ホワイトボードが消えない原因は?消し味を復活させる方法など対策も紹介

便利でDIYなどにも利用できるホワイトボード。ホワイトボードが消えない原因が分かれば対策も取ることができます。ホワイトボードが消えない原因やその対策、消えないときの対処法などについてホワイトボードの特徴別にまとめました。

ホワイトボードが消えない原因は?消し味を復活させる方法など対策も紹介

目次

  1. 消えないホワイトボードの対策はある?
  2. ホワイトボードによって消えない理由は違う!まずは種類をチェックしよう
  3. ホーローホワイトボードの特徴は?
  4. ホーローホワイトボードが消えない原因はこれだ!
  5. スチールのホワイトボードの特徴は?
  6. スチールホワイトボードの消えない原因はコーティングが剥がれたからかも
  7. 消えないというトラブルをなくすため、用途にあったホワイトボードを買おう
  8. ホワイトボードが消えないときの対処法は表面を磨く
  9. 消えないと思ったらホワイトボード表面のコーティングを復活させよう
  10. 消えない原因はホワイトボードではなくイレーサー側にあるかもしれない
  11. 消えない原因で以外と多いのがマーカーペン
  12. ホワイトボードが消えないのは除光液を使ったから?
  13. ホワイトボードに書いて放置しておくと消えない原因に?
  14. ホワイトボードは書いてすぐ消しても消えないことがある
  15. まとめ:ホワイトボードが消えないときはさまざまな対策を取ろう

消えないホワイトボードの対策はある?

ホワイトボードは予定を書いたりするのにとても便利なもので、子供たちがお絵描きをしたりするときにも使われます。日常的に使うものなので、長い間ホワイトボードを使っていると、ホワイトボードが消えないという事態になることがあります。

ホワイトボードは便利なものなので、長く使って家においておきたいと思うのが普通でしょう。ホワイトボードが消えない原因を突き止めて、対策を立てて、消し味を復活させる方法を知れば長く使えるようになれるのです。

ホワイトボードは便利なものなので、長く使って家においておきたいと思うのが普通でしょう。ホワイトボードが消えない原因を突き止めて、対策を立てて、消し味を復活させる方法を知れば長く使えるようになれるのです。

ホワイトボードの消し味を復活させるための方法や対処法をまとめましたので、参考にして、いつまでも消し味のよいホワイトボードを使い続ける参考にしてください。

ホワイトボードによって消えない理由は違う!まずは種類をチェックしよう

そもそもホワイトボードはなぜ消えなくなるのでしょうか。ホワイトボードが消えない状態になる原因を知る前に、まずはホワイトボードには2種類あるということを知らなくてはなりません。ホワイトボードには大きく分けて2つの種類あるので、そのホワイトボード別にいろいろと策を講じなくては消え味を復活させることはできません。

ホワイトボードには、ホーローボードとスチールボードがあります。これら2つの違いは、スチールボードはスチールでできていて、ホーローボードはホーローを焼いてできているという名前通りの違いです。まずは自分のボードがスチールボードなのか、ホーローボードなのかをチェックしてください。

消し味を復活させるには、消えなくなった原因を見極めることが必要ですがそのためには自分が持っているホーローボードの種類を知ることが必要なのです。

ホーローホワイトボードの特徴は?

ホーローボードは、名前の通り、暮らしの中で使われるお鍋などの材料であるホーローを焼いて作られたホワイトボードです。ホワイトボードがホーローでできているため、スチールボードに比べて劣化しにくい特徴があります。

ホワイトボードの消し味が悪くなる原因はホワイトボードの劣化なのですが、暮らしの中でホーローボードを利用することを選らんでおけば劣化で消し味が悪くなってしまうことを未然に防ぐことができます。

ホワイトボードの消え味を復活させる方法もいくつかあるのですが、復活させることよりも、消し味が持続しやすいものを選らんだほうが、のちのち得であることは言うまでもありません。

消し味が日々の暮らしの中で使っていて、落ちてしまうのが不安ならば初期投資を恐れずにホーローボードを利用したほうが良い場合もあります。消し味が落ちやすい原因である劣化が少ないからです。

ホーローホワイトボードが消えない原因はこれだ!

コスパは悪いですが、その代わり消し味が落ちづらいのが特徴のホワイトボード。ホーローボードは劣化しづらいので、消し味が長持ちするのです。しかし、そんなホーローボードでも暮らしの中で適切でない使い方をしてしまうと、消し味が悪くなってしまいます。

消し味は復活させる方法もなくもないのですが、普段の暮らしの中でホワイトボードの間違った使い方をしなければ、消し味を悪くするのを防ぐことができます。ホーローボードが原因でホワイトボードの消し味が悪いときは、ホワイトボードが汚れているときということがあります。

ホワイトボードが汚れないように早めに汚れを拭き取りましょう。ホワイトボードに何かを書いたあと、イレーサーで消すときなども黒ずみが残らないように注意してください。

スチールのホワイトボードの特徴は?

ホーローボードの特徴と、消し味を悪くしない使用法についてはお分かりいただけたかと思います。今度は、スチールボードの特徴についてご説明します。スチールボードはスチールでできているボートでスチールの表面の塗料がウレタンやアクリルでできていることが多いのです。

ホーローボードのガラス塗料とは違い、ウレタンやアクリルでできている塗料は劣化しやすく正しく使わないと簡単に劣化してしまいます。しかし、コスパはとても良いのでスチールボードの特徴を知って、大切に使いましょう。日々の暮らしの中でスチールボードの消し味が落ちる原因となる塗料が剥がれるような使い方をしなければ、価格を抑えてホワイトボードのある暮らしを楽しむことができます。

100均一で売っているものは、中国製のものが多いです。中国製のものはスチールボードが多いのが現状なので使い方を工夫しないとすぐに消え味が落ちてしまいます。しかし、手軽に使えるので使い切りのDIYなどにはぴったりですし、次項で説明するホワイトボードの使い方をしっかりマスターすれば長く扱うことができます。

Thumbダイソーのホワイトボードが便利!人気のホワイトボードノートの活用法は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

スチールホワイトボードの消えない原因はコーティングが剥がれたからかも

スチールボードに書いた文字を消そうと思っても、消えないときの原因の1つにスチールボードの表面のコーティングが剥がれてしまっているからということがあります。コーティングが剥がれると、消え味が悪くなってしまうのです。つるつるした表面には、コーティングが施されています。

そのコーティングがホワイトボードをホワイトボードたらしめているのです。表面の手入れを薬品などでしてしまうと、コーティングが剥がれてホワイトボードの消し味が悪くなってしまします。日々の暮らしの消し味を悪くしない対策としては、ホワイトボードの表面のコーティングを剥がさないことが重要なのです。

消えないというトラブルをなくすため、用途にあったホワイトボードを買おう

ホワイトボードが消えないとイライラしてしまいます。長く使いたいのならば、品質の良いホワイトボードであるホーローボードを購入すると、そのようなケシ味が悪くなるということを避けられる可能性が高くなります。

しかし、消し味が悪くならないように日々の暮らしの中で対策をしながら使えばホーローボードよりも品質面で少し難のあるスチールボードでも全く駄目だというわけではありません。ホワイトボードの消し味は対策を取れば復活させることもできるのです。

例えば、暮らしの中でホワイトボードに絵を描いて友達に贈ろうと思い立ったときは消しづらいものでも良いですし、ホワイトボードの消し味が悪くならないように対策をするなどせずに贈っても大丈夫です。

しかし、日常的な暮らしの中でカレンダーや掲示板代わりに使うとなるとしょっちゅう消したり書いたりが普通になるので、消し味が悪くならないように対策をしたり、表面のコーティングを復活させて、消し味も復活させるなどといったことが必要になる場合もあるのです。

ホワイトボードが消えないときの対処法は表面を磨く

ホワイトボードの消し味が悪くなってしまい、復活させたいと思ったときまず一番最初に簡単にできるのが表面を拭いてきれいにすることです。暮らしの中で長く使っていると消し味が悪くなり早く復活させたいと思う場合も多いですが、気合を入れて洗剤などを使う前にまずは復活させるために軽く水拭きしてください。

ホワイトボードの消し味を復活させるには、表面の汚れを取り除くことが有効ですが、ホワイトボードの汚れを取るときに表面の汚れと一緒にコーティングまで拭き取ってしまっては、本末転倒だからです。ホワイトボードの消え味を復活させたいと思ったときは、まずボードの汚れを落とすことが重要ですが、コーティングまで一緒に落とさないよう水拭きを試してください。

消えないと思ったらホワイトボード表面のコーティングを復活させよう

ホワイトボードの消え味が悪くなる原因の1つに表面のコーティングが消えてしまうというものがあります。そのコーティングが剥がれてしまうことが原因だった場合、いくら磨いても消え味を復活させることはできません。

そのときに消え味を復活させるアイテムのコーティング剤が売られています。コーティング剤を使えば、ホワイトボードの消え味を復活させることができます。暮らしの中でホワイトボードを大切に扱っていくことは大切ですが、それでもコーティングが剥がれてホワイトボードが使えなくなってしまう場合もあります。

そのときに消え味を復活させるアイテムのコーティング剤が売られています。コーティング剤を使えば、ホワイトボードの消え味を復活させることができます。暮らしの中でホワイトボードを大切に扱っていくことは大切ですが、それでもコーティングが剥がれてホワイトボードが使えなくなってしまう場合もあります。

そのときはケチらずにコーティング剤を使って消え味を復活させてください。水拭きをしても駄目だった場合、このコーティング材を使うことが有効な場合があるのです。

消えない原因はホワイトボードではなくイレーサー側にあるかもしれない

ホワイトボードが消えないのは、イレーサーが原因の可能性もあります。イレーサーが原因だと、一番手っ取り早い方法は原因を取り除くことが必要になります。普通に暮らしている中で使用頻度が高いとイレーサーが傷みやすい状態になってしまう場合があります。イレーサーの布部分が傷んだり、イレーサーの布部分が汚れてしまうのがホワイトボードが消えづらくなる原因になっていることはよくあることなのです。

この場合、イレーサーの布部分の汚れを取るということが、一番重要です。持っているホワイトボードのイレーサーの布部分が洗える場合は、洗うことが有効です。そして、洗えないタイプのものだった場合でも、布部分をひっくり返したりできるようになっていることもあるので、暮らしの中で消えづらさを感じたら試してみましょう。

消えない原因で以外と多いのがマーカーペン

ホワイトボードが消えにくい原因として、次に挙げられるのがマーカーペンの使い方です。忙しい暮らしの中でメモ代わりにホワイトボードを利用して放置するということもあるかもしれませんが、それは消えにくさを助長することとなります。

ホワイトボードに物を書いたまま、長時間放置するとマーカーペンに含まれる剥離剤が劣化します。剥離剤は名前のとおり、マーカーペンがイレーサーで落ちやすくするためのものです。これが劣化するとホワイトボードにマーカーペンが残りやすくなってしまうのです。

ホワイトボードに物を書いたまま、長時間放置するとマーカーペンに含まれる剥離剤が劣化します。剥離剤は名前のとおり、マーカーペンがイレーサーで落ちやすくするためのものです。これが劣化するとホワイトボードにマーカーペンが残りやすくなってしまうのです。インクの中に剥離剤が入っていてその劣化がホワイトボードの消えにくさを引き起こすのです。ホワイトボードを繰り返し長く使いたいと考えるのならば、書いたメモや絵は早めに消しましょう。

ホワイトボードが消えないのは除光液を使ったから?

ホワイトボードが汚れてきたからということで、除光液を使う人がたまにいます。除光液を使うときれいになって、マーカーペンのインク跡や蓄積されたいろいろな汚れまですっきりと取れるので好んで使う人もいるかもしれません。しかし、除光液はホワイトボードの表面のコーティングも取ってしまうことがあるのです。

ホワイトボードの表面のコーティングはマーカーペンで書いてもイレーサーでこすればすぐインクが消えるように施されているものです。それがなくなってしまっては、ホワイトボードを長く使うことは難しいです。ホワイトボードのコーティングが剥がれるような使い方をしないためにも除光液は控えてください。

ホワイトボードに書いて放置しておくと消えない原因に?

ホワイトボードに書いた文字を長時間放置しておくと、マーカーペンに含まれる剥離剤が劣化して文字が消えづらくなります。場合によっては、ホワイトボードに文字の跡が残ってしまうこともあるかもしれません。

贈り物などの場合は、長時間放置しても大丈夫ですがそうではない場合は早めに消して真っ白な状態を保ちましょう。

ホワイトボードは書いてすぐ消しても消えないことがある

ホワイトボードは書いては消してを繰り返していると消え味が悪くなってしまうことがあります。ホワイトボードは書いては消してを繰り返すとマーカーペンのインクが広がってしまいその上からボードに書いてということを繰り返してしまうと消えづらくなります。数時間後に消すということも、マーカーペンに含まれる剥離剤が悪くなり消えなくなりやすい原因になります。

しかし、ホワイトボードに書いた直後に消してしまうということも消えづらいホワイトボードの原因になったりするのです。加減が難しい問題ですが、これらの原因を頭に入れて置いたほうが長くホワイトボードを使えるようになります。


まとめ:ホワイトボードが消えないときはさまざまな対策を取ろう

ホワイトボードは買い物メモなどにも便利で、日常的に使っている人も多いでしょう。子供たちもお絵描きが大好きなので、ホワイトボードに絵を絵を描かせてあげれば、想像力も広がります。しかし、消えにくくなってしまうという問題に悩まされている人も多いのです。ホワイトボードには2種類あって1つがホーローボード、もう1つがスチールボードです。

ホーローボードの主な消えにくさの原因はボードが汚れていることやイレーサーが汚れていることなどです。しかし、スチールボードの場合は表面のコーティングが剥がれやすいという特徴があるので、除光液を使うとコーティングがなくなってしまい剥がれやすさの原因になることがあります。ホワイトボードとスチールボードの違いをよく理解して、それぞれにあった対処法が分かるようになることが、ホワイトボードを長く使うコツです。


こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-17 時点

新着一覧