ベッドやマットレスの処分はどうすれば良い?方法や費用を紹介!

皆さんは使わなくなったベッドやマットレスの処分方法をご存じでしょうか。そうそう処分するものではないので方法を知らないという方もいらっしゃるでしょう。ということで、ベッドやマットレスの処分方法やかかる費用、料金などについてまとめました。

ベッドやマットレスの処分はどうすれば良い?方法や費用を紹介!

目次

  1. 使わなくなったベッドの処分はどうすればよいのか
  2. ベッドの処分の方法にはどんなものがある?
  3. 不用品回収業者にベッドの処分を依頼する
  4. 不用品回収業者にベッドの処分を頼むのには十分注意を!
  5. その他のベッド処分の方法について
  6. オークションでベッドを売るのもアリ!
  7. 処分するベッドはどんなもの?ベッドの種類について
  8. リサイクルショップでの処分に向いているベッド
  9. ベッドのリサイクル処分に関する注意点
  10. ベッドの処分にかかる料金はどれくらいなのか?
  11. 不用品回収業者での処分の費用はいくらくらいか
  12. 費用を出さずにベッドを処分したい場合はどうする?
  13. もしベッド以外のゴミも回収してほしい時は
  14. ベッドを購入したお店によっては無料で回収してもらえる!
  15. まとめ:ベッドの処分方法はいろいろ!費用の掛からないものも!

使わなくなったベッドの処分はどうすればよいのか

毎日使用する寝具には大きく分けて2種類あり、ベッドか敷布団かに分かれます。大きな家具になりますので購入にも少なくない費用がかかり、そう簡単に買い替えたりすることはできないでしょう。特にベッドはフレームやマットレスなどが組み合わさっているので一層費用がかかります。

そんなベッドですが、長く使用していれば当然のことながら傷んできてしまいますし回数こそ少ないですがいつかは買い替えも必要になってきます。では使用しなくなったベッドやマットレスなどはどうやって処分すればよいのかご存じでしょうか。ベッドの処分などそうそうありませんのでご存じないという方もいらっしゃるかもしれません。

そんなベッドやマットレスの処分方法にはどんなものがあるのでしょうか。またその際に必要になる費用の相場などはどれくらいなのでしょうか。ということで、ベッドやマットレスの処分をする方法や処分にかかる料金、費用などについてまとめてみました。

ベッドの処分の方法にはどんなものがある?

費用を抑えたいなら粗大ごみに

それではさっそくベッドやマットレスの処分方法にはどんなものがあるのかということについてご紹介していきましょう。まず1つ目のベッド等の処分方法は「粗大ゴミに出す」というものです。ベッドを処分するうえでおそらく真っ先に思いつくであろう方法が粗大ごみではないでしょうか。

冷蔵庫や電子レンジなどの家電製品も粗大ゴミとして出すことができるのですから、ベッドも同じように出すことができるだろうということですぐに思いつくでしょう。お住まいの地域のホームページや市役所に電話で問い合わせれば、ベッドの処分にかかる料金や具体的な処分の方法などを教えてくれます。

処分にかかる料金に関してはお住まいの自治体によって変わってきますが、大体1000円弱程度から高くとも2000円程度になるようです。これはベッドという大きな家具を処分するうえでは相当安い料金ですから、少しでも費用を抑えたいという方にはおすすめできる方法です。

自治体に粗大ごみとしてベッドを処分するメリットは上述の通り処分に必要な費用を安く抑えることができるという点です。逆にメリットとしては自治体に指定された場所までベッドを自分の手でもっていかなければいけないので、少々手間がかかってしまう点でしょう。

不用品回収業者にベッドの処分を依頼する

ベッドの処分方法として思いつきやすいものには自治体に粗大ごみを出す方法に加え、不用品回収業者に依頼するというのも同じくらい行き当たるのではないでしょうか。料金はかかってしまいますが、粗大ゴミに出す方法には無い回収業者ならではのメリットもあります。

それが自分の都合の良い日に回収業者が不要なベッドやマットレスを回収しに来てくれるということです。自治体に粗大ごみとしてベッドを出す場合は自分でもっていかなければいけませんでしたが、こちらの場合はその手間が無いので楽にベッドを処分することができるでしょう。

ただそれ相応のデメリットもあり、それなりの料金が発生してしまいます。手間が省ける分費用は高くつくことになりますので、手間をかけたくない方は不用品回収業者に依頼する方が良いかと思われます。

不用品回収業者にベッドの処分を頼むのには十分注意を!

不用品回収業者にベッドの処分を依頼する方法であれば多少費用がかかってしまいますが、自治体に粗大ごみとしてベッドを出すよりも楽に処分をすることができるということがお分かりいただけたでしょう。便利なのは間違いないのですが、注意しなければならないこともあります。

それが掛かる料金についてで、例えば回収業者のホームページに「ベッドの回収の費用は2000円から承ります」と記載されていたけどベッドのサイズによっては料金が高くなってしまうといった落とし穴があるのです。他にもベッドのフレームとマットレスは別の料金で、想像以上に費用がかかってしまう可能性もあります。

更に最も注意しなければならないのは、許可なく営業をしている回収業者や無料といいつつ回収の際に費用を請求する業者です。非常にたちが悪いのでもし不用品回収業者にベッドの処分を依頼する場合は信頼のある業者を選ぶようにすることをおすすめします。

その他のベッド処分の方法について

リサイクルショップや家具屋での下取りで処分することも可能

その他のベッドの処分方法としては、リサイクルショップに買い取ってもらうか家具屋での下取りというものもあります。まずリサイクルショップは格安で買い取ってくれることがありますが、無名のブランドのものであったり長く使っているベッドだと買取をしてくれない可能性が高いです。

また新しくベッドを購入する予定があって処分を検討している場合は、家具屋で新規でベッドを購入するときに下取りしてもらう方法もとれます。購入したベッドを配達してくれる際に回収を行ってくれるそうですので、ベッドを新しく買う時限定的ですが手間もかからず処分ができます。

オークションでベッドを売るのもアリ!

不要なものということでどうにかゴミに出したりといった方法を考えてしまいがちですが、上記のリサイクルショップに買い取ってもらうなどお金に換えることもできます。そんな方法の中でオークションに出品するという方法も場合によってはありです。

例えば購入したはいいけれどほとんど使っていない新品同様のベッドであったり、有名なブランドで高価なものならオークションで売れる可能性もあります。ヤフーオークションなどの他にメルカリなどの手軽に出品できるものもありますので一考の余地ありでしょう。

処分するベッドはどんなもの?ベッドの種類について

一口にベッドを処分するといってもベッドの種類にはいろいろあり、マットレスに足の着いた脚付きマットレスベッド、脚やフレームがパイプ製で床板部分にマットレスなどを敷いて使用するパイプベッド、真ん中で折りたたむことができる折りたたみベッドを始めとしてたくさんのタイプに分かれます。

他にも床板の下に引き出しがあり、収納することができるスペースのある収納ベッド、ソファーとしても使用でき背もたれを倒すことでベッドとして使用することも可能なソファーベッドなど機能的なベッドもたくさんあります。

加えてベッドはサイズも様々で、シングルからセミダブル、ダブルにクイーンやキングサイズまであり、用途や材質などによって違っています。実際に処分を行う前に、そのベッドがどんな種類のものかを把握しておきましょう。

リサイクルショップでの処分に向いているベッド

そんな様々な種類のあるベッドの中で、ご紹介したリサイクルショップへのリサイクルに出すのに向いているベッドというものもあります。例えば上記の折りたたみベッドは日中は部屋を広く使いたいという人が良く使用するベッドです。

一人暮らしの方などが使用することが多いですし、マットレスなどを敷いて使用するので本体も良い状態のままの可能性が高いため買取もしてくれやすいです。また床板の高さや角度を調整できるリクライニングベッドは病気などで上手く動けない方が良く使用します。

高齢者の方や身体に障がいのある方などはこのリクライングベッドがあると生活が助かるのでそういった方々のために必要ということで求めている家族に需要があるでしょう。

ベッドのリサイクル処分に関する注意点

リサイクルショップでの処分に向いているベッドの種類をご紹介しましたが、買取をしてもらうのには注意点があります。まずリサイクルということで自分がたとえ1日でも使用した新品ではないものを買い取ってもらうことになります。

新品でないものだと気にする方にとっては衛生面で不安になってしまいます。自分にとってはまだ綺麗で十分使用に耐えるだろうと思っていても、人からすると気になってしまって使うことができないと思ってしまうようです。自分のベッドが大丈夫なのか不安であるという方は自宅まで査定に来てくれるリサイクルショップの方と相談してみることをおすすめします。

ベッドの処分にかかる料金はどれくらいなのか?

リサイクルでの処分に関する注意点などについてご紹介しましたが、あくまでリサイクルは買取をしてもらうことができる場合の手段ですし、家具屋での下取りを行えるのは新しく購入することを考えているときです。主な処分方法は粗大ゴミとしてベッドを出すか不用品回収業者に依頼することになります。

そしてその2つの方法ではどれくらいかかるかというのはおそらくベッドを処分する上で一番気になる点になるでしょう。まず自治体に粗大ゴミとして処分する方法ですが、ベッドは大型の家具に入りますので処分するときには費用がかかってしまうことがあります。

その料金ですが、自治体によって違いはありますがベッドのフレームの方が1000円か2000円ほど、マットレスなども同時に処分する場合は別料金で1000円程度かかるのだそうです。この辺りを詳しく知りたいときには自治体に問い合わせなどをする方が良いでしょう。

不用品回収業者での処分の費用はいくらくらいか

続いては不用品回収業者にベッドの処分を依頼する場合の費用についてですが、シングルベッドが7000円から1000円程度、ダブルベッドの場合は10000円から12000円程度となるようです。さすがに粗大ゴミとして出す処分方法と比較すると相当高い料金がかかってしまうようです。

処分には大体この程度費用がかかるという目安の料金となっており、回収業者は1つではありませんので業者によって料金は異なってきます。しかし料金は決して安くありませんので、もし不用品回収業者にベッドの処分を依頼する場合にはいくつかの業者に回収の見積もりを依頼して、金額がどれくらいなのかを確認することをおすすめします。

費用を出さずにベッドを処分したい場合はどうする?

ご紹介した通り、ベッドを不用品回収業者に依頼して処分を使用とすると高い費用がかかってしまい、自治体に粗大ゴミとして出す場合も費用こそ高くはないですが自分で大きなベッドを持っていかなければいけないため手間がかかります。

ベッドを処分する費用は節約したい。そんな方におすすめなのが、自分でベッドを解体してゴミにするというものです。ベッドの解体は、まずマットレスをカッターなどで側面を切っておき、スプリングとスポンジを剥がしておきます。

次にフレームの解体に移り、木やパイプなどが素材となっていますが大抵のものはネジで固定されているためドライバーや六角レンチなどで外すことができます。自分でできるだけ解体することができたら、後はそれぞれを自治体の定めるゴミに区分して出しましょう。

解体しないままのベッドは粗大ゴミということで費用がかかってしまうとご紹介しましたが、解体をして可燃ごみや不燃ゴミ、金属のゴミなどに分けて出せば無料で回収をしてもらえます。もし普通のゴミとして出せないものがある場合は、直接ごみ処理施設に持っていくことで処分してくれます。

Thumb引っ越し時のベッドの解体・処分の費用は?組み立てや運搬料金も調査 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

もしベッド以外のゴミも回収してほしい時は

ベッドの処分は何もそれ単体をどうにかしなければいけないという状況だけではなく、家全体のいらないものを処分したり遺品整理などでベッドのほかにも不要ものがあり処分しなければいけないこともあるでしょう。そういう場合は片付け業者や遺品整理業者にまとめて回収してもらうという方法も取れます。

こういった業者は料金こそかかりますがただ不要なものを処分してくれるだけでなく、そのあとの部屋、家の清掃なども行ってくれるのだそうです。また処分するものが粗大ゴミ級のものがあったとしても運搬用のトラックで回収してくれるので、不用品の回収と後始末をすべてやってくれるのです。

どういった業者に依頼すれば分からない時は、様々な業者から料金の見積もりなどをしてくれるサイトもありますので、まずどんな業者があるかなどを確認してみてはいかがでしょうか。

ベッドを購入したお店によっては無料で回収してもらえる!

実は、ベッドを購入したお店によってはそこを利用することで無料で回収してくれることもあります。例えば無印良品では同じようなものを引き取ってもらう際に他の不要なものも無料で回収してくれ、ベッドも回収をしてもらえるので無印良品のものを使用している方はそれを利用しましょう。

他にもニトリでも料金3000円程度で無印良品と同じようなサービスを行っています。また引っ越し業者でも引っ越しの際不要なものを回収してくれるサービスを行っているものもあります。ベッドという大きな家具も割といろんなところで回収してくれますので確認してみましょう。

まとめ:ベッドの処分方法はいろいろ!費用の掛からないものも!

不要なベッドの処分方法や処分にかかる費用などについてご紹介しました。不用品回収など方法によっては処分に高い費用がかかるものもありますが、逆に購入したお店によってはベッドを無料で回収してくれる場合もあります。

ご紹介したようにベッドは粗大ごみなので自治体に出す場合は多少費用がかかります。できるだけ費用はかけたくないでしょうから、処分の方法を色々と考えてみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-08 時点

新着一覧