ノーパンで寝ると痩せやすくなる?ノーパンのメリットや意外な効果は?

近年ノーパン健康法と言う健康法が流行してします。ノーパンで睡眠を摂ることで得られるメリットとはどのようなものなのでしょうか?ここでは、ノーパン健康法と呼ばれる、ノーパンで睡眠を摂る健康法のメリットやノーパン健康法の効果について紹介しています。

ノーパンで寝ると痩せやすくなる?ノーパンのメリットや意外な効果は?

目次

  1. ノーパン睡眠よるメリットとデメリット
  2. 意外な効果は?ダイエット効果も?
  3. ノーパン睡眠のポイント
  4. ノーパン健康法
  5. あなたもノーパン睡眠を試してみよう!

ノーパン睡眠よるメリットとデメリット

ノーパン睡眠による健康法が近年ささやかれているのをご存知ですか?ノーパン健康法とはどのようなもので、どのようなメリットがあるのか紹介していきましょう。

締め付けがないことによるメリット

起きている時間に比べて寝ている間、内臓の動きは鈍くなっています。内臓も体と一緒で寝ている間は修復の時間となっているためです。この内臓の動きを活発にさせるのに、就寝時のノーパンが効果的と言われているのです。

締め付けが無いことで内臓機能が向上すると言われていますが、本当にノーパンで睡眠をとると内臓機能に良い影響が出るのでしょうか?ノーパンで睡眠を摂るメリットを紹介していきましょう。

メリット①血行を妨げない

緩めのパンツであってもパンツに使われているゴムの締め付けによって血行が阻害されてしまいます。太もものあたりには太い動脈が通っているため、その血流が悪くなると下半身には様々な弊害が起こります。

そこで、睡眠中だけノーパンにすることでパンツの締め付けから動脈が開放されると、腸の血行が改善され内臓機能の向上や下半身への血流が改善され、便秘解消などの健康に効果が期待できると言われています。

メリット②むくみ対策

足の付け根には太い血管の他にリンパが通っており、全身をめぐったリンパを回収する役割を持つリンパ節も腹部にあります。このリンパは皮膚の下を通っているため、血管よりもパンツによる締め付けの影響を受けてしまいます。

さらにリンパは睡眠中に全身をめぐり、リンパ節に帰る性質を持っていることから、睡眠中にノーパンでいるとリンパの流れが改善され、足のむくみ改善に効果が期待できます。

メリット③睡眠の質が上がる

ノーパンと言う開放感から寝返りの回数が増えるため、睡眠の質が改善されると言うメリットもあります。寝返りはレム睡眠とノンレム睡眠が入れ替わるときに行われると言われており、寝返りには様々なメリットがあります。

まず、寝返りには一定の部位に体重がかかるのを予防し血流を改善させる効果、次にこもった熱を開放させて快適な睡眠温度を保つ効果が期待できます。ノーパンで睡眠を摂ることで寝返りの回数を理想の回数に近づけられ、睡眠の質が上がる効果が期待できるのです。

メンテナンス面でのデメリット

血流・リンパの改善、睡眠の質の向上など一見メリットしか見受けられないノーパン睡眠健康法ですが、デメリットもあります。ノーパン睡眠健康法のデメリットとはどのようなものなのでしょうか?

デメリット①パジャマや寝具が汚れる

ノーパンで睡眠を摂ると言うことは、寝具やパジャマに直接下腹部が触れてしまいます。肌には皮脂があるためパンツが無い分ダイレクトにパジャマや寝具に肌が接地してしまい、パジャマや寝具が汚れてしまうと言うデメリットもあります。さらに、女性の場合は生理があるため、どうしてもノーパンで寝ると言うわけにはいかないのもデメリットと言えます。

生理中はショーツタイプの生理用品のゴム部分に切り込みを入れることで血行を阻害せずに睡眠が摂れるとも言われていますが、ノーパンよりはどうしても開放感が減ってしまいます。ノーパンで睡眠を摂ると、寝具やパジャマの汚れ具合や、生理中はどうしても着用を避けられないデメリットもあることは理解しておいた方がいいでしょう。

意外な効果は?ダイエット効果も?

ノーパン睡眠には健康の他にもダイエットに効果が期待できます。ここからはノーパン睡眠によるダイエット効果を紹介していきましょう。

効果①内臓の働きが良くなり便秘解消

睡眠中は体の機能のみならず、内臓の機能もスリープモードに突入しているため腸の動きも鈍くなっています。その上にパンツを履くとゴムの締め付けにより、さらに腸の活動を阻害していまうと言うのです。ノーパンで睡眠を摂ることで、腸への負担を無くし活動を妨げないようにすると、睡眠中に腸機能が修復され、日中の活動が活発になると言われています。

実際にノーパン睡眠健康法を試した便秘気味の人が1週間ノーパン睡眠を試しただけで、3~4日に1回だった排便が、2日に1回まで回復、短期間で2kg痩せたたと言う報告もあります。

効果②血行が良くなり冷え性改善

ノーパンで寝ると腹部が冷えそうなイメージがあり、冷え性の人は何かと不安かもしれません。しかし、ノーパン睡眠で太ももにある太い血管の血行が改善されると、全身の血流が良くなり冷え性の改善にも効果が期待できるのです。特に、足先が冷える末端冷え性の人には効果的と言われています。

効果③アンチエイジング効果

ノーパン睡眠健康法ではリンパの流れも改善されます。リンパの流れや血流が改善されると、睡眠中に分泌される成長ホルモンが全身に行き渡り、肌や近年美容に大きな役割を持つと言われる骨、筋肉と言った体組織が修復され、アンチエイジングにも効果が期待できます。

効果④肌荒れ改善効果

睡眠の質が上がることで成長ホルモンの分泌や若返りホルモンで有名なパロチンの分泌が活発になり、改善された血行・リンパに乗って全身に運ばれシミ・しわ・くすみ・ニキビの改善にも効果が期待できると言われています。これらの効果は質の高い睡眠が摂れるだけでも、十分に効果が期待できます。

効果⑤ダイエット効果

人間が日中活動するにはエネルギーが必要になりますが、睡眠でもそのエネルギーが得られます。睡眠が5時間未満の場合は体がエネルギーを欲してしまい、食欲を増幅させるホルモンが分泌され、少量の食事であっても脂肪として蓄えてしまいます。

逆に、食欲を抑制させるホルモンは減少してしまうため、余計に食事を欲してしまう状態に陥ります。そのため、質の高い睡眠を最低でも6時間以上は摂ることを心がけるだけでもダイエットに効果が期待できます。

ノーパン睡眠のポイント

ノーパン睡眠健康法には様々な効果が期待できるいい健康法です。ここで、ノーパン睡眠健康法をより効果的にできるポイントを紹介していきましょう。

布団の中を32度に保つ

睡眠をより快適にするには皮膚表面よりもやや低めの32度を保つのがいいと言われています。暖かすぎると発汗してしまい、体が冷えてしまいます。室温25度であればタオルケットを1枚、20度であればの真綿かけ布団、15度なら羽毛布団、室温10度になると羽毛布団と毛布、5度まで下がったら羽毛布団に真綿のかけ布団をかけると、良好な温度を保てます。

パジャマや寝具は肌触りを重視

ノーパンで睡眠を摂るとなると、どうしても腰周りの布ざわりが気になってしまいますよね?そんなときはパジャマやシーツ・布団カバーを肌触り重視で選ぶといいでしょう。シルク素材はサラサラとした手触りで気持ちの良い睡眠が得られます。

しかし、シルクは肌が荒れているときは布に皮膚が引っかかってしまい、そのたびに不快感を感じてしまいます。そんなときはやわらかいガーゼ素材やワッフル生地などがおすすめです。

ノーパン健康法

ここまで、ノーパン睡眠による健康・ダイエット効果を紹介してきましたが、ここでノーパン健康法について再度紹介しておきましょう。

ノーパン健康法とは

日中パンツや服で締め付けてしまいがちな腹部を寝ている間だけでもノーパンにすることで血行やリンパの流れを改善し、腸の動きを活発にさせることで様々な健康効果が期待できる健康法です。やり方は簡単、睡眠時だけノーパンで眠るだけです。寝具は肌触りのよいもので、室温に適した布団をチョイスし、布団内を32度に保つと効果がより高まると言われています。

ノーパン健康法の効果

ノーパン健康法には、血行の改善による腸機能の改善や冷え性の改善の他にも、腸機能の改善による便秘解消効果、リンパの流れが改善されることによる成長ホルモンの働きによるありとあらゆる不調の改善効果が期待できます。

また、ノーパンと言う開放感から睡眠の質が向上し、成長ホルモンの分泌量が増加しアンチエイジングや肌荒れの改善にも効果があります。さらに、睡眠の質と5時間以上の睡眠によって食欲増加ホルモンを抑制し、食欲抑制ホルモンの分泌を増やしてダイエットにも効果が期待できます。

実際に試した人の口コミ

実際にノーパン健康法を試した人によると、「冷え性が改善された」「免疫力がついて健康にいい」「足のむくみが取れた」など、ノーパン健康法で得られる効果が得られているようです。また、思ったよりも寝具やパジャマが汚れなかったと言う意見もありました。

あなたもノーパン睡眠を試してみよう!

ノーパン健康法は今晩からでも簡単に試せる健康法なので、少しでも興味があればやってみる価値があります。特別な道具は一切不要、寝る前にパンツを脱ぐだけでできるので、あなたも早速今晩からやってみませんか?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-12-15 時点

新着一覧