自撮り棒100均でおすすめは?セリア・キャンドゥ・ダイソーを比較!

自撮り棒には様々な種類が存在しており、最近では100均の商品なども数多く販売されています。しかしそう入ってもどの商品がいいのかわからない方も多いでしょう。この記事ではそんな自撮り棒を比較して、100均以外の自撮り棒もご紹介していきます。

自撮り棒100均でおすすめは?セリア・キャンドゥ・ダイソーを比較!

目次

  1. 100均の自撮り棒はどれがおすすめ?
  2. 100均の自撮り棒セリア・キャンドゥ・ダイソーを比較!
  3. どの100均の自撮り棒がおすすめ?注意点とは?
  4. 100均(セリア・キャンドゥ・ダイソー)以外のおすすめな自撮り棒を比較紹介!
  5. 1選目:伸縮自在で使いやすい「kjstar 折り畳みセルカ棒2016」
  6. 2選目:美白におすすめ!「ヴューイング セルカ棒」
  7. 3選目:角度の調節が可能!「MSソリューションズ SELF SHOT STICK」
  8. 4選目:リモコン操作で簡単!「BlitzWolf Bluetooth自撮り棒」
  9. 5選目:持ち運び可能なコンパクトサイズ!「エレコム Selfie Stick Compakt」
  10. 6選目:アルミ製でかなり丈夫!「ルプラス マジ撮りスティックミニ」
  11. 7選目:三脚付きでおすすめ!「Foneso Bluetooth スマホ自撮り棒」
  12. 8選目:手元に操作できる!「SIDARDOE 自撮り棒」
  13. 9選目:カメラも置ける!「Bodyguard 自撮り棒」
  14. 10選目:安定感抜群で使いやすい!「TaoTronics 自撮り棒」
  15. 使う場所や使い方には注意して自撮り棒を使おう!

100均の自撮り棒はどれがおすすめ?

自撮り棒などは現在ではたくさんの種類が販売されており、どの種類を使ってもかなり便利なものが多いです。しかしその中でも今の世の中では100均で簡単に、自撮り棒を購入することができるということを、皆さんご存知でしょうか?実際かなりの人が使っており、その使いやすさは値段を超えているとして、人気を集めていました。そんな自撮り棒について、詳しくご紹介していきます。

100均の自撮り棒セリア・キャンドゥ・ダイソーを比較!

100均の自撮り棒〜セリア〜

セリアの自撮り棒は100円でしっかりと機能してくれる他、ワイドレンズなども売っているのでまとめて購入することによって、より広い範囲を撮影することができます。100均の中でも100円で自撮り棒を売っているのは、セリアだけになりますので、値段の面でも他のものより優れているのでかなりおすすめできるでしょう。パッケージもしっかりと箱に入っているので100円とは思えない商品です。

100均の自撮り棒〜キャンドゥ〜

キャンドゥに関しても100円で自撮り棒が売っています。デザインに関してラバーなどがついているので、滑る手をしっかりと固定してくれます。そういった部分に関しても、安定し撮影ができるのでかなりおすすめと言えるのではないでしょうか?箱などの包装はされていませんが、しっかりと使うことができるので、かなりおすすめと言えるでしょう。

100均の自撮り棒〜ダイソー〜

ダイソーの自撮り棒は他のものと違い、300円ほどします。そういった部分からも少しダイソーで自撮り棒を買う方は、少ないのではないでしょうか?作りに関してはセリアや、キャンドゥなどと似ている部分が多いです。値段の勝負になっているといっても、不思議ではありませんね。

どの100均の自撮り棒がおすすめ?注意点とは?

結論からするとダイソーの自撮り棒は選択肢には入らないでしょう。300円するクォリティに対して、他のセリアやキャンドゥは100円以上のクォリティを演出しています。自撮り棒を購入するのであれば、セリアかキャンドゥの自撮り棒を購入するとをお勧めします。

100均(セリア・キャンドゥ・ダイソー)以外のおすすめな自撮り棒を比較紹介!

実際自撮り棒はスマホなどを、取り付けることから安定性がとても重要になってきます。100円のものでは不安だという方も多いでしょう。では100円以外であればどのような、自撮り棒がいいのでしょうか?次の章ではおすすめな自撮り棒をご紹介してきます。

1選目:伸縮自在で使いやすい「kjstar 折り畳みセルカ棒2016」

100均(セリア・キャンドゥ・ダイソー)以外のおすすめな自撮り棒比較1選目

100均の自撮り棒が注目を集めていますが、そこまで値段が貼らずに100均以外でも簡単に、自撮り棒を購入することができます。そんな100均以外のおすすめ自撮り棒10選中、1選目の自撮り棒は「kjstar」というメーカーが設計・開発を行っている「kjstar 折り畳みセルカ棒2016」という自撮り棒です。「kjstar 折り畳みセルカ棒2016」のタイプとしては「シャッター付き有線タイプ」となっています。

対応OSは「両OS対応」となっています。全長の長さは「最長77.5㎝」で、重さは「100g」という設計で作られている自撮り棒です。「kjstar 折り畳みセルカ棒2016」のメーカー希望価格は「980円 (税込)」で、販売されているので気になる方は、一度調べてみるといいでしょう。簡単に使うことができるのですが、セルフで有線に繋ぐ必要があるので、少し面倒な点があることでしょう。ぜひ使ってみましょう。

2選目:美白におすすめ!「ヴューイング セルカ棒」

100均(セリア・キャンドゥ・ダイソー)以外のおすすめな自撮り棒比較2選目

100均の自撮り棒が注目を集めていますが、そこまで値段が貼らずに100均以外でも簡単に、自撮り棒を購入することができます。そんな100均以外のおすすめ自撮り棒10選中、2選目の自撮り棒は「ヴューイング」というメーカーが設計・開発を行っている「ヴューイング セルカ棒」という自撮り棒です。女性の方であれば、可愛いデザインになっているので、かなりおすすめなタイプとなっています。

「ヴューイング セルカ棒」のタイプとしては「シャッター付き有線タイプ」となっており、対応OSは「両OS対応」となっています。全長の長さは「最長70㎝」で、重さは「90g」という設計で作られている自撮り棒です。「ヴューイング セルカ棒」のメーカー希望価格は「1,699円 (税込)」で、販売されているので気になる方は、一度調べてみるといいでしょう。値段も少し高めですが購入する価値はあるでしょう。

3選目:角度の調節が可能!「MSソリューションズ SELF SHOT STICK」

100均(セリア・キャンドゥ・ダイソー)以外のおすすめな自撮り棒比較3選目

100均の自撮り棒が注目を集めていますが、そこまで値段が貼らずに100均以外でも簡単に、自撮り棒を購入することができます。そんな100均以外のおすすめ自撮り棒10選中、3選目の自撮り棒は「MSソリューションズ」というメーカーが設計・開発を行っている「MSソリューションズ SELF SHOT STICK」という自撮り棒です。「MSソリューションズ SELF SHOT STICK」のタイプとしては「シャッター付き無線タイプ」となっています。

対応OSは「両OS対応」となっています。全長の長さは「???」で、重さは「162g」という設計で作られている自撮り棒です。「MSソリューションズ SELF SHOT STICK」のメーカー希望価格は「2,650円 (税込)」で、販売されているので気になる方は、一度調べてみるといいでしょう。少し自撮り棒としては価格が高くなっているのですが、しっかりと使えるのでぜひ一度手に取ってみるといいでしょう。

4選目:リモコン操作で簡単!「BlitzWolf Bluetooth自撮り棒」

100均(セリア・キャンドゥ・ダイソー)以外のおすすめな自撮り棒比較4選目

100均の自撮り棒が注目を集めていますが、そこまで値段が貼らずに100均以外でも簡単に、自撮り棒を購入することができます。そんな100均以外のおすすめ自撮り棒10選中、4選目の自撮り棒は「BlitzWolf」というメーカーが設計・開発を行っている「BlitzWolf Bluetooth自撮り棒」という自撮り棒です。「BlitzWolf Bluetooth自撮り棒」のタイプとしては「シャッター付き無線タイプ」となっています。

対応OSは「両OS対応」となっています。全長の長さは「67.9㎝」で、重さは「148g」という設計で作られている自撮り棒です。「BlitzWolf Bluetooth自撮り棒」のメーカー希望価格は「2,399円 (税込)」で、販売されているので気になる方は、一度調べてみるといいでしょう。実際重さに関しても少し、普通の自撮り棒とは少し違って、機能がたくさんついています。そういった部分からも、少し重くなっています。

5選目:持ち運び可能なコンパクトサイズ!「エレコム Selfie Stick Compakt」

100均(セリア・キャンドゥ・ダイソー)以外のおすすめな自撮り棒比較5選目

100均の自撮り棒が注目を集めていますが、そこまで値段が貼らずに100均以外でも簡単に、自撮り棒を購入することができます。そんな100均以外のおすすめ自撮り棒10選中、5選目の自撮り棒は「エレコム」というメーカーが設計・開発を行っている「エレコム Selfie Stick Compakt」という自撮り棒です。エレコムの安定した作りになっているので、安心して購入することができ、使いやすくなっています。

「エレコム Selfie Stick Compakt」のタイプとしては「シャッター付き有線タイプ」となっており、対応OSは「両OS対応」となっています。全長の長さは「42㎝」で、重さは「60g」という設計で作られている自撮り棒です。「エレコム Selfie Stick Compakt」のメーカー希望価格は「1,854円 (税込)」で、販売されているので気になる方は、一度調べてみるといいでしょう。使いやすいタイプになっています。

6選目:アルミ製でかなり丈夫!「ルプラス マジ撮りスティックミニ」

100均(セリア・キャンドゥ・ダイソー)以外のおすすめな自撮り棒比較6選目

100均の自撮り棒が注目を集めていますが、そこまで値段が貼らずに100均以外でも簡単に、自撮り棒を購入することができます。そんな100均以外のおすすめ自撮り棒10選中、6選目の自撮り棒は「ルプラス」というメーカーが設計・開発を行っている「ルプラス マジ撮りスティックミニ」という自撮り棒です。小型サイズになっているので、手持ちの荷物を少なくして、しっかりと撮影することができるのでおすすめでしょう。

「ルプラス マジ撮りスティックミニ」のタイプとしては「シャッター付き無線タイプ」となっており、対応OSは「両OS対応」となっています。全長の長さは「50㎝」で、重さは「106g」という設計で作られている自撮り棒です。「ルプラス マジ撮りスティックミニ」のメーカー希望価格は「4,980円 (税込)」で、販売されているので気になる方は、一度調べてみるといいでしょう。

7選目:三脚付きでおすすめ!「Foneso Bluetooth スマホ自撮り棒」

100均(セリア・キャンドゥ・ダイソー)以外のおすすめな自撮り棒比較7選目

100均の自撮り棒が注目を集めていますが、そこまで値段が貼らずに100均以外でも簡単に、自撮り棒を購入することができます。そんな100均以外のおすすめ自撮り棒10選中、7選目の自撮り棒は「Foneso」というメーカーが設計・開発を行っている「Foneso Bluetooth スマホ自撮り棒」という自撮り棒です。かなり長いタイプの自撮り棒になっており、三脚もついているので置いた状態でも撮影できます。

「Foneso Bluetooth スマホ自撮り棒」のタイプとしては「シャッター付き無線タイプ」となっており、対応OSは「両OS対応」となっています。全長の長さは「83㎝」で、重さは「???」という設計で作られている自撮り棒です。「Foneso Bluetooth スマホ自撮り棒」のメーカー希望価格は「2,599円 (税込)」で、販売されているので気になる方は、一度調べてみるといいでしょう。

8選目:手元に操作できる!「SIDARDOE 自撮り棒」

100均(セリア・キャンドゥ・ダイソー)以外のおすすめな自撮り棒比較8選目

100均の自撮り棒が注目を集めていますが、そこまで値段が貼らずに100均以外でも簡単に、自撮り棒を購入することができます。そんな100均以外のおすすめ自撮り棒10選中、8選目の自撮り棒は「SIDARDOE」というメーカーが設計・開発を行っている「SIDARDOE 自撮り棒」という自撮り棒です。自撮り棒の中でも操作が簡単なタイプで、手元でしっかりと撮影ボタンを押すことができるの楽々撮影ができます。

「SIDARDOE 自撮り棒」のタイプとしては「シャッター付き有線タイプ」となっており、対応OSは「両OS対応」となっています。全長の長さは「74㎝」で、重さは「???」という設計で作られている自撮り棒です。「SIDARDOE 自撮り棒」のメーカー希望価格は「839円 (税込)」で、販売されているので気になる方は、一度調べてみるといいでしょう。値段も安くなっているので、ぜひ使ってみるといいでしょう。

9選目:カメラも置ける!「Bodyguard 自撮り棒」

100均(セリア・キャンドゥ・ダイソー)以外のおすすめな自撮り棒比較9選目

100均の自撮り棒が注目を集めていますが、そこまで値段が貼らずに100均以外でも簡単に、自撮り棒を購入することができます。そんな100均以外のおすすめ自撮り棒10選中、9選目の自撮り棒は「Bodyguard」というメーカーが設計・開発を行っている「Bodyguard 自撮り棒」となっています。カメラなども設置して、三脚として使用できるようになっているので、ぜひ使ってみましょう。

撮影方法のタイプとしては「シャッター付き無線タイプ」、対応OSは「両OS対応」となっています。全長の長さは「95㎝」で、重さは「138g」という設計で作られている自撮り棒です。「Bodyguard 自撮り棒」のメーカー希望価格は「1,899円 (税込)」で、販売されているので気になる方は、一度調べてみるといいでしょう。実際値段自体もそんなに高くないので、しっかりと使ってみましょう。

10選目:安定感抜群で使いやすい!「TaoTronics 自撮り棒」

100均(セリア・キャンドゥ・ダイソー)以外のおすすめな自撮り棒比較10選目

100均の自撮り棒が注目を集めていますが、そこまで値段が貼らずに100均以外でも簡単に、自撮り棒を購入することができます。そんな100均以外のおすすめ自撮り棒10選中、10選目の自撮り棒は「TaoTronics」というメーカーが設計・開発を行っている「TaoTronics 自撮り棒」という自撮り棒です。しっかりと固定して撮影することができるタイピになっているので、ぜひ一度使ってみるといいでしょう。

「TaoTronics 自撮り棒」のタイプとしては「シャッター付き無線タイプ」となっており、対応OSは「両OS対応」となっています。全長の長さは「78.7㎝」で、重さは「150g」という設計で作られている自撮り棒です。「TaoTronics 自撮り棒」のメーカー希望価格は「1,599円 (税込)」で、販売されているので気になる方は、一度調べてみるといいでしょう。値段も少し高めになっていますが、一つ持っているとかなり便利です。

使う場所や使い方には注意して自撮り棒を使おう!

自撮り棒を使うことで普段とは変わった写真を簡単に取ることができるようになります。しかしそうはいっても、携帯などの大きさによっては、相性があるので対応していないものも多く存在します。その中で自分自身の携帯に適している自撮り棒をしっかりと選ぶことが重要になっており、さらには使う場所も制限がかかる場所が多くなっているので、使う際は周りに迷惑がかからないように、しっかりと確認しましょう。

他の記事に関するリンクはこちら

Thumbチークのおすすめ人気プチプラブランドまとめ!【厳選20選】 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbセリアのネイルグッズが人気!優秀すぎる100均ネイルおすすめは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-08-20 時点

新着一覧