シフォンケーキのラッピング方法!簡単でおしゃれなアイデアを紹介

ふわふわとしたシフォンケーキは女性だけでなく男性にもファンが多いケーキです。そのため、プレゼント用にシフォンケーキを手作りする人もいます。シフォンケーキはデコレーションすることがほとんどないのでそのままラッピングしてもいいのですが、あまりにふわふわなので気を付けないとせっかくのシフォンケーキを潰してしまうことがあります。そこで今回は、シフォンケーキのラッピング方法やラッピングのアイデアを色々と紹介します。

シフォンケーキのラッピング方法!簡単でおしゃれなアイデアを紹介

目次

  1. ラッピングに悩むシフォンケーキ
  2. ラッピングの前にシフォンケーキをきれいに切り分る方法
  3. シフォンケーキの基本的なラッピング方法
  4. リボンで表情を変えるシフォンケーキラッピング
  5. ラッピングバッグでシフォンケーキをプレゼント
  6. クリップシーラーでシフォンケーキをラッピング
  7. お店に並べるようなシフォンケーキのラッピング
  8. シフォンケーキを小さく焼いてラッピング
  9. 小袋を使ったシフォンケーキのラッピング
  10. ボリューム満点なシフォンケーキラッピング
  11. デコレーションしたシフォンケーキのラッピング
  12. プレーンシフォンケーキの作り方
  13. ラッピングしてプレゼントしたくなるシフォンケーキの作り方
  14. ラッピングの注意点
  15. 美味しいシフォンケーキをラッピングで演出しよう!

ラッピングに悩むシフォンケーキ

洋服にも、薄くて柔らかな肌さわりの「シフォン」がありますが、シフォンケーキも口にいれた瞬間幸せな気持ちになるほどふわふわとしています。専門店で買ったり、カフェで食べたりすることもありますが、シフォンケーキを手作りする人もたくさんいます。

おやつ用として焼くだけでなく、誰かにプレゼントするためや、お土産に持って行くためにシフォンケーキを焼くこともあります。ですが、ここで悩むのがラッピングではないでしょうか。せっかく作ったシフォンケーキなら、ラッピングにもこだわりたくなります。そこでこのまとめではシフォンケーキのラッピングを色々と紹介します。

シフォンケーキの型に穴が開いている理由

シフォンケーキの型は、中央に煙突のようなものが付いています。そのため、ドーナツのように穴の開いた形に焼き上がるのですが、シフォンケーキの型は、他の型と比べると背が高く、スポンジケーキのような型では中まで均一に焼くことができません。

さらに、穴のおかげで焼けて膨らんだ生地を支えることができます。また、シフォンケーキを焼くとき、他のケーキのようにオイルを塗ったりクッキングシートを敷いたりしないのは、焼けた生地を型にへばりつかせて焼き縮みをさせないためです。

ラッピングの前にシフォンケーキをきれいに切り分る方法

焼けたシフォンケーキをまるごとプレゼントするなら、そのまま箱に入れたり大きな袋に入れたりなど、簡単にラッピングする方法でも構いませんが、切り分けてプレゼントするときに悩むことがあります。分割が得意な人なら問題ありませんが、同じ大きさに切り分けるのが苦手な人もいるでしょう。

そんなときに便利なのが「分割器」と呼ばれる道具です。デバイダーともいい、シフォンケーキなど円形のケーキに筋を付けるように軽く押し当てれば、あとはナイフで簡単に切り分けることができます。切り分けられる個数は分割器によって違い、10カットできるように筋が入れられるものや、ひとつで2パターンにカットできる筋が入れられるものもあります。

また、スマホのアプリを利用してシフォンケーキをカットする方法もあります。Androidアプリに「ケーキカット」という便利なアプリがあり、起動させるとカメラ機能が起動してガイドラインが出てきます。後はカットしたいケーキにそのラインを合わせてカットするだけです。矢印ボタンで切りたい個数が決められ、奇数の切り分けも簡単にできます。

シフォンケーキの基本的なラッピング方法

それではさっそくシフォンケーキのラッピング方法を紹介します。まずはホールのシフォンケーキをラッピングする基本的な方法です。焼き上がったシフォンケーキをそのままシフォンケーキ専用の袋に入れて口を閉じます。口はくしゃっとまとめるだけな簡単なまとめ方でもいいですが、左右からジャバラ折りになるように中央に向かってまとめるときれいです。

口を閉じたら、ラフィアのような天然素材の紐でリボン結びにしたり、レースのリボンでかわいく結んだりしましょう。先に輪ゴムで閉じてから紐やリボンを結ぶと結びやすくなります。紙製の型のままでもいいですが、おしゃれなラッピングペーパーを利用して包み、袋に入れる方法もおすすめです。

リボンで表情を変えるシフォンケーキラッピング

先ほどは、袋の底にシフォンケーキの底を付けるようにいれましたが、こちらの方法は、横にスライドさせるようにシフォンケーキを入れ、麻紐で十字に縛り、リボン結びとシールでおしゃれにラッピングしています。麻紐の代わりにカラフルなラフィアに変えるのも素敵です。

同じラッピングでも落ち着いた雰囲気のリボンに変えるだけで、手作りシフォンケーキも高級感を演出することができます。男性へプレゼントするなら、こんな風にラッピングすれば喜んでもらえそうです。さらに、シフォンケーキの台になるお皿などをリボンの色に合わせると、より素敵です。

ラッピングバッグでシフォンケーキをプレゼント

ラッピングバッグもシフォンケーキのラッピングにとても便利です。100均には、長くなっている持ち手部分を結ぶだけで、こんなかわいいウサギのラッピングが簡単にできるラッピングバッグもあります。他にもおしゃれなデザインのラッピングバッグがありますので、ラッピングが苦手な人におすすめです。

さらに、かわいいタグを付けるだけでもおしゃれなラッピングに変身します。消しゴムハンコで作ったり、メッセージが印刷できるリボンもあり、そういったグッズを利用してオリジナルなタグを作ることもできます。

クリップシーラーでシフォンケーキをラッピング

食べきれないお菓子や乾物類の袋を閉じたり、お菓子をプレゼントしたりするときとても便利なグッズがあります。ビニール袋などを熱で溶着させるもので、シーラーと呼ばれるものです。100均でもホッチキスのような形で、閉じたい袋の端から端まで、シーラーで挟みながらスライドさせるだけで簡単に口が閉じられるものがあります。

ですが、真っすぐスライドできなかったり、うまくシーリングできないこともあるため、シフォンケーキをプレゼントするなら動画で紹介しているクリップシーラーがおすすめです。袋の口をまとめて挟むことができ、アッという間に閉じる事ができます。あとはワックスペーパーやレースペーパーなどでデコレーションすれば、おしゃれなラッピングが完成します。

お店に並べるようなシフォンケーキのラッピング

OPPシートは、パリっとした透明のフィルムで、お弁当の上に乗っていたり、ケーキの周りに巻いてあったり、花束のラッピングに使われたりしています。カットしたシフォンケーキのラッピングにピッタリな方法ですので、動画を参考にしてぜひ覚えたいラッピング方法です。

OPPシートでラッピングするだけでは物足りなければ、マスキングテープにメッセージを書いて貼ったり、かわいいリボンを巻くアイデアもおすすめです。マスキングテープは、おしゃれなデザインやかわいいデザインのものが市販されていますが、自分で作ることもできます。

この動画はオリジナルのマスキングテープの作り方を紹介したもので、作り方だけでなく、できあがったマスキングテープの活用法のアイデアも見る事ができます。また、ブラックのマスキングテープに白のマジックで模様や文字を書けば、黒板風でおしゃれなテープに代わり、貼ったり巻き付けたりするだけで簡単にラッピングが完成します。

シフォンケーキを小さく焼いてラッピング

シフォンケーキは基本的に大きな型で焼かないと、あのふわふわ感を出す事が難しいといわれていますが、紙コップくらいの小さな型なら、大きなシフォンケーキと同じように焼き上げることができるそうです。紙コップなら、切り分ける必要もなく、必要な個数を焼けばラッピングも簡単にでき、型崩れの心配もありません。

白い紙コップにメッセージを書いたり、シールを貼ったりするアイデアや、かわいい袋に入れたり、画像のような透明な袋に紐で持ち手を付けるアイデアを利用すれば、バッグのように持ち歩くこともできるので、ちょっとしたお土産に利用することもできます。

小袋を使ったシフォンケーキのラッピング

シフォンケーキのカットは、上の画像の左のような形が多いですが、右側のようにひと口サイズにカットする方法もおすすめです。味の違うシフォンケーキをプレゼントする場合、右のカット方法ならまとめてパッキングすることができます。また、これならビニールタイで口を閉じるだけでも十分に可愛く、気軽にプレゼントするときにもピッタリです。

クラフト紙とフィルムでできた小袋なら、シフォンケーキを見せつつラッピングも簡単で、たくさん配りたいときにおすすめです。簡単なメッセージが書けるシンプルなシールを貼るアイデアを使えば、相手の名前を書いたり、お礼の言葉を書いたりすることもできます。

テトラ型のラッピングもおしゃれでかわいいと人気です。作り方は色々ありますが、一番簡単な作り方は、正方形の袋にプレゼントしたいものを入れたら、底部分に対して十字になるように口を閉じるだけです。リボンやマスキングテープでアレンジするアイデアや、ワックスペーパーで手作りすれば好きなサイズのテトラ型ラッピングができます。

ボリューム満点なシフォンケーキラッピング

学校や職場など、たくさんの人に配るためにシフォンケーキをカットしてラッピングすることもありますが、ホームパーティーなど人が集まる場所へ持って行くときも、カットしたシフォンケーキはとても喜ばれます。ボックスにカットしたケーキを並べるだけでもいいのですが、ラッピングしたシフォンケーキを元の形になるように並べ直すと、ボリュームが出てより華やかさも出せます。

OPPシートできれいにラッピングすれば、並べてもしっかりと立ち上がりますが、よりしっかりとさせたいなら、厚紙でケーキを挟むようにしてからラッピングしましょう。さらにぐるりとリボンでまとめ、端をシールで止めるだけでも十分おしゃれです。

太めのリボンでまとめて結ぶのもいいですね。特に箱も必要なく、崩れる心配もないので大きな袋に入れて持ち運ぶことができ、持っていった先で食べるもよし、食べきれなければお土産として持って帰ってもらうこともできます。

デコレーションしたシフォンケーキのラッピング

シンプルなおいしさが魅力のシフォンケーキですが、お誕生日やお祝いのときはちょっと寂しいですよね。そんなときは、生クリームや果物でデコレーションケーキのようにしたくなります。生クリームなどでデコレーションしたシフォンケーキは、サイズの合う箱に入れるのが一番最適なラッピングです。

ケーキの箱は自分で見つけるのは難しいこともありますので、ケーキ店や製菓材料店などで相談しましょう。ほどよい箱が手に入ったら、デコレーションしたシフォンケーキを入れ、蓋にシールやワックスペーパーなどでおしゃれに飾るのもいいですが、風呂敷で包んでみませんか?

風呂敷は、包み方のアイデアが豊富なだけでなく、バッグにしたりスカーフ替わりにしたりと幅広い用途があり、シフォンケーキと一緒にプレゼントすることもできるのでおすすめです。風呂敷はデザインもカラーも豊富で、とても素敵です。相手の好みを考えて選べばさらに喜んでもらえます。

プレーンシフォンケーキの作り方

シフォンケーキのラッピングを知るだけでなく、せっかくプレゼントするなら最高に美味しいシフォンケーキを作ってみませんか?プレーンシフォンはそのまま食べても美味しいですが、生クリームを添えて一緒に食べると最高に幸せな気持ちになれます。

お菓子研究家の方が、シフォンケーキに使う道具や材料の説明や、なぜこうするのかなど、わかりやすく解説しながら作り方を教えてくれる動画です。今までうまく作れなかった人でも失敗しにくい作り方なので、気になる方はぜひ視聴して、美味しいシフォンケーキを作って下さい。

ラッピングのプロ技

テトラ型のラッピング方法ですが、これなら大きなシフォンケーキも形を崩さずラッピングできそうです。口を結んだ紐が最後は持ち手にもなるように仕上げる方法は、思わず「へぇ~」と声を上げてしまうほどおしゃれです。

Thumb簡単シフォンケーキレシピ!ふわふわに出来る失敗しない作り方って? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ラッピングしてプレゼントしたくなるシフォンケーキの作り方

三毛猫をイメージしたシフォンケーキの作り方を紹介した動画です。こんな可愛いシフォンケーキなら、カットせずにそのままホールごとラッピングしてプレゼントしたくなります。シフォンケーキのサイズよりも一回り程度大きなお皿に、レースペーパーを敷き、お皿ごとラッピングするアイデアなら、持ち運ぶときに型崩れの心配もなさそうです。

「ケーキ台紙」といった専用の台紙もありますが、紙皿を何枚か重ねればラッピングの途中でぐにゃっとすることはありません。また、シンプルでおしゃれなお皿が100均で手に入ることもあります。紙皿で不安な場合は、プレゼントしても惜しくないお皿を選んでラッピングに使いましょう。

Thumbシフォンケーキのレシピ集!炊飯器で簡単に作る方法から、本格レシピまで♪ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ラッピングの注意点

直接口に入れるものをラッピングしますので、直にラッピング材がシフォンケーキにあたることを気にする人もいます。お菓子を入れるために販売されている袋にも「食品は梱包したものを入れてください」といった注意書きがある商品もあります。

気の置けない人へのプレゼントでもシフォンケーキが直接あたりそうなところはクッキングシートやラップなどで直接触れないように配慮することで、より美味しくシフォンケーキを食べてもらえるでしょう。

美味しいシフォンケーキをラッピングで演出しよう!

ふわふわのシフォンケーキは、一口食べるとやさしい気持ちになれるケーキです。専門店があるほど人気があり、好きな人はホールごと食べてしまうほどです。かさが高くボリュームもあるので、シンプルだけどプレゼントにもピッタリです。

もし、誰かにシフォンケーキをプレゼントしたいと考えているなら、紹介したラッピング方法やアイデアを利用してみませんか?一度やってみればあなたなりのアイデアも浮かぶかもしれません。ぜひ、ステキなラッピングでシフォンケーキをプレゼントしてみんなを喜ばせてください。

お菓子のラッピング方法に関する記事はこちら

Thumbパウンドケーキのおしゃれラッピング!小分け・丸ごとのかわいいやり方は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbマフィンのラッピング方法は?おしゃれでかわいいやり方のまとめ! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-26 時点

新着一覧