告白は切り出し方とタイミングが大切!確率を上げるセリフや方法は?

好きな人に告白したいけれど、告白の切り出し方が分からないと思ったことはありませんか?告白の切り出し方にはベストなタイミングや場所があります。事前に告白にベストなタイミングや場所を知っておくことで、衝動的に告白するよりも、告白の成功率が上がります。

告白は切り出し方とタイミングが大切!確率を上げるセリフや方法は?

目次

  1. 告白の切り出し方が分からない!
  2. 好きな人に告白する方法は?
  3. 直接会って告白するときの切り出し方
  4. 電話での告白の切り出し方
  5. メールで告白を切り出す方法
  6. 手紙で告白するときの切り出し方
  7. 告白の切り出し方におすすめの場所は?
  8. 歩きながら告白するときの切り出し方は?
  9. 告白の切り出し方でNGなタイミング
  10. 寝る時間帯に告白はしない
  11. 朝の告白の切り出し方もNG
  12. 告白の切り出し方にベストな時間は?
  13. 直接会って告白するときは会話中に告白を切り出す
  14. 告白をして振られたら
  15. ベストなタイミングで告白を切り出そう

告白の切り出し方が分からない!

好きな人がいてどうしても気持ちを伝えたいけれど、告白の切り出し方が分からないとお悩みではありませんか?告白は勢いに任せて言うよりも、事前にどこで告白するか、どんな切り出し方のセリフを話すか、何と言って告白するかを考えておくと、告白の成功率が上がります。

好きな人に告白する方法は?

告白の切り出し方も大切ですが、まずは告白する方法についても考えてみましょう。告白する方法には直接伝える、電話で告白する、メール・手紙で告白する方法があります。1番告白の気持ちが伝わりやすいのは直接会って告白する方法です。しかし、緊張してしまってうまく告白できるか不安という場合は、電話やメールで告白する方法をおすすめします。

電話で告白する方法は、はっきりとした口調で話すように気を付けてください。恥ずかしさで声が小さくなってしまうと「もう一回言ってもらえる?」というように、せっかく告白しているのに聞き返されてしまいます。また、告白することで頭が真っ白になってしまう場合は、告白のセリフをメモしておくことも告白を成功させる秘訣です。

メールで告白する場合は告白のセリフを書き、心の準備ができたら送信すればよいだけなので、告白する方としては一番緊張が少ない方法です。しかしメールで告白する場合は、タイミングによってはメールに気付かれなかったり、何らかの理由でちゃんと送信されていなかった場合、返事が返ってこない可能性があります。

返事を待つのが嫌な方は、メールでの告白はやめておいた方が良いでしょう。手紙での告白は今どき珍しいと思われるかもしれませんが、手紙はメールと比べると、手書きで書く分、心がこもっています。心のこもった手紙をもらって嬉しくないと思う人はいないので、メールよりも気持ちをこめた告白をしたい場合は、手紙で告白するのもおすすめです。

直接会って告白するときの切り出し方

好きな人に直接気持ちを伝えるときの切り出し方は、まずは相手に告白する場所に来てほしいと声をかけましょう。「どうして?」と聞かれたら「○○さんに相談したいことがある」というように適当な理由を言って、待ち合わせの約束をしてください。そして、直接告白するときは静かな場所で告白すると成功しやすくなります。

騒音のある場所で告白をされても聞き取りにくくなりますし、相手からも「こんなうるさい場所で告白?」と思われてしまいます。相手が待ち合わせの場所に来てくれたら、「来てくれてありがとう。実はね…」というセリフを言った後に、勇気を持って告白のセリフを話してください。

電話での告白の切り出し方

電話での告白の切り出し方は、せっかく心の準備をしているのに相手が電話に出なかったということにならないためにも、事前に「明日の〇時に電話しても良い?」というように、電話をしても良いか相手に聞いておきましょう。電話する時間は休日、仕事、学校が終わる時間帯などにすると約束しやすくなります。

電話する当日、いきなり告白すると緊張してしまうならば、会話の流れの中で告白する方法があります。雑談をしてお互いの空気が和んだタイミングで、「実はどうしても話したいことがあって…」という切り出し方のセリフの後に、告白してみましょう。

そして電話で告白した場合、相手からその場で返事をもらえないこともあるので、後日2人で会う約束もしてください。相手が仕事や勉強で忙しい場合、返事をすることを忘れられてしまうかもしれません。会う約束をしていれば、相手も「この日までに返事を考えておかないと」と思ってくれるので、告白の返事が返って来やすくなります。

メールで告白を切り出す方法

メールでの告白の切り出し方については、いきなり「好きです」と書いても相手に伝わりにくく、最悪の場合いたずらメールだと思われてしまうかもしれません。メールでの告白の切り出し方は、「いきなりメールしてごめんね」という切り出し方の後に、「実は○○さんのことがずっと好きでした」と告白すると、告白のメールだと相手に分かりやすくなります。

相手からの返事がほしければ、「時間があるときで良いので、お返事待っています」ということも付け加えておくのも大切です。メールで告白する方法のポイントは、長文でだらだらと言葉を並べるのではなく、シンプルで分かりやすいセリフにすることです。そして、絵文字はなるべく使わない方が、相手を好きだという真剣な気持ちが伝わりやすくなります。

Thumb告白の保留期間ってどのくらい?OKの可能性や待ってる間にすべきこと | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

手紙で告白するときの切り出し方

手紙での告白の切り出し方については、「手紙を読んでくれてありがとう」と前置きを書けば、「好きです。付き合ってください」だけでも十分伝わります。自分は咲いてのどんなところが好きなのか、どうして好きになったのかなどの理由を書くと、より相手に自分の気持ちが伝わります。

そして、自分の名前と好きな相手の名前もきちんと書き、相手からの告白の返事がほしければ「お返事待っています」ということも付け加えてください。告白の手紙の渡し方ですが、手紙の場合は好きな人の机の中に入れておいたり、下駄箱の中に入れておくなどの渡し方があると思います。

しかし、告白を成功させたいなら相手に直接渡すのがおすすめです。好きな人に直接渡さないと、相手がそのまま手紙に気付かない可能性もあります。ですから手紙で告白するにしても、渡すときは直接渡す方法にしてください。手紙を直接渡すときは「これ、後で読んでください!」というように、好きな人が1人でいるタイミングを見計らって渡してください。

Thumbラブレターの愛が伝わる書き方を紹介!告白を成功させるコツや例文まとめ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

告白の切り出し方におすすめの場所は?

告白するのにおすすめの場所は、なるべく2人きりになれて、静かで告白のセリフが聞こえる場所です。告白にベストなタイミングが掴みやすい場所といえば、公園、車、観覧車、2人で歩いているときなどです。これらの場所は静かな場所が多いので告白が成功しやすく、告白のセリフを切り出すタイミングが掴みやすい場所です。

公園での告白の切り出し方について

告白のタイミングが掴みやすい公園についてですが、公園といっても子供が遊ぶ場所、大人も楽しめる場所など、色々なものがありますよね。基本的に静かな公園であればどのような公園でも構わないのですが、できれば自然や景色が綺麗な公園で告白するのがおすすめです。

自然や景色が綺麗な公園で告白すると、特に女性への告白の成功率は高くなります。告白する方も自然に囲まれた程良い静けさであれば、シーンとしているよりも告白のセリフも切り出しやすくなります。

車で告白する場合の切り出し方

車の中で告白を切り出すメリットは、告白のセリフが聞こえやすいこと、ほかの人に告白する言葉を聞かれる心配がないことです。楽しかったドライブデートの帰りに告白すると、より告白も成功しやすくなります。告白と一緒にプレゼントを渡したいときにも、車の中に置いておけばすぐに渡すこともできます。

車の中での告白は、ある程度好きな人と親密な関係にある人、静かな場所で告白したい方におすすめの場所です。景色の綺麗な場所に車を停めて告白すると、より告白も成功しやすくなります。また、車の中は掃除しておきましょう。ゴミが落ちていないか、煙草の吸い殻が残っていないかもチェックしておき、綺麗な空間にしておくことも大切です。

観覧車での告白の切り出し方のメリット

告白の定番スポットの1つといえば、観覧車での告白です。特に女性の多くは、観覧車に乗ったタイミングで告白されることに、一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。観覧車での告白のメリットは、車の中と同じように、告白の言葉が聞こえやすいことと、ほかの人に告白を聞かれる心配がないということです。

告白するときは、観覧車に乗った直後に告白するよりも、綺麗な景色が見え始めたら告白するのがベストタイミングです。ただし好きな人が高所恐怖症の場合は、観覧車での告白は止めておいた方が良いです。乗りたくないと言っている相手を無理に乗せて告白をした場合、告白が成功する可能性は下がってしまうので注意してください。

歩きながら告白するときの切り出し方は?

2人で歩いているときに告白を切り出す場合は、車通りの多い場所は避けて、騒音の少ない場所を歩いているときに話すと成功しやすくなります。2人で歩いているときに告白を切り出すメリットは、並んで歩いているので相手の顔を見ないで告白できることです。緊張する方、赤面してしまう方は告白しやすくなる方法です。

並んで歩いていれば2人の距離も近いので、恥ずかしくて声が小さくなっても相手に告白が伝わりやすくなります。歩きながら告白するときは、電話で告白するときの切り出し方のように、会話の流れの中で、「大事な話があるんだけど…」というように切り出すと、相手も話を聞き流さずに、耳を傾けてくれます。

Thumb告白の場所はどこがいい?おすすめスポットやタイミング・NG事例も紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

告白の切り出し方でNGなタイミング

おすすめの告白の切り出し方、タイミングについてご紹介しましたが、今度は告白の切り出し方にNGなタイミングについてご紹介します。タイミングの悪い時間に告白してしまうと、どんなに心のこもった告白でも成功する確率が減ってしまいます。告白するのにNGなタイミングは、以下のようなタイミングが挙げられます。

寝る時間帯に告白はしない

たとえ電話やメールであっても、一般的に寝る時間帯に告白するのは避けた方が良いです。告白しようと思っているときに、相手から「もう寝るね」と言われたら、「ちょっと待って!」と伝えるよりも、改めて後日告白した方が良いです。相手を無理に引き止めてまで告白するのは、相手にとって良いイメージはありません。

せっかく告白しようと思ったのに、という気持ちになるかもしれませんが、告白を成功させたいならその気持ちはこらえて、次の機会に告白するのがおすすめです。そして、「もう寝るね」と言われたくないのであれば、最初から寝る時間帯は避けて、告白の電話やメールをするようにしてください。

朝の告白の切り出し方もNG

朝の支度時間、通勤、通学途中の時間帯に告白された場合、相手はすぐに返事ができないので困ってしまいます。平日はもちろん、休日であってもなるべく朝の時間帯に告白するのは避けてください。相手が寝起きだった場合は、せっかく告白をしても「よく聞いていなかった」と言われてしまうかもしれません。

告白の切り出し方にベストな時間は?

朝、寝る前の告白はNGなタイミングですが、告白のベストタイミングの時間帯は夕方から21時までの間です。相手が会社勤めで日勤の場合は、夕方から21時までの間であれば、その日の仕事もほぼ片付いている時間帯です。ただし残業していることもあるので、電話やメールで告白するときは、「今電話(メール)しても大丈夫?」と前置きしてから告白してください。

直接会って告白するときは会話中に告白を切り出す

直接会って告白するときは、時間帯などは特に関係ありません。告白する場所を決めておき、自分が勇気を出して告白すれば、そのときがベストタイミングです。しかしどうしても告白の言葉が切り出せない、口ごもってしまうという場合は、相手と目を合わせているときに告白を切り出してみてください。

目を合わせているときに「大事な話がある」と言われれば、相手も「何?」と思って話に耳を傾けてくれます。相手も大事な話と言われれば、何となく告白されるのかもしれないと感付いてくれることもあります。後は勇気を出して、相手を好きな気持ちを告白するだけです。

Thumb告白の言葉集!かっこいい・グッとくるには?成功率があがる想いの伝え方 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

告白をして振られたら

どんなに準備をして告白に臨んでも、既にお付き合いしている人がいた、恋愛をしている時間がないという理由で振られてしまうこともあります。相手を好きであるほど、友達でも良いからそばにいたいと考えるのではないでしょうか。元々友人関係で告白して振られた場合は、「今まで通り友達のまま仲良くしてほしい」と言えば相手もOKしてくれるかもしれません。

しかし元々好きな人とあまり親しくない間柄の場合は、潔く諦めて次の恋を見つける方が、相手にとっても自分にとっても良い選択です。特に、相手に既にお付き合いしている人がいる場合は、しつこく迫り続けるとトラブルに発展する可能性があるので、きっぱりと諦めた方が良いです。

どうしても好きな人のことを諦め切れない場合は、「諦められないから、もう少し好きでいさせてほしいです」ということを相手に伝えてみてください。真っすぐな気持ちを伝え続けることができれば、次第に相手も自分のことを好きになってくれるかもしれません。

ベストなタイミングで告白を切り出そう

どんなに心のこもった告白でも、ベストタイミングで伝えられなければ、告白の成功率は下がってしまいます。事前にどこで告白するのか、告白の切り出し方、告白の言葉を考えておいた方が、衝動的に告白するよりも成功しやすくなります。もっと告白の仕方を考えておけば良かったということにならないためにも、しっかり準備をして告白するのがおすすめです。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-05-26 時点

新着一覧