告白の仕方・高校生編!おすすめの場所・セリフや成功するタイミングは?

片思いの相手に告白したいとき、高校生の人はどんな告白方法を選ぶのかご存知でしょうか。高校生で一番多い告白の方法は直接会って告白する方法ですが、他にも電話やメールを使った告白方法もあり、自分に合った告白方法を選ぶことで、成功率が上がります。

告白の仕方・高校生編!おすすめの場所・セリフや成功するタイミングは?

目次

  1. 高校生の告白方法って?
  2. 高校生の告白のベストタイミングは?
  3. 告白のタイミングは夕方から夜の時間がチャンス
  4. イベント前に告白するのがおすすめ
  5. 高校生はデートの3回目で告白しよう
  6. 高校生におすすめの告白場所
  7. 学校で告白できるのは高校生の特権!
  8. 学校・デート帰りに高校生は告白してみよう
  9. 高校生が告白する方法は?
  10. 高校生だからこそ手紙で告白する
  11. 高校生におすすめの告白のセリフ
  12. 好きだという気持ちを伝える
  13. 付き合ってくださいと告白する
  14. 高校生の告白では彼女・彼氏になってくださいもアリ
  15. 高校生の告白はストレートに

高校生の告白方法って?

同じ学校のクラスメイト、部活仲間、他校の高校生などに片思いしていて、いつか告白をしたいと思っている高校生はたくさんいます。告白するには相手との親密度によっても様々な方法がありますが、告白して返事がダメだったらどうしようと思ったり、緊張してなかなか告白できないということもありますよね。

しかし、相手に気持ちを伝えなければ関係を変えることはできません。告白するよりも、しなかったときの方が後悔しやすいということもあるので、好きな人がいるなら、できれば高校生のうちに告白をしておいた方が良いでしょう。

そこで、告白の成功率を上げるためにも、高校生の告白のベストタイミングや告白方法について詳しくご紹介するので、いつか告白をしたいと思っている高校生の方は、ぜひ参考にしてみてください。

高校生の告白のベストタイミングは?

高校生が告白するときは、告白をするタイミングによっても告白の成功率が変わってくるので、告白がOKされやすい場所や時期、時間帯に気持ちを伝えるのがおすすめです。まずは高校生の告白がOKされやすいおすすめのタイミングとその理由について詳しくご紹介するので、勇気を出して告白したいと思っている方は、告白の成功率を上げるタイミングを狙って告白してみてください。

告白のタイミングは夕方から夜の時間がチャンス

これは高校生の告白に限ったことではないのですが、好きな人へ告白する成功率が上がるのは、夕方から夜にかけての時間帯です。直接告白する場合、高校生なら放課後デート、夏は花火大会、夏祭り、冬はイルミネーションなどを楽しんだ帰りに告白すると、告白が成功しやすくなります。

また、人は暗くなる時間帯になると、一緒にいる人に対して親近感を感じやすくなる心理があるため、心理学的にも夕方から夜にかけての時間帯は告白のチャンスタイムです。万が一告白の返事がダメだった場合も気まずい時間が続かないので、直接告白するときは、夕方から夜にかけての時間がおすすめです。

イベント前に告白するのがおすすめ

高校生であれば、修学旅行や体育祭、文化祭、夏やすいといった学校行事の前に告白するのがおすすめです。イベント前の時期は、気分的にも盛り上がりやすい時期ですよね。気分が盛り上がっている状態のときに告白をすると、普段とは違う独特な気持ちがつり橋効果に似た心理としてはたらき、告白が成功しやすくなります。

イベント前に告白が成功すれば、イベント当日に一緒に過ごすこともできます。イベント前はみんな気持ちが盛り上がっているので、あまり親しい関係ではなかったとしても、とりあえず付き合ってみようかなという気持ちになりやすいので、高校生の告白の時期としてチャンスのタイミングです。

高校生はデートの3回目で告白しよう

高校生でも他行の生徒で告白したい人がいるなら、なるべく早く気持ちを伝えた方が良いこともあります。同じ学校であればいつでも告白のチャンスがあるわけですが、学校が違う、なかなか会えないという場合に告白を先延ばしにしていくと、先に他の人に告白されてしまうということも考えられます。

高校生はバイトもできるようになるため、中学生のときよりも行動範囲が広がります。そうなると必然、お相手の出会いの機会も増えるわけです。好きな人になかなか会えないのであれば、まずはデートする約束をしてみましょう。そして、デートの約束ができても、1度目のデートでは告白しない方が良いです。

高校生の1回目、2回目のデートでは、一緒に楽しく過ごすことを心がけてください。特に1回目のデートで告白すると決めていると、緊張してデートそのものを楽しめなくなってしまいます。あなたが告白することを考えて緊張していると、相手からは楽しくないのかなと誤解されてしまうかもしれません。

1回目、2回目のデートは1日楽しく過ごすという風に考えて、3回目のデートのタイミングで告白するのがおすすめです。3回以降になると相手もあなたへの関心が段々と薄れてしまう可能性もあるので、早すぎず遅すぎない、3回目のデートで直接気持ちを伝えるのがおすすめです。

高校生におすすめの告白場所

高校生が告白するベストタイミングについてご紹介しましたが、告白するにはタイミングだけでなく、場所も大切になってきます。告白におすすめの場所は、静かで2人きりになりやすい場所です。賑やかな場所で告白されても、せっかく告白したのに「え?聞こえなかった」ということになりかねません。

勇気を出して好きな人に告白するのですから、直接告白するなら一度でちゃんと相手に伝わってほしいものですよね。ですから、告白が聞こえなかったということにならないためにも、直接告白するときには場所選びにも注意するようにしましょう。

学校で告白できるのは高校生の特権!

放課後であれば高校生は最も時間の自由が利きやすいので、相手も待ち合わせ場所に来てくれやすくなります。また、特に告白しようと思っていたわけではないけれど、偶然放課後2人きりになる機会ができたというときは、そのまま直接告白するのもチャンスです。

学校で告白するのは社会人になってからはできない、高校生だけの特権です。特に高校は会社と違い、2人きりになれる場所がたくさんありますよね。放課後の教室や部室、屋上、人気のない渡り廊下など告白しやすい場所がありますが、どのような場所で告白するにしても、放課後の時間帯に告白するのがおすすめです。

学校・デート帰りに高校生は告白してみよう

高校生であれば放課後の学校帰り、デートの帰りのときを狙って告白してみるのもおすすめです。帰り道で告白するときに大切なことは、周りがうるさくないこと、2人きりになれる場所を選ぶ道を選ぶことです。告白が周囲に聞こえてしまうような場所で告白すると、相手があなたの告白を恥ずかしくて受け入れられないということにもなりかねません。

ですから、相手のためにも2人きりになれるような道を選んで告白するようにしてください。帰り道での告白の切り出し方は歩きながら話の流れで告白のセリフを言ったり、別れ際に告白するなどのタイミングがあります。また、通学路のそばに公園などがあれば、そういった場所で告白するのもおすすめです。

高校生が告白する方法は?

高校生が告白する方法には直接会って告白する方法、電話で告白する方法、メールや手紙で告白する方法があります。それぞれの告白方法にはメリット、デメリットがあるので、自分に合った告白方法を選んでから告白することが大切です。

直接告白する方法について

高校生が直接告白する方法は、電話やメールに比べて最も気持ちが伝わりやすい告白の方法です。特に男子から女子へ告白する場合は、直接告白してもらった方が嬉しいと思う女子が多いので、男子は直接告白した方が成功率が上がります。

直接告白するメリットは、思っていることを言葉だけでなく表情や態度で相手にアピールできることです。ですから電話やメールよりも、相手の記憶に残りやすくなります。ただし、好きな人を前にすると何も考えられなくなる人は、電話やメールを使った告白方法がおすすめです。

電話で高校生が告白するメリット

高校生が電話で告白するメリットは、直接会って告白するよりも緊張しにくくなることです。告白しようと思うと頭が真っ白になってしまう場合は、電話やメールでの告白がおすすめです。なかなか好きな人に会う機会がないという人も、電話の告白はメールでの告白よりも気持ちが伝わりやすいです。

高校生が電話で告白するときは、いきなり告白するよりも話の流れの中で告白するのがおすすめです。電話で告白するときのセリフといえば「前から好きでした。付き合ってください」、「これからもずっと一緒にいたいです」といったストレートな告白が電話では成功しやすいです。

電話で告白するときに、緊張して頭が真っ白になってしまう人は、あらかじめ告白の言葉をメモ帳に書いて、好きな人に電話するときにそばに置いておくことも告白の成功率を上げます。緊張のあまり雑談だけで電話が終わってしまった、ということにならないためにも、緊張しやすい人はメモ帳を用意しておくのがおすすめです。

メールで告白する

直接告白する方が相手に気持ちが伝わりやすいのですが、最近はメールなどを通して告白する高校生も増えています。メールでの告白は誰かに邪魔されることもなく、緊張しないで自分の気持ちを伝えられるメリットがある告白の方法です。また、相手が忙しくても告白の気持ちを伝えやすいメリットもあります。

ただし、メールで告白する場合は送信ミス、相手が気付かないなどの理由で自分の告白が相手に伝わらない可能性もあり、相手がメールを読んでいたとしても返事が返ってこない場合もあります。返事を待つのが嫌という人は、直接告白するか、電話での告白が良いでしょう。

高校生がメールで告白するタイミングは、相手も自分も部屋で過ごしているような時間帯がベストです。告白するときは「今メールできる?」というように一度相手の返事を伺っておくと、そのままメールでの告白がしやすくなります。あらかじめ告白のセリフは別のメールに保存しておき、今が告白のチャンス!と思ったときに告白のセリフを書いたメールを送信するのもおすすめです。

高校生だからこそ手紙で告白する

高校生はLINEやメールでも告白できてしまう今だからこそ、手紙で告白すると相手に印象強く残ります。手紙はメールと同じで文章で気持ちを伝える方法ですが、手書きで書くためメールよりも気持ちが伝わりやすくなります。

メールは画面が小さいので、文章を長々と書かれると読みにくいというデメリットがありますが、手紙は多少長文になっても、わざわざ手書きで書いてくれたということもあって、相手が読んでくれやすい告白方法です。

高校生におすすめの告白のセリフ

高校生の告白方法についてご紹介しましたが、肝心の告白のセリフが思いつかない、何と伝えたら良いのか分からないという方のために、具体的な告白のセリフアイデアもご紹介します。高校生の告白のセリフで大切なことは、好きという気持ちを伝えることと、付き合ってほしい、彼氏(彼女)になってほしいという、どういう関係になりたいかという気持ちを伝えるのがポイントです。

好きだという気持ちを伝える

高校生の告白のセリフとして大切なのは、まずは自分の好きだという気持ちを相手に伝えることです。いきなり「付き合ってください」と言っても好意は伝わるのですが、ちゃんと好きですということを伝えておいた方が、しっかり相手にあなたの気持ちが伝わりやすくなります。

「好きです」と伝えた後、付き合ってほしいと告白のセリフを言った方が、恋人として付き合ってほしいという気持ちが相手に伝わるので、まずは好きというセリフを相手に伝えるようにしましょう。特に高校生の女子ははっきり好きと言葉にしてほしいと思っている人が多いので、「好きです」という言葉は、告白の成功率が上がるセリフでもあります。

付き合ってくださいと告白する

好きですという気持ちを伝えた後には、付き合いたいという気持ちを伝えるためにも、はっきり「付き合ってください」と相手に伝えてください。ストレートに自分がどうしたいと思っているのか伝えることで、高校生の告白は成功しやすくなります。ストレートに気持ちを伝えるのは勇気がいりますが、とても大切なことです。

告白しても冗談のように流されてしまいそうになったときは、はっきり「付き合ってください」と気持ちを伝えると、相手に自分の気もちが分かりやすくなります。そして、高校生の告白は丁寧な言葉遣いで告白すると、より真剣にお付き合いしたいという気持ちが相手に伝わります。

真剣な告白をするのは緊張するという場合は、話の流れの中で「付き合ってほしいな」というような何気ない雰囲気で告白してみるのも1つの告白方法です。相手や自分の性格、そのときの状況に合わせて、自分が伝えやすいセリフで告白するのもOKです。

高校生の告白では彼女・彼氏になってくださいもアリ

「付き合ってください」というセリフの代わりに「彼女・彼氏になってください」と伝えるのも高校生にぴったりの告白です。大人の男性と違い、高校生の告白は付き合ってそばにいてほしいことをストレートに告白した方が、相手に気持ちが伝わりやすくなります。

また、長々と自分の気持ちを伝えられても、結局何を伝えたいのか相手には伝わりにくくなり、相手も告白の返事に困ってしまいます。「それで、結局何を伝えたいの?」と思われてしまうような告白は、成功率を下げてしまいます。

相手のこういうところが好き、こういうところを尊敬しているという気持ちを告白の段階で伝えたいのであれば、直接告白する方法よりも、メールや手紙で伝えるのが高校生におすすめの告白方法です。

高校生の告白はストレートに

高校生の告白で大切なことは、自分の気持ちをストレートに相手に伝えることです。そして、告白を成功させるにはタイミング、場所、告白方法、セリフなどにも気を付けることで告白の成功率も上がります。ベストタイミングで相手に自分の気持ちを伝えて、相手の心を掴んでくださいね。皆さんが素敵な高校生活を送れることを応援しています。

告白についての関連記事はこちら

Thumb成功する告白の仕方!失敗しない効果的なタイミングやセリフは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb告白の場所はどこがいい?おすすめスポットやタイミング・NG事例も紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbラブレターの愛が伝わる書き方を紹介!告白を成功させるコツや例文まとめ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb告白の保留期間ってどのくらい?OKの可能性や待ってる間にすべきこと | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-15 時点

新着一覧