カラオケ精密採点の表現力で高得点を取る方法!抑揚の付け方やコツを解説

カラオケの精密採点で高得点を取る方法について紹介していきます。カラオケの精密採点での表現力や抑揚とは何かというところからカラオケの精密採点で高得点をとる為の表現力の付け方、抑揚のコツについてを詳しく説明していきましょう。

カラオケ精密採点の表現力で高得点を取る方法!抑揚の付け方やコツを解説

目次

  1. カラオケの精密採点とは
  2. カラオケの精密採点で高得点を取るコツを紹介!
  3. 歌う前には準備体操をしよう
  4. カラオケで高得点を取るには正しい音程を覚えよう
  5. 音程を正確に歌うためのコツについて
  6. 精密採点で高得点を取るには表現力も大切
  7. カラオケの表現力とは
  8. 抑揚のつけ方とそのコツとは
  9. カラオケの精密採点においての抑揚とは
  10. ビブラートの付け方のコツを紹介
  11. ビブラートの正しい付け方をマスターしよう
  12. ロングトーンもしっかり練習しよう
  13. カラオケの精密採点で高得点を取るには選曲も重要
  14. 安定した声を出すには腹式呼吸が大切
  15. 腹式呼吸の身に付け方について
  16. 声が出にくい部分はキーを下げるなどの工夫をしよう
  17. カラオケで高得点を目指すならアレンジはNG
  18. カラオケの採点機器の特徴を把握しよう
  19. カラオケの精密採点には『DAM』がおすすめ
  20. 精密採点で高得点を取るコツをマスターしよう!

カラオケの精密採点とは

カラオケの精密採点で高得点を取るコツをお伝えする前にまずはカラオケの精密採点とはどのような仕組みなのかということを簡単に説明していきます。

カラオケの精密採点の仕組みについて

カラオケの精密採点とはカラオケの採点機能の一種であり、音程の正確さはもちろんのことビブラートやしゃくりのような歌唱法や抑揚なども採点基準に含まれているもののことを言います。

Thumbカラオケのしゃくりとはなに?意味とコツ・採点の加点の仕組みを解説! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

カラオケの精密採点で高得点を取るコツを紹介!

精密採点の仕組みを理解したところで、続いては本題の精密採点で高得点を取るコツやポイントについて簡単にお伝えしていきます。

音程と表現力や抑揚がポイント

精密採点で高得点を取る為に必要な条件としてまず一つ目は"音程の正確さ"そして二つ目は表現力や抑揚を上手く使うことで得点が加算される"加点"です。この2つが大事なポイントとなってきます。

音程の正確さや表現力と抑揚の重要性について

"音程"と"加点"この二つの要素がカラオケの精密採点で高得点を取るために大切です。では、ここからは正確な音程で歌を歌うにはどうしたらいいのか、加点に繋がるような表現力や抑揚とはどのようなものなのかなどカラオケの精密採点で高得点を取る為の様々なコツを紹介していきます。

Thumbカラオケのこぶしの出し方のコツは?しゃくり・フォールも極めてモテよう | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

歌う前には準備体操をしよう

カラオケで歌う前には準備体操を行うことも精密採点で高得点をとる為には効果的です。これはスポーツをする前にウォーミングアップをするのと同じようなことで、喉の周りの筋肉をほぐして刺激を与えることで声が出やすくなります。それでは、カラオケで歌う前に行うと効果的なストレッチを紹介します。

首周りのストレッチ方法

では、首と喉のストレッチ方法について紹介していきます。まず首周りのストレッチ方法になります。1.首をゆっくりと回します。2.顔を上に向け首の前側を伸ばします。3.その状態から首を左右に傾けて首の側面を伸ばします。4.首周りの筋肉と顎周りの筋肉を手で軽くマッサージするようにほぐしていきます。

喉の筋肉のストレッチ方法

次に喉の筋肉のストレッチ方法を紹介します。1.舌を出来るだけ出して伸ばします。2.喉の奥をあくびをするような感じで大きく広げます。3.舌を出しその状態をキープします。これで首周りと喉の筋肉のストレッチ方法は以上になります。

ストレッチをすると表現力や抑揚も付けやすくなるかも!

意外と簡単に出来るので皆さんもカラオケに行った際には試してみてください。このストレッチを行うことで喉に無駄な力が入りにくくなり、カラオケの後に声が出にくくなるといったようなことも少なくなり、表現力や抑揚などで加点も付きやすくなるでしょう。

カラオケで高得点を取るには正しい音程を覚えよう

ここからはカラオケの精密採点で高得点を取る為の必須条件である音程についてお話していきましょう。精密採点では音程の正確さが採点をする際に最も大きなウエイトを占めるそうです。

表現力や抑揚よりもまずは音程から練習しよう

しかし、この音程を正確に歌うのは自分の元々持っている能力に一番左右される部分でもあり、なかなか伸ばすことが難しともいわれています。

音程を正確に歌うためのコツについて

そこで、音程を正確に歌う為のコツとしてまずは歌詞を全て覚えるというものがあります。こうすることで、音程に集中しやすくなります。そして、採点基準となるガイドメロディの音程に沿って出来るだけ正確に歌うようにしましょう。この時、マイクの音量を小さくしてスピーカーの前に立つことでより正確な音程を把握しやすくなります。

また、音感がある程度ある方の場合でも正しい音程よりも少し低めの音で歌ってしまう場合もあるでしょう。その場合は少し高めに歌うという事を意識して、口角を上げて歌うなどの工夫をしてみると良いそうです。

Thumbカラオケバラードの定番は?女性が歌いやすいおすすめ・人気の名曲まとめ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

精密採点で高得点を取るには表現力も大切

続いてカラオケの精密採点で高得点を取る為の表現力についてお話していきます。カラオケの精密採点における表現力とは一体どのようなものがあるのでしょうか。

表現力の重要性について

カラオケの精密採点で高得点を取るためには表現力も大切だということは最初の方でも少しお伝えしたのですが、ここではもう少し具体的にお話していきましょう。

カラオケの表現力とは

カラオケの精密採点で高得点を取るための表現力というのは"こぶし"、"しゃくり"、"フォール"のことを言います。いまいちこの表現力が分からないという人もいるかもしれませんがカラオケの精密採点で歌っている時に音程グラフの部分に時々何かのマークのようなものが出てくることがあります。

カラオケの精密採点の4種類の表現力について

それがこぶし、しゃくり、フォールのような表現力によって加点されたというマークになります。ちなみに精密採点の採点の最後の画面にこのこぶし、しゃくり、フォールがいくつ取れたかが確認できるので一度自分がどの表現力が得意なのかまた逆に苦手なのかなどを把握しておくといいでしょう。

Thumbカラオケで100点を出す方法!裏ワザやコツ・出やすい曲で彼を驚かせよう | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

抑揚のつけ方とそのコツとは

先程、カラオケの表現力についてお話したのですが実は表現力の中でもこの抑揚という項目が採点基準の9割を占めているそうです。

抑揚の重要性について

ですので、音程がある程度正確に歌えるようになったら次は表現力の中でも特に抑揚を上手くつけられるように練習していく良いでしょう。

カラオケの精密採点においての抑揚とは

そこで、ここでは表現力の中でも採点基準のほとんどを占める抑揚について、抑揚の付け方と抑揚の付け方のコツについてを説明していきます。「抑揚をつけるのって何だか難しそう…。」とか「そもそも、抑揚って何?」という方も多いでしょう。

カラオケの精密採点の抑揚って何?

抑揚というのは簡単に言うと声の大きさのの変化です。ですので、簡単な抑揚の付け方としてマイクの位置を遠ざけたり、近づけたりというものがあります。意外とこれだけで上手く抑揚をつけられるのです。

マイクの位置を変えるだけで簡単に抑揚が付けられる

ただマイクの位置で抑揚の付け方の注意点としてはマイクを遠ざける場合はゆっくりと遠ざけることです。急にマイクを遠ざけてしまうと音程のズレに繋がってしまいます。マイクを近づける分には問題ないそうです。とても簡単な方法ですので皆さんも是非試してみて下さい。

ビブラートの付け方のコツを紹介

ここではカラオケの精密採点で高得点を取るためのビブラートの付け方のコツについてお話していきましょう。まず、ビブラートというのは"声の周期的な揺れ"のことを言うそうです。

正しいビブラートの付け方について

ですから、ただ緊張で声が震えてしまったり、声が出づらく震えてしまったりなどは正確にはビブラートとは言いませんので注意が必要です。

ビブラートをきちんとコントロールしよう

ただ、その声の震え、揺れを自分の力でコントロールし、効果的に使えるとビブラートということになります。そして、プロの歌手などは基本的に横隔膜を使ったビブラートを使うのですが、これは少し習得に時間がかかるそうなので今回は他の方法を紹介します。

ビブラートの正しい付け方をマスターしよう

ビブラートの付け方のコツとして今回紹介するのは"母音を強調させる"というものです。母音を強調させるというのは例えば「まーーーあぁあぁあぁあぁあ」というように母音の"あ"の部分を何度も強調させるということです。これはあくまでイメージということなのですが、意識して歌うことで自然とビブラートがかかっているように聞こえてきます。

Thumbカラオケでビブラートの出し方とコツ!出来るようになる練習方法は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ロングトーンもしっかり練習しよう

ここではカラオケの精密採点の採点項目にもあるロングトーンについてお話していきましょう。このロングトーンという項目も表現力やビブラートと同じく加点の対象になります。

ロングトーンは表現力と同じく加点の対象

ただこのロングトーンはアップテンポな曲などはなかなか難しい部分でもあります。ですので、この場合は選曲も大切になってくるでしょう。

安定した声で歌えることが大切

そして、ロングトーンが加点の対象となる条件は"音程が正しいこと"、"1秒程度伸ばし続けること"、"途中で音がぶブレないこと"の3つです。つまり、正しい音程で安定した声で歌えるということがポイントになります。ただ、これは機械的な判断基準になるので実際に歌ってみると物足りなさも感じるかもしれませんが、精密採点で高得点を取りたい方にはおすすめです。

Thumbカラオケが上達する方法・コツを調査!高音と声量を出すテクニックは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

カラオケの精密採点で高得点を取るには選曲も重要

ここではカラオケの精密採点で高得点を取る為に選曲の重要性についてお話していきましょう。カラオケの精密採点で高得点を取りやすい曲というのは"自分の音域に合っていること"、"リズムが簡単なこと"、"ビブラートやロングトーンを付けやすいこと"の3つがポイントとなってきます。

カラオケで高得点を取るにはどんな曲がおすすめ?

逆にラップなどのアップテンポな曲は音程やリズムを合わせることが難しくビブラートやロングトーンをつけにくい為あまりおすすめは出来ません。そのような曲はカラオケの精密採点で高得点を取るには余程の事がない限り避ける方が無難でしょう。ただ、やはり自分のお気に入り曲を歌う方が表現力を発揮しやすい場合もあります。

Thumbカラオケで盛り上がる洋楽は?歌いやすい・かっこいい定番や名曲を紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

安定した声を出すには腹式呼吸が大切

続いてカラオケの精密採点で高得点を取る為の呼吸方法について紹介していきます。正しい呼吸法をマスターすることで音程が安定したり、表現力や抑揚での加点も取りやすくなってきます。ですので、カラオケの精密採点で高得点を目指すなら正しい呼吸法を身に付けていくことが大切でしょう。

腹式呼吸と胸呼吸の違いについて

カラオケの精密採点で高得点を取るには"腹式呼吸"が良いと言われています。腹式呼吸というのは横隔膜の動きを使った呼吸で吸った時にお腹が膨らみ、息を吐いた時にはお腹がへこみます。寝るときなど無意識のうちに腹式呼吸になっている人が多いのです。

逆に普段の生活での呼吸は胸呼吸といって、肺を横に広げて呼吸をしています。吸った時にはお腹がへこみ、吐いた時にはお腹が膨らむという腹式呼吸とは逆の動きをします。

腹式呼吸の身に付け方について

そして、腹式呼吸を身に付けるコツを紹介していきます。まずは息を吐く時のコツですが、体の中の空気をできる限り出し切るように息を吐いていきます。この時お腹に手を当てお腹の動きを一緒に確認してみるといいかもしれません。きちんと腹式呼吸が出来ていれば息を吐くと徐々にお腹がへこんでいくのが分かるでしょう。

カラオケで高得点を目指すなら腹式呼吸をマスターしよう

次に息を吐ききったら、次はお腹に息を溜め込むように空気を限界まで吸い込みます。この時も息を吐く時と同様にお腹に手を当ててお腹の動きを確認しながら行っていきましょう。腹式呼吸をマスターすることで歌っている途中に息切れなんてことも少なくなるでしょう。

Thumbカラオケの音程の合わせ方!正確な取り方や音痴を治す練習方法は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

声が出にくい部分はキーを下げるなどの工夫をしよう

ではここからはカラオケの精密採点で高得点を取るためのコツとして正確な音程や表現力や抑揚以外の細かい部分についても紹介していきます。

表現力や抑揚以外の部分で注意する点について

まずは歌いたい曲があるのにどうしても音域が合わず声が出ない時の対処法です。カラオケの機能で音程を上げたり下げたりして歌うことも可能です。

音域が合わない時の対処法について

ですが、それではいつもの音程と違い歌いずらいという場合や一部分だけが出ないという場合もあることでしょう。そのような時は1オクターブ下げたり上げたりして歌うのをおすすめします。

1オクターブ下げたり上げたりしてもカラオケの精密採点で減点されることはありません。ですので、無理をして出ない音域で歌い声が掠れたり、裏返って音程外してしまうよりは1オクターブ下げたり上げたりして歌うと良いでしょう。

Thumbカラオケのキーの合わせ方!調整して彼の前でも気持ち良く歌える方法は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

カラオケで高得点を目指すならアレンジはNG

続いては曲のアレンジについてお話します。カラオケで歌う場合にはしばしばその人自身のオリジナルの表現や抑揚のアレンジが加わる場合があります。特に採点を気にしないのであれば気持ち良く歌えますし、それを聞いている人達も盛り上がるので良いでしょう。その曲を歌っている本人でさえもライブなどで曲にアレンジを加えて歌うことも多いでしょう。

表現力や抑揚のアレンジは△音程のアレンジは✕

ただ、この曲にアレンジを加えて歌うという行為はカラオケの精密採点で高得点を取りたいのであれば行ってはいけない行為の一つでもあります。表現や抑揚にアレンジを加えて歌うならまだしも、音程を変えてしまうのは絶対にNGです。音程が合わず減点に繋がります。ですので精密採点で高得点を取りたいなら基本的にアレンジは加えずに歌うようにしましょう。

カラオケの採点機器の特徴を把握しよう

ここではカラオケの機種についてお話していきましょう。カラオケに行った際にはスタッフの方に「どの機種にしますか?」などと聞かれることでしょう。その時にいまいちどれが良いか分からず困ってしまったなんて方もいるはずです。

『DAM』と『JOYSOUND』の違いについて

まず、カラオケには『DAM』と『JOYSOUND』というメーカーが存在します。この2つのメーカーはカラオケに行った事がある方は聞いたことがある人がほとんどだと思いますが、具体的には何が違うのか知らない人も多いはずです。

カラオケの精密採点には『DAM』がおすすめ

そして、『DAM』の特徴として挙げられるのは"原曲に忠実な音源である"、"本人映像またはアニメ映像が多い"、"精密採点の精度がより高い"という点です。次に『JOYSOUND』の特徴として挙げられるのは"曲数の多い"、"ボカロ映像が多い"、"コンテンツが多い"という点です。

新しい機種には曲数やコンテンツが豊富

ですので、精密採点で高得点を取るためには『DAM』を利用することをおすすめします。また『DAM』にも2007年~2017年版までの6種類ありますが、基本的には新しい機種を利用することで間違いないでしょう。是非参考にしてみてください。

Thumbカラオケの機種どれがおすすめ?違いや採点の特徴を知って高得点を出そう | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

精密採点で高得点を取るコツをマスターしよう!

カラオケの精密採点で高得点を目指すならまずは正確な音程で歌えるようになりましょう。次に抑揚、そしてビブラート、ロングトーンの練習をしていきましょう。この4つの項目をマスターしてしまえば80点台~90点台は確実でしょう。

音程と抑揚と表現力など練習する項目は沢山ある!

その後に表現力などの細かい部分も練習していくともっと点数が伸びてくるでしょう。なかなか習得の難しい項目もあることでしょう。ですが、全く出来ないことではありません。加点の付け方のコツなど意識して練習していくこと、そしてちょっとした工夫がカラオケの精密採点で高得点を取る為には大切になってきます。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-16 時点

新着一覧