文化祭の出し物に困ったら!教室・ステージの定番やおもしろアイデアまとめ!

学生の盛り上がるイベントと言えば、文化祭です。色々な出し物見てまわるのはもちろんのこと、クラスでひとつの出し物に向かって協力し合うことが楽しいものです。文化祭の出し物が成功したといえるのは、たくさんのお客さんが来場した時でしょう。こちらでは、文化祭の出し物のアイデアをご紹介します!定番のステージや、教室でできるおもしろアイデアをまとめたので、文化祭の出し物に悩む方は参考にして下さい!

文化祭の出し物に困ったら!教室・ステージの定番やおもしろアイデアまとめ!

目次

  1. 文化祭は出し物を何にするかが重要
  2. 定番のお化け屋敷は客受けのいい文化祭の出し物
  3. 演劇は文化祭の思い出になる出し物
  4. 飲食系の文化祭出し物はフォトジェニックに仕上げる
  5. 盛り上がる文化祭の出し物は演奏系のステージ
  6. 映画上映はやりがいのある文化祭の出し物
  7. 文化祭の出し物をカフェにするならイロモノに
  8. 撮影ブースはお客さんも楽しめる文化祭の出し物
  9. ステージでのダンスは文化祭の定番の出し物
  10. 脱出ゲームは人気の文化祭の出し物
  11. 文化祭の出し物に子供にもウケる謎解きゲーム
  12. 恋愛を絡めた出し物は文化祭で盛り上がる
  13. メイクやボディペインティング体験のできる文化祭の出し物
  14. 子供も楽しいスタンプラリーを文化祭の出し物に
  15. まとめ:一生の思い出に残る文化祭に!

文化祭は出し物を何にするかが重要

学生の思い出に残るイベントである文化祭は、盛り上がる出し物を出店したいものです。飲食やステージ系の出し物、教室で行う出し物など、文化祭の出し物はたくさんあります。出店できる場所によって、できることは決まってしまいますが、アイデア次第で盛り上がる出し物をすることができます。文化祭は回るのも楽しいですが、出し物にこだわって楽しみましょう。

こちらでは、文化祭の出し物のアイデアをまとめました!定番のステージ系の出し物、教室や学校全体を使った出し物など、様々な種類の出し物をご紹介するので、どんな場所で出店になっても面白い出し物が見つかると思います。文化祭の出し物に悩んでいるのであれば、ぜひ参考にしてみて下さい!きっと文化祭を楽しく過ごせるヒントになるはずです!

Thumb文化祭の装飾アイデア集!風船やダンボールを使ったかわいい飾り付け | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

定番のお化け屋敷は客受けのいい文化祭の出し物

文化祭の定番の出し物はお化け屋敷です。お客さんの立場からしたらハズレのない出し物で期待もするので、集客も望めます。装飾にこだわったり、驚かせる役の人はコスプレをしたりするので盛り上がること間違いなしです!お化け屋敷を出店するのであれば、テーマ決めにこだわりましょう。舞台を病棟にしたり、そのまま学校の教室にしてもOKです。

病院であれば、ナース服や白衣でコスプレをして血のりやメイクなどで派手にしましょう。学校を舞台にするのなら、制服をそのまま利用して、メイクだけこだわりましょう。お化け屋敷には目的をつくりましょう。脱出することはもちろんですが、お化けを撃退するアイテムをつくって、それを必ず手に入れてから脱出するなどのルールを決めると面白いです。

お化けから派生してゾンビなどにしても面白いです。ゾンビに襲われそうになった時のアイテムや撃退方法などをルールに設けるのもいいかもしれません。ゾンビを何体撃退したかを記録して、ランキングを作るというのも面白いです。

演劇は文化祭の思い出になる出し物

文化祭の定番の出し物は演劇です。衣装やステージセット、演技の練習など、前準備はとても大変ですが、達成感がとてもある出し物です。文化祭の出し物で人気の脚本はパロディです。昔話のパロディや現代版などは、盛り上がります。もちろん、完全オリジナルでこだわるのもおすすめです。クラスメイトのキャラクターに合わせて脚本をつくるのも面白いかもしれません。

キャスティングを男女逆転にするのも面白いです。男性演者は全員女装になるので、可愛くても出オチになっても盛り上がります。女性も男装することで、新鮮味があります。理想はやはりステージでの演劇です。照明や音楽などもこだわれるので、迫力があります。費やす時間は長いですが、その分盛り上がりますし、きっといい思い出になるはずです。

飲食系の文化祭出し物はフォトジェニックに仕上げる

文化祭で飲食系の出し物をするのであれば、フォトジェニックな食べ物を提供しましょう。飲み物ならカラフルなものを出したり、トッピングにこだわるといいです。カップケーキなども、カラフルなトッピングやクリームで見た目が可愛いければ、集客が望めます。スイーツ系はカラースプレーやマーブルチョコなどを使えば、低コストで華やかにできます。

焼きそばやたこ焼きなどの定番の食べ物を出店するのであれば、食べ物ではなくお店の装飾にこだわりましょう。フォトブースをつくったり、売り子がコスプレをして集客するのも面白いでしょう。コスプレの内容に合わせて「○○がつくる焼きそば」のような店名にすれば、コスプレ見たさにお客さんが来るかもしれません。

Thumb文化祭の模擬店・食べ物アイデアまとめ!簡単・かわいいメニューを紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

盛り上がる文化祭の出し物は演奏系のステージ

文化祭ではステージの出し物が盛り上がりやすいです。どこの学校もステージは抽選だったりするので、必ず確保できるとは限りませんが、ステージを獲得出来れば注目される出し物になりやすいです。ステージ系の出し物では演奏系のステージがおすすめです。バンドや楽器演奏も盛り上がりますし、ボディーパーカッションなども迫力があります。

クラスメイト全員が参加して出来る物の方が本人たちも楽しいですし、お客さん側からも迫力があって面白いです。ミュージカル風にするのもおすすめです。グループ分けして順に演奏しながら、ストーリーを進めていくなんていうのもありです。ステージ系の出し物は期待もされるぶん練習が大変ですが、達成感があるのでぜひ取り組んでみて下さい!

映画上映はやりがいのある文化祭の出し物

ステージの抽選にあぶれてもクラスで演劇をしたいと思うのであれば、映画製作に切り替えて、当日は教室で上映するのもありです。映画作成は編集が大変ですが、撮り直しもでき、こだわればこだわるだけ完成度を上げることができます。脚本、キャスティング、撮影、編集と準備は大変ですが、当日は教室で上映するだけなので、文化祭を好きに回ることもできます。

文化祭当日は上映係と集客するための呼び子がいればOKなので、当番制にするといいでしょう。集客をするために、教室を装飾することも大切です。教室が殺風景だと人が入りづらいので注意しましょう。映画上映は休憩がてら入ってくるお客さんも多いので、飲み物の販売なども一緒にできると集客が望めます。

キャストと写真を撮れるコーナーをつくったり、キャストの衣装を身につけれるようなコーナーをつくったりすると面白いかもしれません。アイデア次第でいくらでもおもしろくできるので、色々考えてみて下さいね。

文化祭の出し物をカフェにするならイロモノに

文化祭でカフェをやるのであれば、イロモノなカフェの方が盛り上がって集客も望めます。定番のアイデアはメイドや執事などのコスプレカフェです。他には女装や男装カフェなんていうのも面白いです。男女で制服を取り換えっこするだけでもいいです。ちょっとホラーにゾンビメイクのカフェなんていうのも面白いかもしれません。

教室も和風、洋風、ファンタジーなどテーマに合わせて装飾しましょう。教室での出店なら、流行りの黒板アートにこだわるのもいいかもしれません。フォトジェニックな教室にすれば、写真を撮りたいお客さんがやってくるかもしれません。飲み物だけでなく、軽食なども用意できるといいです。

撮影ブースはお客さんも楽しめる文化祭の出し物

教室に撮影ブースをつくって、お客さんに提供するというのも面白いです。写真を撮るための撮影スポットはもちろんのこと、衣装やメイクなどを手伝ってあげるのもいいです。全員にメイクをするのが難しいのであれば、ボディペイントにするなんていうのもいいかもしれません。写真撮影で盛り上がるアイテムも何点か置きましょう。テーマごとのブースを設けるのもおすすめです。

写真はポラロイドカメラやチェキなどで撮影してその場で渡すか、教室内のブースに貼っていくというのも面白いかもしれません。写真を残していく人は人気投票に参加する形にして、グランプリには景品があるというのも盛り上がるかもしれません。美男美女部門、面白部門、おしゃれ部門など部門分けするといいかもしれません。

ステージでのダンスは文化祭の定番の出し物

ステージでの出し物ではダンスをするというのもおすすめです。大人数でのダンスは迫力があって盛り上がります。衣装や練習、照明や音響などの準備は大変ですが、ステージでダンスをやり切った時の達成感があります。定番なのは星野源の「恋」、AKB48の「フォーチュンクッキー」、三代目J Soul Brothersの「R.Y.U.S.E.I.」などです。

RADIO FISHの「PERFECT HUMAN」や、登美ヶ丘高校ダンス部の「バブリーダンス」なども難しいですが、盛り上がりそうです。流行りにのったものはステージで盛り上がりやすいので、なんのダンスをするかを決める時はよく考えてみて下さい。また、ダンスなどのステージ系の出し物は、適当に取り組めば白けてしまいます。やると決めたなら、本気で取り組みましょう。

Thumbダンス向きの曲といえば?文化祭・学園祭・余興向けのダンスミュージック! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

脱出ゲームは人気の文化祭の出し物

教室を使った文化祭の出し物でおすすめなのが、脱出ゲームです。最近は定番になってきているようです。教室を何か所かに区切って、脱出ゲームをつくると盛り上がります。そのまんま学校の教室に閉じ込められた設定にすると、装飾もしやすいです。黒板などに謎の暗号を書いたり、ロッカーや机に謎解きの仕掛けをつくりましょう。ヒントは何回までなどのルールも設けましょう。

制限時間を設け、脱出できなかった人には退出してもらい、再チャレンジをうながすといいかもしれません。回転率をよくするために、1回の入場で10人ずつなど、人数を決めて入ってもらうといいでしょう。脱出にあまりにも時間がかかると集客が望めないので、謎解きを多く作りすぎないように注意が必要です。準備の段階でロープレするのも大切です。

文化祭の出し物に子供にもウケる謎解きゲーム

謎解きゲームは子供も盛り上がる出し物です。脱出ゲームと少し似ていますが、教室から出るのが目的ではなく、謎を解くことが目的です。例えば、教室で殺人事件が起きて容疑者が何人かいる設定などにし、犯人は誰かをみつけるゲームです。死体や教室の状況、容疑者の証言などから判断して、謎を解いていきます。教室からスタートして、学校全体を回らせるのもありです。

主要なスポットを3つくらい用意し、そこに人を配置したりヒントを散りばめて謎を解いてもらいます。一人が案内人になって、学校を周りながら謎を解いていくツアー形式にするのも面白いかもしれません。アイデア次第で面白くできるので、テーマや当日動く人数などをきちんと決めて取り組んでみて下さい!

恋愛を絡めた出し物は文化祭で盛り上がる

文化祭は学生にとってもビックイベントで、告白をする人も多いです。その機会を狙って、文化祭の出し物も恋愛に絡めた物にすると盛り上がりやすいです。例えば、告白を助けるための出し物。告白したい人は教室で呼び出したい人を指名し、校内放送で呼び出してもらいます。そして、告白します。文化祭ならではのドキドキから告白も成功しやすくなるかもしれません。

校内放送で呼び出すのは目立ちすぎて嫌な場合は、電話で呼び出しでもOKです。告白が成功したカップルは写真を撮ったり、インタビューして感想を書いてもらって、教室内に貼るというのも面白いです。恋愛系の出し物は人気なのでアイデア次第で集客が望めます。告白のイベントが起きやすい文化祭を逆手にとって出し物にしてしまえば、人気のお店になるかもしれません。

メイクやボディペインティング体験のできる文化祭の出し物

専門系の学校では多いですが、メイクやボディペインティングなどを体験できるお店も面白いです。ヘアセットやネイルもおすすめです。ひとりのお客さんにあまりに時間をかけると、回転数が上がらないのでポイントメイクにしたりするのもいいかもしれません。文化祭の雰囲気に合わせて、ちょっと華やかにしたいという人が立ち寄ってくれるはずです。

ヘアセットはちょっとしたアレンジを何点か用意して、お客さんに選んでもらうようにするといいかもしれません。メイクやボディペイティング後は写真を撮るのもおすすめです。ポラロイドカメラやチェキであれば、その場で写真を渡せるので喜ばれるはずです。教室の入り口に写真を貼っておけばお客さんもイメージがしやすく、入りやすいお店になります。

子供も楽しいスタンプラリーを文化祭の出し物に

学校全体を使ったスタンプラリーも面白いです。基本は教室からスタートしてもらいます。スタンプの台紙をもらって、指定の場所にいってもらいましょう。ただスタンプを押してもらうだけではつまらないので、クイズなどを用意すると盛り上がります。クイズに正解した時はスタンプを押します。スタンプのある場所も謎解きにしてもいいかもしれません。

「お化け屋敷の近くにある掲示板に注目」「音楽の聞こえる場所」「○○先生がよくいる場所」などヒントだけ教えるようにします。他のお店を回るついでにスタンプを集めてもいいので、参加もしやすいかもしれません。見事スタンプを埋めた人には景品があったり、教室で記念撮影をして張り出すのもいいかもしれません。他のお店とコラボもしやすく、おすすめです!

まとめ:一生の思い出に残る文化祭に!

文化祭の出し物についてご紹介しましたが、気になる出し物は見つかりましたか?定番の出し物や面白いアイデアがたくさんあったと思います。文化祭は学生にとっての大きなイベントです。人によっては面倒な行事と捉える場合もあるかもしれませんが、白けた気持ちで参加するよりは、一生懸命やった方が自分も楽しいイベントになるはずです!

文化祭は回る楽しみだけでなく、出し物に一生懸命取り組むことも大切です。大人になったらできない体験なので、ぜひ時間をかけて取り組んでみて下さい。きっと一生の思い出になるはずです。こちらの記事が、文化祭の出し物を決めるヒントや、文化祭に取り組む士気を上げるきっかけになりますように!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-06-20 時点

新着一覧