漫画家・佐藤タカヒロさんが死去。死因や嫁・子供情報を総まとめ!

相撲漫画や柔道漫画が好評だった漫画家の佐藤タカヒロさんが死去されたというニュースが飛び込んできました。佐藤タカヒロさんには奥さんや子供などはいたのでしょうか。佐藤タカヒロさん死去について、その死因や家族のことなども詳しく紹介します。

漫画家・佐藤タカヒロさんが死去。死因や嫁・子供情報を総まとめ!

目次

  1. 死去された佐藤タカヒロさんのプロフィール
  2. 佐藤タカヒロさんの漫画はどんなものがある?
  3. 代表的な漫画の画像を紹介
  4. 死去された佐藤タカヒロさんが現在連載中だった作品は?
  5. 佐藤タカヒロさんは結婚している?
  6. 佐藤タカヒロさんの子供の情報
  7. 死因はいったい何だったのか
  8. 急死だった?佐藤タカヒロさんの死因
  9. 佐藤タカヒロさん死去にSNSの反応は?
  10. まとめ:佐藤タカヒロさんの漫画はすごかった

死去された佐藤タカヒロさんのプロフィール

若くして突然死去されてしまった漫画家の佐藤タカヒロさんですが、どのような人なのでしょうか。そのプロフィールについて見ていきましょう。

死去された佐藤タカヒロさんはどんな人?

佐藤タカヒロさんは1976年生まれで41歳でした。本名は佐藤貴広で、読み方はペンネームと同じになります。山形県酒田市出身で、仙台デザイン専門学校卒業後、秋田書店が主催する新人賞に応募し、「週刊少年チャンピオン新人まんが賞」の準入選を受賞されます。このことが佐藤タカヒロさんがプロの漫画家として活動するきっかけでした。

佐藤タカヒロさんの漫画はどんなものがある?

佐藤タカヒロさんはこれまでに何本かの漫画を書いてきましたが、具体的にはどのような漫画があるのでしょうか。佐藤タカヒロさんの作品について紹介します。

死去された佐藤タカヒロさんの漫画作品

死去された佐藤タカヒロさんが漫画家デビューされたのは、「いっぽん!」という柔道漫画でした。この「いっぽん!」は週刊少年チャンピオンで2004年から2006年まで2年間連載されました。さらに2009年からは相撲漫画「バチバチ」を同じく週刊少年チャンピオンに連載されます。この「バチバチ」は2度改題されたそうなんですが、実に9年もの長期連載だったそうです。

この「バチバチ」の主人公は、父親が暴力事件で相撲界を追放されてしまったかつての名大関という設定です。ただ、その父は主人公がまだ幼い頃になくなるので、主人公の鯉太郎は父の友人の手によって育てられます。しかし、主人公は手がつけられないほどの不良少年に成長してしまいます。ですが、人知れず、相撲の稽古だけは励んでいたのです。

そんな鯉太郎のもとに、大相撲の巡業がやって来ます。その際に鯉太郎は幕下力士を倒し、その部屋の親方にスカウトされます。鯉太郎は空流部屋に入門します。それとほぼ同時に鯉太郎の因縁のライバルとなる力士も、自分の父親の部屋に入門します。この漫画はライバルとの戦いなども交えながら、鯉太郎が力士として成長していく姿を描いています。

代表的な漫画の画像を紹介

ここでさらに、死去された佐藤タカヒロさんの描かれた漫画の画像を紹介していきましょう。佐藤タカヒロさんが描かれた漫画の代表作の画像を探してみました。

死去された佐藤タカヒロさんの漫画作品の画像は?

こちらは佐藤タカヒロさんのデビュー作でもある「いっぽん!」の画像になります。登場人物の目力がとても印象的な画像です。「いっぽん!」は柔道漫画で、コマ割りが大胆なことでも話題になりました。柔道の楽しさを存分に描いた漫画はたちまち人気となり、柔道を知らない人たちからも支持されました。当初は絵の荒さもありましたが、徐々に進歩していくのが分かります。

こちらは佐藤タカヒロさんの遺作ともなった「鮫島、最後の十五日」の画像になります。「いっぽん!」に比べると随分と画力がアップしているのが分かります。「鮫島、最後の十五日」は先に紹介した「バチバチ」の続編にあたる漫画で、相撲界をリアルに描いていることから、力士たちにも人気のあった漫画なのだそうです。

こちらも「鮫島、最後の十五日」からの画像になります。登場人物の心情が丁寧に描かれているのが分かります。ライバルとの戦いのみならず、その友情にも注目が集まっている作品でもありました。体重が100キロしかない主人公の鮫島が、厳しく、時には残酷な相撲界で、必死にもがきながら横綱を目指す姿が多くの読者の心を惹きつけているようです。

死去された佐藤タカヒロさんが現在連載中だった作品は?

死去された佐藤タカヒロさんが現在連載中だった作品「鮫島、最後の十五日」について、もう少し詳しく紹介しましょう。連載中の「鮫島、最後の十五日」はどうなってしまうのでしょうか。

死去された佐藤タカヒロさんの連載漫画はどうなる?

連載中だった「鮫島、最後の十五日」ですが、少年チャンピオン編集部が発表したところによると、週刊少年チャンピオン33号掲載分をもって最終回ということになるのだそうです。単行本に未掲載分の刊行などについては、今後話がまとまり次第、週刊少年チャンピオンやウエブサイトで公表されるそうです。最高のスポーツ漫画との呼び声も高い作品でしたから、多くのファンが悲しんでいるようです。

実は「鮫島、最後の十五日」はあと少しで完結を迎えるところまで来ていたそうです。前作の「バチバチ」シリーズから考えると、9年間の連載期間ということになります。未完のまま完結という結果には、ファンもご本人も無念さが残るところかもしれません。しかし、ファンの多くは未完であっても最後まで「鮫島、最後の十五日」につきあうことを決めているようです。

佐藤タカヒロさんは結婚している?

死去された佐藤タカヒロさんは現在結婚しておられるのでしょうか。妻はいるのでしょうか。死去された佐藤タカヒロさんの結婚について調べてみました。

死去された佐藤タカヒロさんの妻は?

実は佐藤タカヒロさんは結婚されているようです。それが分かったのは、佐藤タカヒロさんの死去を報せる新聞の記事によってでした。新聞記事には佐藤タカヒロさんの死去を伝えるとともに、喪主を妻の七々子さんがつとめられることが記載されています。また、この記事によって、佐藤タカヒロさんの兄が酒田レンタルの代表取締役であることも判明しました。

酒田レンタルは農業機械、建設機械、ユニットハウスのレンタルなどをおこなう会社のようです。妻の七々子さんに関する詳しい情報も調べてみましたが、残念ながらその年齢を始め詳しいことは判明しませんでした。死去された佐藤タカヒロさんの葬儀は2018年7月6日に地元のセレモニーホール酒田で近親者のみで執り行われるということです。

佐藤タカヒロさんの子供の情報

佐藤タカヒロさんに妻が存在したことは分かりましたが、子供に関する情報は何かあるのでしょうか。佐藤タカヒロさんの子供について調べてみました。

佐藤タカヒロさんはご自身でTwitterも開設されていますが、そこを調べてみても、子供に関することは何も出てきませんでした。子供がいる可能性もありますが、ない可能性もあります。佐藤タカヒロさんはTwitterなどでもほとんどプライベートは語らなかったようですから、子供の有無は、さらに調べてみても判明しないかもしれません。

ただ、もし子供がいたとしたら、佐藤タカヒロさんはまだ41歳ですから、おそらくかわいい盛りの頃だったに違いありません。もしも若い頃に子供ができていたのだとすれば、それなりの年齢になっていることも考えられますが、それでもまだ成人はしていないはずです。子供にとっても佐藤タカヒロさんの死は、あまりにも急で悲しいものに違いないでしょう。

死因はいったい何だったのか

佐藤タカヒロさんの死因はいったい何だったのでしょうか。死因を公表されているのでしょうか。佐藤タカヒロさんの死因について調べてみました。

佐藤タカヒロさんの死因ですが、週刊少年チャンピオンを発行する秋田書店によると「プライベートなことなのでお答えできない」ということだったようです。もともと何かの持病があったのか、それとも事故か何かなのか、それすらも明かされていない状態です。

41歳といえば、健康で働き盛りという印象がありますが、突然に亡くなられる方も少なくはない年齢です。また、事故であれば、年齢は関係なくいきあう可能性があります。佐藤タカヒロさんの死因については、今後何らかの情報が判明するまで現在のところは待つしかなさそうです。

急死だった?佐藤タカヒロさんの死因

佐藤タカヒロさんの死因については不明なままでしたが、佐藤タカヒロさんの今回の死は急死だったのでしょうか。それとも何か前兆のようなものがあったのでしょうか。

実は佐藤タカヒロさんは死の前日までTwitterの更新を行っていました。このことから考えると、佐藤タカヒロさんの死因は分かりませんが、急死であったであろうということは想像できます。また、佐藤タカヒロさんの死因を想像させる情報として、佐藤タカヒロさんが愛煙家であったというものがあります。それも1日にかなりの量のタバコを吸われていたそうです。

タバコを吸う人すべてではありませんが、血管が詰まるなどして急死される可能性も高くなります。ひょっとすると、佐藤タカヒロさんの死には、1日にかなりの量を吸うというタバコが関係しているのかもしれません。

佐藤タカヒロさん死去にSNSの反応は?

佐藤タカヒロさんの死にSNSではどのような反応が広がっているのでしょうか。佐藤タカヒロさんの死に対するSNSの反応について調べてみました。

デビュー作である「いっぽん!」からの佐藤タカヒロさんのファンであるという人が、けっこう多いようでした。ファンを惹きつけてやまない魅力が、佐藤タカヒロさんの漫画にはあったようです。

満身創痍で相撲を取り続ける「鮫島、最後の十五日」の主人公に重ね合わせて、佐藤タカヒロさん自身も無理をしていたのではないかと心配する声も多くみられました。

まとめ:佐藤タカヒロさんの漫画はすごかった

ただ熱いだけではない最高のスポーツ漫画を描き続けた佐藤タカヒロさんですが、その連載作品の完結を前にした訃報となってしまいました。多くのファンたちがこれからも佐藤タカヒロさんの漫画を読み、その作品に魅了されていく事は間違いないでしょう。佐藤タカヒロさんのご冥福をお祈りします。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-14 時点

新着一覧