布団の収納アイデアを紹介!押入れとクローゼットに綺麗に収納する方法は?

布団の入れ替えの時期に布団の収納よいアイデアはないでしょうか。いつも嵩張る布団の収納に時間がかかり取り出しもしやすい綺麗な収納の方法が知りたい人、必見です。布団収納の色々なアイデアを調べてまとめましたので参考にしてください。

布団の収納アイデアを紹介!押入れとクローゼットに綺麗に収納する方法は?

目次

  1. 夏布団と冬布団の収納入れ替え!押入れやクローゼットの収納は?
  2. 綺麗に布団を収納方法のアイデアはカバーを外す
  3. 収納前に必ず布団を陰干しするのも綺麗な布団の手入れの方法
  4. 布団の収納方法は?
  5. 圧縮袋の布団の収納方法のメリットとデメリット
  6. 布団の収納に布団ケース使用の収納方法のメリット
  7. 布団収納に大風呂敷使用の方法もアイデアの一つ
  8. 押入れの布団の綺麗な収納方法のアイデアは
  9. 布団の収納が綺麗に出来る便利な100均の活用!
  10. 湿気が多い所の布団の収納アイデアは上段に布団を収納する
  11. 布団収納におすすめの用具
  12. 布団を収納してソファに代用しよう!
  13. 部屋の隅に整然と布団を積み重ねて収納
  14. 家が狭く収納の押入れやクローゼットがないならレンタル倉庫を活用
  15. 布団は嵩張らない方法のアイデアを活かして綺麗に収納しよう!!

夏布団と冬布団の収納入れ替え!押入れやクローゼットの収納は?

毎年の衣替えのシーズンにする嵩のある布団の収納は一苦労で本当に大変です。毎年繰り返しする布団の収納でありながら去年はどのように収納したかと思案する事はありませんか。例えば1年の暮らしで所持品の数が増えたり、置き場所を変えたりして収納場所がないと困る事もあります。置き場所を工夫し毎年布団の収納にアイデアを絞り綺麗に収納できることはないか調べてみました。

夏布団は冬布団より嵩張らないからスペースが少なくて収納がしやすいです。冬布団は本当に嵩張るので綺麗に収納したくてもなかなかスッキリ収納できない悩ましさがあります。冬布団の収納にアイデアを活かして、綺麗にスッキリと押入れやクローゼットに収納する方法や冬布団の収納の仕方のアイデアを色々とまとめてみましたので、布団の収納の参考にしてください。

綺麗に布団を収納方法のアイデアはカバーを外す

使用の布団のカバーを掛けたままでは布団をたたむ際に嵩張ります。カバーを外す方法は、出来るだけ布団が嵩張らないようにする方法で、押入れやクローゼットの収納がしやすくなります。必ずカバーは綺麗に洗濯をして収納しましょう。洗濯してアイロンかけ済ませて収納すると、急な寒い日が到来しても綺麗なカバーが使えて快眠できるのでおすすめします。

布団カバーの収納は必ずセットごとにまとめて収納します。布団カバーの収納の方法として、冬布団と一緒に収納できる場合はそのようにまとめて収納します。嵩張って収納が布団と一緒にできない場合の方法としては布団カバーをセットにまとめて畳み、カバーだけを一括して収納する方法をおすすめします。出来たら布団の収納場所近くに収納が使用時に困らない方法です。

また出来るだけ嵩を低く収納したいので、収納可能な大きさに畳んで嵩を低くして収納しましょう。布団カバーの収納は布団の下にできたら収納すると何処へ仕舞ったかと戸惑いません。余分な仕事ですが収納する際にはほつれや穴あきを手入れして収納する方法をおすすめします。これで冬布団の使用が必要になったった時に綺麗な布団で眠ることが出来るアイデアです。

収納前に必ず布団を陰干しするのも綺麗な布団の手入れの方法

冬布団を収納する時、普段より長めに陰干しして湿気を取り除くことも布団の収納には必要な方法です。陰干しは湿気だけではなくダニなどの駆除にもよい方法で、今度の冬に綺麗な布団が使えるよい方法です。出来たら叩きで叩きましょう。天日に時下干しする場合アイデアとして何かを掛けて色が褪せないようにしましょう。この一工夫もおすすめします。

Thumb布団を干す時間はどのくらい?フカフカになる効果的な干し方は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

布団の収納方法は?

布団の収納方法は、各家族に適した収納を選ぶことをおすすめします。ここでは布団の収納袋などの収納の用品についてまとめてみました。いずれの方法がよいか考える選択の参考にしてください。収納の用具を選ぶ際、家の間取りや押入れやクローゼットなどの収納場所の大きさ、湿気、出し入れしのしやすい収納の方法などにアイデアを活かして下さい。

布団収納袋に収納した布団は縦にも横にも収納できるのでスペースの使い方を考えて収納しましょう。この時収納方法と収納袋のサイズをチェックを怠らないようにしましょう。また、袋に入れる布団も決めてメモる事を作業をスムーズに進める為におすすめします。さらに、収納布団の収納場所近くを片付けスペースを作り布団の収納がしやすいようにすることも大切です。

圧縮袋の布団の収納方法のメリットとデメリット

布団の収納に布団圧縮袋を使用する方法は、押入れやクローゼットが狭い場合に特におすすめです。圧縮する際に防虫剤を入れ、真空にすると一層防虫効果が高まるでしょう。布団を圧縮すると布団の嵩が減り収納は狭くても多くの布団が収納でき、湿気対策のメリットがあります。布団を圧縮すると重くなり収納の労力と布団袋の出費が増え、布団が硬くなることがデメリットです。

布団圧縮袋に入れる方法のアイデアとして、敷布団と掛布団を一緒に入れると嵩張り収納力が低下しますので、敷布団と掛け布団や毛布などに分ける収納をおすすめします。掛布団は2枚を挟み合わせにして布団袋に入れると嵩張らずに収納できます。布団袋への収納の方法も出来るだけ袋の数を減らせるように入れ方にアイデアを絞り、活かして布団の収納をしましょう。

布団の圧縮袋は、100均にある布団圧縮袋が格安でとても人気があります。100均の安い布団袋でも布団圧縮袋の機能が十分ですが購入の際サイズをチェックしましょう。圧縮袋の圧縮方法として掃除機を使用しなくても圧縮が出来るように布団袋も進化して布団の収納作業がしやすくなりました。是非100均の圧縮袋コーナーに出向いて必要な布団袋のチェックすることをおすすめします。

Thumb布団は圧縮袋の収納が一番良い?おすすめランキングと使い方アイデアを紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

布団の収納に布団ケース使用の収納方法のメリット

布団の収納に布団ケースの利用する方法は、布団を圧縮しないので布団が収納で硬くなる心配がないです。これは布団収納のメリットです。たいです。布団袋は圧縮袋よりコスト高になりますが布団に求められる柔らかさが保てます。収納時の湿気が気になりますので時折風を通すように心掛けしましょう。特にベットの下に置く場合は晴天日にベットの下から袋を引き出し風通しします。

布団ケースには消臭やダニ防止などの効果があるといわれている炭を活用したケースもあります。炭が未使用の場合防虫剤や乾燥材を入て収納しましょう。特にベットの下の収納に最適です。またベットの下の収納は布団の出し入れがしやすいメリットがありますが、湿気が溜まりやすいので風通しを必ず怠らないようにしましょう。収納場所が少ない部屋におすすめの方法です。

布団袋は780~4800円位の幅で購入できます。収納する布団により布団袋のサイズを選びましょう。布団袋の使い方として一人ずつ一式にまとめる方法や敷布団だけまとめて収納するなどの方法もあり、収納する押入れやクローゼットに合わせて選びましょう。出来たら中に収納した布団が分かる布団袋がおすすめで、ない場合は収納した布団がわかるように記載した札をつけましょう。

其々の布団を布団圧縮袋に収納して圧縮し布団をまとめて押入れやクローゼットに綺麗に収納するために、ケース型の布団袋を収納する方法もあります。このようにひとまとめにすると押入れやクローゼットの収納は綺麗にスッキリ収納できます。又、置き方も押入れやクローゼットなどの置き場所のスペースに合わせて収納が出来るメリットがあります。

布団収納に大風呂敷使用の方法もアイデアの一つ

布団が包めるほどの大風呂敷がないと言われるかもしれませんが、要するに包んで縛れることが風呂敷のメリットですから大きな布を準備すればよいです。大風呂敷は安い布の購入や古くなった布団の皮をつないで作りましょう。布団を包みしっかりと圧して縛り、押入れやクローゼットに押し込めることが出来、場所に合った布団の収納が簡単に出来きるのでおすすめします。

大風呂敷による布団の収納はセットごとにまとめて包むと使用時に取り出しやすいメリットがあります。又、持ち運びや押入れの出し入れの際に、場合によっては背負うことが出来ることも大風呂敷の収納のメリットです。災害の折にも大風呂敷に包むと背負うことが出来て持ち出しがしやすいので、大風呂敷を使う布団の収納方法をおすすめします。

布団の収納に大風呂敷を使う際の大きさは布団を包み込む嵩によって異なりますが、2・3メートル四方の大きさの風呂敷が一般的に使われます。1メートル100~200円位の安い布を大きさに合わせて必要な長さだけ購入し縫い合わせれば十分風呂敷として活用できます。圧縮袋を利用し出来るだけ多くの布団が収納できるようにすると布団ケース袋より格安で、持ち運びもしやすいです。

押入れの布団の綺麗な収納方法のアイデアは

押入れやクローゼットは収納のために各生活空間の部屋に1つあるととても便利です。布団などの収納が部屋ごとにあると各自が管理でき機能的で綺麗に収納することが出来ます。押入れの布団の収納の幅は襖の幅に合わせてたたみましょう。また、押し込みの利用の仕方によっては襖を取り除く方法もよいアイデアです。鴨居より上に布団が収納できるように工夫すのも一手です。

鴨井より高い位置の空間に布団を収納する際はあまり一包の布団袋が重くならないようにすると、出し入れが楽です。更に地震や毎日の押入れやクローゼットなどの使用時に落ちないように天井までの間に空いた隙間に何か挟んで布団袋が落ちてこないようにする工夫も必要です。部屋の場合は布団袋が出来るだけ凹凸にならいように整頓して置けるようにしましょう。

あまり重すぎる布団袋は、下に100均の棚を敷き布団袋をスペースが無駄なく活用できるように収納しましょう。圧縮袋に入れて布団袋ケースにまとめた場合は袋を横にも縦にも片づけることが出来るので収納方法を工夫しましょう。

布団の収納が綺麗に出来る便利な100均の活用!

どうしても押入れやクローゼットは湿気がこもりやすいです。湿気がこもればカビなどの繁殖が気になります。出来るだけしっかりと押入れやクローゼットの収納したいので風の通り道を作ります。100均の棚を利用すると押入れやクローゼットに隙間ができると空気が通るので押入れなどの収納にはおすすめです。空気の通り道は塞がないように収納しましょう。

Thumb押入れ収納のDIY術まとめ!すのこを使った方法など上手な空間利用を紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

湿気が多い所の布団の収納アイデアは上段に布団を収納する

湿気はどうしても下部に溜まりやすいので、押入れの上段に布団を収納することをおすすめします。又風が通るように衣装箱などの上に置くのもよいでしょう。衣装箱の間は空けて置きましょう。更に、100均で棚を購入して布団置き場を作るとよいでしょう。気をつけてほしい事はポールが耐えられる重さで、耐重以上にならないように布団収納をしてください。

布団収納におすすめの用具

押入れやクローゼットで棚がない場合に棚作りができるのでと便利です。スペースを有効に使うために棚を押入れやクローゼットに設置するとよいでしょう。設置した棚は耐重はくれぐれも守るように収納しましょう。また、布団は嵩張り比較的重いので取り出しやすいように収納するアイデアを考えましょう。

押入れやクローゼットの収納では、下に衣類関係、上に布団関係を置くとそれぞれの品が取り出しやすいです。布団袋などに布団を収納した際、袋に名前と布団の種類あるいは柄などを書き添えて取り出す際に便利です。

Thumb押入れを改造したい!DIYで子供部屋やクローゼットに大変身! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

布団を収納してソファに代用しよう!

押入れやクローゼットに布団の収納場所がない場合、布団を入れた布団袋をソファ代わりに使う収納の方法もあります。布団袋に布団を収納する際に上下にコルクボードや段ボールボードなど入れて布団を収納袋が型くずれしないように工夫して布団を収納します。布団袋に部屋に似合う布をかけてソファの代わりにします。

布団袋に収納した布団で背もたれも作り布団の幅を気にしなくても使えるように布団ソファで布団を収納します。この収納方法は布団袋を仕舞う手間が楽で、何時でも布団を取り出して使うことが出来ます。座る部分は圧縮して布団袋に入れると一層型くずしませんし適当な硬さになり、座り心地がよいです。

部屋の隅に整然と布団を積み重ねて収納

どうしても押入れやクローゼットに布団を収納するスペースがない場合、部屋の片隅に整頓して積み重ねて収納しましょう。この時布団袋が傾かないように重ねることがもしもの時に大事です。重ね方がきちんとなっていれば少々の揺れでは崩れませんので地震のことも考えた積み重ねをしましょう。

部屋での布団の収納は、生活であまり使わないスペースを活用するとよいでしょう。特に部屋の中に布団を収納する時目障りにならない部屋が納戸のようにならない収納をおすすめします。

また、天井が高い部屋では高い位置に棚を作り布団を収納するのも一案です。この時も地震を考え落ちないように隙間を作らないようにいれるとよいでしょう。空間を利用すると部屋のスペースを狭くしないよい方法です。クローゼットの収納にもおすすめです。

家が狭く収納の押入れやクローゼットがないならレンタル倉庫を活用

布団の収納スペースがない家庭ではレンタル倉庫の活用も一手です。この時の布団収納の注意点は湿気と温度などの管理が行き届いた倉庫を利用しましょう。布団収納のスペースが確保出来たら布団収納袋を運び込むだけです。倉庫レンタルの使用は割高の収納ですが、家を有効に使用出来るメリットがあります。クリーング屋さんでもシーズンオフの保管管理を請け負う店もあります。

布団は嵩張らない方法のアイデアを活かして綺麗に収納しよう!!

冬の布団の収納ができないので部屋に放置すると暑い夏が一層暑く感じられます。布団の押入れやクローゼットなどの収納の方法を工夫して、コストのかからない家庭に最適な収納方法を考えてみましょう。布団は1日の三分の一過すところですから使用時に睡眠の妨げを引き起こさないようにまた出し入れもしやすい方法で収納し快適な住まい空間を創出しましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-20 時点

新着一覧