青の髪色にする方法!クールでかっこいい個性的なおしゃれヘアスタイルに!

髪の毛を青色にしたいと思っている方も、最近では増えてきています。アッシュといった髪の毛の色も流行っている影響もあるでしょう。そんな髪の毛を青くする方法を詳しくご紹介しつつ、その髪の毛を染めるためのカラー剤についてもご紹介していきます。

青の髪色にする方法!クールでかっこいい個性的なおしゃれヘアスタイルに!

目次

  1. 髪の毛を青くしたい!
  2. 髪の毛を青くする方法とは?
  3. 色をキープするためにもシャンプーにもこだわろう!
  4. 青髪にする方法!色落ち対策やヘアカラーを紹介!
  5. 1選目:シャンプーいらず!「シュヴーアンサンブル ヘアトリートメント」
  6. 2選目:コスパ最強!「パイモア スペクトラムカラーズ」
  7. 3選目:しっかり綺麗に!「レブロン ニュートリカラークリーム」
  8. 4選目:少ない量で染まる「アレス スターゲイザー ヘアーカラーリンス」
  9. 5選目:濃く染めるにはこれ!「カラートリック カラートリートメント」
  10. 6選目:青髪には有名!「マニックパニック カラークリーム」
  11. 7選目:色の調節ができる!「エンシェールズ カラートリートメント」
  12. 8選目:がっつり染められる!「エルコス キュプアス カラーバター」
  13. 9選目:どんな髪にもおすすめ!「アンナドンナ エブリ カラートリートメント」
  14. 10選目:乾いた髪にもおすすめ!「テンスター カラートリートメント」
  15. 青髪を維持する工夫をしっかりしよう!

髪の毛を青くしたい!

髪の毛を青くしたい!と思っている方も最近ではかなり増えてきています。しかし青い髪となればどこで、どのようにして行ったら良いのかわからない方が多いのもまた事実でしょう。

実際にはかなりの人がそういった悩みに、直面しており思った通りの髪色にすることはなかなか難しいのです。しかしそうはいっても自分自身の求めている髪型にしたいと思うことが多いでしょう。そのための方法についてご紹介してきます。

髪の毛を青くする方法とは?

ブリーチして髪の色を抜く

髪の青い色を入れる加減によっても、大きく変化していきますが実際どのようにして青い髪にする色などを、入れたらいいのでしょうか?日本人の場合赤系統の髪色や、黄色系統の髪色が多いため綺麗に染まらない方も多いです。しかしそうはいっても、青い髪色を入れたいという場合は一度髪の毛の色の色素を抜く必要がありますので、色を綺麗に入れたい方はブリーチをするようにしましょう。

開いている状態でしっかりと色を洗い流す

ブリーチとは髪の毛の表面にあるキューティクルを開き、そこから色素が抜けるようにするための、頭髪染料のことです。そのため頭皮への負担は大きく、中和作用などをするためにアルカリ性の水などを、用意しておくことがおすすめでしょう。しっかりとブリーチで髪の毛のキューティクルが開いたら、そこから黒い色素が抜けるようにしっかりと、洗い流してあげることがとても重要になってきます。

しっかりと保湿などを行う

ブリーチ後の髪の毛は乾燥している状態で、かなりパサついています。ブリーチした後に徹底的に保湿などを、行ってあげることによってしっかりと、髪の毛の乾燥を防ぐことができるようになります。そうすることによって、より色が落ちにくく抜けにくくすることができるようになるので、しっかりとブリーチ後の髪の毛には保湿してあげることがとても重要になってきますので覚えておきましょう。

カラーを入れていく

色を入れる段階はここまできてやっとで、入れるようになります。無理に入れても元の色と混ざってしまうので、しっかりとブリーチ後に保湿などを行った後髪の毛に色を入れていきましょう。

色をキープするためにもシャンプーにもこだわろう!

色を長持ちさせるためにはその髪色を落とさないようにする、カラーシャンプーがとても重要になります。青い髪などの場合紫シャンプーがとてもおすすめですので、しっかりと用意しておきましょう。

青髪にする方法!色落ち対策やヘアカラーを紹介!

次の章では今まで紹介したやり方を用いて、色を入れる際にどのカラー剤がいいのか迷ってしまう方のために、おすすめのカラー剤をご紹介してきます。メーカーの名前やコスパ、その他の項目についても詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

1選目:シャンプーいらず!「シュヴーアンサンブル ヘアトリートメント」

青髪にする方法!色落ち対策やヘアカラー1選目

青髪にしたいと考えている方も多いでしょう。実際髪色を明るくしたりする方法はかなり色々ありますが、ブリーチなどが最近では簡単に家で行えるようになっているので、青髪にすることも簡単になっています。そんな髪を青くして青髪にするのにおすすめなヘアカラー10選中、1選目の青髪におすすめな染料は「シュヴーアンサンブル」というメーカーが製作を行なっている、「ヘアトリートメント」という青髪にもできる商品になっています。

「シュヴーアンサンブル ヘアトリートメント」の内容量は「200g」となっており、カラーバリエーションは「全5色」、放置時間は「約10分」、コスパに関しては「10gあたり81円」、香りは「無香料」となています。「シュヴーアンサンブル ヘアトリートメント」の販売表示価格は「1,620円 (税込)」となっています。値段自体も安めの価格設定になっているので、一度購入して使ってみるといいでしょう!

2選目:コスパ最強!「パイモア スペクトラムカラーズ」

青髪にする方法!色落ち対策やヘアカラー2選目

青髪にしたいと考えている方も多いでしょう。実際髪色を明るくしたりする方法はかなり色々ありますが、ブリーチなどが最近では簡単に家で行えるようになっているので、青髪にすることも簡単になっています。そんな髪を青くして青髪にするのにおすすめなヘアカラー10選中、2選目の青髪におすすめな染料は「パイモア」というメーカーが製作を行なっている、「スペクトラムカラーズ」という青髪にもできる商品になっています。

「パイモア スペクトラムカラーズ」の内容量は「200g」となっており、カラーバリエーションは「全19色」、放置時間は「約5分」、コスパに関しては「10gあたり63円」、香りは「フルーツ酸の香り」となています。「パイモア スペクトラムカラーズ」の販売表示価格は「1,267円 (税込)」となっています。簡単に使うことができコスパもいいのでかなりお得なカラー剤となっています。ぜひ一度手に取ってみましょう!

3選目:しっかり綺麗に!「レブロン ニュートリカラークリーム」

青髪にする方法!色落ち対策やヘアカラー3選目

青髪にしたいと考えている方も多いでしょう。実際髪色を明るくしたりする方法はかなり色々ありますが、ブリーチなどが最近では簡単に家で行えるようになっているので、青髪にすることも簡単になっています。そんな髪を青くして青髪にするのにおすすめなヘアカラー10選中、3選目の青髪におすすめな染料は「レブロン」というメーカーが製作を行なっている、「ニュートリカラークリーム」という青髪にもできる商品になっています。

「レブロン ニュートリカラークリーム」の内容量は「100g」となっており、カラーバリエーションは「全15色」、放置時間は「約3分」、コスパに関しては「10gあたり152円」、香りは「なし」となています。「レブロン ニュートリカラークリーム」の販売表示価格は「1,528円 (税込)」となっています。しっかりと染め上げることができるので、安定して髪の毛を青色などにすることができます。

4選目:少ない量で染まる「アレス スターゲイザー ヘアーカラーリンス」

青髪にする方法!色落ち対策やヘアカラー4選目

青髪にしたいと考えている方も多いでしょう。実際髪色を明るくしたりする方法はかなり色々ありますが、ブリーチなどが最近では簡単に家で行えるようになっているので、青髪にすることも簡単になっています。そんな髪を青くして青髪にするのにおすすめなヘアカラー10選中、4選目の青髪におすすめな染料は「アレス」というメーカーが製作を行なっている、「ヘアーカラーリンス」という青髪にもできる商品になっています。

「アレス スターゲイザー ヘアーカラーリンス」の内容量は「70g」となっており、カラーバリエーションは「全33色」、放置時間は「約10分」、コスパに関しては「10gあたり202円」、香りは「???」となています。「アレス スターゲイザー ヘアーカラーリンス」の販売表示価格は「1,420円 (税込)」となっています。値段の割にしっかりと、綺麗に染めることができるのでかなりの人気商品となっています。

5選目:濃く染めるにはこれ!「カラートリック カラートリートメント」

青髪にする方法!色落ち対策やヘアカラー5選目

青髪にしたいと考えている方も多いでしょう。実際髪色を明るくしたりする方法はかなり色々ありますが、ブリーチなどが最近では簡単に家で行えるようになっているので、青髪にすることも簡単になっています。そんな髪を青くして青髪にするのにおすすめなヘアカラー10選中、5選目の青髪におすすめな染料は「カラートリック」というメーカーが製作を行なっている、「カラートリートメント」という青髪にもできる商品になっています。

「カラートリック カラートリートメント」の内容量は「220g」となっており、カラーバリエーションは「全18色」、放置時間は「約20分」、コスパに関しては「10gあたり127円」、香りは「フローラルフルーティの香り」となています。「カラートリック カラートリートメント」の販売表示価格は「2,808円 (税込)」となっています。濃く染めたい方にはオススメですので、ぜひ試してみましょう。

6選目:青髪には有名!「マニックパニック カラークリーム」

青髪にする方法!色落ち対策やヘアカラー6選目

青髪にしたいと考えている方も多いでしょう。実際髪色を明るくしたりする方法はかなり色々ありますが、ブリーチなどが最近では簡単に家で行えるようになっているので、青髪にすることも簡単になっています。そんな髪を青くして青髪にするのにおすすめなヘアカラー10選中、6選目の青髪におすすめな染料は「マニックパニック」というメーカーが製作を行なっている、「マニックパニック カラークリー」という青髪にもできる商品になっています。

「マニックパニック カラークリー」の内容量は「118g」となっており、カラーバリエーションは「全48色」、放置時間は「約20分」、コスパに関しては「10gあたり177円」、香りは「???」となています。「マニックパニック カラークリー」の販売表示価格は「2,127円 (税込)」となっています。青髪などの派手な髪色にしたい方には、かなりおすすめな商品となっています。青髪に綺麗にしたい人はぜひ使ってみましょう!

7選目:色の調節ができる!「エンシェールズ カラートリートメント」

青髪にする方法!色落ち対策やヘアカラー7選目

青髪にしたいと考えている方も多いでしょう。実際髪色を明るくしたりする方法はかなり色々ありますが、ブリーチなどが最近では簡単に家で行えるようになっているので、青髪にすることも簡単になっています。そんな髪を青くして青髪にするのにおすすめなヘアカラー10選中、7選目の青髪におすすめな染料は「エンシェールズ」というメーカーが製作を行なっている、「カラートリートメント」という青髪にもできる商品になっています。

「エンシェールズ カラートリートメント」の内容量は「200g」となっており、カラーバリエーションは「全24色」、放置時間は「15分」、コスパに関しては「10gあたり88円」、香りは「ココナッツ系」となています。「エンシェールズ カラートリートメント」の販売表示価格は「」となっています。青い髪から落ち着いったアッシュ系など様々なカラーへと色を変更することができるタイプです。

8選目:がっつり染められる!「エルコス キュプアス カラーバター」

青髪にする方法!色落ち対策やヘアカラー8選目

青髪にしたいと考えている方も多いでしょう。実際髪色を明るくしたりする方法はかなり色々ありますが、ブリーチなどが最近では簡単に家で行えるようになっているので、青髪にすることも簡単になっています。そんな髪を青くして青髪にするのにおすすめなヘアカラー10選中、8選目の青髪におすすめな染料は「エルコス」というメーカーが製作を行なっている、「キュプアス カラーバター」という青髪にもできる商品になっています。

「エルコス キュプアス カラーバター」の内容量は「200g」となっており、カラーバリエーションは「全15色」、放置時間は「約15分」、コスパに関しては「10gあたり86円」、香りは「???」となています。「エルコス キュプアス カラーバター」の販売表示価格は「1,874円 (税込)」となっています。白い髪の毛などにも、しっかりと色を入れることができるので初心者にもおすすめです。

9選目:どんな髪にもおすすめ!「アンナドンナ エブリ カラートリートメント」

青髪にする方法!色落ち対策やヘアカラー9選目

青髪にしたいと考えている方も多いでしょう。実際髪色を明るくしたりする方法はかなり色々ありますが、ブリーチなどが最近では簡単に家で行えるようになっているので、青髪にすることも簡単になっています。そんな髪を青くして青髪にするのにおすすめなヘアカラー10選中、9選目の青髪におすすめな染料は「アンナドンナ」というメーカーが製作を行なっている、「エブリ カラートリートメント」という青髪にもできる商品になっています。

「アンナドンナ エブリ カラートリートメント」の内容量は「160g」となっており、カラーバリエーションは「全8色」、放置時間は「約5分」、コスパに関しては「10gあたり94円」、香りは「???」となています。「アンナドンナ エブリ カラートリートメント」の販売表示価格は「1,512円 (税込)」となっています。値段も安く購入しやすいので、青髪などにしたい方にはオススメとなっています。

10選目:乾いた髪にもおすすめ!「テンスター カラートリートメント」

青髪にする方法!色落ち対策やヘアカラー10選目

青髪にしたいと考えている方も多いでしょう。実際髪色を明るくしたりする方法はかなり色々ありますが、ブリーチなどが最近では簡単に家で行えるようになっているので、青髪にすることも簡単になっています。そんな髪を青くして青髪にするのにおすすめなヘアカラー10選中、10選目の青髪におすすめな染料は「テンスター」というメーカーが販売している「テンスター カラートリートメント」という青髪にもできる商品になっています。

「テンスター カラートリートメント」の内容量は「250g」となっており、カラーバリエーションは「全5色」、放置時間は「約5分」、コスパに関しては「10gあたり60円」、香りは「無香料」となています。「テンスター カラートリートメント」の販売表示価格は「1,521円 (税込)」となっています。無香料なので香りなどが苦手な方などにも、とてもおすすめな商品となっています。ぜひ一度手に取ってみましょう。

青髪を維持する工夫をしっかりしよう!

青い髪などにする際には色を入れることよりも、その色を維持する方がとても難しいのです。色落ちを考えて暗めに入れたとしても、髪の痛み具合によってはすぐに色が抜けてしまいます。

そういった部分からもシャンプーなどにこだわったり、ドライヤーをヘアビューザーに変えたりなどの、細かい工夫がとても必要になってきますので、ぜひ髪の毛を染めて、色を入れた際はそういった部分も重要にしましょう。

ヘアカラーに関する他の記事がきになる方はこちら

Thumbヘアカラーの頻度はどのくらい?おすすめのカラーサイクルで美髪をキープ! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbヘアカラーはオレンジ系が可愛い!大人でも楽しめる髪色は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-12-14 時点

新着一覧