大谷翔平の兄・大谷龍太がイケメンと話題!経歴や家族構成を総まとめ!

アメリカメジャーリーグのエンゼルスで大活躍中のプロ野球選手の大谷翔平さんですが、その兄の大谷龍太さんがイケメンと話題になっています。兄の大谷龍太さんも野球をやっているのでしょうか。大谷翔平さんの経歴や家族構成、兄の大谷龍太さんについて詳しく紹介します。

大谷翔平の兄・大谷龍太がイケメンと話題!経歴や家族構成を総まとめ!

目次

  1. 兄がイケメンと話題の大谷翔平さんの経歴
  2. ギリギリまで悩んだ日本のプロ野球入り
  3. 二刀流と大谷翔平さん
  4. 北海道日本ハムファイターズでの大谷翔平さんの活躍
  5. アメリカ大リーグでも大谷翔平さんは二刀流で大活躍
  6. 地球の出身ではないと言われてしまった大谷翔平さん
  7. メジャー1年目で大谷翔平さんが異例の殿堂入り!?
  8. 大谷翔平さんの家族構成は?
  9. 大谷翔平さんの兄の大谷龍太さんの経歴
  10. 現在は社会人野球で活躍する兄の大谷龍太さん
  11. 実は兄も二刀流だった!
  12. 兄の大谷龍太さんは結婚している?
  13. 大谷龍太さんのイケメン画像
  14. 大谷翔平さんの兄の大谷龍太さんに対するSNSの反応は?
  15. まとめ:大谷翔平さんの兄の大谷龍太さんはイケメン!

兄がイケメンと話題の大谷翔平さんの経歴

アメリカのメジャーリーグで活躍中の大谷翔平さんの兄がイケメンだと話題になっていますが、まずは大谷翔平さんの経歴から見ていきましょう。大谷翔平さんの経歴はどうなっているのでしょう。

大谷翔平さんは1994年7月5日生まれで現在は24歳です。岩手県奥州市の出身で、小学校3年生の時に地元のリトルリーグで野球を始めました。小学校当時から大谷翔平さんの球の速さは有名だったようで、同じ年頃の捕手が思わず逃げてしまうほどだったそうです。大谷翔平さんは小学校5年生にしてすでに110km/hの記録を出していたようです。

大谷翔平さんは中学校にあがると一関のリトルシニアに所属します。このリトルシニア時代にも大谷翔平さんは全国大会に出場されています。高校は西武ライオンズの菊池雄星さんに憧れ、花巻東高校へと進学されました。当初は野手としてスタートした大谷翔平さんでしたが、1年の秋からエースとして活躍し、151km/hの球速を記録するなどして注目を集めました。

Thumb大谷翔平が目標を記したシート「マンダラート」とは?高校時代の内容も! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ギリギリまで悩んだ日本のプロ野球入り

花巻東高校でエースとして活躍された大谷翔平さんは、甲子園でも150km/hを記録するなどして、プロ野球のスカウトたちの注目を集めました。各球団が大谷翔平さんの獲得に動きましたが、大谷翔平さんは心に決めていることがありました。

花巻東高校を卒業後の進路として、大谷翔平さんは日本のプロ野球には入らず、そのままアメリカのメジャーリーグに挑戦することを考えていたようです。日本でもアメリカでもプロになるためにはプロ志望届けが必要なので、大谷翔平さんはそれを提出しましたが、大谷翔平さんは当時すでにアメリカのメジャーリーグ球団からも興味を持たれるほどの存在でした。

そして、メジャーリーグの数球団との接触を経て、大谷翔平さんはアメリカでのプロ野球スタートを明言します。大谷翔平さんの意思が固いことから、プロ野球の球団はドラフト会議で大谷翔平さんを指名しませんでしたが、日本ハムファイターズのみが大谷翔平さんを指名しました。その後、ギリギリまでの協議の末、大谷翔平さんは日本ハムファイターズへの入団を決めます。

二刀流と大谷翔平さん

今ではすっかり定着した大谷翔平さんの二刀流ですが、そのルーツはどこにあったのでしょうか。大谷翔平さんの二刀流について調べてみました。

大谷翔平さんの二刀流はここから始まった

大谷翔平さんは高校時代も投手と打者の両面で活躍していたこともあり、日本ハムファイターズへの入団後のプランとして、栗山監督から二刀流育成プランを提示されました。大谷翔平さんが夢のメジャーリーグへの挑戦を先延ばしにし、日本ハムファイターズへの入団を決めたのは、この二刀流育成プランに心惹かれたからだともいわれています。

大谷翔平さんは二刀流を確立するために、ほとんど外出をしたりせず、練習に打ち込まれたそうです。それは栗山監督からの指示でもあったのですが、大谷翔平さんは日本ハムファイターズ時代、外出する際には栗山監督の許可が必要だったそうです。それだけストイックな練習を続けた結果、現在では世界にも通用する二刀流を身につけることができたともいえます。

北海道日本ハムファイターズでの大谷翔平さんの活躍

メジャーリーグへの挑戦を延期し、まずは日本のプロ野球で経験を積むことに決めた大谷翔平さんですが、日本ハムファイターズでの活躍はどのようなものだったのでしょうか。

日本のプロ野球でも桁違いの活躍をした大谷翔平さん

大谷翔平さんはプロデビューとなった2013年から一軍に合流して日本ハムファイターズの主力選手として活躍します。オープン戦の段階から大谷翔平さんは二刀流として、投手、打者の両面で起用され、結果を出してきました。打者としてはオープン戦で本塁打も放っています。開幕した後は投手として登録されたまま、打者として登場することもありました。

大谷翔平さんは日本のプロ野球で5年間プレイされましたが、その間の投手としての成績は42勝15敗となっています。5年間の登板回数は85回で先発は83回、そのうち完投が13回、完封が7回あります。打撃のほうでも、5年間の通算打率は2割8分6厘で、本塁打が48、長打率は5割にも及びます。数字だけを見ても、桁違いの活躍を大谷翔平さんがしていたことが分かります。

Thumb大谷翔平の成績と年俸がヤバイ!大幅増で日ハム残留?メジャー挑戦? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

アメリカ大リーグでも大谷翔平さんは二刀流で大活躍

日本のプロ野球で5年間プレイした大谷翔平さんは、念願のメジャーリーグへの移籍を決めます。移籍先はロサンゼルス・エンゼルスです。二刀流を続けることを前提に検討を重ねた結果、大谷翔平さんはエンゼルスを選択されたようです。

実は大谷翔平さんの開幕前の評判は決して良いものではありませんでした。ルールや環境などへの対応に苦慮していた部分もあったのだろうと考えられますが、地元紙などはマイナーリーグからスタートさせるべきだなどの声も上がっていました。ところが、開幕すると大谷翔平さんは持ち前の力を発揮し、地元紙やエンゼルスファンたちを驚かせました。

2018年の3月19日には、大谷翔平さんはメジャーリーグ初打席で初安打を放ちます。さらに4月1日にはメジャーリーグに投手として初登板し初勝利をあげ、4月3日には指名打者として第1打席で本塁打を放ちました。勝利投手が2日以内に打者として出場した試合の初回に本塁打を記録するのは、野球の神様のベーブ・ルース以来だそうで、これは97年ぶりの快挙だそうです。

地球の出身ではないと言われてしまった大谷翔平さん

その後も大谷翔平さんは、これまでのメジャーリーグの記録を塗り替える数々の活躍をされます。そのあまりの活躍ぶりに、大谷翔平さんは「地球の出身ではない」などという表現まで出てきたそうです。

大谷翔平さんは2018年の4月9日には週間MVPに選ばれます。これは日本人選手の受賞としては2016年のイチロー選手の受賞以来で、2年ぶりのことでした。また、メジャー1年目の日本人選手としては最速の記録で、しかも最年少記録でもあったそうです。また、今季のメジャー先発投手の最速球速を記録するなど、その経歴は目を見張るものがあります。

2018年の6月には靱帯を損傷して一時的に戦線を離脱しますが、およそ1ヵ月後の7月3日には復帰します。復帰後5日目となる7月8日には復帰後初となるソロホームランも放つなど、ブランクをまったく感じさせない活躍ぶりを大谷翔平さんは見せています。メジャーリーグの今シーズンはまだ続きますので、大谷翔平さんの新たな記録はさらに続くものと考えられます。

メジャー1年目で大谷翔平さんが異例の殿堂入り!?

実は大谷翔平さんがメジャー1年目にしてすでに殿堂入りが決まったという話があるのですが、本当でしょうか。大谷翔平さんの殿堂入りについて詳しく調べてみました。

大谷翔平さんが殿堂入りするというのは、大谷翔平さんが使用した赤いヘルメットとキャップなのだそうです。アメリカニューヨーク州のクーパータウンには米国野球殿堂がありますが、ここにメジャーリーグでさまざまな記録を打ち立てた選手の使用した野球道具などが展示されます。大谷翔平さんのように、メジャー1年目での展示は異例とのことです。

ただ、大谷翔平さんの場合、ルーキーなのに活躍したから、という理由ではないそうです。大谷翔平さんの殿堂入りが決まったのは、大谷翔平さんが二刀流だからという理由なのだそうです。それだけ大谷翔平さんの二刀流というのは、アメリカのメジャーリーグにとっても大きな意義があるということなのだそうです。

大谷翔平さんの家族構成は?

大谷翔平さんが日本人のメジャーリーガーとして新たな記録を打ち立てて話題になっていますが、大谷翔平さんの家族はどのような人なのでしょうか。やはり野球関係者はいるのでしょうか。大谷翔平さんの家族構成やその経歴について調べてみました。

大谷翔平さんの家族構成ですが、お父さん、お母さん、お兄さん、お姉さんの5人家族です。お父さんは元社会人野球選手なのだそうです。また、お母さんは元バドミントンの選手で国体にも出場経験があるそうです。

そして、お兄さんが一人いますが、お兄さんについては後ほど詳しく紹介します。お姉さんは特に何かをしているというわけではなく、一般人のようです。

大谷翔平さんの兄の大谷龍太さんの経歴

イケメンと話題になっているという大谷翔平さんの兄の大谷龍太さんですが、その経歴はどうなっているのでしょう。大谷龍太さんの経歴について詳しく見ていきましょう。

兄の大谷龍太さんのプロフィールは?

大谷翔平さんの兄の大谷龍太さんの経歴ですが、大谷翔平さんよりも7歳年上で現在の年齢は31歳だそうです。大谷翔平さんとと同じく野球をされています。お父さんの影響で大谷龍太さんは小学校4年生の時に野球を始めたのだそうです。中学校は地元の水沢南中学に進み、軟式野球部に所属しました。

高校は岩手県立前沢高校に進学されます。野球部ではセンターやサードを任され、4番バッターでもあったそうなのですが、身長が中学時代はあまり伸びなかったことなどもあり、強豪校からのスカウトはなかったそうです。大谷龍太さんは高校卒業後は独立リーグの高知ファイティングドッグスに所属されていました。

現在は社会人野球で活躍する兄の大谷龍太さん

大谷龍太さんは2012年に現在の所属チームであるトヨタ自動車東日本に誘われ、高知から岩手に帰郷されます。そして、社会人野球選手としてのスタートを切られました。

社会人野球で活躍する兄の大谷龍太さん

トヨタ自動車東日本は、大谷龍太さんが加入したその年に創部されたばかりのチームで、13名からのスタートだったそうです。当時は関東自動車工業硬式野球部という名称でした。社会人野球チームなので、大谷龍太さんは夜勤明けや出勤前に練習に励むことも少なくなかったそうです。専用グラウンドなどはなく、現在も廃校となった小学校のグラウンドなどが練習場所です。

そんな苦労をしながら創部7年を経て、大谷龍太さんが所属するトヨタ自動車東日本は、初めて東京ドームで行われる都市対抗本大会への出場権を獲得しました。結果は1回戦での敗退となりましたが、チームとしては大きな経験を積んだことになります。ちなみに大谷翔平さんからは試合前にLINEで「頑張って」と連絡があったそうです。

実は兄も二刀流だった!

大谷翔平さんの二刀流は有名な話ですが、実は兄の大谷龍太さんも二刀流なのだそうです。大谷龍太さんも大谷翔平さんのように投打で活躍されているのでしょうか。

兄の大谷龍太さんはコーチと選手の二刀流

大谷龍太さんの二刀流は、実はコーチと選手の二刀流なのだそうです。大谷龍太さんは現在、トヨタ自動車東日本の選手でありながらコーチも兼任しています。大谷龍太さんは7年前の創部時から、選手とコーチを兼任してきたそうです。

弟の大谷翔平さんの活躍が目立ってしまいますが、7年前に13名からスタートしたトヨタ自動車東日本を都市対抗野球に出場できるまでにコーチとして育てた大谷龍太さんは、やはりただ者ではないのかもしれません。

兄の大谷龍太さんは結婚している?

大谷翔平さんはまだ独身ですが、兄の大谷龍太さんは結婚されているのでしょうか。また子供はいるのでしょうか。大谷龍太さんの結婚について調べてみました。

兄の大谷龍太さんは結婚しているらしい

どうやら大谷龍太さんは結婚をされているようです。ただ、お相手の奥様の情報や経歴などの詳しいことは分かっていません。やはりどちらも一般人ということで情報は少ないようです。

大谷龍太さんと奥様の間に子供がいるかどうかも調べてみましたが、子供の有無も含めて判明しませんでした。ですが、大谷龍太さんは31歳ということでもありますので、子供がいてもおかしくはないはずです。

大谷龍太さんのイケメン画像

大谷龍太さんがイケメンだというのは先にも紹介しましたが、具体的に大谷龍太さんの画像はあるのでしょうか。大谷龍太さんのイケメン画像を探してみました。

大谷龍太さんイケメン画像①

こちらが大谷龍太さんのイケメン画像になりますが、まるでハーフのような彫りの深い顔立ちをしています。確かにこれならイケメンと話題になるのも理解できます。

大谷龍太さんイケメン画像②

こちらは大谷龍太さんの横顔のイケメン画像になります。やはり兄弟というだけあって、どこか大谷翔平さんとの面影もある大谷龍太さんのイケメン画像です。

大谷翔平さんの兄の大谷龍太さんに対するSNSの反応は?

今回は大谷龍太さんがコーチ兼選手として活躍するトヨタ自動車東日本が初の都市対抗野球に出場するとあって、大谷龍太さんのことがSNSでも話題になっているようです。

兄の大谷龍太さんに対してSNSは?

以前から大谷龍太さんを応援する人たちの多くは、「大谷翔平の兄」という枕詞をやめて欲しいと訴えているようです。それだけ大谷龍太さんの努力や活躍を認めておられるということなのでしょう。

今回の都市対抗で初めて大谷龍太さんのこれまでの経歴を知ったという人も多かったのでしょう。決して弟の大谷翔平さんのように光の当たる来し方ではありませんが、その地道に野球道を貫く姿は、弟の大谷翔平さんとはまた異なった意味で多くの人に感動を与えたようです。

まとめ:大谷翔平さんの兄の大谷龍太さんはイケメン!

大谷翔平さんの兄である大谷龍太さんですが、確かに間違いなくイケメンであることが分かりました。そして、大谷翔平さんにも負けるとも劣らない野球への情熱のある方です。コーチ兼選手として活躍するトヨタ自動車東日本の今後も楽しみです。

そして、夢を叶え、アメリカのメジャーリーグでプレイする大谷翔平さんですが、後半のシーズンもさらに新たな記憶や伝説が生まれることは間違いないでしょう。大谷翔平さん、そして兄の大谷龍太さんの今後の活躍にも期待が高まります。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-20 時点

新着一覧