子供の脱毛の注意点!やってもいい年齢や正しい処理方法とは?

この時期に気になる脱毛、最近は子供の脱毛にも注目が集まっています。子供を取り巻く環境が変わってきつつある現代、子供達もイジメや美意識から脱毛をせざるを得ない状況が生まれているようです。そんな子供たちの脱毛方法を色々ご紹介しています。

子供の脱毛の注意点!やってもいい年齢や正しい処理方法とは?

目次

  1. 子供の脱毛はあり?
  2. 家庭でできる手軽な子供の脱毛方法
  3. 子供から大人まで!家族みんなで使える脱毛機器
  4. 専門家に任せたい!サロンでの子供脱毛
  5. 安心安全!皮膚科での子供脱毛
  6. 子供の脱毛はご家庭にあった方法で

子供の脱毛はあり?

子供の脱毛と聞くと一般的にはなじみのない方も多いようなのですが、最近では脱毛しないせいで清潔感がかけているとみなされイジメにあうことも多いようです。そんな子供たちの脱毛が必要な環境や脱毛ができる適正年齢や各子供用脱毛のメリット&デメリットについてここではご紹介します。

子供の脱毛の一般的な適正年齢を知りたい

子供の脱毛を考えている方は、いったいいつ頃から脱毛をするのが適切なのかと考える方も多いようです。まず、子供が脱毛を意識するのは最近では幼稚園や小学生のキッズ世代からが多いようなのです。以前は、中高生といった認識だったのですが、現在はやはり清潔感やキッズ世代からの化粧品なども出ていることもあり、子供の美意識が高いようです。

何歳ぐらいから?子供が脱毛を考える年齢

先ほどご紹介したように脱毛を意識するのは、幼稚園や小学生のキッズ世代とご紹介しましたが、実際に脱毛するとして子供の肌のことなどを考えると親としては不安な方が多いようです。こちらはあくまで子供が、毛について意識した場合の年齢です。

脱毛が必要と思われる子供の環境

子供が脱毛を意識したとして、キッズ世代では絶対的に必要な子供とさほど必要ではない子供の2タイプがあります。実際に脱毛が必要な子は、お稽古(バレエや水泳)などで肌を出すタイプの衣装を頻繁に着る、ムダ毛があるために服にからまる、擦れるなどの違和感や肌荒れなどです。

キッズ世代(幼稚園~小学生)は子供のためVIOなどは必要ありませんが、この場合、足や腕、背中などの脱毛が必要であり、そういった環境やコンディションにある場合は脱毛することを検討したほうが良いようです。また、必要ではないのはそういった特別な場合を除いた子供になります。

子供が脱毛しないといじめにあうことも!

キッズ世代(幼稚園~小学生)の美意識が高くなってきたこともあり、最近ではあまりに周りの子供と違いムダ毛が多い場合にいじめにあうことも多いようです。幼稚園でも大人から見ると産毛なのですが、同級生から見ると産毛のようなムダ毛がおでこや腕にたくさん生えているせいで、ムダ毛が生えているといじめにあった事例もあるようです。

キッズ世代(幼稚園~小学生)までは、上記に挙げたように大人の考えとは違い周囲の環境やお友達との関係によっていじめに発展するケースもあります。大人だけの概念で判断せずに、ムダ毛の処理を検討したほうが良い事もあるようです。

また、思春期世代(中高生)になるとムダ毛があると思春期特有の匂いが増幅することもあるため、体臭が濃くななる点、脇や髭、腕、足など人前にさらされる部分の処理はエチケット的にも見た目的にも現代は特にムダ毛処理をしないとこうしたことから深刻ないじめに発展することも多いようです。

とっても敏感な子供の肌!脱毛時の注意点

子供の肌は大人の肌と違ってとても敏感です。怪我などして皮膚表面が傷ついてもすぐに修復されてしまうため一見強いように思われがちですが、代謝がよくするに傷が修復されるだけであって実は肌表面は大人の肌より柔らかくできています。そのため、脱毛などのムダ毛処理などを大人の感覚で処置してしまうと思わぬ肌トラブルに発展することがあります。

大人の皮膚の厚さは2~3mmなのに対して、子供は1~2mmで大人の皮膚の約半分の薄さです。また、大人の肌になるのは個人差はありますが16歳頃からのようで、それまでは子供の肌といったことになるので、それまでは敏感な子供の肌としてムダ毛処理を行うのがベストです。最近ではキッズや敏感肌用の脱毛クリームやジェル、保湿クリーム、抑毛クリームも市販されています。

脱毛するからとそのまま大人向けの方法で脱毛するのではなく、キッズにあった市販の品を使用することがキッズの柔らかい敏感な肌を守ることにつながります。大人向け商品で脱毛した場合には最悪皮膚科にかかるといった事態もあるようなので、キッズにあった脱毛方法でクリームなどは予めパッチテストを行ったうえで使用することがキッズの脱毛をする際には必要なようです。

敏感な子供肌にはこれ!脱毛後の処理にも注意

敏感な子供の肌のムダ毛は脱毛方法の他にもその後のアフターケアにも注意を払う必要があります。以下にご紹介するサロンやクリニックで施術を受けた場合は、肌が敏感になっているため夜の入浴は避けシャワーなどぬるま湯にとどめておいたほうがベストです。

また、脱毛方法全般に言えるのですが、ムダ毛の処理を行った当日は肌が敏感になっているため体を洗う際には、手のひら等で優しく肌を洗い、ボディタオルやブラシなどを使わず洗浄し、上がった後はタオルで水気を押し当てて吸い取るようにした方がよいとされています。

さらに、脱毛当日は肌が乾燥しやすいため保湿クリーム等でよく保湿し、翌日などから抑毛クリームなどでムダ毛の抑制をし、脱毛の頻度を下げるほうが肌の弱い子供にとってはベストな方法なようです。このようにムダ毛の処理後も、肌が弱い子供達は注意が必要なようです。

家庭でできる手軽な子供の脱毛方法

家庭でできる脱毛方法で一番手軽なのは一般的に考えると、「カミソリ」と「毛抜き」ということになりますが、キッズ世代の肌はとても柔らかいため「毛抜き」ではうまくムダ毛が抜けないこともあり、柔らかい肌からムダ毛を無理に抜くのは肌へのストレスにもなるのであまりおすすめなグッズとは言えないようです。

次に「カミソリ」ですが、一番手軽で親がキッズの脱毛をするには手軽なようです。ですが、カミソリは毛が太くなるなどのこともあるため、使用した後には保湿クリーム等と抑毛クリーム等を塗るのが肌ストレスを軽減し、それ以後の毛も抑制できるので効果的なようです。

「脱毛テープ」や「除毛クリーム」、「脱毛ワックス」での脱毛ですが、それらは後ろの説明書きを参照すると肌の弱い方や子供には使用しない旨が書かれていることが多いようです。ムダ毛を皮膚から無理に何かを接着しはがすというのは肌に相当のダメージがあるようで、肌の弱い方が使うと真っ赤になってなかなか治らず皮膚科の治療が必要になる場合があります。

最近流行りの「ブラジリアンワックス」などはサロン以外は水性であるため効果は薄いのですが、やはり子供の弱い肌でのムダ毛脱毛の場合には炎症を起こしてしまうことが多く、最悪の場合皮膚の角質もはがしてしまう為、子供のムダ毛処理には向かないようです。

子供の簡単家庭脱毛!メリット&デメリット

キッズの家庭脱毛のメリットは費用も抑えられ、手軽にできるということです。しかし、デメリットもあります。専門家の下での脱毛でないので、頻繁に脱毛する必要がある点です。また、脱毛後の処理や、保湿クリームや欲毛クリーム等のケアも自分で判断し使用する必要があります。

さらに「カミソリ」は手軽なのですが、デメリットとしては親が剃ってあげるのでプロと違い剃り残しが発生する場合もある点、何度もカミソリで沿ってしまうと肌のバリア機能が薄れ肌トラブルになりかねないこと、生え始めはチクチクし子供自身も気になってしまうことがあります。

脱毛後のケアクリーム等の使用も肌トラブルに自分で気を付けなければいけない為、個人判断でのパッチテスト等を行う必要があり、キッズの中でもアトピー性皮膚炎など肌トラブルを抱えてる子供の場合は皮膚科の医師との相談が必要になってくるため、すべての人に家庭用脱毛をおすすめできないのです。

子供から大人まで!家族みんなで使える脱毛機器

子供の脱毛のみで考えると費用面で経費が掛かってしまうのですが、家族みんなが使えるような脱毛機器であればグッとお安くなります。また、こういった機器はお値段の方もピンキリで性能も子供も使えるものがあるため、検討の余地はあるようです。

家庭用脱毛器で子供の脱毛!メリット&デメリット

家庭用脱毛器での子供の脱毛のメリットは、なんといっても費用面が抑えられ、脱毛後もきれいに仕上がる点です。また、サロンと違って好きな時間に脱毛することができ、仕上がりはきれいで、家庭でできるために遠くまで通う必要がない点です。

しかし、もちろんデメリットもあり、家庭内でムダ毛処理に使う場合は衛生上替え刃などして、個人個人の使用を分けるなど衛生面での配慮も必要になり、機器によっては子供の年齢に対応していないものもあり、無理に使用すると肌トラブルの原因になりかねないのです。

また、機器のお手入れの問題もあり、脱毛後の保湿クリームを塗る、抑毛クリームを塗るなどのムダ毛ケアは家庭でしなければならないという手間がかかります。

専門家に任せたい!サロンでの子供脱毛

子供の脱毛方法でやはり仕上がりが違うと言われているのがサロンでの脱毛です。サロンでの脱毛は値段もピンキリなのですが、業者によってはお手ごろな値段で脱毛を施術してくれるサロンもあります。また、対象年齢も3歳から対応のサロンもあり、自分で子供のムダ毛脱毛をするのをためらっている場合はサロンがおすすめです。

サロンで子供の脱毛!メリット&デメリット

サロンで脱毛するメリットは、やはり専門家の施術であるため仕上がりがきれいな点、後始末がいらない点、抑毛クリームなどで施術後ケアしてもらえるため効果も割と持続する点です。

サロンで脱毛する場合のデメリットは、やはり費用面と通う手間がある点です。また、サロンは親との同伴をルールーに掲げているところが多いため、親子でのスケジューリングが必要となる点です。

さらにサロンは、施設によってアフターケアの方法や施術方法が異なるため子供にあった方法を選ぶことが重要ポイントとなります。店員さんとの相性もあるので、まずはお試しからサロンを試して脱毛後の皮膚の状況や子供の様子をみてから特定のサロンに通うことを検討するのがベストです。

もう一つサロンの脱毛で注意したいのが、子供の永久脱毛等の場合には成長中のホルモンバランスの影響によって脱毛後も新しい毛が生えてくることがあるので、あくまで脱毛の頻度を下げるための脱毛だと考えるほうがスマートなようです。

また、施術後に毛の硬毛化が起こる場合があるようです。主な部位は、うなじや背中、二の腕などでレーザー等で照射した場合に活性した場合に起こる現象で誰にでも起こる現象ではないのですが、毛が硬毛化した場合は施術したサロンに相談する必要があります。

安心安全!皮膚科での子供脱毛

アトピー性皮膚炎など肌の弱い子供におすすめの脱毛方法はやはり皮膚科での脱毛です。皮膚科の医師の指示の施術してもらえ、アフターケアも万全です。しかし、一般的な皮膚科で施術することは難しくこの場合、美容皮膚科に行く必要があるようです。

美容皮膚科に行くためにはいくつか注意点等もあります。詳細については下記の「皮膚科での子供脱毛!メリット&デメリット」に記載があります。

皮膚科での子供脱毛!メリット&デメリット

皮膚科で脱毛するメリットとしては、やはりその施術の安全性が挙げられます。レーザー脱毛は照射によってはたとえ保護クリームやジェルを塗っていたとしても皮膚絵のへのダメージはあるようです。そのため、皮膚が弱い子供の場合には、皮膚科の医師のもと施術が行われる皮膚科安全な施術ではベストといえるようです。

皮膚科での施術でデメリットはその費用にあります。サロンに対して美容皮膚科は、約2~3倍かかってしまうようです。また、一般的に美容皮膚科に行く前には初診料の観点から通院している皮膚科で美容皮膚科への紹介状を書いてもらう必要があり、そういった時間と手間がかかります。

また、美容皮膚科だからと言って、肌の弱い誰もが施術を受けられるわけではない点も挙げられます。それはサロンや家庭の脱毛のも言えることなのですが、それぞれの子供の症状によって、ムダ毛を脱毛できる方法も違うためまずはかかりつけの皮膚科で相談する必要があります。

もし、かかりつけ医の診断でレーザー脱毛ができるようで、通院している皮膚科で施術ができない場合には美容皮膚科で施術、できるようであれば通院している皮膚科で施術、最近は一部の皮膚科で脱毛を行っているところもあるようですので、あらかじめ医師と相談しておくのがよいよいです。

もう一つクリニックでの医療脱毛で注意したいのが、ある程度の年齢(皮膚が大人になるまで)処置してくれない場合が多くすべてのクリニックで医療脱毛してくれるかというと、そうではないのです。その為、脱毛する際には必ずクリニックでは医療脱毛をしてくれる年齢を確認したほうがいいようです。

Thumb光脱毛の効果を徹底検証!エステの光脱毛と医療レーザーの違いとは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

子供の脱毛はご家庭にあった方法で

ここまで、子供の脱毛についてご紹介してきました。子供は昔と違い周囲環境などによっても、脱毛せざるを得ない状況にある場合もあり、事情もそれぞれあります。子供だからと言って誰もが脱毛しなくていいということでもなさそうですので、子供の事情を聞き、脱毛を前向きに検討するほうがよさそうです。

また、大人よりも敏感で柔らかい子供の肌は脱毛の頻度や家庭の状況に応じて、それぞれのご家庭や子供の肌に合った脱毛方法をまずは親子で選ぶのがよいようです。

続けて読みたい脱毛についてはこちら

Thumb顔脱毛のおすすめサロンランキング!肌へのメリット・デメリットも調査 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb襟足の脱毛の回数や形まとめ!失敗しないために気を付けたいこととは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-12-15 時点

新着一覧