アイロン台は無地良品が優秀で人気!ニトリとの違いなど口コミを調査

皆さんはどんなアイロン台を使用しているでしょうか。まだ持っていらっしゃらない方には無印のアイロン台が人気です。またニトリでもアイロン台が販売されていますがどんな違いがあるのでしょう。ということで、無印のアイロン台の人気のものやニトリとの比較をまとめてみました。

アイロン台は無地良品が優秀で人気!ニトリとの違いなど口コミを調査

目次

  1. 無印のアイロン台はどんなもの?他のものには無い特徴を比較
  2. アイロン台にはどんなものが?無印とニトリとはどう違うのか
  3. アイロン台は無印良品!優秀なアイロン台はどんなもの?
  4. アイロン台はどう選ぶ?選び方のポイントとは
  5. 高さも重要!スタンド型か卓上型か
  6. アイロン台の大きさは大丈夫?面積にも気を配ろう
  7. 無印の人気アイロン台をご紹介!まずは「ボタンプレス機能付きアイロン台」
  8. スタンド型の無印のアイロン台は立ったままアイロンがけ可能!
  9. 無印のアイロン台の口コミはどう?人気の理由とは
  10. ニトリのアイロン台はどんなものが?無印並みに優秀なものを紹介!
  11. ニトリの船型アイロン台「IR-LN2-F」も値段がリーズナブルで人気!
  12. 無印にないニトリの「人体型」と馬つきのアイロン台
  13. 馬つきのアイロン台が優秀!無印のアイロン台ではできないことも
  14. ニトリのアイロン台の口コミは?無印との比較
  15. まとめ:無印のアイロン台は機能も優秀で人気だった!

無印のアイロン台はどんなもの?他のものには無い特徴を比較

洗濯をし終わって乾燥させてからアイロンをかけるときには当然ながらアイロン台も使うでしょうが、皆さんはアイロン台はどんなものを使われているでしょうか。衣類の仕上げには欠かせないものではあるのですが、一度アイロン台を買うとなかなか買い替えずずっと使用しているという方も多いのだとか。

そんなアイロン台は思いのほかいろいろな所から販売されているのですが、そんな中でも優秀で人気があるといわれているのが無印のアイロン台です。非常に品質が高く優秀で、かつ価格も手が出しやすいためコストパフォーマンスの高いアイロン台になっているのだとか。

では優秀と評判の無印のアイロン台にはどんなものがあるのでしょうか。また、同じく日用品などを販売するニトリでもアイロン台が販売されていますがどういった点に違いがあるのでしょうか。ということで、無印良品のおすすめのアイロン台やニトリとの比較、またアイロン台の選び方などについてまとめてみました。

アイロン台にはどんなものが?無印とニトリとはどう違うのか

ではまず最初に、無印良品のアイロン台にはどんなものがあるのかということについてご紹介していきましょう。まず無印良品では、生活必需品や家具といった生活に必要なもの、洋服に食品など幅広い製品を取り扱っています。そしてその中でアイロン、アイロン台が販売されているのです。

現在無印良品のアイロン台を使用している方もいれば、ニトリなどのほかのアイロン台を使用している方ももちろんいらっしゃることでしょう。そんな中で無印良品のアイロンにはどんな特徴を持っているものがあるのでしょうか。そういったあたりをニトリのアイロン台などと比較してご紹介していきます。

アイロン台は無印良品!優秀なアイロン台はどんなもの?

ではここからは、ニトリと無印良品のアイロン台との比較を行っていきましょう。他のアイロン台には無い特徴を無印のアイロン台は備えているといいましたが、それがどんなものなのかというと、ワイシャツなどのボタンがある部分にアイロンをかけるとその部分が沈むウレタンの吸収剤が入っているのです。

無印のアイロン台はこの機構により、ワイシャツのボタンが沈み込んでくれるためにボタンがある部分であっても問題なくアイロンをかけることが可能なのです。ニトリのアイロン台の方にも、一部の機種には同じ機構が組み込まれているために、類似した機能を搭載しているということになります。

そしてニトリのアイロン台の場合はその1機種にのみその機能がありますが、無印の方はウレタン吸収剤の凹みが標準で備わっているそうです。そのためワイシャツなどをよくアイロンがけする方は無印の方がニトリと比べてみるとおすすめできるかもしれません。

アイロン台はどう選ぶ?選び方のポイントとは

では次に、アイロン台の選び方人ついて少々ご説明します。アイロン台なんてどれも一緒なんじゃないかと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、スタンド型や卓上型など形状などが大分異なっているのです。そして生活のスタイルによって合っているアイロン台の種類は違ってきます。

まず1つの選び方のポイントとなるのはアイロン台のタイプです。アイロン台には「船型」と「人体型」の2つの種類があり、まず船型のものは、長方形の台の端が丸くなっているのが特徴です。この形状のおかげで大抵どんな衣類であっても綺麗にアイロンがけをすることができるようになっています。

もう1つの人体型というのは、人間の形を模したような形状をしています。そのためワイシャツなどの船型だと若干やりにくくなってしまう袖を通すものも人体型ならば楽にアイロンがけをすることができます。ワイシャツをよくアイロンがけするという方にはこちらの方があっているでしょう。

高さも重要!スタンド型か卓上型か

アイロン台選びでのもう1つの重要なポイントは「高さ」です。アイロン台を高さで選ぶ際のタイプには「スタンド型」と「卓上型」の2種のタイプがあり、スタンド型のアイロンの方はアイロンがけをする際立ったままでもアイロンがけをすることができるようになっています。

正座した状態のままアイロンがけを続けると体にも多少なりとも負担がかかってしまいますが、立ったままならばそこまでの負担もなく楽にアイロンをかけることができます。またスタンド型のアイロン台は立った状態の高さだけでなく、高さを変えて椅子に座って使うということも可能です。

そしてもう1つの「卓上型」のアイロン台は、テーブルの上や床など置くことができる場所であればどんな場所でもアイロン台として使用することのできるものです。場所を選びませんので、いろんな場所でアイロンがけをしたいという方には卓上型のものがおすすめです。

アイロン台は高さで選ぶことでアイロンがけが楽になります。実際アイロンがけをしていらっしゃる方はお分かりいただけるでしょうが、アイロン台を力の入れやすい高さ、位置にしておくとアイロンがけがしやすくなるのです。ですので高さも重要な選ぶ基準になります。

アイロン台の大きさは大丈夫?面積にも気を配ろう

アイロン台は力の入れやすい高さが重要ということでしたが、それと一緒に考えてほしいのが「面積」です。ワイシャツやシーツなどの大きめのものをアイロンがけするのであればそれに見合うアイロン台の面積が無ければ苦労してしまいます。

スカートやシーツといった大きめの衣類をアイロン掛けしたいのであれば、長方形の形のものがおすすめです。一般的にアイロン台は大きければ大きいほど良いとされていますが、それに応じてサイズも大きくなりますので収納などで困ることになります。そのため適度なサイズのものを選ぶことが大切です。

無印の人気アイロン台をご紹介!まずは「ボタンプレス機能付きアイロン台」

それでは本題である、無印良品のアイロン台をご紹介していきましょう。まず最初にご紹介するのは「ボタンプレス機能付きアイロン台61×37×23cm」です。こちらは名前の通り大きさが幅61センチ、奥行37センチ、高さが23センチとなっています。

このアイロン台の天板には湿気が抜けやすい素材を使用しており、カバーは熱効率の良いアルミカバーを使用しています。ご紹介した高さはスタンドを立てた時のもので、スタンドをたたむと約4センチ程度となります。重量は約2.5キロほどです。

そして、ワイシャツなどをアイロンがけする時に袖などのボタンが沈み込むボタンプレス機構が備わっています。カバー内部のウレタン吸収剤がアイロンの圧力でボタン部分を沈ませ、ボタンのある衣類でも他のものと変わらずサッとアイロンがけすることができるのです。お値段は税込みで3490円となっています。

スタンド型の無印のアイロン台は立ったままアイロンがけ可能!

もう1つの無印のアイロン台は、スタンド型のアイロン台です。ご紹介しました通りスタンド型のアイロン台ということで、立ったままアイロンがけをすることもできますし椅子を利用してアイロンがけを楽に行うなど自由度の高さが魅力となっています。

こちらもスタンド型でないアイロン台と同じく、湿気の抜けやすい天板とアルミカバーを使用しており、シャツのアイロンがけもしやすいように本体の一部分に凹みのあるボタンプレス機構が備わっています。これによってワイシャツなどのアイロンがけもスタンド型で立ったままでもできるのと相まって非常にやりやすくなるでしょう。

また側面には出し入れ可能なアイロン置きもありますので、急に離れなければいけない時にも安心できます。サイズは幅80センチ、奥行37センチ、高さは47センチから77センチまで調整可能です。重量は約4キロほどで、気になるお値段は税込みで5490円となっています。

無印のアイロン台の口コミはどう?人気の理由とは

そんな無印のアイロン台ですが、使用されている方の口コミはいかがなものなのでしょうか。無印のアイロン台は口コミの評価を見てみると非常に優秀で評判が良くなっており、その口コミの評価の高さ理由はやはりご紹介しましたボタンプレス機能が備わっていることのようです。

そんなボタンプレスの機構が無印良品のアイロン台にはデフォルトで搭載されています。そのため無印のアイロン台はいちいちボタンプレス機構が備わっているものを選んだりしなくともよいという利点はありますが、ニトリのものと比較すると値段は少々高くなってしまうようです。

しかし値段が少々高い分その機能は十分なものとなっているようですので、もしボタン付きのワイシャツをよくアイロンがけするという方には無印がやはりおすすめです。そのあたりは比較して選ぶと後々買い替えなどを検討せずともよくなるかもしれません。

ニトリのアイロン台はどんなものが?無印並みに優秀なものを紹介!

無印のアイロン台や口コミなどについてご紹介しましたが、続いてはニトリのアイロン台も違いなどを交えてご紹介していきます。1つ目は無印のスタンド型と同じ「IR-HN2」というもので、スタンド型ということで高さを4段階で変えることができます。

スタンド型なので背の高めな方でも立ってアイロンがけができるくらいの高さとなっており、加えてアイロンを置ける出し入れ可能な金具も付いています。現在使われている方も、1年ほど使い続けていますが問題なくアイロンがけをすることができているようです。

無印よりリーズナブルな「IR-HN2」

お値段も1896円と無印のアイロン台と比較しても安くなっています。無印のものも間違いなく優秀なので人気を集めているのですが、価格はニトリの方が勝っているということでしょう。

Thumbニトリのアイロン台が人気!おすすめの選び方・無印との比較も紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ニトリの船型アイロン台「IR-LN2-F」も値段がリーズナブルで人気!

ニトリから出ている無印と同じ船型のアイロン台が「IR-LN2-F」というものになります。こちらは座ってアイロンがけをするタイプのアイロン台で、吊るし用のフックもついているためアイロンがけをしない時にはフックを利用してクローゼットの開いている場所などにしまっておけるなど収納性も優秀なようです。

高さは座ってアイロンがけをする場合にピッタリの高さとなっていて、脚もすぐに折りたたむことができるのでフックでつるして仕舞わない時にもそのままの状態で収納ができます。お値段も761円と非常にリーズナブルで、やはり無印のアイロン台と比較するとニトリの値段の安さが光ります。

無印にないニトリの「人体型」と馬つきのアイロン台

ここからは無印では販売されていないニトリの人形型のアイロン台と、馬つきのアイロン台についてです。まず人体型のアイロン台は高さも立ったままアイロンがけができるくらいで、人体型のためワイシャツなどの人間の形をした衣類を簡単にアイロンがけすることができる形状です。

そしてニトリの人体型のアイロン台には、無印のアイロン台と同じくボタンプレス機構が採用されています。ワイシャツなどのボタンの部分をアイロンがけするとそこが沈んでアイロン台がしやすくなっているのも人気の理由のようです。

さらにスチームメッシュ構造というスチームアイロンでのアイロンがけをした際にスチームがまんべんなく通るような構造になっていたり、出し入れ可能なハンガーフックもついているので「IR-LN2-F」と同じようにクローゼットなどに掛けて収納ができるなど優秀な面がたくさんあります。

馬つきのアイロン台が優秀!無印のアイロン台ではできないことも

最後にご紹介するニトリのアイロン台は、「AD-6019」というものになります。こちらはご紹介しました通り「馬」が付いているのが最大の持ち味で、無印のアイロン台ではできないことも可能になっています。

馬つきのアイロン台は、ワイシャツの袖の部分など卓上型やスタンド型などの平べったいアイロン台では少しアイロンがけに難儀する箇所であっても比較的楽にアイロンをかけることができるようになっています。ニトリのそれも例にもれず、袖を馬の部分に通すことでアイロンがけが簡単にできるのです。

ニトリのアイロン台の口コミは?無印との比較

ニトリのアイロン台をご紹介しましたが、実際に使用している方の口コミはどうなっているのでしょうか。無印のアイロン台はスタンド型と船型の2種でしたが、ニトリには人体型や馬つきのアイロン台など様々な種類のものがそろっていますので、品ぞろえの面での口コミ評価は高いです。

また総じてニトリのアイロン台の口コミは高い評価を得ていますが、その理由はやはりリーズナブルな価格で無印に並ぶほどの優秀なものを販売しているからのようです。またアルミ加工などで長持ちする作りになっていながらの価格の安さですから、コスパの面でも口コミ評価が良いのです。

まとめ:無印のアイロン台は機能も優秀で人気だった!

無印の人気のアイロン台やニトリとの仕様の違い、使用されている方の口コミなどについてご紹介しました。無印のアイロン台は2種類のみと少ないながら両機種ともボタンプレス機構が備わっているなど優秀な機能で人気を集めているようでした。

無印のアイロン台は実際に使っている方の口コミも評価が高いので、それだけの人気があるということなのでしょう。またニトリには無印には無いタイプのアイロンもあり、好評のようでした。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-11-20 時点

新着一覧