ナンガシュラフの選び方まとめ!おすすめ商品や魅力を徹底解説!

ナンガのシュラフと言われてピンと来る方は、かなりアウトドアを嗜んでいる人でしょう。実際ナンガのシュラフと言われてもあまりピンと来る方はいないでしょう。しかしアウトドアを楽しむのであれば、かなり重要なアイテムであることを覚えて置くといいでしょう。

ナンガシュラフの選び方まとめ!おすすめ商品や魅力を徹底解説!

目次

  1. ナンガシュラフのおすすめな選び方が知りたい!
  2. 失敗しない!ナンガシュラフの選び方は?
  3. ナンガシュラフは定期的に洗濯しよう!
  4. 選び方はカバーが洗濯できるかどうか!おすすめナンガシュラフを紹介!
  5. 1選目:シンプルなスタイル「ナンガ オーロラ450DX」
  6. 2選目:耐水性が高い!「ナンガ オーロラライト 450DX」
  7. 3選目:安定な暖かさ「ナンガ UDD BAG 450DX」
  8. 4選目:冬におすすめ!「ナンガ オーロラ600DX」
  9. 5選目:軽量モデル!「ナンガ オーロラライト600DX」
  10. 6選目:冬に最適!「ナンガ UDD BAG 810DX」
  11. 7選目:少し暖かい場所!「ナンガ オーロラライト350DX」
  12. 8選目:シングルキルト軽く!「ナンガ UDD BAG 280」
  13. 9選目:小さくておすすめ!「DOWN BAG 350STD」
  14. 10選目:冬まで使える!「ALPINIST 450」
  15. 自分が気にいるナンガシュラフを手に入れよう!

ナンガシュラフのおすすめな選び方が知りたい!

カバーなどが丸洗いできるタイプのナンガシュラフ、のおすすめな選び方が知りたいと思っている方も多いことでしょう。そういった方のためにも、この記事ではおすすめなナンガシュラフをご紹介していきます。実際かなりの人が好んで使っておりその性能には、驚く方が多いと聞きます。そういった部分でもしっかりと踏まえて、商品の詳細なども詳しくご紹介していきますので、是非参考にして見てくださいね。

失敗しない!ナンガシュラフの選び方は?

持ち運びの為にも収納サイズを確認しよう!

ナンガシュラフに限らず自分自身が持っていける荷物には、限界があります。そういった荷物の面でもしっかりと意識することが、収納する際にはとても重要になりさらには、持ち運びを楽にするコツでもあります。そういった意味でもしっかりとナンガシュラフなどの、アウトドア用品のサイズにはこだわるように選ぶといいでしょう。そうすることでより、快適にアウトドアを行えます。

羽毛の素材にこだわろう

「羽毛の安全性と質」というコンセプの元、ナンガシュラフは作られています。そういった意味でも使われている羽毛の素材に関しては、しっかりと熟考して購入するようにしましょう。シュラフに関してはかなり中の羽毛が重要になります。そういった部分を度外視してしまうと、寒い場所で眠るときに低体温症などになってしまう可能性が高まってしまうので、しっかりと意識して羽毛の素材にはこだわりましょう。

永久保証を確認しよう!

ナンガシュラフの最大の特徴として、永久保証という点がかなり大きいでしょう。多くの企業の場合あまり保証が長くなく、一番壊れやすいときに壊れてしまい保証がなく困ってしまうことが多いでしょう。しかしナンガシュラフにはその心配はありません。永久保証がついているので、安定して使用し続けることができるのです。数ある商品の中でもナンガのシュラフがかなりおすすめでしょう。

ナンガシュラフは定期的に洗濯しよう!

ナンガシュラフは丸洗いできることで有名です。まずはナンガシュラフをロール巻きにして、洗濯ネットに入れます。毛布を洗うモードで洗濯機にかけましょう。そして脱水はせず、手でしっかりと水を絞ったら陰干しをして、しっかりと乾燥させておきましょう。これだけでナンガシュラフのメンテナンスは完了です。普通ではありえないメンテナンスができる点も、ナンガシュラフのおすすめな点でしょう。

選び方はカバーが洗濯できるかどうか!おすすめナンガシュラフを紹介!

次の章ではそんなナンガシュラフのおすすめ商品について詳しくご紹介していきます。実際ナンガシュラフといっても、かなりの種類が存在しておりその中から自分に合っているものを選ぶことは骨が折れることでしょう。そういった意味でも次の章では詳しくご紹介してきますので、是非一度熟考してからアウトドア用品を揃えるようにして見ましょう。そうすることで失敗がなくなります。

1選目:シンプルなスタイル「ナンガ オーロラ450DX」

選び方はカバーが洗濯できるかどうか!おすすめナンガシュラフ1選目

寝泊りを行うアウトドアであれば、しっかりとした寝床が重要になることでしょう。しかし寝床の寝袋などは管理が大変で、洗濯などに対応していないものも多いです。しかしナンガシュラフというものであれば、簡単に洗濯できまるまる干すことができるのです。そんなおすすめなナンガシュラフ10選中1選目の商品は、「ナンガ オーロラ450DX」というナンガシュラフと言います。かなり使いやすいタイプなので、初心者にもおすすめでしょう。

このナンガシュラフの商品詳細ですが、フィルムパワー「760FP」、ダウン量「450g」、収納サイズ「φ17×29cm」、総重量「1,000g」という「ナンガ オーロラ450DX」の商品詳細になっています。十月に使用しても暖かかく過ごすことができ、なおかつ乾燥もはやいのでオールシーズンを、難なく使用することができるとして、口コミでも高い評価を集めている商品なのです。

2選目:耐水性が高い!「ナンガ オーロラライト 450DX」

選び方はカバーが洗濯できるかどうか!おすすめナンガシュラフ2選目

寝泊りを行うアウトドアであれば、しっかりとした寝床が重要になることでしょう。しかし寝床の寝袋などは管理が大変で、洗濯などに対応していないものも多いです。しかしナンガシュラフというものであれば、簡単に洗濯できまるまる干すことができるのです。そんなおすすめなナンガシュラフ10選中2選目の商品は、「ナンガ オーロラライト 450DX」というナンガシュラフと言います。

このナンガシュラフの商品詳細ですが、フィルムパワー「760FP」、ダウン量「450g」、収納サイズ「φ14×30cm」、総重量「865g」という「ナンガ オーロラライト 450DX」の商品詳細になっています。しっかりと防水機能が備わっており、耐水圧20000m・透湿性6000g/m2/24hrsとなっているので、この性能はシリーズ最高の性能を誇っていることがわかるでしょう。

3選目:安定な暖かさ「ナンガ UDD BAG 450DX」

選び方はカバーが洗濯できるかどうか!おすすめナンガシュラフ3選目

寝泊りを行うアウトドアであれば、しっかりとした寝床が重要になることでしょう。しかし寝床の寝袋などは管理が大変で、洗濯などに対応していないものも多いです。しかしナンガシュラフというものであれば、簡単に洗濯できまるまる干すことができるのです。そんなおすすめなナンガシュラフ10選中3選目の商品は、「ナンガ UDD BAG 450DX」というナンガシュラフと言います。

このナンガシュラフの商品詳細ですが、フィルムパワー「770FP」、ダウン量「450g」、収納サイズ「φ14×30cm」、総重量「825g」という「ナンガ UDD BAG 450DX」の商品詳細になっています。透湿性に優れており、UDD(ウルトラドライダウン)を使用しているので、群れることなくしっかりと保温してくれる効果を持っているタイプの、ナンガシュラフとなっています。

4選目:冬におすすめ!「ナンガ オーロラ600DX」

選び方はカバーが洗濯できるかどうか!おすすめナンガシュラフ4選目

寝泊りを行うアウトドアであれば、しっかりとした寝床が重要になることでしょう。しかし寝床の寝袋などは管理が大変で、洗濯などに対応していないものも多いです。しかしナンガシュラフというものであれば、簡単に洗濯できまるまる干すことができるのです。そんなおすすめなナンガシュラフ10選中4選目の商品は、「ナンガ オーロラ600DX」というナンガシュラフと言います。冬にもかなりおすすめなナンガシュラフとなっています。

このナンガシュラフの商品詳細ですが、フィルムパワー「760FP」、ダウン量「/600g」、収納サイズ「φ18×30cm」、総重量「1,250g」という「ナンガ オーロラ600DX」の商品詳細になっています。とても寒い冬の雪山でも大活躍してくれるナンガシュラフです。快適温度は-4℃〜-11℃となっており、そのなかで使用しても体からでる熱を効率よく循環させることによって、暖かくしてくれます。

5選目:軽量モデル!「ナンガ オーロラライト600DX」

選び方はカバーが洗濯できるかどうか!おすすめナンガシュラフ5選目

寝泊りを行うアウトドアであれば、しっかりとした寝床が重要になることでしょう。しかし寝床の寝袋などは管理が大変で、洗濯などに対応していないものも多いです。しかしナンガシュラフというものであれば、簡単に洗濯できまるまる干すことができるのです。そんなおすすめなナンガシュラフ10選中5選目の商品は、「ナンガ オーロラライト600DX」というナンガシュラフと言います。軽量モデルのナンガシュラフとなっています。

このナンガシュラフの商品詳細ですが、フィルムパワー「760FP」、ダウン量「/600g」、収納サイズ「φ17×31cm」、総重量「1,050g」という「ナンガ オーロラライト600DX」の商品詳細になっています。羽毛量などもタイプ別に販売されており、夏場どのタイプにも順応させることができます。軽いタイプが欲しい方にはかなりおすすめな、タイプとなっていますのでぜひ参考にして見てくださいね。

6選目:冬に最適!「ナンガ UDD BAG 810DX」

選び方はカバーが洗濯できるかどうか!おすすめナンガシュラフ6選目

寝泊りを行うアウトドアであれば、しっかりとした寝床が重要になることでしょう。しかし寝床の寝袋などは管理が大変で、洗濯などに対応していないものも多いです。しかしナンガシュラフというものであれば、簡単に洗濯できまるまる干すことができるのです。そんなおすすめなナンガシュラフ10選中6選目の商品は、「ナンガ UDD BAG 810DX」というナンガシュラフと言います。水濡れに強いタイプとなっています。

このナンガシュラフの商品詳細ですが、フィルムパワー「770FP」、ダウン量「810g」、収納サイズ「φ19×31cm」、総重量「1,260g」という「ナンガ UDD BAG 810DX」の商品詳細になっています。雪が多少付着したところで、何の問題もなくしっかりと使用できるナンガシュラフとなっています。防水性能にとても優れているので、雨が降りそうな日に使うといいでしょう。

7選目:少し暖かい場所!「ナンガ オーロラライト350DX」

選び方はカバーが洗濯できるかどうか!おすすめナンガシュラフ7選目

寝泊りを行うアウトドアであれば、しっかりとした寝床が重要になることでしょう。しかし寝床の寝袋などは管理が大変で、洗濯などに対応していないものも多いです。しかしナンガシュラフというものであれば、簡単に洗濯できまるまる干すことができるのです。そんなおすすめなナンガシュラフ10選中7選目の商品は、「ナンガ オーロラライト350DX」というナンガシュラフと言います。適温が少し高めになっています。

このナンガシュラフの商品詳細ですが、フィルムパワー「760FP」、ダウン量「350g」、収納サイズ「φ13×25cm」、総重量「750g」という「ナンガ オーロラライト350DX」の商品詳細になっています。少し暖か目の場所で使うことができ、最適な使用温度帯は5℃〜0℃。となっていますので、温度計でしっかりと温度を測ってから、使用するといいタイプのナンガシュラフとなっています。

8選目:シングルキルト軽く!「ナンガ UDD BAG 280」

選び方はカバーが洗濯できるかどうか!おすすめナンガシュラフ8選目

寝泊りを行うアウトドアであれば、しっかりとした寝床が重要になることでしょう。しかし寝床の寝袋などは管理が大変で、洗濯などに対応していないものも多いです。しかしナンガシュラフというものであれば、簡単に洗濯できまるまる干すことができるのです。そんなおすすめなナンガシュラフ10選中8選目の商品は、「ナンガ UDD BAG 280」というナンガシュラフと言います。涼しく暖かくできるタイプとなっています。

このナンガシュラフの商品詳細ですが、フィルムパワー「770FP」、ダウン量「280g」、収納サイズ「φ13×20cm」、総重量「550g」という「ナンガ UDD BAG 280」の商品詳細になっています。快適温度は8℃〜4℃となっているので、春先に入り始めタイミングなどでも、しっかりと活躍してくれるタイプとなっています。一枚持っておくととても便利でしょう。

9選目:小さくておすすめ!「DOWN BAG 350STD」

選び方はカバーが洗濯できるかどうか!おすすめナンガシュラフ9選目

寝泊りを行うアウトドアであれば、しっかりとした寝床が重要になることでしょう。しかし寝床の寝袋などは管理が大変で、洗濯などに対応していないものも多いです。しかしナンガシュラフというものであれば、簡単に洗濯できまるまる干すことができるのです。そんなおすすめなナンガシュラフ10選中9選目の商品は、「DOWN BAG 350STD」というナンガシュラフと言います。かなりの軽量タイプとなっています。

このナンガシュラフの商品詳細ですが、フィルムパワー「40dnナイロン」、ダウン量「350g」、収納サイズ「15×25cm」、総重量「790g」という「DOWN BAG 350STD」の商品詳細になっています。今までご紹介した中でも、群を抜いて軽いタイプとなっています。シリーズ最軽量なので夏場などの荷物を少なく軽く、したい場合にもおとてもおすすめなタイプとなっています。

10選目:冬まで使える!「ALPINIST 450」

選び方はカバーが洗濯できるかどうか!おすすめナンガシュラフ10選目

寝泊りを行うアウトドアであれば、しっかりとした寝床が重要になることでしょう。しかし寝床の寝袋などは管理が大変で、洗濯などに対応していないものも多いです。しかしナンガシュラフというものであれば、簡単に洗濯できまるまる干すことができるのです。そんなおすすめなナンガシュラフ10選中10選目の商品は、「ALPINIST 450」というナンガシュラフと言います。スリーシーズン使えるタイプとなっています。

このナンガシュラフの商品詳細ですが、フィルムパワー「40dnナイロン」、ダウン量「450g」、収納サイズ「18×35cm」、総重量「910g」という「ALPINIST 450」の商品詳細になっています。スリーシーズンをしっかりと使うことができるタイプとなっているので、かなり使い勝手が良くこれを一つ持っておくことによって、かなり便利になるともキャンパーの中で話題の商品となっています。

自分が気にいるナンガシュラフを手に入れよう!

ナンガシュラフには様々なタイプがありますが、適正温度などが書いてあるので自分自身が行う、アウトドア先の温度帯を調べておけば購入の際に迷うことがなくなります。そういった部分をしっかりと把握して、ナンガシュラフの選ぶ方には気を使いましょう!

アウトドアに関する他の記事はこちら

Thumbおしゃれキャンプグッズ・ギア30選!注目のおすすめアイテムは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbニトリのローチェアは座り心地良好!キャンプで使えて木製でおしゃれ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbアウトドアソファのおしゃれ特集!室内&キャンプでも使えるおすすめは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-16 時点

新着一覧