていきましょう。60年代のファッションスタイルは、現在のファッションスタイルに通じるものがありました。

特徴①スカートの丈が短くなっていった

一つ目の特徴は、スカートの丈が短くなっていったという事です。その60年代のファッションアイテムは、足を思いっきり出した可愛いミニスカートです。ミニスカートが流行する60年代前は、足を隠すのが主流とされていました。

60年代前のファッションは、足を隠すことで、とても美しいと言われていました。60年代にツィギーがミニスカートを履いたという事で話題を呼び、日本中の若者がミニスカートやミニワンピースなどを着るようになりました。60年代のミニスカートなどは、色やデザインがとても多く華やかな印象があるものばかりです。その理由には、60年代の好景気が原因かと言われています。

また、今より60年代のミニスカートは、スカートの丈がもっと短かったともいいます。現代でも、ミニスカートやミニワンピースなどは若者を中心に着られており大人気です。60年代に流行ったミニスカートやミニワンピースは、世代を超えて現代も受け継がれていました。

特徴②女性がパンツスタイルに!

二つ目の特徴は、女性もパンツファッションが増えたということです。60年代前までは、パンツは男性が履くものと言われ続けており、女性はパンツを履いていませんでした。しかし、60年代に入るとクレージュがパンタロンと呼ばれるドレス要素が多いパンツを発表し、60年代の女性もパンツを履くファッションが増えました。

ドレス要素が強いためなかなか普段にパンツを履くことができませんでしたが、イヴ・サンローランが普段でも気軽に履くことができるシティ・パンツを発表しました。その事で、どんどん60年代の女性はパンツを履いていき当時の流行アイテムになりました。では、一体パンタロンというのは、どういうパンツなのでしょうか?パンタロンは、裾に行くに従って広がっているズボンです。

また、パンタロンという意味は、フランス語でズボン類と言います。大胆なデザインが当時の60年代ファッションに流行しました。現代でもパンタロンという言葉はなかなか使いませんが、裾が広がっているズボンは見受けられます。また、切りっぱなしデニムなど流行していますが、それは60年代ファッションのパンタロンから来ているとも言われています。

特徴③上品かつセクシーなシースルー

三つ目の特徴は、上品かつ女性の色気を出すことができるシースルーです。60年代のファッションでシースルーは、イブニングドレスなどで着ることが多かったそうです。また、60年代のシースルーの透ける洋服は新鮮で世界に衝撃を与えました。そして、そのシースルーは今でも若者から人気をいるアイテムです。

シースルーの中にインナーやタンクトップなどを着たりして、ファッションを楽しんでいます。シースルーは、春夏ものとして、多く世に出回っています。デニムパンツにシースルーのトップを着こなすとカジュアルさの中に女性らしさが出ている魅力的なファッションスタイルです。シースルーの中に着ているインナーがアクセントになっています。

特徴④紐を使用したサファリ・ルック

四つめの特徴は、紐を利用したサファリ・ルックです。60年代のファッションのサファリ・ルックというものは、狩猟のユニフォームをアレンジした女性向けのファッションスタイルです。60年代のファッションは画像を見ても分かるように、今にも狩りに行きそうでかっこいいですが、とても可愛いコーデです。

また、このファッションスタイルは今年の夏のトレンドにもなると噂されています。60年代のファッションスタイルは、時代を巡りまたやってくると言いますが、まさにこのことです。60年代のサファリ・ルックのファッションスタイルのポイントは、紐を使いベルトのように腰のシルエットを出していました。

紐を利用する事で、サファリ感が出て、なおかつスタイル良く見せる効果があります。現在では、アレンジされておりウエストでリボンを作るなど可愛らしさを演出し、ウエストを引き締めて足長効果も忘れていません。

特徴⑤みゆき族の象徴アイビー・ルック

五つ目の特徴は、みゆき族として60年代に流行したアイビールックファッションスタイルです。アイビーというのは、50年代から68年代にアメリカの男子フットボール連盟であるアイビーリーグのファッションスタイルからきています。ジャケットにチノパンと言ったしっかりとした着こなしをする60年代のファッションスタイルです。

60年代当時、アイビーリーグの出身のアメリカ人の通訳していた日本の石津謙介が、日本で流行らせたと言われています。そして、日本でアイビールックファッションが浸透してきて、アイビールックファッションをして銀座のみゆき通りにある若者をみゆき族と呼ばれる様になりました。

60年代に流行したアイビールックファッションは、70年代に突入するにつれて、女性もアイビールックファッションを楽しむことができました。今でもきっちりとした格好は、この時期から流れてきているということがわかります。清潔感もあり、60年代のファッションスタイルとは思えない可愛さがアイビールックにありました。

特徴⑥自由なモッズ・ルック

六つ目の特徴は、モッズ・ルックと呼ばれる60年代のファッションコーデです。モッズ・ルックというのは、60年代にイギリスで流行したモッズ文化からきています。60年代には、自由なファッションや音楽といった娯楽を楽しむことができるようになりました。そのモッズ文化の人たちが着ていたファッションスタイルが日本でも流行していきました。

60年代のファッションのモッズコートがとても流行になりました。モッズコートという洋服は、アメリカ軍隊の防寒コートである「M-51」のことを言います。モッズコートは、60年代のファッションスタイルでは男性のファッションアイテムとされていましたが、現代になるにつれて女性のアイテムにもなりました。モッズコートは、大きめのサイズを着こなすと可愛いです。

特徴⑦自然体でいられるヒッピー

七つ目の特徴は、60年代のヒッピーファッションコーデです。ヒッピーというのは、平和と愛を尊重し自然体で生きられるスローライフスタイルのことを言います。60年代には、そう言ったスローライフスタイルが重視されるようになった時代でした。

現在でも、そのスローライフスタイルは生きておりヒッピーファッションをしている人もいます。では、ヒッピーファッションというのは、どんなファッションコーデなのでしょうか?ヒッピーファッションというのは、ボヘミアンファッションコーデのことを言います。画像を見てもふんわり感があり、可愛いです。

ボヘミアンファッションコーデというのは、60年代の特徴的な華やかな色使いをしたコーデで刺繍の入った洋服やヘアバンドなどを着こなしています。現在でもボヘミアンファッションスタイルをした若者がいます。特に夏のファッションスタイルなどにおすすめと言われています。

特徴⑧レトロハットは種類が豊富

八つ目の特徴は、レトロなハットの種類が多いという事です。60年代のファッションスタイルに多く用いられた小物は、レトロなハットでした。そのために、60年代のレトロなハットは種類が多く、柄やデザインが可愛いものが多いです。

ファッションコーデが急激に増えた60年代は、小物にも気を使うようになりファッションコーデに合わせてレトロなハットもとても多く増えたと言われています。60年代の特徴的なレトロハットの中でもつば広ハットというものがあります。

60年代から流行したつば広ハットというとものは、キャペリン風といいかぶるだけで、エレガントさを演出することができます。また、つばがとても広いので個性的なファッションスタイルになり、おすすめです。現在でもこのような大きいつばのハットをかぶることがあります。

また、最近でも話題になっているのが真知子巻きです。真知子巻きというのは、50年代から60年代にかけて流行ったヘアアレンジのことを言い大人可愛いコーデやカジュアルなファッションコーデにぴったりです。真知子巻きは、華やかなスカーフを頭に巻くことで、ファッションコーデにアクセントをつけることができます。

特徴⑨60年代と言えばシャネルバッグ

九つつ目の特徴は、高級ブランドのシャネルのバッグです。60年代の代表的なブランドと言ったらシャネルです。60年代の多くの女性からシャネルは、大流行し憧れのブランドでもありました。

シャネルのバッグでも世界中に流行したシャネルクラシックフラップバッグというものです。このバッグは、肩から掛けられるタイプのバッグで、シンプルですがシャネルのロゴマークが主張しています。

シャネルのバッグでハンドバッグも人気になりました。肩から掛けられるタイプではなく出て持つタイプのバッグです。レトロな雰囲気が出て、現在の若者にもハンドバッグを持つ習慣があります。60年代のバッグは、華やかなものを使用することが多かったです。現在は、派手なバックやシンプルなバッグをファッションスタイルに合わせてコーデをしています。

特徴⑩レトロファッションに欠かせない小物

十つ目の特徴は、レトロな小物です。60年代のファッションスタイルには、レトロな小物を使用することが欠かせませんでした。レトロな小物を使うことで、よりおしゃれさを感じるファッションスタイルをしていたそうです。

グローブの中でもロングタイプのものが60年代ファッションの定番アイテムとなりました。ロングタイプのグローブ特にレトロな小物で人気だったのが、グローブです。グローブを身につけると、女性らしいエレガントなファッションコーデになり可愛いです。

60年代のグローブの種類も多く、ファッションコーデに合わせてファッションを楽しんでいたそうです。現在でもグローブを使用している方はいらっしゃい、おしゃれに現代風にアレンジされています。

そして、もう一つのレトロな小物は、カラフルタイツです。その名もカラフルなタイツのことを言い、60年代流行していたミニスカートに合わせることができるようにカラフルなタイツも流行していきました。

現在のタイツは、シンプルで個性的なファッションする時にだけカラフルなタイツを使用することが多かったですが、60年代の華やかなファッションコーデには、カラフルタイツがぴったりでした。

特徴⑪大人気歌手・ビートルズファッション

・グループ名:ザ・ビートルズ
・結成日:1957年〜1996年
・グループメンバー:ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター
・主な活動:ロック、バンド
・所属事務所:ユニバーサル・ミュージック
・所属レコード事務所:アップル・コア

最後の特徴は、大人気歌手・ビートルズのファッションコーデです。60年代のファッションには欠かせないファッションスタイルで、当時伝説とも言われていたビートルズのファッションが日本でも止まらず、世界的に大流行しました。ビートルズのファッションスタイルというのは、まさにビートルズが着ているファッションコーデをそのまま真似することです。

60年代の人は、ビートルズの来日によってビートルズのファッションを真似して、マッシュルームカットにモータウン風のスーツなどを着こなす人が多かったそうです。現在でもビートルズは、世界中に愛されているロックバンドで、ビートルズがわかるデザインがプリントされたTシャツなど着てる人を見かけることが多いです。

60年代コーデにおすすめのブランドをご紹介!

ここまで、60年代のファッションの特徴を紹介していきました。次に60年代コーデにおすすめのブランドをご紹介していきます。60年代のファッションするには、どのブランドのお洋服を買えばいいのでしょうか?

ブランド①Christian Louboutin

まず一つ目のブランドは、「Christian Louboutin(クリスチャンルブタン)」です。クリスチャンルブタンと言ったら、ソールが赤い靴が特徴のハイブランド靴屋です。女性らしい華やかな色を使いながらも上品な仕上がりのヒールが多いです。

現在でもクリスチャンルブタンは、ハイブランドととして女性が憧れる靴ですが、60年代も女性から大人気のブランドです。ソールが赤い「レッドソール」は、当時からも大人気でソールが赤になっていることで、歩くとソールの赤がチラッと見えてお洒落な靴です。

ブランド②MARY QUANT

次に紹介するブランドは、「MARY QUANT(マリークヮント)」です。マリークヮントの特徴的な大ぶりの花が可愛く、現在もプチプラとして女性に人気を得ています。また、現在も若者を中心に流行しているブランド・マリークヮントですが、主に小物や化粧品が多いです。60年代の女性にも大ぶりな花柄が可愛いと人気を集めていたそうです。

ブランド③COURREGES

最後に紹介するブランドは、「COURREGES(クレージュ)」というものです。クレージュは60年代にミニスカートを発表し、世界中にミニスカートを流行させました。現在のファッションスタイルにも多いミニスカートは、ここからきているという事が分かります。何気に着ているミニスカートがクレージュから来ているとは、驚きを隠せないことです。

ミニスカートは、とても人気になりましたが、その後コピー疑惑などで大失態をしてしまいファッション業界から名を馳せていました。現在では、残念ながら日本からクレージュは撤退をしています。

60年代ファッションを着こなした有名人といえば?

60年代のファッションを着こなした有名人を紹介していきます。主に海外のモデルが60年代のファッションをおしゃれに着こなしており、60年代の日本の人は真似していたとも言われています。

①オードリー・ヘプバーン

・愛称:オードリー・ヘプバーン
・本名:オードリー・キャスリーン・ラストン
・生年月日:1929年5月4日
・現在年齢:63歳没
・出身地:ベルギー・ブリュッセル・イクセル
・血液型:???
・身長:170cm
・体重:???
・活動内容:女優
・所属グループ:???
・事務所:???
・家族構成:メル・ファーラー(元旦那)、アンドレア・ドッティ(元旦那)

60年代ファッションを着こなしていた1人目の有名人は、伝説的存在のスーパー女優モデル・オードリー・ヘプバーンです。一度は名を聞いたことがあるだろうオードリー・ヘプバーンは、「ローマの休日」で名を馳せた有名人です。

60年代当時、オードリー・ヘプバーンは自分の体型にコンプレックスを持っていましたが、ファッションコーデでグラマラスな体型をカバーさせるファッションコーデを着こなし、世の女性に共感を集めました。体型にコンプレックスを抱えている女性に勇気を与えた人物としてもオードリー・ヘプバーンは有名です。

②ツィッギー

・愛称:ツィッギー
・本名:ツィッギー・ローソン
・生年月日:1949年9月19日
・現在年齢:68歳
・出身地:イギリス
・血液型:???
・身長:168cm
・体重:???
・活動内容:女優、歌手、モデル
・所属グループ:???
・事務所:???
・家族構成:???

60年代ファッションを着こなしていた2人目の有名人は、ツィッギーという元祖スーパーモデルです。ツィッギーは、ミニスカートを履いたとして話題になりました。ツィッギーの着るミニスカートは、カラータイツやモッズルックを着こなしてファッションリーダーを務めていました。

そもそもツィッギーは、身長が165cmで体重は41kgの細身の体型をしており、コンプレックスに感じていたそうです。そこでミニスカートと出会い、ミニスカートを履いて披露したところ若者が食いつくようにツィッギーを憧れ始めました。それによりコンプレックスも解消したそうです。

③ブリジット・バルドー

・愛称:???
・本名:Brigitte Anne-Marie Bardot
・生年月日:1934年9月28日
・現在年齢:83歳
・出身地:フランス・パリ
・血液型:???
・身長:168cm
・体重:???
・活動内容:女優、歌手、モデル
・所属グループ:???
・事務所:???
・家族構成:ロジェ・ヴァディム(元旦那)、ジャック・シャリエ(元旦那)、ギュンター・ザックス(元旦那)、Bernard d'Ormale(旦那)

最後に60年代ファッションを着こなしていた有名人は、ブリジット・バルドーです。ブリジット・バルドーは、フランスのセクシーなシンボルとも言われた人です。60年代当時、マリリン・モンローと一緒に並んで人気を集めていました。ブリジット・バルドーのファッションコーデはカジュアルな服装が多く、それまでの華やかな私生活をしているイメージが変わったそうです。

60年代ファッションを知るのにおすすめの映画は?

おすすめ映画①イエロー・サブマリン

一つ目のおすすめの映画は、1969年に公開された「イエロー・サブマリン」です。この映画は、ビートルズが主人公になっているアートアニメ映画です。アニメらしい可愛いレトロな映像が魅力的です。

そして、劇中ではビートルズの曲を使っており、ビートルズファンにはたまらない映画となっています。とても可愛い映画なので、子供から大人まで楽しむことができます。劇中のビートルズのファッションも60年代当時、多くの人が真似したと言います。

おすすめ映画②シェルブールの雨傘

二つ目のおすすめの映画は、1964年に公開されたフランス映画「シェルブールの雨傘」です。ミュージカル長の映画でフランスの良さが詰め込まれている映画となっています。カラフルな雨傘が吊るしているシーンはこの物語を語っているといっても良いぐらい美しいです。ファッションにおいても真似したくなるようなカラフルな60年代のファッションスタイルが目白押しです。

おすすめ映画③甘い生活

最後に紹介するおすすめの映画は、1960年代に公開されたイタリア映画「甘い生活」です。ありとあらゆるドレスが劇中で写されている映画です。女性も憧れるようなドレスが見ごたえ抜群です。また、57年のドレスがきっかけでこの映画は公開されたとまで言われています。

60年代ファッションはおしゃれ!コーデに取り入れよう

60年代に流行していたファッションについて紹介していきました。60年代のファッションは、現代のファッションスタイルに似ており、真似がしやすいというのが特徴でもありました。また、60年代のファッションスタイルは、レトロ感溢れており可愛いです。可愛い60年代のファッションを学んで、現代のファッションスタイルを楽しんでみるのもありです。

さらに読みたいファッションに関する記事はこちら!

Thumb春コーデのおすすめ大学生編!おしゃれが楽しくなるファッションを紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb30代のファッション特集!注目のレディースブランドや大人可愛いコーデ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb50代女性におすすめのファッション特集!若く見えるコーディネートは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-16 時点

新着一覧