ベッドにヘッドボードは必要?おすすめの選び方とポイントを紹介!

皆さんはベッドにヘッドボードなどがついているでしょうか?自分自身の睡眠の前に行う行動によっては、ヘッドボードがあったほうがより、良い睡眠を行うことができる場合も数多く存在しています。そんなベッドにつけるヘッドボードについてご紹介します。

ベッドにヘッドボードは必要?おすすめの選び方とポイントを紹介!

目次

  1. ベッドにヘッドボードは必要?
  2. 失敗しない!ベッドのヘッドボードのおすすめな選び方とは?
  3. ベッドやヘッドボードに定期的に風を当ててあげよう!
  4. 選び方はメリット重視?ベッドに使うおすすめで人気なヘッドボードを紹介!
  5. 1選目:とりあえずならおすすめ!「グランディシリーズ フランスベッド GR-01F YS」
  6. 2選目:シックにおしゃれ!「東京インテリアオリジナル ベッドフレーム / ライラック」
  7. 3選目:軽くておすすめ!「アテックス 収納式桐すのこベッド AX-BF1006」
  8. 4選目:檜で嫌な匂いを解消!「出雲木工 炭八ベッド」
  9. 5選目:ヘッドボードがソファがわりに!「ドリームベッド ニューヨーク550」
  10. 6選目:水草がおしゃれ!「東京インテリアオリジナル 水草ウォーターヒヤシンス HBD-08」
  11. 7選目:畳の力でダニなどを防ぐ「フランスベッド タタミーノ」
  12. 8選目:引き出しがたくさん!「東京インテリア タタミベッド / ひよりC5DR」
  13. 9選目:デスクスペース付き!「LOWYA システムベッド」
  14. 10選目:ベッドの下にスペースを!「LYCKA システムベッド カーテン付き」
  15. ベッドにヘッドボードをつけよう!

ベッドにヘッドボードは必要?

ベッドに皆さんはどんなヘッドボードがついていますか?ヘッドボードには様々な種類が存在しており、その役割は購入したものによっても大きく変化していきます。

そういった細かい変化に対して、しっかりと意識して選ぶことによって、自分自身にあっているヘッドボードがついているベッドを選ぶことができるようになります。普段からどんな睡眠を自分は行なっているのかを、まずは考えていきましょう!

失敗しない!ベッドのヘッドボードのおすすめな選び方とは?

自分の使用するベッドのサイズを決めよう!

自分自身のサイズに合っているベッドを選んでいますか?自分の身長などをしっかりと加味して、ベッドのサイズを選ぶことはとても重要で、体に合っているベッドを選ぶことでより一層安定した、睡眠を行うことができるようになります。しっかりと自分に合っているサイズを、選ぶようにしっかりと吟味していきましょう。そうすることによって、よりい一生体のメンテナンスができるでしょう。

寝る前に行う自分の行動を分析しよう

自分自身の行動パターンには様々なものがあります。本を読んだり携帯を触ったりなど様々なものがあることでしょう。そういった日々の寝る前に無意識に行なっている行動を、しっかりと分析することによって、自分には一体どんなヘッドボードがついているベッドがいいのかが、見えてくるのです。そういった自分自身の普段から行なっているルーティンを把握しておきましょう。それが選択肢になります。

ヘッドボードは種類によっても印象が変わる!

ヘッドボードには様々な種類が存在しており、その種類によって睡眠の質も大きく変化します。例えばコンセントがついているものであれば、頭の上で充電はできますが携帯がなるとその都度目が覚めてしまうという点もあります。他にも本を読む方であれば、ライトなどがついているタイプがオススメでしょう。寝る前に本を読むことによって、より一層趣味を楽しむことができる時間が増えます。

ベッドやヘッドボードに定期的に風を当ててあげよう!

ベッドやヘッドボードは定期的に風などを当ててあげることが、とても重要になります。換気することによって、しっかりとベッドの質を保つことができるのです。部屋などもそうですが換気をしっかりと行わなければ、カビなどが生えて使えなくなってしまいますので、そういったメンテナンスなどをしっかりと行うことを、忘れないようにしましょう!

選び方はメリット重視?ベッドに使うおすすめで人気なヘッドボードを紹介!

ヘッドボードがついているベッドは様々なものが存在していますが、一体その中からどういった商品を選ぶべきか、わからなくなっている方が多いでしょう。しかしそれは自分自身の使い方にも大きく関わっており、一概にこれがいいという結論は出しにくいものなのです。

しかしそれでもおすすめなヘッドボード付きの人気ベッドは存在していますので、そちらを次の章ではご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1選目:とりあえずならおすすめ!「グランディシリーズ フランスベッド GR-01F YS」

選び方はメリット重視?ベッドに使うおすすめで人気なヘッドボード1選目

最近では日本でも布団で眠る文化よりも、ベッドで寝る方がかなり多くなっています。部屋にベッドを置くのであれば、ヘッドボードの種類を意識するだけでかなり部屋をおしゃれにすることが可能なのです。寝る前に行なっている普段の行いなどによっても、ベッドのヘッドボードは使い分けが重要です。初めのヘッドボードを購入されるのであれば、かなりおすすめなベッドになっています。

そんなベッドのヘッドボードのおすすめ商品10選中、1選目は「グランディシリーズ」という会社が製作している「グランディシリーズ フランスベッド GR-01F YS」という商品になります。「グランディシリーズ フランスベッド GR-01F YS」ベッドのヘッドボードのサイズは「98×200.5×87×33.5」となっており、ヘッドボードのタイプは「フラットヘッドボード付」となっています。

2選目:シックにおしゃれ!「東京インテリアオリジナル ベッドフレーム / ライラック」

選び方はメリット重視?ベッドに使うおすすめで人気なヘッドボード2選目

最近では日本でも布団で眠る文化よりも、ベッドで寝る方がかなり多くなっています。部屋にベッドを置くのであれば、ヘッドボードの種類を意識するだけでかなり部屋をおしゃれにすることが可能なのです。寝る前に行なっている普段の行いなどによっても、ベッドのヘッドボードは使い分けが重要です。寝る前にストレスを感じることなく、過ごすことが良い眠りへも繋がりますので、ベッドにはこだわりましょう。

そんなベッドのヘッドボードのおすすめ商品10選中、2選目は「東京インテリアオリジナル」という会社が製作している「ベッドフレーム / ライラック」という商品になります。「ベッドフレーム / ライラック」ベッドのヘッドボードのサイズは「 101cm 奥行:205cm 高さ:80cm 床高:22.5cm」となっており、ヘッドボードのタイプは「ヘッドボードはスリムな棚付き型、コンセント付」となっています。

3選目:軽くておすすめ!「アテックス 収納式桐すのこベッド AX-BF1006」

選び方はメリット重視?ベッドに使うおすすめで人気なヘッドボード3選目

最近では日本でも布団で眠る文化よりも、ベッドで寝る方がかなり多くなっています。部屋にベッドを置くのであれば、ヘッドボードの種類を意識するだけでかなり部屋をおしゃれにすることが可能なのです。寝る前に行なっている普段の行いなどによっても、ベッドのヘッドボードは使い分けが重要です。次にご紹介するものに関しては、一人でも簡単に組み立てることができるタイプの、ベッドになっています。

そんなベッドのヘッドボードのおすすめ商品10選中、3選目は「アテックス」という会社が製作している「アテックス 収納式桐すのこベッド AX-BF1006」という商品になります。「アテックス 収納式桐すのこベッド AX-BF1006」ベッドのヘッドボードのサイズは「幅112x長さ203x高さ49」となっており、ヘッドボードのタイプは「床下収納」となっています。値段関しても安めの設定になっているので、購入が可能でしょう。

4選目:檜で嫌な匂いを解消!「出雲木工 炭八ベッド」

選び方はメリット重視?ベッドに使うおすすめで人気なヘッドボード4選目

最近では日本でも布団で眠る文化よりも、ベッドで寝る方がかなり多くなっています。部屋にベッドを置くのであれば、ヘッドボードの種類を意識するだけでかなり部屋をおしゃれにすることが可能なのです。寝る前に行なっている普段の行いなどによっても、ベッドのヘッドボードは使い分けが重要です。実際あまり睡眠時に、体を動かすことが多いと、眠りの質を下げてしまうという研究結果もあります。

そんなベッドのヘッドボードのおすすめ商品10選中、4選目は「出雲木工」という会社が製作している「出雲木工 炭八ベッド」という商品になります。「出雲木工 炭八ベッド」ベッドのヘッドボードのサイズは「長218cm、幅102.4cm、高76.5cm」となっており、ヘッドボードのタイプは「棚・コンセント付」となっています。コンセントがついているので、ベッドで本を読んだりする方にもおすすめな商品でしょう。

5選目:ヘッドボードがソファがわりに!「ドリームベッド ニューヨーク550」

選び方はメリット重視?ベッドに使うおすすめで人気なヘッドボード5選目

最近では日本でも布団で眠る文化よりも、ベッドで寝る方がかなり多くなっています。部屋にベッドを置くのであれば、ヘッドボードの種類を意識するだけでかなり部屋をおしゃれにすることが可能なのです。寝る前に行なっている普段の行いなどによっても、ベッドのヘッドボードは使い分けが重要です。ロータイプのベッドなので、ヘッドボードにもたれかかれば、ソファとしても使うことができるタイプとなっています。

そんなベッドのヘッドボードのおすすめ商品10選中、5選目は「ドリームベッド」という会社が製作している「ドリームベッド ニューヨーク550」という商品になります。「ドリームベッド ニューヨーク550」ベッドのヘッドボードのサイズは「W1580×D2360×H990/890×MH210mm」となっており、ヘッドボードのタイプは「特になし」となっています。ぜひ一度見てみると良いでしょう。

6選目:水草がおしゃれ!「東京インテリアオリジナル 水草ウォーターヒヤシンス HBD-08」

選び方はメリット重視?ベッドに使うおすすめで人気なヘッドボード6選目

最近では日本でも布団で眠る文化よりも、ベッドで寝る方がかなり多くなっています。部屋にベッドを置くのであれば、ヘッドボードの種類を意識するだけでかなり部屋をおしゃれにすることが可能なのです。寝る前に行なっている普段の行いなどによっても、ベッドのヘッドボードは使い分けが重要です。しっかりと自分の座高などを意識して、ベッドを選ぶようにすることが重要です。覚えておくと良いでしょう。

そんなベッドのヘッドボードのおすすめ商品10選中、6選目は「東京インテリアオリジナル」という会社が製作している「東京インテリアオリジナル 水草ウォーターヒヤシンス HBD-08」という商品になります。「東京インテリアオリジナル 水草ウォーターヒヤシンス HBD-08」ベッドのヘッドボードのサイズは「171cm 奥行:248cm 高さ:64/24cm」となっており、ヘッドボードのタイプは「水草タイプ」となっています。

7選目:畳の力でダニなどを防ぐ「フランスベッド タタミーノ」

選び方はメリット重視?ベッドに使うおすすめで人気なヘッドボード7選目

最近では日本でも布団で眠る文化よりも、ベッドで寝る方がかなり多くなっています。部屋にベッドを置くのであれば、ヘッドボードの種類を意識するだけでかなり部屋をおしゃれにすることが可能なのです。寝る前に行なっている普段の行いなどによっても、ベッドのヘッドボードは使い分けが重要です。そういった部分を意識することによって、快適な睡眠を実現することができるのです。

そんなベッドのヘッドボードのおすすめ商品10選中、7選目は「フランスベッド」という会社が製作している「フランスベッド タタミーノ」という商品になります。「フランスベッド タタミーノ」ベッドのヘッドボードのサイズは「幅97.4×長さ19.8×高さ50×フレーム高27.5」となっており、ヘッドボードのタイプは「高機能の和紙畳を使用」となっています。和製で湿度などにもかなり強い素材を採用しています。

8選目:引き出しがたくさん!「東京インテリア タタミベッド / ひよりC5DR」

選び方はメリット重視?ベッドに使うおすすめで人気なヘッドボード8選目

最近では日本でも布団で眠る文化よりも、ベッドで寝る方がかなり多くなっています。部屋にベッドを置くのであれば、ヘッドボードの種類を意識するだけでかなり部屋をおしゃれにすることが可能なのです。寝る前に行なっている普段の行いなどによっても、ベッドのヘッドボードは使い分けが重要です。さらには収納などがついているタイプの、ベッドであればなおさら過ごしやすくなることでしょう。

そんなベッドのヘッドボードのおすすめ商品10選中、8選目は「東京インテリア」という会社が製作している「東京インテリア タタミベッド / ひよりC5DR」という商品になります。「東京インテリア タタミベッド / ひよりC5DR」ベッドのヘッドボードのサイズは「S 98cm/SD 120cm 奥行:210cm 高さ:80cm」となっており、ヘッドボードのタイプは「ヘッドボードに便利なカウンター付 引き出しは下段に5杯」となっています。

9選目:デスクスペース付き!「LOWYA システムベッド」

選び方はメリット重視?ベッドに使うおすすめで人気なヘッドボード9選目

最近では日本でも布団で眠る文化よりも、ベッドで寝る方がかなり多くなっています。部屋にベッドを置くのであれば、ヘッドボードの種類を意識するだけでかなり部屋をおしゃれにすることが可能なのです。寝る前に行なっている普段の行いなどによっても、ベッドのヘッドボードは使い分けが重要です。しっかりと自分自身の生活スタイルにいあっている、ベッドを選ぶことを意識しておきましょう。

そんなベッドのヘッドボードのおすすめ商品10選中、9選目は「LOWYA」という会社が製作している「」という商品になります。「LOWYA システムベッド」ベッドのヘッドボードのサイズは「幅202.5(ハンガー掛け含む214)×奥行104×高さ118.5cm」となっており、ヘッドボードのタイプは「システムベッド」となっています。下の部分に椅子なども入れることができるので、狭い部屋のスペースでもベッドを使うことができます。

10選目:ベッドの下にスペースを!「LYCKA システムベッド カーテン付き」

選び方はメリット重視?ベッドに使うおすすめで人気なヘッドボード10選目

最近では日本でも布団で眠る文化よりも、ベッドで寝る方がかなり多くなっています。部屋にベッドを置くのであれば、ヘッドボードの種類を意識するだけでかなり部屋をおしゃれにすることが可能なのです。寝る前に行なっている普段の行いなどによっても、ベッドのヘッドボードは使い分けが重要です。しっかりと自分の使いやすさなどを、分析してから部屋のレイアウトに合うタイプのベッドを選びましょう。

そんなベッドのヘッドボードのおすすめ商品10選中、10選目は「LYCKA」という会社が製作している「LYCKA システムベッド カーテン付き」という商品になります。「LYCKA システムベッド カーテン付き」ベッドのヘッドボードのサイズは「幅104.5×長さ205.5×高さ161cm」となっており、ヘッドボードのタイプは「システムベッドタイプ」となっています。ヘッドボードもついているのでかなりおすすめでしょう。

ベッドにヘッドボードをつけよう!

ベッドにはヘッドボードなどがついていないタイプのものも、最近では数多く登場しています。しかし自分自身のライフスタイルをしっかりと分析すれば、ベッドにヘッドボードなどが必要なのかどうかやメリットが、はっきりとわかるようになります。

そういった自分自身の睡眠の質というものを、管理することがとても重要になりますので、しっかりと意識してベッドを選ぶようにして見ましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-13 時点

新着一覧