彼岸花の花言葉は?不吉な花・怖いイメージとは違う本来の意味や由来とは?

彼岸花にどのような印象を持っていますか?多くの人が不吉・怖いと感じてしまう彼岸花にも花言葉はあります。そんな彼岸花の花言葉を調べてみると意外にも怖い・不吉と感じさせる花言葉はありませんでした。彼岸花の花言葉とは?怖い印象はどこからきたのか調査してみました。

彼岸花の花言葉は?不吉な花・怖いイメージとは違う本来の意味や由来とは?

目次

  1. 彼岸花の花言葉についてご紹介!
  2. 彼岸花には毒性がある?
  3. 彼岸花・曼珠沙華・リコリスの違いは?
  4. 彼岸花という名前の由来は?
  5. 彼岸花の特徴は「花が咲いてから葉が伸びる」
  6. 彼岸花の花言葉や意味とは?
  7. 彼岸花の花言葉は不吉じゃない?意味は?
  8. 怖いイメージは墓地に生えているから?
  9. 彼岸花は虫よけになる?
  10. 彼岸花は不吉な花ではなかった!

彼岸花の花言葉についてご紹介!

彼岸花についてどれくらいご存知でしょうか?彼岸花には「悲しき思い出」「あきらめ」「独立」「情熱」「感謝」「蘇生」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」などの花言葉があります。

悲しいようでいて、静かに燃える想いを表したような花言葉をもつ彼岸花ですが、みなさんは彼岸花に対してどのようなイメージを持っていますか?畑や墓地などでよく見かける彼岸花について、花言葉だけではなくどのような生態をしているのかなどもご紹介します。

彼岸花とはどんな花?

彼岸花は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草で、クロンキスト体系ではユリ科の球根植物です。道端に自生しており、30~50cmの茎と苞葉だけで形成されています。苞葉がほころぶと5~7個ほどの花を咲かせ、花は横に向かって開いて反り返るように開き輪生状に並びます。

色は赤が主流で時に黄色、白、ピンクと言った色も見受けられます。球根が植えられている限り同じ場所に毎年花を付ける特徴があります。基本的には種ができず、球根に栄養を溜めて毎年同じ場所に花を咲かせます。

彼岸花の科・属名

彼岸花はヒガンバナ科、ヒガンバナ属の植物で、日本では畑のあぜ道や墓地などのまわりに植えられている事もあり、秋にはよく見かける植物のひとつであると言えるでしょう。

彼岸花は別名を曼殊沙華(まんじゅしゃげ)ともいいますので、そちらの名前の方が聞いた事があるという方も少なくありません。彼岸花の先にはお墓があるという場所も多く、彼岸花に不気味なイメージを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

彼岸花の学名

彼岸花の学名は「Lycoris Radiata(リコリス・ラジアータ)」と呼ばれています。多年草で道端に群生している姿を見る事ができるでしょう。夏の終わりから秋のはじめのお彼岸の時期に咲きはじめるため「彼岸花」という名前でよばれるようになったと言われています。

別名として曼殊沙華と呼ばれる事もある植物です。学名になっているリコリスという名前はギリシャ神話の女神の名前から付けられ、ラジアータとは「放射状」という意味をもっています。

彼岸花の英名

彼岸花の英名は「red spider lily(レッド・スパイダー・リリィ)」です。蜘蛛の足のように細長く伸びた花弁を持つ赤いユリという意味になります。

スパイダーリリィという花は別にありますが、こちらは白くて6本の花弁が蜘蛛の足のように長く伸びた形状をしていますので、彼岸花の英名である「red spider lily」のredの部分で区別されているのではないでしょうか。形は多少似ていますが、彼岸花の方が花弁も多くボリュームがあります。

彼岸花の原産国

彼岸花の原産国については日本や中国と言われており、日本だけではなく中国でも目にする事ができます。中国の長江下流地域が原産と言われていますので、中国から日本に渡ってきた植物の可能性があるでしょう。

日本各地でみかけることができますが、中国から持ち込まれて広まったのであればかなり生命力の強い花である事がわかります。今や彼岸花は品種改良がされ、さまざまな品種が生みだされていますので、あぜ道などで見かける彼岸花とは全く違った印象を与える植物もあります。

彼岸花の開花時期

彼岸花の開花時期はお彼岸の頃と言われており、9月の半ばです。お彼岸に合わせたかのように開花し、お彼岸が終わるころには花も終わりになります。

スッと伸びた茎に葉っぱはなく、真っ赤な花だけが大きく咲きますので、存在感のある植物だという印象をうける方も多いのではないでしょうか。葉っぱは花が枯れ始めてから伸びて栄養を球根に集めますので、次の年も同じ場所に同じように大輪の花を咲かせる準備をしているのでしょう。

彼岸花の花の色

彼岸花の花の色は基本的には「赤」ですが、品種改良が進み、「赤」以外の品種が豊富にあります。彼岸花の他の色は「黄色」、「白」、「ピンク」などがありますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

「黄色」の彼岸花は「ショウキズイセン」と呼ばれており、日本では比較的暖かい地域である四国から沖縄にかけてみられます。「白」の彼岸花は「シロバナマンジュシャゲ」と呼ばれており、自然交雑種ですので交配力が弱くあまり見かける事のない珍しい花です。

彼岸花の別名

彼岸花の別名はさまざまあります。一般的には「曼殊沙華(マンジュシャゲ)」や「リコリス」などと呼ばれる事が多く、そちらの名前で知っているという方も多いでしょう。

地方によっても彼岸花の呼び名は違います。「死人花」「地獄花」「幽霊花」「剃刀花」「狐花」「捨子花」「毒花」「痺れ花」「天蓋花」「狐の松明」などと呼ばれ、名前の響きからあまり良いイメージの花ではないことが分かります。珍しい言い方だと「葉見ず花見ず」、「雷花」などと呼ばれる事もあるでしょう。

彼岸花には毒性がある?

彼岸花にはすべての部分で毒性があります。赤い花の部分や葉っぱ、茎、球根、すべてに毒性がありますが、一番強い毒性を持っている場所が球根です。彼岸花に含まれている毒は「リコリン」や「ガラタミン」などの他、20種類ほどの有毒アルカロイドです。

彼岸花・曼珠沙華・リコリスの違いは?

彼岸花は曼殊沙華やリコリスと呼ばれていますが、どのような違いがあるのかご存知でしょうか。彼岸花とは別に「スペインカンゾウ」と呼ばれる植物も実は「リコリス」と呼ばれています。

「スペインカンゾウ」は薬草としても使われている「甘草」と同じですので、毒性のある彼岸花とは違いますね。白い彼岸花の事を「シロバナマンジュシャゲ」という名前でよばれますが、仏教で伝わっている曼殊沙華は白くて柔らかい花ですので、彼岸花とは違う花であるとされています。

彼岸花という名前の由来は?

彼岸花の名前には多くの由来や別名があります。彼岸花の名前の由来や、彼岸花に付けられたたくさんの別名を紹介していきましょう。彼岸花の別名でもある曼殊沙華の由来は仏教の言語とも言われているサンスクリット語が元になっていると言われています。

サンスクリット語では曼殊沙華は「白くやわらかい花」であり、伝説の花ですので、彼岸花とは形状が異なる言われています。悪行を払うと言われている良いイメージを持つ植物です。

彼岸花という名前の由来1:お彼岸の時期に咲くから

彼岸花で一般的に語られている由来は、お彼岸の時期に花を咲かせるからと言うものが有力です。また、毒抜きを施せば非常食になることから悲願の花とする由来も彼岸花の由来とされています。

ちょうど秋になるころの9月半ばにはつぼみから大輪の花へと変わっていきますが、毎年狙ったかのようにお彼岸のはじまる時期に開花し、お彼岸が終わるころには花が枯れはじめ、花が完全に枯れると今度は葉っぱを伸ばしはじめて冬でも球根に栄養を蓄えようとします。

彼岸花という名前の由来2:毒をもっていたから

彼岸花はお彼岸の時期や非常食とされた悲願の意味を由来としている他に、非常に強い毒をもつことから、「この花を食べたら死(彼岸)しかない」と言う由来もあります。

強い毒性を持つ彼岸花は、誤って食べないようにという理由からつけられた可能性も考えられるのではないでしょうか。「毒があるから食べてはいけない」という戒めとしてなのか、食した人物が彼岸(あの世)にいってしまったという教訓からか、いずれにしても彼岸花の危険性を訴えています。

彼岸花という名前の由来3:元々は中国の花だったから

今では当たり前のように見かける彼岸花ですが、出自をたどると中国から輸入されたものであるとも言われています。稲作が取り入れられるようになった時代に、土に穴を掘るモグラやねずみといった小動物を避けるために畑に植えたのが彼岸花の由来ともされています。

日本全土で見かけることができるため、彼岸花は自生植物のように考えている方もいますが、中国から害獣除けとして伝わり、さまざまな集落で植えられたと考えるのが妥当ではないでしょうか。

実は別名がたくさんある!

彼岸花にはたくさんの由来があるように、たくさんの別名があるのをご存知でしょうか?彼岸花の別名には「死人花」「地獄花」「幽霊花」など、死を連想させる怖いイメージの別名が付けられています。これは墓地に彼岸花が植えられている由来から連想された別名であると考えられます。また、毒があるイメージから「蛇花」、花がかみそりに見えた由来から「剃刀花」と呼ばれています。

また、狐火など狐が火を使って悪さをする由来から「狐花」、茎から花にかけて葉がなく栄養を供給するものがいない由来から捨て子のイメージを彷彿とさせる「捨子花」、毒によって歯が抜ける由来から「はっかけばばあ」などの別名があります。彼岸花には100を超える別名があるとされており、それだけ人に存在感を与える花とも言えます。

彼岸花の特徴は「花が咲いてから葉が伸びる」

彼岸花の生態は特徴的で、花が咲いているうちは葉っぱが全く生えてきませんが、花が咲くのが先で、その後から葉っぱが伸びてきます。花が咲き終わってから葉っぱが生えてくるのには理由があり、冬の間でも光合成をおこなう為です。

光合成をおこなった葉っぱは、球根部分に常に養分を蓄え続けて5月ごろには葉っぱもすべて枯れます。そのまま9月のお彼岸の頃に発芽させ、再び茎をのばして大きくて赤い花をつけ、これを毎年繰り返します。

彼岸花の花言葉や意味とは?

彼岸花には「悲しき思い出」「あきらめ」「独立」「情熱」「感謝」「蘇生」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」と言った花言葉がありました。

彼岸花はこの花言葉の通り悲しいイメージの花なのでしょうか?彼岸花と言えば、墓地と共に赤のイメージの強い花ですが、実際には赤の他にも3色の彼岸花が現存しています。彼岸花にも当然色ごとの花言葉があるので、彼岸花の色と種について紹介していきましょう。イメージとは違う花言葉もありますのでチェックしてみて下さい。

彼岸花の白色の花言葉の意味

白い彼岸花には「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」という花言葉があります。「想うはあなた一人」には一途な想いが、「また会う日を楽しみに」には再会を願う希望の表れを感じさせる花言葉です。

白い彼岸花は曼珠沙華の名にふさわしい花ですが、元は赤い彼岸花と鍾馗水仙との自然交配種と考えられています。「いつかどこかでまた会える」という純粋な気持ちを表すような花言葉が多く、まっすぐに想いを貫いていく姿がイメージできるのではないでしょうか。

彼岸花の赤色の花言葉の意味

花言葉とは、花の種類ごとに違うのがあたり前ですが、実は花の色によっても意味が変わるのをご存知でしたか?例えば、バラであれば、赤に「愛」ピンクに「感銘」黄であれば「ジェラシー」と言ったように、色ごとで花言葉が変わります。

赤い彼岸花の花言葉は「情熱」、「再開」、「あきらめ」、「あなたひとりを想う」、「悲し思い出」、「独立」などがありますが、自分と向き合う事を表現した言葉が多い事がわかるでしょう。彼岸花にはピンクのような珍しい色もありますので、そちらもご紹介します。

ピンクの彼岸花は学名を「リコリス・インカルナータ」と呼ばれており、彼岸花の仲間であるとされています。彼岸花と同じく、球根を種とする多年草で8月上旬~中旬にかけて花を咲かせます。別名を「夏水仙(なつずいせん)」と呼び、花言葉は「深い思いやり」「快楽」「辛く切ない痛み」と言ったものがあります。ミステリアスなイメージのあるピンクからこの花言葉がつけられたと考えられます。

彼岸花の黄色の花言葉の意味

黄色い彼岸花の花言葉は「深い思いやりの心」「追想」「悲しい思い出」があります。「思いやり」や「追想」と言ったあたたかく、黄色に合った優しいイメージのある花言葉が付けられています。

黄色い彼岸花は別名を「鍾馗水仙(しょうきずいせん)」と言い、赤い彼岸花よりやや遅めの10月~11月に黄色い花を咲かせます。「陽気」や「元気な心」という花言葉もありますので、前向きなイメージを与えてくれる植物である事がわかるでしょう。

彼岸花の花言葉は不吉じゃない?意味は?

彼岸花には何度も紹介しているように、「悲しき思い出」「あきらめ」「独立」「情熱」「感謝」「蘇生」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」と言った花言葉があります。「独立」「また会う日を楽しみに」などの花言葉は、次への希望に溢れた花言葉で彼岸花独特の不吉さを感じさせません。

「情熱」「想うはあなた一人」の花言葉は、誰かに対する熱い想いを感じさせ、「感謝」にはそのまま謝礼の意味、「蘇生」には死の淵から脱すると言う不吉とは無縁の花言葉です。しかし、「悲しき思い出」「あきらめ」は不吉に感じられます。「悲しき思い出」「あきらめ」の花言葉にはどのような意味があるのでしょうか?

彼岸花のネガティブな花言葉

彼岸花の「悲しき思い出」「あきらめ」これら2つの花言葉は一見悲しそうであったり、不吉なイメージを持つものですが、実際は不吉なものではないようです。と言うのも、悲しい思い出に至るには幸福な思い出があってこそ悲しいと感じられる思い出となりますが、悲しいものになる前には幸福であったことを示しています。つまり、悲しいことの次は幸福が訪れる、吉兆であるとされているのです。

また、「あきらめ」とは仏教で言うところの「悟り」であり、なんらかの目標を諦めるなどといった不吉な意味とは別物と考えられています。親しい人を亡くしたことをあきらめ(悟)ると言った意味がこめられており、悲しみから脱して穏やかな心地に至ることを表しています。

彼岸花のポジティブな花言葉

怖い・不吉と言ったネガティブな花言葉の他にも彼岸花には、「独立」「情熱」「感謝」「蘇生」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」と言ったポジティブな花言葉もあります。「独立」はそのまま、子の独立や会社の独立など成長の結果を表し、「情熱」は何かに対する熱い想いの表れです。

「感謝」はそのままの意味ですが、「蘇生」は死んだ人が生き返る良い出来事と取れます。「想うはあなた一人」には一途な恋心、「また会う日を楽しみに」には再会を楽しみに待つあるいは、また会えるようにと願う意味がこめられています。

実際には明るい花言葉の方が多かった

彼岸花には「悲しき思い出」「あきらめ」のように一見不吉に見える花言葉もありましたが、それらも意味を紐といてみれば不吉でも怖いイメージでもなく、次への幸福の表れとした意味がこめられていました。続く「独立」「情熱」「感謝」「蘇生」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」の花言葉にも次への希望が溢れた花言葉でした。花言葉からは不吉・怖いといったイメージはありませんでした。

怖いイメージは墓地に生えているから?

しかし、彼岸花のイメージが怖い・不吉と言うイメージはどうしても拭えません。その原因は彼岸花が墓地に生えていることが多いためと考えられます。彼岸花と墓地の関係について調べてみました。

彼岸花は、球根植物の多年草です。球根が植え替えられない限り同じ場所に咲く性質があります。その性質を生かして墓地に植えたために、毎年同じ時期に同じ場所に同じ量の花を咲かせることになるので、墓地に咲いているイメージが強く、不吉・怖いと言ったイメージを与えてしまうようです。

どうして墓地に生えている?

彼岸花が墓地に生えているのは、昔人の手によって植えられたためです。球根植物である上に球根に毒を持つ彼岸花は、動物に食べられることも無ければ、受粉による自生地の分布もできないため、人の手によって植えられない限り、別の場所に自生することはありません。

よって、彼岸花が墓地に生えているのは、以前に人の手によって植えられたとしか考えられません。彼岸花には毒性がありますので、畑と同じように墓地を荒らされたくないという方が植えたのではないでしょうか。

お墓を守る役割があった

では、何故墓地に彼岸花を植えたかですが、それは畑に植えられた彼岸花と同じ理由と言われています。稲作が普及し始めた時代の墓地と言えば、ほとんどが土葬と呼ばれる、遺体をそのまま土の中に埋める風習でした。

つまり、墓地に彼岸花が植えられたのは、埋めた遺体を動物が掘り起こすのを防止するためと言われています。現在では火葬が普通になっていますが、少し前までは土葬が一般的で、墓を荒らす害獣などを寄せ付けなくさせる必要がありました。

仏教では悪行を払うといわれている

彼岸花には曼珠沙華と言う別名があり、これはサンスクリット語で天上の花と言う意味があります。ただ、仏教で言われいている曼珠沙華とは白い花弁であり、赤い彼岸花とは違うものとする意見もあります。

ただ、赤い花・天上の花の意味が強く、「曼珠沙華を見た人は悪行をしなくなる」と言う言い伝えがあります。仏教では、彼岸花(曼殊沙華)は悪いモノを払ってくれる効果がある植物であり、とてもありがたい花であると信じられています。

彼岸花は虫よけになる?

彼岸花は虫よけになるという方もいますが、害虫などを寄せ付けないのではなく、害獣よけに効果的な植物です。彼岸花の茎の部分には毒性があるため、畑を荒らしてしまうモグラやネズミなどを遠ざけると言われています。

畑を荒らされては困るという理由から、畑のあぜ道などに彼岸花を植える方も少なくありません。茎に含まれる毒性だけではなく彼岸花の匂いもモグラやネズミは嫌がりますので害獣除けとしては効果があるのではないでしょうか。

彼岸花は不吉な花ではなかった!

墓地に生えていることから怖い・不吉といったイメージの強い彼岸花ですが、彼岸花が墓地に植えられた由来をたどると、とても実用的な目的の元に植えられたことが分かりました。墓地に植えられた理由が分かれば不吉や怖いと言ったイメージも払拭できたのではないでしょうか?

また、彼岸花には悲しいようでいて、次への希望に溢れた花言葉がありました。花を咲かせてからはひたすら球根に栄養を送り続け、やがて枯れても同じ場所でまた花を同じ花を咲かせる彼岸花には輪廻転生を彷彿とさせます。彼岸花が墓地に植えられた由来は、故人への思いや願いがこめられているのかもしれませんね。

花言葉に関連する記事

Thumbチューリップの花言葉を徹底解説!色や本数別の意味・由来を調査 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb青いバラの花言葉の意味・由来は?本数によって変化するの? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbスイートピーの花言葉を色別に紹介!赤や白・ピンクはどんな意味? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbアジサイの種類一覧!人気の色や花言葉の意味・由来など徹底解説 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-31 時点

新着一覧