カラオケの機種どれがおすすめ?違いや採点の特徴を知って高得点を出そう

皆さんはカラオケに行ったときにどの機種を使用されるでしょうか。現在カラオケで使用されている機種はDAMとJOYSOUNDの2つに分かれています。機種はどれにしますか?と店員さんにも聞かれますが、どういった違いがあるのでしょうか。採点の方法など特徴を事前に知っておきたいですよね。こちらでは、カラオケ機種の違いや採点方法などを比較し、おすすめはどちらなのかをまとめました。

カラオケの機種どれがおすすめ?違いや採点の特徴を知って高得点を出そう

目次

  1. カラオケの機種のおすすめはどれ?
  2. カラオケの機種はDAMとJOYSOUNDの2強!
  3. DAMとJOYSOUNDの比較!機種の違いはどこ?
  4. カラオケの配信楽曲数はJOYSOUNDの機種が圧倒的!
  5. 本人映像の比較!どちらのカラオケ機種が多い?
  6. 機種ごとのアニメ映像やボーカロイド曲数比較!
  7. 採点方法などカラオケのコンテンツが面白いのは?
  8. 採点機能の特徴紹介!カラオケで採点させるならどっちの機種か?
  9. DAMの方がカラオケ採点が厳しい?テレビでも使われている!
  10. カラオケで最も重要?機種ごとの音質の細かい違いを知ろう!
  11. 『DAMとも』か『うたスキ』カラオケのコミュニティサイトはどっち?
  12. 皆はカラオケでどっちの機種を使っているのか
  13. 両機種とも選ばないという意見の人はどう思っている?
  14. 一般的におすすめのカラオケの機種は?
  15. まとめ:カラオケの機種は映像数や曲数など好み次第!

カラオケの機種のおすすめはどれ?

皆さんはカラオケ店に行かれたときに、どの機種を使用されるでしょうか。入店するときにカラオケの店員さんから「どの機種を使用しますか」と聞かれたことがあるかと思いますが、機種にどんな違いがあるのだろうかと考えられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

別段カラオケで歌が歌えるのであれば、どんな機種でも別に気にはしないという方ももちろんいらっしゃることでしょう。しかし歌の採点などをするのであれば、どんな基準で採点をしているかなどを知っておいて損はありません。

カラオケで使用する機種の違いやそれぞれの特徴、おすすめはどちらなのかや採点方法がどうなっているかなどカラオケが好きな人が知っていると得する情報についてまとめてみました。

カラオケの機種はDAMとJOYSOUNDの2強!

では最初に、カラオケで使用することができる機種はどんなものかということについてご紹介していきます。業務用のカラオケ機器を製造しているのは、DAMの制作元である第一興商とJOYSOUNDを製作しているエクシングの2社になります。

そしてこの2社の最新機種は、第一興商が「LIVE DAM STADIUM STAGE」と、エクシングの「JOYSOUND MAX2」です。つまりカラオケで使用できる機種はDAMとJOYSOUNDの2機種であるということになります。このまとめでは2つの機種の違いなどを詳しく紹介していきます。

実はどちらの機種とも音質や画質は非常に高品質なものとなっていて、世間で人気を集めているメジャーな曲を普通に歌ったりするうえで、そこまで大きな違いがあるというわけではないのです。ただし、開発している会社が違うので細かい特徴の違いはあるものなのです。

DAMとJOYSOUNDの比較!機種の違いはどこ?

では、そんなDAMとJOYSOUNDの比較をしていきましょう。比較する点は、配信楽曲数、つまり歌うことのできる曲の数や本人映像数、歌う際の採点機能やランキング採点の形式です。まず配信楽曲数ですが、DAMが20万曲以上、JOYSOUNDは27.7万曲となっています。

本人映像数に関してはLIVE DAMが8141曲、JOYSOUNDは7144曲で、採点機能はDAMが精密採点DX-G、JOYSOUNDは分析採点マスターという方式になっています。最後にランキング採点、つまり全国で同じ楽曲の点数を競ってランキングを決定する方式については、DAMがランキングバトル、JOYSOUNDは全国採点グランプリというものになっています。

カラオケの配信楽曲数はJOYSOUNDの機種が圧倒的!

では上記のカラオケの機種の違いを詳しく見ていきましょう。まず配信楽曲数についてですが、DAMは20万曲以上、JOYSOUNDは27.7万曲となっており、曲数は圧倒的にJOYSOUNDの方が多いということがお分かりいただけるでしょう。

JOYSOUNDはメジャーな曲はもちろんのこと、メジャーな曲が好みの方々にはあまり知られていないであろうマイナーな曲まで徹底的に網羅し揃えられているといった特徴があるようです。それが特に顕著なのは東方系やVOCAROIDといったジャンルの曲でしょう。

これらの曲はJOYSOUNDの機種のみでしか配信されていないものも多いようで、そういった曲を求めている方々からは大きな支持を得ているようです。ただし、メジャーな曲に関してはLIVE DAMの方でも十分以上に配信されているのでそこまで困ることはないかもしれません。

また、JOYSOUNDの特徴でもあるマイナーな曲のジャンルに関してもJOYSOUNDの機種で配信されていないものがLIVE DAMで配信されているというケースもあるようで、この辺りは各々のホームページでどんな曲が配信されているかを確認してみることをおすすめします。

本人映像の比較!どちらのカラオケ機種が多い?

カラオケで歌を歌い盛り上がるには、その曲の本人が歌っている本人映像があるか否かも重要になってきますよね。普通のカラオケの歌の映像とは当然違いますので歌にも感情移入したり抑揚をつけて歌いやすくなるのでこれがあるかどうかはなかなか大切なようです。

そんな本人映像ですが、LIVE DAMは8141曲、JOYSOUNDの方は7144曲とご紹介しました。実に1000曲近く差があるようで、これもLIVE DAMの方が勝っているようですね。しかしJOYSOUNDの方も演奏実績上位50%以上の曲は本人映像のもののようなので、ただ劣っているというわけではないようです。

本人映像に関してはLIVE DAMでしか見ることができないものもあればJOYSOUNDの方でしか見ることもできないものもあるのだそうで、どちらがより良いかというのは一概には言えないところがあります。

機種ごとのアニメ映像やボーカロイド曲数比較!

本人映像のほかに、アニメ映像なども気になる方にとっては非常に気になるところなのではないでしょうか。アニメのオープニングやオリジナルのアニメ内の映像を合わせたものがこのアニメ映像になり、気になる曲数はLIVE DAMが1278曲、JOYSOUNDの方が956曲となっているようです。

本人映像もそうでしたが、やはりLIVE DAMの方が数は上なので映像関係で行くとコンテンツはLIVE DAMの方が優勢になっているというのが数字からもわかりますね。ただJOYSOUNDの方は本人映像に関して言うと増えておりLIVE DAMに近づいてきているみたいです。

更にボーカロイドの曲数についてですが、LIVE DAMの方が3260曲、JOYSOUNDは4206曲だそうで曲の総数もそうでしたがJOYSOUNDの方が上のようです。少々前のデータのようですがしかしどちらにしろ曲数が多いのは間違いなくJOYSOUNDでしょう。

採点方法などカラオケのコンテンツが面白いのは?

さて次は2機種の採点方法の特徴などを詳しく見ていきましょう。まず通常の採点方法はご紹介した通りLIVE DAMが『精密採点DX-G』、JOYSOUNDが『分析採点マスター』で、他に強制終了アリの採点方法がDAMは『完唱歌いきりまショー』、JOYSOUNDは『チャレンジ採点』という方式になっているようです。

他にも子供向けにLIVE DAMの方は『ONEPEACE採点』、JOYSOUNDでは『妖怪ウォッチ大採点』というものがあったり、簡単な採点方式もDAMに『シンプル採点』、JOYSOUNDに『いきなり採点』というものがあったりします。この辺りは両機種ともほとんど変わらないので好みの問題になってくるでしょう。

ただしLIVE DAMのみ『精密採点DXデュエット』というデュエットで歌を歌って採点できるシステムがあります。原曲でアーティストが2人で歌っていたりするような曲はこのデュエット採点でやってみることをおすすめします。

採点機能の特徴紹介!カラオケで採点させるならどっちの機種か?

カラオケでは歌を採点すると盛り上がります。最近の採点機能は全国ランキングの順位が表示されたりだとか音程が画面に表示されるものが普通になってきていますね。全国順位が出るものを全国系、音程が表示されるものは精密系と呼びます。

基本的にはDAMであってもJOYSOUNDであっても同じようなコンテンツが利用できるようになっており、DAMは精密系が精密採点、全国系はランキングバトルONLINE、JOYSOUNDの精密系は分析採点、全国系は全国採点という方式です。

採点の仕方を比較してみると、JOYSOUNDの方が基準が若干甘いようです。しかし甘いのが良いのか悪いのかというのは重要ではなく、これは全国系ならばユーザー登録をするとアバターを作って登録することができるなどが人気の理由ではないでしょうか。

Thumbカラオケの採点で高得点を出すコツは?点数が出やすいおすすめ女性曲も紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

DAMの方がカラオケ採点が厳しい?テレビでも使われている!

ご紹介したようにJOYSOUNDの方がDAMよりも採点などは甘く見積もられているようです。これは同じように歌ってみてもDAMの方がJOYSOUNDに比べて10点程度低くなったりすることからもわかります。テレビ番組「関ジャニの仕分け∞」や「カラオケバトル」などで使用されているのもDAMの『精密採点DX』なのです。

そういった特徴があるので精密系で厳しく歌唱力を追求したいのであればDAMを選択するのをおすすめします。またDAMには「接待モード」といいリモコンで「8000-02」を入力すると通常よりも高得点を出せる「接待モード」というモードがあります。これならそこまで採点は厳しくなくなるでしょう。

カラオケで最も重要?機種ごとの音質の細かい違いを知ろう!

冒頭当りでLIVE DAMもJOYSOUNDもカラオケでメジャーな曲を歌う上ではそう大きな音質に違いがあるわけではなく、とても高音質なので不満を持つことなく歌うことができます。しかしご紹介したように各々制作元が違っているのでカラオケで実際に細かく設定をしてみると違いが少々はっきりしてくるようです。

例えば自分でカラオケでマイクの音量やミュージック側の音量を変えてみると印象が変わってくるようです。これはカラオケでデフォルトの状態でなんだかしっくりこないと思った時に自分で調整すればよいので、困った時はそのあたりを調節してみると良いでしょう。

一般的に音質といえば、カラオケ用の配信曲のつくりが問題とされていることが多いようです。やっぱりカラオケでも音源はCDでも使われているものがいいという意見が多いのですが、そこまで気にしない人であればどちらも音質には違いはないと考えて問題ないでしょう。

『DAMとも』か『うたスキ』カラオケのコミュニティサイトはどっち?

DAMには「DAMとも」JOYSOUNDには「うたスキ」というコミュニティサイトがあります。コミュニティサイトというよりはSNSといった方が分かりやすいかもしれませんが、DAMであれば「デンモク」JOYSOUNDならば「キョクNAVI」というのがあります。これらはカラオケのリモコン端末でサービスにログインをしてからカラオケをします。

登録すれば、コミュニティサイトでもカラオケで歌った曲の履歴や採点をした場合に、その点数などを見ることができます。またカラオケで自分が歌っているのを録音、録画して公開するという機能もあり、そのまま他の公開されている動画とデュエットさせるということもできるようです。

皆はカラオケでどっちの機種を使っているのか

さて、JOYSOUNDとLIVE DAMの特徴などをご紹介してきましたが、周りの皆さんはどちらを使っているのでしょうか。カラオケのスタッフの方々の意見では、LIVE DAMが約6割、JOYSOUNDは1割未満、特にこだわらないという方が3割程度という結果があります。

その理由は、DAM派の方は「本人映像が多い」「本人映像に限らず最新の映像やアニメ映像の更新が速く充実している」「昔からDAMを使っているから」などといった意見があるようです。やはり映像が多いというのはカラオケ好きにとって相当重要なのでしょう。

それに対してJOYSOUNDを選んだ方は「単純に曲が多いから」「好きなアーティストが多く入っているから」などの理由があるようです。自分が歌いたい曲が入っているかどうかというのはおそらく最も大事なことなので、配信曲の多いJOYSOUNDを使うという方も少数派ですがいるようです。

両機種とも選ばないという意見の人はどう思っている?

このほか両機種とも選ばずこだわらないという意見の方も一定数いました。そういった方々の意見としては「両方ともいいところがあれば改善点もあるから」「歌いさえできればよい」「前はDAMだったけどJOYSOUNDを最近使っている」というものがあるようです。

一般的におすすめのカラオケの機種は?

ここまでLIVE DAMとJOYSOUNDのカラオケの機種2つを比較したり特徴を紹介してきましたが、結局のところカラオケで使うのであればどちらがおすすめなのでしょうか。これについては使用者の好みによって分かれるところが大きいでしょう。まずDAMはご紹介した通り映像系統が優れているという長所があります。

対してJOYSOUNDは、機種が最新のものになってから音質が大幅に向上したという口コミもあります。更に曲数も多くLIVE DAMと比較すると7万曲近い差がありますので、歌いたい曲も配信されている可能性が高いということが言えるでしょう。

ただLIVE DAMの方でしか配信されていない曲もあるということもご紹介しました。歌いたい曲が配信されているかどうかは最も重要であるので、この辺りはホームページで確認してみることをおすすめします。

まとめ:カラオケの機種は映像数や曲数など好み次第!

カラオケで使用されているLIVE DAMとJOYSOUNDの2機種の映像数や配信曲数、採点方法などといった特徴についてご紹介しました。結論としては長所は違いますから、自分で調べたうえでどちらが良いかを決めるのが一番なのではないでしょうか。

あるデータではLIVE DAMを使っている方が多いともご紹介しましたが、結局はカラオケに行く方の好み次第でしょう。本人映像など映像にこだわるのであればLIVE DAMがおすすめですし、曲数などを気にするのであればJOYSOUNDをおすすめするといったところでしょう。自分に合ったカラオケの機種を選び、歌うことを思いっきり楽しみましょう!

あわせて読みたいカラオケの記事はこちら

Thumbカラオケデュエット曲ランキング!男女や友達同士におすすめの定番曲は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-10-18 時点

新着一覧