ニトリのアイロン台が人気!おすすめの選び方・無印との比較も紹介

皆さんはどんなアイロン台を使用しているでしょうか。まだ持っていらっしゃらない方にはニトリのアイロン台がおすすめです。その中での選び方などはどうなっているのでしょうか。ということで、ニトリのアイロン台のおすすめや無印との比較をまとめてみました。

ニトリのアイロン台が人気!おすすめの選び方・無印との比較も紹介

目次

  1. アイロン台はニトリがおすすめ!無印との比較も
  2. アイロン台の選び方とは?船型と人体型のどっちを使う?
  3. アイロン台は高さが大切!ニトリのアイロン台選びでも気をつけて
  4. ニトリのアイロン台はどんなもの?低価格でおすすめのニトリ製
  5. ニトリのおすすめアイロン台を紹介!卓上型の「IR-WOL」
  6. 脚付きのニトリのアイロン台「IR-LN2-F」
  7. 人型アイロン台「IR-PP」でワイシャツもラクラクアイロンがけ!
  8. 豪華なニトリの人体型アイロン台「07414G-1」
  9. 立ってアイロンがかけられる!ニトリの「IR-HN2」
  10. ニトリの仕上げ馬付きアイロン台「AD-6019」
  11. ニトリのアイロン台の口コミはどうなっている?
  12. 無印良品とニトリのアイロン台を比較したらどうなる?
  13. 無印のアイロン台はどんなもの?他のものには無い特徴を比較
  14. 無印のアイロン台の口コミはいかが?
  15. まとめ:ニトリのアイロン台はコスパ良し!選び方は気をつけて!

アイロン台はニトリがおすすめ!無印との比較も

皆さんはアイロン台はどんなものを使用しているでしょうか。洗濯をし終わってからアイロンをかけるときには当然ながらアイロン台を使用しますので欠かせないものではあるのですが、一度購入すると中々アイロン台は買い替えないという方が多いのではないでしょうか。

そんなアイロン台は様々なメーカーから販売されているのですが、そんな中でもおすすすめできるのがご紹介するニトリのアイロン台です。非常に品質が高く優秀で、かつお値段もさすがニトリと言わんばかりのリーズナブルな価格になっているのだとか。

その評判高いニトリのアイロン台にはどんなものがあるのでしょうか。また、アイロン台を選ぶ際のおすすめの選び方や、無印良品でもアイロン台が販売されていますがそれとはどういった点が違っているのでしょうか。ということで、ニトリのおすすめのアイロン台や選び方、無印との比較などについてまとめてみました。

アイロン台の選び方とは?船型と人体型のどっちを使う?

ではまず、アイロン台はどういった選び方をすればよいのかということについてご紹介しておきましょう。日常生活の中でしょっちゅう使用するアイロン台は、その選び方も非常に重要になってきます。そしてできるならば品質の高いものを使用したいと思われることでしょう。

アイロン台はライフスタイルの中での使い方によってどんなタイプのものを使用するかを決める必要があります。アイロン台には船型と人形型の2つの種類があり、船型のアイロン台の方は長方形の先が丸くなっているものなので基本的にどんな衣類でも綺麗にアイロンをかけることが可能です。

もう1つの人形型のアイロン台は人型の形に合うような形状となっているので、ワイシャツやブラウスなどといった衣服をよくアイロンがけする傾向があるという方には人形型のアイロン台をおすすめします。ワイシャツなどは特によくアイロンをかける衣類になるでしょう。

アイロン台は高さが大切!ニトリのアイロン台選びでも気をつけて

アイロン台の選び方にはもう1点重要なポイントがあり、それがアイロン台の「高さ」です。高さを基準とした選び方をする際には「スタンド型」と「卓上型」の2種類があり、スタンド型のアイロン台は名前の通り立ったままアイロンがけをすることが可能なのが特徴です。

スタンド型のアイロン台は立った状態でしか使用できないわけではなく、高さを調節することも可能なので自分の身長に合わせた高さに変えることができます。そのため立ったままアイロンがけをするのは厳しいという方は椅子を利用して高さを変えるなどといった方法もあります。

もう1つの卓上型のアイロン台は、置くことさえできればどんな場所であってもアイロンがけをすることができます。床に置いて使用しても良いですし、テーブルの上でアイロンがけをしても良いため特定の場所でアイロンがけをしないという方におすすめできるタイプのアイロン台です。

実際にアイロン台でアイロンがけをしたことがある方はお分かりいただけるでしょうが、アイロン台はアイロンをかけるときに力を入れやすい位置にしておくことでやりやすくなります。アイロンをかけるのに時間をかけるという方は高さを基準にすることで負担を少なくするのに繋がります。

ニトリのアイロン台はどんなもの?低価格でおすすめのニトリ製

では、そんなアイロン台を選ぶ中でおすすめしているニトリのものはどんな特徴があるのでしょうか。まずニトリといえば、リーズナブルな価格で生活用品や家具といった生活に必要なものを中心に販売しているブランドです。

アイロン台もニトリでは例に漏れずコストパフォーマンスの高いものがあるため、安くいいものが欲しいという方はニトリのものをおすすめします。ニトリにはアイロン台が6種類そろっており、脚のない卓上型のものから脚付きのスタンドタイプで高さの調節もすることが可能なもの、人体型アイロン台もニトリで手に入れることができます。

実際にニトリのものを使用している方の口コミも評判が高いので、ニトリのアイロン台がコストパフォーマンスが本当に高いということがお分かりいただけます。ニトリでは最も安いものなら税別に460円からのものがあり、購入後にニトリから自宅に運んでくれるサービスもあるようなのでその点でもおすすめできます。

ニトリのおすすめアイロン台を紹介!卓上型の「IR-WOL」

それではここからは、ニトリのおすすめのアイロン台をご紹介していきます。まず最初にご紹介するのは、ニトリの「IR-WOL」というアイロン台です。こちらは一人暮らしの方や単身赴任などでアイロン台を置けるスペースが確保できない方に人気のアイロン台となっているようです。

ニトリの「IR-WOL」は足のない卓上型のアイロン台となっていて、脚が無いためにテーブルの上などのいろんな場所で手軽にアイロンがけをすることができます。サイズは幅62センチ、奥行き37センチ、厚さ2センチとなっていて、コンパクトなのでしまうスペースも取らないのもおすすめの理由の1つです。

「ニトリの「IR-WOL」の表面にはアルミコーティング加工をフェルト生地の上に施しているので、耐久性が高く黄ばみなどがつきにくいため丈夫で長持ちするようになっています。お値段も税別で462円という非常にリーズナブルになっているので流石ニトリといった感じです。

脚付きのニトリのアイロン台「IR-LN2-F」

ニトリの「IR-WOL」は足が付いておらず場所を選ばず使用することのできる収納も問題のないアイロン台でしたが、同じくコンパクトなもので脚付きのものが良いという方におすすめなのが、ニトリの「IR-LN2-F」というアイロン台です。

ニトリの「IR-LN2-F」にはフックが付いており、アイロン台として使用しない時には脚を折りたたんで、例えばクローゼットの端の方に引っ掛けておくなどの収納もできます。脚が無いのも収納に優れていますが、フックがあるとまた違った収納面の良さがあります。

脚もサッと折りたためることができるようになっているので、フックで引っ掛けずにそのまま収納するときにもコンパクトに収納ができます。脚は座ってアイロンがけをするのにちょうど良い高さとなっているので使いやすく、気になるお値段も税別で761円とやはりニトリのものはリーズナブルです。

人型アイロン台「IR-PP」でワイシャツもラクラクアイロンがけ!

ワイシャツなどの衣類を多くアイロンがけするという方におすすめなのが、ニトリの「IR-PP」というアイロン台です。「IR-PP」はご紹介した人体型のアイロン台となっていて、「馬」の部分が人体型をしています。そのため船型では少々やりにくいワイシャツなどの襟の部分を綺麗にアイロンがけすることができる形状になっています。

ニトリの「IR-PP」もご紹介してきたアイロン台と同じように表面にアルミコーティング加工が施されているので、丈夫であるため長い期間使用するのに耐えられるようになっています。お値段は税別に1380円となっています。

豪華なニトリの人体型アイロン台「07414G-1」

ニトリの人体型アイロン台「IR-PP」をご紹介しましたが、もう少しグレードの高いアイロン台を求めている方や予算に余裕があるという方にはニトリの「07414G-1」をおすすめします。まずお値段は税別で2658円と「IR-PP」よりは価格は高いですが、それに見合った性能を備えています。

ニトリの「07414G-1」は人体型アイロン台なのでもちろんワイシャツ等のアイロンがけをスムーズに行うことができるようになっています。加えてニトリの「07414G-1」にはボタンプレス機構が備わっており、ボタン付きのシャツでも裏側をアイロンがけする時ボタンのところが沈み込むようになっているため、凸凹せず綺麗にアイロンをかけることを可能にしています。

またニトリの「07414G-1」には全面にスチームメッシュ構造を採用し、スチームアイロンをかけた際スチームがしっかり通るようになっているほか、可動式のハンガーフックも付いているのでニトリの「IR-LN2-F」と同様、ハンガーにかけて収納することもできます。ちなみにニトリの「07414G-1」はニトリの通販での限定販売となっているので、お買い求めの際はニトリの通信販売へどうぞ。

立ってアイロンがかけられる!ニトリの「IR-HN2」

長時間アイロンをかけるために座って掛けるタイプのアイロン台だと負担がかかってしまうという方におすすめなのが、ニトリの「IR-HN2」です。このニトリのアイロン台は高さを調節できるスタンド型で、4段階の高さから選ぶことができるのです。

なので、背が高い人でも低めの人でもニトリの「IR-HN2」なら立ってアイロンをかけることができるので安心です。加えて側面にはアイロンを置くことができる金具が出し入れできるので、少し離れたいという時などに重宝しますので実用性もバッチリです。

実際にニトリのIR-HN2を使用している方によると、一年ほど使用していますが損傷もなく使い続けているのだそうです。ニトリのアイロンが丈夫で実用性に耐えることが分かります。お値段は税別で1896円と、スタンド型のアイロンの中では安く収まっているようです。

ニトリの仕上げ馬付きアイロン台「AD-6019」

最後にご紹介するニトリのアイロン台は、「AD-6019」というものです。こちらのニトリのアイロン台は仕上げ馬が付いているのが大きな特徴で、ワイシャツの袖などは普通のものだと掛けにくいようですがこちらであれば難なくアイロンをかけることができます。

脚の高さは19センチ、幅は約60センチで奥行きが36センチ、仕上げ馬までの高さは約25センチとなっていて、お値段は税別で1134円となっています。ニトリの「AD-6019」には他のニトリのものと同じくアルミコーティング加工がされており長持ちする仕様です。

ニトリのアイロン台の口コミはどうなっている?

ニトリのアイロン台は脚付き、脚無しにスタンド型と卓上型などたくさんの種類がそろっているのがお分かりいただけたかと思いますが、さてそんなニトリの台を使用している方の口コミはどうなっているのでしょうか。

ニトリのアイロン台は、口コミの評判がとても高くなっているのだそうです。その大きな理由はやはり手の出しやすい低価格でありながらしっかりとした作りで丈夫なもののため、コストパフォーマンスが高いということのようでした。加えて折りたたみ式のものは立ったままアイロンがけをできるということで、そういった点でも評判が高いようです。

無印良品とニトリのアイロン台を比較したらどうなる?

ニトリのおすすめのアイロン台をご紹介しましたが、次に無印良品のアイロン台との比較などを行っていきます。まず無印良品ではニトリと同じく生活必需品や家具といった生活に必要なもの、洋服に食品など幅広い製品を取り扱っています。

そしてそんな無印良品でもアイロン台が販売されています。もしかしたら無印のアイロン台を使用されている方もいらっしゃるかもしれませんが、そのアイロン台には他のアイロン台には無い特徴があるようです。その点をニトリのアイロン台と比較していきましょう。

無印のアイロン台はどんなもの?他のものには無い特徴を比較

それでは、ニトリのアイロンと無印良品との比較をしていきます。無印のアイロン台には他のアイロン台には無い特徴があるとご紹介しましたが、それがどんなものなのかというと、無印のアイロン台には他と違いアイロン台本体にウレタン吸収剤製の凹みがあります。

この凹みによって、ワイシャツなどにアイロンをかけるときにワイシャツのボタンが沈んでくれるので、ボタンがある部分にも抵抗なくアイロンをかけていくことができます。ニトリのアイロン台にも「07414G-1」にボタンプレス機構があるので、それと似たような機能であるということです。

そしてニトリのアイロン台には「07414G-1」にのみその機能がありますが、無印の方はウレタン吸収剤の凹みが標準で備わっているそうです。そのためワイシャツなどをよくアイロンがけする方はニトリと比較すると無印の方がおすすめできるかもしれません。

無印のアイロン台の口コミはいかが?

そんな無印のアイロン台ですが、使用されている方の口コミはいかがなものなのでしょうか。無印のアイロン台もニトリのそれと同じく非常に人気があるようで、その理由はやはりボタンプレス機能が備わっていることのようです。

そんなボタンプレス機能が無印のアイロン台には標準で備わっているのでニトリのものと比較すると値段は少々高くなってしまうようですが、しかしその値段の差を補えるには十分な機能となっているようです。ボタン付きのワイシャツをよくアイロンがけするという方には無印がやはりおすすめです。

まとめ:ニトリのアイロン台はコスパ良し!選び方は気をつけて!

ニトリのアイロン台の特徴やアイロン台自体の選び方、無印のアイロン台との比較などをご紹介しました。ニトリのアイロン台はどれもコストパフォーマンスが良く、使用者からの評判もそれ故に高いことが分かりました。

選び方に関しては自分がどんな衣類をよくアイロンがけするかによって分かれますので、多少なりとも考えましょう。またニトリと同じく無印のアイロン台も高評価だったようですので、どちらを選ぶかは使用者のライフスタイル次第といったところでしょうか。

ニトリに関する記事はこちら

Thumbニトリの洗濯用品&物干しは名品揃い!おすすめランドリーグッズの口コミ集 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbニトリのアイロンの口コミや評判を調査!気になる使い心地や値段は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-11-20 時点

新着一覧