菊池桃子がまたストーカー被害!ホラーすぎる経緯とは?【画像あり】

ストーカー被害に遭っていた菊池桃子さんですが、また同じ人物からのストーカー被害に遭ったとのことです。犯人は逮捕されましたが、いったいどのような経緯で再び犯人は犯行に及んだのでしょうか。菊池桃子さんのストーカー被害について画像も交えて詳しく紹介します。

菊池桃子がまたストーカー被害!ホラーすぎる経緯とは?【画像あり】

目次

  1. ストーカー被害に遭った菊池桃子さんのプロフィール
  2. 菊池桃子さんの現在の家族は?
  3. 前回の菊池桃子さんのストーカー被害の経緯は?
  4. 犯人のタクシー運転手の画像と人物紹介
  5. 前回のストーカー被害について菊池桃子さんのコメント
  6. その後犯人はどうなった?
  7. 再び同じ人物からのストーカー被害に遭った菊池桃子さん
  8. 犯人はストーカー被害を与えたことに対して何と言っている?
  9. 菊池桃子さんのストーカー被害に対するSNSの反応
  10. まとめ:菊池桃子さんのストーカー被害はホラー並みに怖かった

ストーカー被害に遭った菊池桃子さんのプロフィール

タクシー運転手からのストーカー被害に遭った菊池桃子さんですが、どのような人なのでしょうか。菊池桃子さんのプロフィールを詳しく見ていきましょう。

ストーカー被害に遭った菊池桃子さんはこんな人

菊池桃子さんは1968年5月4日生まれで現在50歳です。東京都出身で、叔母が営む喫茶店に事務所関係者が来て、菊池桃子さんの写真を見たことがきっかけでスカウトされます。菊池桃子さんは芸能界デビューの条件として、学業に支障が出ないスケジュールを組むことを求めたそうです。最初は軽い気持ちで芸能界に足を踏み入れた菊池桃子さんですが、その後は1980年代を代表するアイドルとして活躍しました。

現在の菊池桃子さんは母校の戸板女子短期大学の客員教授としても活躍し、各地で講演活動なども行っておられます。主に労働問題、雇用問題、教育問題などが専門で、耳に新しいところでは、一億総活躍国民会議の民間議員にも選出され、率直な菊池桃子さんの意見が話題になったこともありました。現在の菊池桃子さんは一億総活躍国民会議の民間議員をすでに退任されています。

菊池桃子さんの現在の家族は?

今回再びまたストーカー被害に遭ってしまった菊池桃子さんですが、家族も心配です。菊池桃子さんの現在の家族について調べてみましたので紹介します。

菊池桃子さんは1995年にプロゴルファーの西川哲さんと結婚されます。そして西川哲さんとの間に一男一女をもうけます。この二人には障がいがあることで菊池桃子さんはさまざまに悩まれたそうですが、現在はそうした障がいを乗り越えて、二人の子供は私立の難関校に進学したそうです。夫の西川哲さんとは2012年に離婚が成立し、二人の子供の親権は菊池桃子さんが持つことになりました。

現在の菊池桃子さんは息子さん、娘さんとともに暮らしているものと考えられます。夫もいない家にストーカーが来るというのは、菊池桃子さんは相当に恐ろしい思いをされたのではないかと考えられます。それに、一緒に暮らす子供のことも考えれば、母親として不安や心配もあるはずです。

前回の菊池桃子さんのストーカー被害の経緯は?

今回の菊池桃子さんのストーカー被害について見ていく前に、まずは前回のストーカー被害について振り返ってみましょう。菊池桃子さんはなぜストーカー被害に遭ってしまったのでしょうか。

最初のストーカー被害の経緯

ストーカー容疑で逮捕された飯塚容疑者は、2017年の秋頃に菊池桃子さんをタクシーに乗せたのだそうです。以前から菊池桃子さんのファンだった飯塚容疑者は、マスクをして顔がわかりにくい菊池桃子さんの顔を、降車時に接近してのぞき込み、本人であることを確認したのだとか。その後、菊池桃子さんのマンション周辺を徘徊したり、インターホンを押すなどのつきまとい行為を繰り返したのだそうです。

逮捕寸前に飯塚容疑者はタクシー会社を退職

そのため、菊池桃子さんは警察に相談し、警察から飯塚容疑者に接近禁止などの警告が行われました。しかし、飯塚容疑者はその後も菊池桃子さんのつきまといを続け、逮捕の数日前には勤務していたタクシー会社を退職したそうです。その後、SNSに「今から会いに行く」と書き込んで菊池桃子さんの自宅周辺に現れた飯塚容疑者を警察が逮捕しました。

犯人のタクシー運転手の画像と人物紹介

菊池桃子さんへのストカー容疑で逮捕された飯塚博光容疑者ですが、どのような人物なのでしょうか。飯塚容疑者の画像はあるのでしょうか。画像を交えて飯塚容疑者について紹介しましょう。

逮捕された元タクシー運転手の飯塚容疑者の画像

こちらが元タクシー運転手の飯塚容疑者の画像になります。画像を見る限りは、いたって普通の男性のように見えます。しかし、執拗なほどのストーカー行為は病的でもあり、ある意味でホラーのような怖さも感じます。菊池桃子さんは相当に恐ろしかったでしょう。飯塚容疑者は「私ならあなたを幸せにできる」などと菊池桃子さんに求婚を迫ったこともあったそうです。

なぜ飯塚容疑者が逮捕されるほどのストーカー行為に及んでしまったのかの経緯は、よく分かっていません。菊池桃子さんはただ単に飯塚容疑者のタクシーに乗っただけのことですし、飯塚容疑者にもこれまでに犯罪歴などがあった形跡はありません。飯塚容疑者がなぜそこまで思い詰めたのかという経緯を知ることは、今後の同様の犯罪防止にも役に立つかもしれません。

前回のストーカー被害について菊池桃子さんのコメント

前回の飯塚容疑者の逮捕を受けて、菊池桃子さんは記者たちにその複雑な胸の内を語りました。菊池桃子さんは飯塚容疑者についてどのように語ったのでしょうか。

菊池桃子さんは2018年4月の飯塚容疑者の逮捕後にブログを更新し、これまでの経緯とともに心境を告白されています。それによると、家族全員が眠れない日々が続き、昨年の飯塚容疑者のつきまとい行為が始まってから、不安な毎日を過ごしてきたといいます。ただ、それ以上のことについては、現在捜査中であるということからコメントを控えておられました。

実際につきまとい行為が始まってから犯人が逮捕されるまでに半年もかかり、菊池桃子さんの心労は相当なものだったはずです。また、一緒に暮らす家族にも被害が及ぶのではないかと考えたり、家族自身も不安になることもあったでしょうから、この半年は菊池桃子さんにとっては辛い日々だったと想像ができます。

その後犯人はどうなった?

飯塚容疑者が逮捕されたことで一件落着をしたと考えられた菊池桃子さんへのストーカー問題ですが、その後犯人の飯塚容疑者はどうなったのでしょうか。

菊池桃子さんへのストーカー行為により、ストーカー規制法違反の疑いで2018年4月に逮捕された飯塚容疑者ですが、その後、罰金30万円の略式命令を受けたのだそうです。さらには菊池桃子さんへの接近禁止命令も出ており、飯塚容疑者は「もう菊池桃子さんには近づかない」と言っていたそうです。

ただ、菊池桃子さんは飯塚容疑者が逮捕された際に「これで終わりではなく、今後のことを考えると怖い」と取材の記者に言っていました。ストーカー犯罪は再犯率が高く、それを防止する決定的な手立てが現在はないのが実情です。

再び同じ人物からのストーカー被害に遭った菊池桃子さん

飯塚容疑者の逮捕後に菊池桃子さんが訴えていた懸念は当たってしまいました。飯塚容疑者は釈放後に再び菊池桃子さんにストーカー行為を行いました。

飯塚容疑者は2018年4月に、菊池桃子さんに対するストーカー容疑で逮捕され、罰金30万円の略式命令を受けたばかりでした。そして、その際には「二度と近づきません」という約束もしていたといいます。しかし、その約束はそれから三ヵ月も経たないうちに破られてしまいました。

飯塚容疑者が逮捕されたのは、2018年6月19日のことでした。接近禁止命令が出ているにもかかわらず、飯塚容疑者は菊池桃子さんの自宅へ押しかけ、インターホンを押したということです。当時菊池桃子さんは外出していたそうですが、飯塚容疑者の訪問に気づき、警察に通報しました。そして事実関係を認めた飯塚容疑者を警察が逮捕したというのが今回の経緯だそうです。

犯人はストーカー被害を与えたことに対して何と言っている?

前回の逮捕から僅か三ヵ月で犯行に及んでしまった飯塚容疑者ですが、いったいどのように今回の犯行の理由を語っているのでしょうか。飯塚容疑者の言い分について調べてみました。

飯塚容疑者は警察の取り調べに対して、「いけないというのは分かっていたが、どうしても会いたくなって行ってしまった」と答えているそうです。専門家によると、前回は罰金の略式命令で済みましたが、今回の飯塚容疑者の犯行は実刑になるのではないかとのことです。

菊池桃子さんへの半年にも及ぶストーカー行為が、犯人逮捕という形で終わったと考えていたところへ、わずか三ヶ月後に同じ容疑者によるストーカー行為が行われてしまいました。菊池桃子さんは今回の飯塚容疑者の再逮捕について「怖いのひとこと」と言い、「予想もつかないことがどんどん起こるのが怖い」とも言っておられたそうです。

菊池桃子さんのストーカー被害に対するSNSの反応

今回の飯塚容疑者の再逮捕に対して、SNSではどのような反応があるのでしょうか。菊池桃子さんへのストーカー被害に関するSNSの反応を調べてみました。

やはり罰金刑や服役をさせるだけではなく、そうした行為に至ってしまうことへの治療などといった部分を望む声は多かったようです。今回の短期間での飯塚容疑者の再犯を見ていると、なおさらそう感じる人も多いでしょう。

飯塚容疑者のような短期間での再犯の場合は、何か手を打たなければどんどん行為がエスカレートするだろうという意見も多く見られました。最悪の場合は殺傷事件にまでなるのでは、と心配する声も多数聞かれるようです。

今回、飯塚容疑者には接近禁止命令が出ていましたが、それにも関わらず、わずか三ヶ月での再犯に、接近禁止命令は役に立つのかといった意見も見られました。菊池桃子さんは芸能人なのですぐにニュースになりましたが、もしもこれが一般人なら、殺されて初めてニュースになるだろうといった意見もあるようです。

まとめ:菊池桃子さんのストーカー被害はホラー並みに怖かった

菊池桃子さんがストーカー被害に遭ったというニュースがあったのはたった三ヶ月前の話で、まだそのニュースの記憶も鮮明なうちの再犯に、犯人の飯塚容疑者の底知れぬ闇を感じた人も多かったでしょう。菊池桃子さんはさらに恐ろしい思いをしているはずです。一日も早く菊池桃子さんに平穏な日常が戻ることを願ってやみません。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-07-19 時点

新着一覧