ニトリの土鍋おすすめランキング!一人用・IH対応など人気商品を紹介

冬になると暖かい食べ物が欲しくなりますよね。そんな冬に食べる代表的なものといえば鍋料理でしょう。ニトリの土鍋はとてもおすすめで、IH式や一人用土鍋など種類も豊富です。こちらではニトリのIH式や一人用など人気の商品はどんなものなのかまとめてみました。

ニトリの土鍋おすすめランキング!一人用・IH対応など人気商品を紹介

目次

  1. ニトリの土鍋が人気!どんな種類があるのか?
  2. 土鍋のあれこれを知っておこう!ヒビが入ったらどうする?
  3. ニトリのIH式土鍋「わたゆき」をご紹介!
  4. 目止めいらずのニトリの「わたゆき」土鍋が軽くて使いやすい!
  5. 超軽量土鍋?ニトリの「浮雲」でワイワイ楽しむ!
  6. 超軽い土鍋「浮雲」は取扱ラクラクのガス火土鍋!
  7. 皆で使えるニトリの土鍋「IH刷毛目」
  8. ニトリの「刷毛目」重量などはどんな感じ?
  9. 土鍋に選び方はある?ニトリの土鍋から自分にあったものを選ぼう
  10. まとめ:ニトリの土鍋は高品質で使いやすいものがたくさん!

ニトリの土鍋が人気!どんな種類があるのか?

寒くなってくると暖かい食べ物が食べたくなりますね。冬の食べ物の中で最も代表的なのが鍋料理なのではないでしょうか。みんなで一緒に鍋を囲って食べると会話も弾みますし暖かくなります。そういった意味で冬は鍋料理が親しまれていることでしょう。

そんな鍋料理で使用される鍋も、近年になって様々な種類のものが登場しています。そんな中、このまとめでご紹介するのはニトリの土鍋です。前述のとおりニトリの土鍋には様々な種類があり、IH式や一人用など用途に合わせて選ぶことができるようです。

このニトリの土鍋の中で人気のものはどんなものがあるのでしょうか。新しい土鍋を探しているという方は特に気になるのではないでしょうか。それではニトリの土鍋にはどんな種類のものがあるのかやIH式、そして一人用などの人気商品について調査してみましょう。

土鍋のあれこれを知っておこう!ヒビが入ったらどうする?

まず最初に、土鍋というのは一般的に知られている鍋とはちょっと違った性質を持っています。名前に「土」とついているわけですから土でできていることは容易に想像できますね。材料が違うので金属製の鍋とは見た目や性質にも違いがあるのです。

そういった土鍋に関して知識があるのとないのとでは、使用方法にも違いが出てきますね。まず土鍋を使い始める時ですが、七分目程度まで、米や小麦粉などの入っている汁を入れて穴をふさいだりひび割れを防ぐ「目止め」という作業が必要になります。

そして土鍋は本体に蓋をして具材を煮込む料理ですが、中には土鍋と本体の間に隙があり密閉度が低いこともあります。もし密閉度を高めたいときには蓋の外周に濡れたふきんなどを置いておくと良いでしょう。そしてもしヒビが入ってしまったときはお粥を炊くことで修復することが可能です。

ニトリのIH式土鍋「わたゆき」をご紹介!

それでは早速ニトリのおすすめの土鍋をご紹介していきます。まず最初にご紹介するのは、IHとガス点火両方に対応した「わたゆき」という6号の土鍋です。6号というのは使用人数が1人から2人のもので、実質1人用ととらえてもらっても問題はないのかもしれません。

セットの内容は箱の中に説明書と土鍋本体が入っており、ニトリの冬物セールであれば価格は1400円程度なのだそうです。この価格は通販サイトであるAmazonで同じようなサイズの土鍋を購入するよりもずっと安くなっているようですので、セール期間中に購入することをおすすめします。

IHで使用する際は電流は100Vと200Vで使用可能で、加えてプレート無しでIHを使うことができます。プレートが付いていませんので、実際に鍋料理をする際に食材が絡まってしまうことなく快適に食事を勧めることができるようです。この2点は外箱に表記されているので読んでみてください。

Thumb土鍋でIH対応のおすすめ人気ランキング!仕組みや利用する方法は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

目止めいらずのニトリの「わたゆき」土鍋が軽くて使いやすい!

ご紹介しているニトリの「わたゆき」は、使い始めるときに「目止め」をする必要が無いのです。目止めというのは新しい土鍋などを使い始めるときに、米や小麦粉などの入っている汁を鍋の中に投入して鍋表面にある細かい穴をふさぐ作業のことです。

この目止めの作業というのは、実際にやったことのある方は分かるかもしれませんが結構面倒な作業です。購入してから実際に土鍋として使用することができるようになるまでに時間がかかってしまいます。その点「わたゆき」はそんな目止めをする必要が無いのですぐに土鍋として使うことができます。

更に重さや形についてですが、思っているよりも軽く、1人から2人用ということもあって台所から食卓に運ぶようなことではほぼ苦労しないくらいの重さのようです。加えて底はIHに対応しているだけあって平らになっています。

蓋にはやや大きめの大きさの蒸気孔が付いており、形としては普通の深型鍋に似たようなものになっているようです。それはつまり思っているよりも底が深くなっているということで、これら2点が吹きこぼれにくい形を形成しているのでしょう。

Thumb土鍋の使い始めには目止めを!基本的なやり方やコツ・手入れや洗い方も解説 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

超軽量土鍋?ニトリの「浮雲」でワイワイ楽しむ!

続いてご紹介するのは。ニトリの「浮雲」という土鍋です。この鍋はニトリが「超軽量土鍋」と売りに出している通り非常に軽い点が特徴で、重量は8号のものがわずかに1.3kgしかないという軽さです。しかもこれが1人用ならまだわかるかもしれませんが、「浮雲」8号は2人から3人用の土鍋なのでその軽さがどれだけすごいかということが分かります。

浮雲には8号ともう1つ3人から4人用の9号もあり、こちらも重量が1.7キログラムと8号の「浮雲」と比較してもわずか400グラムしか違わないのです。セット内容は「わたゆき」と同じく取扱説明書と土鍋本体で、一応ご紹介しますと使われている材料は土鍋本体の方が耐熱陶器、蓋は陶器となっています。

超軽い土鍋「浮雲」は取扱ラクラクのガス火土鍋!

このニトリの「浮雲」はご紹介したIH式の土鍋「わたゆき」とは違って目止めが必要なものとなっています。取扱説明書にもその点は表記されていますので購入される方はそれを覚えておくことをおすすめします。定期的に保護することも長持ちさせる秘訣です。

色などは本体が黒、蓋が白となっていて蓋には蒸気孔が付いています。価格は8号のものが税込み2490円、9号は3490円となっていて、最大の特徴はニトリが売りに出している通りの軽さです。それ故に他の食器と一緒に洗い物にしてもスムーズにできますし、片付けや取り出しもラクラクです。

ちなみにニトリでは税別7000円以上購入すると送料が無料になるサービスを行っています。この「浮雲」はガス火のみ対応している土鍋ですから、カセットコンロやボンベと一緒にニトリで購入してみても良いかもしれません。

皆で使えるニトリの土鍋「IH刷毛目」

お次は「刷毛目」という名称のニトリの土鍋です。こちらの土鍋は9号、つまりご紹介した「浮雲」と同じく3人から4人用の大きさとなっていて、最初にご紹介した「わたゆき」と同じくIH式の土鍋でありながら大人数で囲んで食事をすることができるのでとてもおすすめであり、人気の商品です。

加えてIH式の土鍋というのはガス火のみに対応している鍋と比べて価格が高くなりがちなのですが、この「刷毛目」は税込みで1933円と非常にコストパフォーマンスに優れた土鍋となっています。IHは100Vと200V、もちろんガス火にも対応しています。

ニトリの「刷毛目」重量などはどんな感じ?

ニトリの「刷毛目」はガス火のみ対応のものよりも比較的高価になってしまうIH式です。にもかかわらずお値段は2千円以下とリーズナブルでお財布の味方をしてくれる人気の土鍋であるとご紹介しました。さてそんな「刷毛目」の重量など実際の使用感はどんな感じなのでしょうか。

まず重量ですが3.1kgとなっています。3人から4人用の9号ということで少々重めになっています。ですが土鍋としては平均的な重さです。しかしガス火のみ対応しているとはいえご紹介した「浮雲」は同じ9号でもわずか1.7キログラムしかないためこの辺りはどうしても「浮雲」の方が魅力的だと思う方も多いでしょう。

しかし劣る点ばかりあるわけではもちろんなく、ニトリの「刷毛目」は本体のフチが高めになっているので吹きこぼしにくい形状になっています。ですので集まって鍋を囲みおしゃべりに夢中になってしまったとしても心配は無用です。

土鍋に選び方はある?ニトリの土鍋から自分にあったものを選ぼう

ニトリの様々なおすすめの土鍋をご紹介してきました。冬にどの土鍋を使用しようか迷ってしまうかもしれませんね。では土鍋を選ぶときに、どういった選び方をすればよいかなどの基準はあるのでしょうか。まだ購入されたことのない方は参考にしてみてください。

まず1つは使用予定人数より少し大きめのサイズのものを選ぶというものです。土鍋はご紹介した通り1人用のものから大きいものなら4人、5人用のサイズのものなど大きさはさまざまです。1つの土鍋をより多くの用途で使用するというのであれば、一回り大きめのものを選ぶことをおすすめします。

またニトリのものもIH対応の土鍋は底に加工がされているものとIH使用時のみプレートを取り付けるものの2種類があります。プレートのあるほうが安価になりますが洗う際は別々にする必要がありますので、どちらを選ぶかは個人の好み次第になるでしょう。

まとめ:ニトリの土鍋は高品質で使いやすいものがたくさん!

ニトリの土鍋で人気のもの、IH式や一人用のものなどをご紹介しました。大きさやIH対応かどうかが結構異なっていますので、実際にニトリで見てみてどれくらいのものが良いのかを判断するのが一番良いでしょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-19 時点

新着一覧