座布団のおすすめ人気ランキング!長時間座っても疲れない・腰痛防止に

座布団のおすすめ商品を欲しいと思っている方が、最近では増えてきているのではないでしょうか?オフィスなどでもデスクワークが増えており、さらには自宅などでも仕事をする人が増えています。おすすめな座布団についてこの記事ではご紹介していきます。

座布団のおすすめ人気ランキング!長時間座っても疲れない・腰痛防止に

目次

  1. 長時間座っても疲れないおすすめ座布団が欲しい!
  2. 疲れないおすすめ座布団は素材選びが重要!
  3. 椅子に設置する場合座面より小さいものがおすすめ!
  4. おすすめな座布団はカバーが取り外せるものがおすすめ
  5. 使い続けるのであればデザイン性も重要!
  6. 座布団の形状によっても効果が大きく変化する
  7. そもそも疲れや腰痛とは何か?
  8. 日々の運動も心がけることが大切!
  9. 長時間でも疲れない!腰痛などにおすすめ座布団ランキング紹介!
  10. 10位:両面使える!「Dr.Departure お医者さんの円座クッション」
  11. 9位:殺菌効果抜群!「グローバル産業 ボディドクターザ・シート滑り止めなしタイプ」
  12. 8位:低反発で柔らかい!「アストロ 低反発クッション 優楽」
  13. 7位:コスパ最高でかなりおすすめ!「永光 ベロア低反発座布団」
  14. 6位:低反発でお尻に優しい!「Meily 低反発健康クッション」
  15. 5位:インテリアに馴染む!「EXGEL アウルベーシック」
  16. 4位:反動を使って楽々動作!「U-miss 高反発座布団クッション」
  17. 3位:ベッドマットレスも有名!「エアウィーヴ airweaveクッション」
  18. 2位:マットレス・ピローが人気!「テンピュール シートクッション」
  19. 1位:お尻を守る!「IKSTAR 第三世代ヘルスケア座布団」
  20. 自分にあったおすすめ座布団を見つけよう!

長時間座っても疲れないおすすめ座布団が欲しい!

最近では自宅で仕事をする人も増えており、それによって長時間のデスクワークが多くなっています。そんな時に役立つものが、長時間座っても疲れない座布団でしょう。座布団は色々な種類が販売されており、選ぶ種類によってもその効果は大きく変化します。

そういった効果の変化に応じてしっかりと、座布団を選ぶことが重要になっています。そんな長時間作業にもおすすめな、座布団をこの記事ではご紹介していきます!

疲れないおすすめ座布団は素材選びが重要!

長時間座っても疲れないおすすめな座布団を、選ぶのであれば素材選びもとても重要になります。素材の選び方を間違えてしまうと、その分不快感などが強くなってしまします。そういった部分に関しても、かなり素材選びが重要になっており、素材はその座布団の疲れにくくしてくれるなどの、効果に大きく関与しています。夏場などに長時間作業する場合かなり汗をかいてしまう確率が上がってしまうので、メッシュ素材などがおすすめです

綿やポリエステルに関しては、かなり安価で購入できる素材として有名です。熱を蓄えたりする際には、とてもおすすめなのですが、長時間座っているとどうしても蒸れたりしてしまうことが増えてしまうので、そういった部分を加味して選ぶのであれば、素材選びは重要になります。低反発なタイプなどもあります。お尻への負担を軽減したいのであれば、とてもおすすめとなっています。そういった素材にはこだわりましょう。

椅子に設置する場合座面より小さいものがおすすめ!

座布団などのお尻の下に引く場合、単体で使用するときは大きさを気にする必要はありませんが、自分が普段使っている椅子などにセットする場合、その椅子よりも小さい面積の座布団を選ぶことがおすすめでしょう。大きすぎてしまうと、はみ出てしまい座布団の形が変わってしまいますので、しっかりと椅子のサイズを確認してから座布団を、合わせるように意識して、採寸を行なっておきましょう。

高機能な座布団ほど端などがはみ出てしまうことによって、その効果を失ってしまいます。全体で支えることがメインとなっているので、しっかりとサイズ感を合わせて座布団を購入しましょう。サイズの種類に幅があるタイプの座布団もおすすめと言えるでしょう。そんなおすすめな座布団をしっかりと購入して、家や会社で長時間の作業を快適にできるように、工夫を凝らしてみましょう!

おすすめな座布団はカバーが取り外せるものがおすすめ

長時間座布団などに座っている場合、汗などもたくさん吸ってしまいます。そういった汗の部分でもしっかりと洗浄できるタイプの、座布団を選ぶことがおすすめでしょう。汗は不快な匂いなどを誘発させてしまいますし、何よりも雑菌を繁殖させてしまうと、カビなどの原因にも繋がります。そういった部分を意識して、自分自身のお気に入りのカバーに変えられるタイプの座布団がおすすめでしょう。

取り外しができるタイプは、多くの場合かなりカバーに種類が存在しています。そんなカバーの中で自分自身に気に入っているタイプを選ぶことも、楽しみの一つとして有名です。せっかく長時間疲れない作業ができる座布団を購入するのですから、しっかりと自分好みにカスタマイズできる方がいいですよね?そういった細かい部分に関しても、加味して選ぶことによってより楽しく作業ができるようになることでしょう!

使い続けるのであればデザイン性も重要!

長時間使用できるタイプの座布団だからこそ、インテリアとしても機能できるものがいいと、感じている方も多いでしょう。最近ではかなりスタイリッシュなデザインの座布団など、様々なタイプのものが販売されています。それによって座布団の選び方に関しても、かなり多様化しています。そういった部分を意識して座布団を選ぶことも楽しみの一つなので、かなりおすすめでしょう。デザインが気に入ればかなり長期間使うのも苦では無くなります。

デザイン性が高いものは基本的には、値段がそれなりに張るようになっています。しかしその分しっかりとした、作りになっているものが多いので、かなり長い期間使用することが可能となっています。そういった耐久性の面でも、かなり機能性が良くなっているので、そういった部分からもデザイン性が高いものを、選ぶ方が最近では増えています。姿勢が良くなれば、かなり色々なものが解消されることでしょう。

座布団の形状によっても効果が大きく変化する

座布団の形状が最近ではかなり様々なものが登場しています。単純に従来のようなタイプの座布団ではなく、特殊な形をしており最近では人口科学に基づいた、設計によって作られている座布団も数多く販売されています。それを使うことによって、骨盤の位置をしっかりと強制したり様々な、効果を体感することができるでしょう。症状や求める効果によって、座布団の形状を選ぶこともおすすめでしょう。

人間の骨盤や恥骨などをしっかりと、支えるように作られているものであれば、腰痛などを根本から改善してくれる効果が期待できます。しかし骨を矯正するということは、かなり時間のかかるものです。骨の治療に関しても3ヶ月ほどかかるので、それと同じくらいの期間をかかて使用しなくては、なんの効果も得られないことを理解しておきましょう。しかし普通の座布団を使うよりも、こちらの座布団の方がいいでしょう。

そもそも疲れや腰痛とは何か?

そもそも長時間のデスクワークなどによって発生したりする、腰痛とはなんでしょう?そういった腰痛の原因などについて、知っておくことでより的確に自分にあっている座布団を選ぶことができるでしょう。まず腰痛などは体のバランスがおかしく、腰に常に重心が乗ってしまっている状態で起きるものと、筋肉などの硬直や怪我などの原因で発生するものと様々です。そういった種類についても知っておきましょう。

腰の痛みなどは姿勢などが悪いと、本来背骨はまっすぐになり頭の重さを首以外の、骨の関節によって負担を分散しています。それが曲がってしまうと、釣竿などと同じように曲がっている部分に負担がかかります。その部分を緩和しようと、体は自然とバランスを取ろうとします。その結果腰が本来まっすぐなものが曲がってしまい、腰痛などにつながってしまうのです。そういったバランスが関係しています。

日々の運動も心がけることが大切!

腰痛などの症状が発生してしまう場合、日々の運動不足が原因になっている場合も少なくありません。そういった運動不足の部分を緩和するためにも、しっかりと普段から運動を心がけましょう。そうすることによって急な腰痛などが少なくなり、かなり腰痛対策にもなります。他にも他の筋繊維をしっかりと刺激できれば、筋膜の癒着からくる疲れや痛みなどを、しっかりと解消することができるのでおすすめでしょう。

日々の運動をしっかりと取り入れつつ、座布団を使うことによって効率的に作業を行うこともできますし、さらにはどんどんと体の不調が減っていきます。かなり行こうかづくしでもありますので、しっかりと普段からの運動などを意識して行うようにしましょう!ただし急な過度な運動は体に大きな負担をかけて、怪我の原因にもつながってしまいますので、少しずつ運動強度を上げていくようにしましょう!

長時間でも疲れない!腰痛などにおすすめ座布団ランキング紹介!

先の章では自分自身にあっている、おすすめな座布団などはどうやって選ぶのかなどについて、ご紹介していきました。腰痛などは一度発生してしまうと、完治するまでにかなりの時間を要します。未然に怪我などを防ぐためにも、普段から自分自身にあっている、座布団を使用して腰痛などに備えて予防対策をしておきましょう。しかしそうはいっても、まだおすすめな座布団がとんなものなのか、把握していない方も多いでしょう。

次の章では長時間のデスクワークなどにも使用できるタイプの、おすすめな座布団をご紹介していきます。その機能性や大きさなどの細かい部分に関しても、しっかりとご説明します。今長時間の作業などを行う際に、座布団などを使っている方は、一度自分に本当にあっているものなのかを、しっかりと確認してみましょう。これから購入を考えている方は、是非参考にしてみてくださいね。

10位:両面使える!「Dr.Departure お医者さんの円座クッション」

長時間でも疲れない!腰痛などにおすすめ座布団ランキング10位

最近では自宅でも仕事をできる時代になっています。そうなってくると、デスクワークなどが必然的に増えてしまい、腰痛や長時間疲れない座布団が欲しくなることでしょう。そんなおすすめな座布団ランキング第10位の商品は、「Dr.Departure 」という企業が設計・製作を行なっている「Dr.Departure お医者さんの円座クッション」というおすすめな座布団です。真ん中にドームができているので、かなりおすすめでしょう。

「Dr.Departure お医者さんの円座クッション」のタイプは「低反発タイプ」で、サイズは「直径40×厚み9cm」、使用素材「低反発ウレタンフォーム」、カバー部分の素材「両面リバーシブル)綿・麻/綿・ポリエステル(洗濯可)」というものを使用して作られています。メーカーの販売表示価格は、「5,180円 (税込)」となっていますので、気になる方はぜひ購入してみましょう!厚さも9ミリとなっていますので、是非購入してみましょう。

9位:殺菌効果抜群!「グローバル産業 ボディドクターザ・シート滑り止めなしタイプ」

長時間でも疲れない!腰痛などにおすすめ座布団ランキング9位

最近では自宅でも仕事をできる時代になっています。そうなってくると、デスクワークなどが必然的に増えてしまい、腰痛や長時間疲れない座布団が欲しくなることでしょう。そんなおすすめな座布団ランキング第9位の商品は、「グローバル産業」という企業が設計・製作を行なっている「グローバル産業 ボディドクターザ・シート滑り止めなしタイプ」というおすすめな座布団です。ゴムアレルギーの方にはおすすめできません。

「グローバル産業 ボディドクターザ・シート滑り止めなしタイプ」のタイプは「正反発タイプ」で、サイズは「縦40×横40×厚み2.5㎝」、使用素材「100%天然ラテックスフォーム」、カバー部分の素材「ポリエステル4層スパン(洗濯可)」というものを使用して作られています。メーカーの販売表示価格は、「4,212円 (税込)」となっていますので、気になる方はぜひ購入してみましょう!

8位:低反発で柔らかい!「アストロ 低反発クッション 優楽」

長時間でも疲れない!腰痛などにおすすめ座布団ランキング8位

最近では自宅でも仕事をできる時代になっています。そうなってくると、デスクワークなどが必然的に増えてしまい、腰痛や長時間疲れない座布団が欲しくなることでしょう。そんなおすすめな座布団ランキング第8位の商品は、「アストロ」という企業が設計・製作を行なっている「アストロ 低反発クッション 優楽」というおすすめな座布団です。消臭機能を備えており、かなり汗などの匂いを消してくれます!

「アストロ 低反発クッション 優楽」のタイプは「低反発タイプ」で、サイズは「縦40×横40×厚み8㎝」、使用素材「炭入り低反発ウレタンフォーム」、カバー部分の素材「綿・ポリエステル(洗濯可)」というものを使用して作られています。メーカーの販売表示価格は、「綿・ポリエステル(洗濯可)」となっていますので、気になる方はぜひ購入してみましょう!柔らかいにもかかわらず、しっかりと通気性にも優れているので夏場でもおすすめでしょう。

7位:コスパ最高でかなりおすすめ!「永光 ベロア低反発座布団」

長時間でも疲れない!腰痛などにおすすめ座布団ランキング7位

最近では自宅でも仕事をできる時代になっています。そうなってくると、デスクワークなどが必然的に増えてしまい、腰痛や長時間疲れない座布団が欲しくなることでしょう。そんなおすすめな座布団ランキング第7位の商品は、「永光」という企業が設計・製作を行なっている「永光 ベロア低反発座布団」というおすすめな座布団です。口コミでも使いやすいとして、かなりおすすめな座布団となっています。

「永光 ベロア低反発座布団」のタイプは「低反発タイプ」で、サイズは「縦40×横40×厚み5cm」、使用素材「低反発ウレタンフォーム」、カバー部分の素材「綿・ポリエステル(洗濯可)」というものを使用して作られています。メーカーの販売表示価格は、「1,200円 (税込)」となっていますので、気になる方はぜひ購入してみましょう!カバーも取り外して、清潔に保つことができるタイプになっています。

6位:低反発でお尻に優しい!「Meily 低反発健康クッション」

長時間でも疲れない!腰痛などにおすすめ座布団ランキング6位

最近では自宅でも仕事をできる時代になっています。そうなってくると、デスクワークなどが必然的に増えてしまい、腰痛や長時間疲れない座布団が欲しくなることでしょう。そんなおすすめな座布団ランキング第6位の商品は、「Meily」という企業が設計・製作を行なっている「Meily 低反発健康クッション」というおすすめな座布団です。特殊な形を採用しているのでお尻に、負担をかけることなく使用できます。

「Meily 低反発健康クッション」のタイプは「低反発タイプ」で、サイズは「縦45x横35x厚み7cm」、使用素材「低反発ウレタンフォーム」、カバー部分の素材「ポリエステル(洗濯可)」というものを使用して作られています。メーカーの販売表示価格は、「」となっていますので、気になる方はぜひ購入してみましょう!ウレタンフォームになっているので、ふわっと包み込んでくれるようになっています。

5位:インテリアに馴染む!「EXGEL アウルベーシック」

長時間でも疲れない!腰痛などにおすすめ座布団ランキング5位

最近では自宅でも仕事をできる時代になっています。そうなってくると、デスクワークなどが必然的に増えてしまい、腰痛や長時間疲れない座布団が欲しくなることでしょう。そんなおすすめな座布団ランキング第5位の商品は、「EXGEL」という企業が設計・製作を行なっている「EXGEL アウルベーシック」というおすすめな座布団です。安定した座り心地と、デザイン性の良さからかなりの人気を集めています。

「EXGEL アウルベーシック」のタイプは「その他のタイプ」で、サイズは「縦40×横40×厚み3.5cm」、使用素材「エクスジェル(合成ゴム)・クロロブレンゴム・ナイロン・ウレタンフォーム」、カバー部分の素材「ポリエステル・ウレタンフォーム・ナイロン(洗濯可)」というものを使用して作られています。メーカーの販売表示価格は、「14,040円 (税込)」となっていますので、気になる方はぜひ購入してみましょう!

4位:反動を使って楽々動作!「U-miss 高反発座布団クッション」

長時間でも疲れない!腰痛などにおすすめ座布団ランキング4位

最近では自宅でも仕事をできる時代になっています。そうなってくると、デスクワークなどが必然的に増えてしまい、腰痛や長時間疲れない座布団が欲しくなることでしょう。そんなおすすめな座布団ランキング第4位の商品は、「U-miss」という企業が設計・製作を行なっている「U-miss 高反発座布団クッション」というおすすめな座布団です。高反発で動作をアシストしてくれる作りになっています。

「U-miss 高反発座布団クッション」のタイプは「高反発タイプ」で、サイズは「縦36.8×横45.7×厚み6.3cm」、使用素材「高反発ウレタンフォーム」、カバー部分の素材「ポリエステル(洗濯可)」というものを使用して作られています。メーカーの販売表示価格は、「2,999円 (税込)」となっていますので、気になる方はぜひ購入してみましょう!インナーカバーで汚れにくいので、夏場にもおすすめです。

3位:ベッドマットレスも有名!「エアウィーヴ airweaveクッション」

長時間でも疲れない!腰痛などにおすすめ座布団ランキング3位

最近では自宅でも仕事をできる時代になっています。そうなってくると、デスクワークなどが必然的に増えてしまい、腰痛や長時間疲れない座布団が欲しくなることでしょう。そんなおすすめな座布団ランキング第3位の商品は、「エアウェーブ」という企業が設計・製作を行なっている「エアウィーヴ airweaveクッション」というおすすめな座布団です。通気性に優れており、かなり使いやすいタイプとなっています。

「エアウィーヴ airweaveクッション」のタイプは「その他のタイプ」で、サイズは「縦39×横39×厚み4cm」、使用素材「エアファイバー」、カバー部分の素材「独自メッシュ素材(洗濯可)」というものを使用して作られています。メーカーの販売表示価格は、「9,072円 (税込)」となっていますので、気になる方はぜひ購入してみましょう!マットレスなどの有名で、アスリートからも支持されているブランドです。

2位:マットレス・ピローが人気!「テンピュール シートクッション」

長時間でも疲れない!腰痛などにおすすめ座布団ランキング2位

最近では自宅でも仕事をできる時代になっています。そうなってくると、デスクワークなどが必然的に増えてしまい、腰痛や長時間疲れない座布団が欲しくなることでしょう。そんなおすすめな座布団ランキング第2位の商品は、「テンピュール」という企業が設計・製作を行なっている「テンピュール シートクッション」というおすすめな座布団です。安定して使える強度ど、その安定感が人気の商品となっています。

「テンピュール シートクッション」のタイプは「低反発タイプ」で、サイズは「縦42×横40×厚み5㎝」、使用素材「低反発ウレタンフォーム(テンピュール素材)」、カバー部分の素材「綿・ナイロン・ポリエステル・コーティングポリウレタン(洗濯可)」というものを使用して作られています。メーカーの販売表示価格は、「9,438円 (税込)」となっていますので、気になる方はぜひ購入してみましょう!

1位:お尻を守る!「IKSTAR 第三世代ヘルスケア座布団」

長時間でも疲れない!腰痛などにおすすめ座布団ランキング1位

最近では自宅でも仕事をできる時代になっています。そうなってくると、デスクワークなどが必然的に増えてしまい、腰痛や長時間疲れない座布団が欲しくなることでしょう。そんなおすすめな座布団ランキング第1位の商品は、「IKSTAR」という企業が設計・製作を行なっている「IKSTAR 第三世代ヘルスケア座布団」というおすすめな座布団です。お尻から骨盤までをしっかりと、支えてくれる仕組みになっています。

「IKSTAR 第三世代ヘルスケア座布団」のタイプは「低反発タイプ」で、サイズは「縦38×横45×厚み7cm」、使用素材「低反発ウレタンフォーム」、カバー部分の素材「」 ポリエステル(洗濯可)というものを使用して作られています。メーカーの販売表示価格は、「2,999円 (税込)」となっていますので、気になる方はぜひ購入してみましょう!かなりおすすめな座布団となっていますので、ぜひ試して見ましょう!

自分にあったおすすめ座布団を見つけよう!

この記事では、長時間座っていても疲れない座布団について、ご紹介していきました。

座布団に関する他の記事が気になる方がこちら

Thumbシートクッションの車用おすすめ座布団10選!低反発でかわいいグッズを紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb座布団カバーの作り方!ファスナーなしが初心者でも簡単に作れる? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-20 時点

新着一覧