さくらももこさんが死去。死因やちびまる子ちゃんの今後は?最後のブログに涙。

お茶の間に笑顔を届けた漫画家さくらももこさんが53歳で死去しました。人気アニメ『ちびまる子ちゃん』の原作者として人々に愛されたさくらももこさんの死去のニュースに誰もが涙を流したものです。さくらももこさんの死因やちびまる子ちゃんの今後の放送についてまとめました。

さくらももこさんが死去。死因やちびまる子ちゃんの今後は?最後のブログに涙。

目次

  1. 国民的アニメの原作者・さくらももこさん死去
  2. 若くしてなぜ!?さくらももこさんの死因は?
  3. 最後のブログに涙!さくらももこさん死去を悲しむ人気声優とは
  4. 原作者さくらももこさん死去!ちびまる子ちゃんは今後どうなる?
  5. まとめ:ファンの心に生き続けるさくらももこさん

国民的アニメの原作者・さくらももこさん死去

あまりに突然のことで、多くの人はすぐに受け入れられなかったさくらももこさん死去のニュース。大人気アニメ『ちびまる子ちゃん』の原作者として、世代を超えて知られていたさくらももこさんはいったいどのように死を迎えたのでしょうか。死因やちびまる子ちゃんの今後について調べました。

さくらももこさんのプロフィール

さくらももこさんは1965年5月8日生まれ、静岡県出身で本名は非公開の漫画家です。漫画家の他にも作詞や脚本などの活動も行っていました。さくらももこさんは短大在学中に『教えてやるんだ、ありがたく思え!』でデビューしました。

1986年、短大を卒業し東京にある出版社に入社しました。その頃すでに漫画家デビューしていたさくらももこさんは夜に漫画を描かなくてはいけなかったのですが、その結果、寝不足で会社では居眠りばかりしていたので、上司から会社か漫画のどちらを選ぶかという選択をせまられたそうです。結局、さくらももこさんは大好きな漫画で食べていくことを決意しました。

その同じ年に、さくらももこさんの代表作・ちびまる子ちゃんが、女子向けの漫画雑誌『りぼん』に掲載されることになったのです。同級生にはFC東京監督の長谷川健太さんや、放送作家の平岡秀章さんなどの著名人がいます。漫画家ということであまりメディアには登場しませんでしたが、どことなくちびまる子ちゃんに似ています。

ちびまる子ちゃんはさくらももこさんの分身だった

ちびまる子ちゃんの主人公まる子は、さくらももこさんの分身だったそうです。ちびまる子ちゃんは、半分ノンフィクションでありエッセイ漫画だったと言えるでしょう。漫画に登場する親友のたまちゃんや、面白いクラスメートはまじは、実際のさくらももこさんの友達をモデルにしたものなのです。

先にご紹介した長谷川健太さんや平岡秀章さんも、ちびまる子ちゃんに登場しています。キャラの濃い父・ヒロシや祖父・友蔵も、実際のさくらももこさんの父や祖父と似ている部分もあるそうです。ちびまる子ちゃんの世界は、小学3年生のさくらももこさんの等身大の姿が描かれているのです。

夫は?子供は?さくらももこさん死去に悲しむ家族

さくらももこさんには夫と子供がいるそうですが、きっと母であり妻であるさくらももこさんの死去に、憔悴しきっているのではないでしょうか。さくらももこさんには二度の結婚歴があります。一度目の相手は、結婚当時『りぼん』の編集者だった宮永正隆さんです。この男性との間に長男が生まれましたが、4年後に離婚しています。

そして2003年さくらももこさんは、イラストレーターで4歳年下のうんのさしみさんと二度目の結婚をしました。うんのさしみさんとの間に子供がいるかはわかっていませんが、1人目の夫との間に生まれた長男は、現在、さくらめろんというペンネームで絵本作家として活躍しているそうです。共同で本を出版するくらい仲のよかった親子。母親が死去した悲しみは計り知れません。

さくらももこさんのお通夜と告別式は、すでに近親者だけで行われたとされています。さくらももこさんには、先ほどご紹介した家族の他に姉がいるという情報もあります。漫画家仲間やファンとのお別れ会もあるかも知れませんが、とりあえずは気の置けない身内と静かにお別れしたのでしょう。

ちびまる子ちゃん第1話を観てみよう!

もはや日本人で、さくらももこさんが原作者であるちびまる子ちゃんを知らない人はいないでしょう。1990年から始まり2年後に放送終了したにもかかわらず、3年後の1995年の再開から今に至るまで約25年間、お茶の間に笑いと癒しを届けたちびまる子ちゃんの、記念すべき第1話を観てみましょう。

ちびまる子ちゃんの神回はこちら!

そしてアニメ映像はないのですが、ちびまる子ちゃんの神回といえば、1071話の『友蔵の誕生日会』です。ある日、まる子のおじいちゃん・友蔵の耳に突然「カシャ」という音が聴こえてくるようになります。ついに耳がおかしくなったか!?と焦る友蔵に何が起こったのでしょう。笑いの中に涙ありのストーリーです。

Thumbうんのさしみのイケメン画像!さくらももこの夫の現在や本名を調査! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

若くしてなぜ!?さくらももこさんの死因は?

さくらももこさんの死因は乳がんだった!

さくらももこさんの死因は乳がんだと言われています。おそらく入院していたのだと考えられますが、いつ頃から症状が出始め、いつ入院したかなどの情報は一切明らかにされていません。ほとんど表舞台に顔を出さなかったさくらももこさんなので、もしかすると随分前から症状に苦しめられていたのかも知れません。

女性に多い死因・乳がんはどんな病気?

乳がんとは、30代から60代の女性がかかるガンの中でも最も多いとされています。胸にしこりができるのですが、発見が早ければ完治する可能性は高くなります。しかし進行が早かったり、他の部分に転移が見られた場合は、命を落とすこともある病気です。

乳がんは生活習慣の乱れや、ホルモンバランスが崩れることからも引き起こされる病気です。さくらももこさんは、売れっ子漫画家なので、締切に追われたりストレスを溜めることが多かったのかも知れません。さくらももこさんの乳がんのニュースを聞いた多くの女性が、乳がん検診の大切さに気付き始めているようです。

ちびまる子ちゃん声優のあの人も乳がんで死去していた!

そしてなんと約2年前には、まる子の姉・さき子役の声優である水谷優子さんも同じ乳がんで死去しています。年齢もさくらももこさんとほとんど変わらない51歳という若さでした。偶然とはいえ、水谷優子さんが死去した日のことを思い出して悲しくなった人もいるでしょう。

水谷優子さんが亡くなった日、さくらももこさんは追悼のコメントを発表していました。そのときはまさか自分も同じ病気にかかるとは夢にも思わなかったでしょう。原作者であるさくらももこさんと、ちびまる子ちゃんのすばらしさを声優として世に伝えた水谷優子さん。天国で再び会えるとよいですね!

Thumbちびまる子ちゃんのお姉ちゃん・水谷優子が死去!2代目豊嶋真千子の評価は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

最後のブログに涙!さくらももこさん死去を悲しむ人気声優とは

さくらももこさんとTARAKOさんの関係

1990年の初回放送からずっとまる子の声を担当していたのが声優のTARAKOさんです。なんと、さくらももこさんとTARAKOさんは声がそっくりなのだそうです。さくらももこさんと大の仲良しだったTARAKOさんは、さくらももこさん死去のニュースにかなりショックを受けていたようです。

TARAKOさんのブログに涙!その内容とは

そんなTARAKOさんがブログで発表した、さくらももこさんに対するコメントが涙を誘うと話題になっています。さくらももこさんの病気についてまったく知らないことの謝罪や感謝の気持ちが綴られています。そして「自分は先生の分身である三年生の子に、今後も嘘のない命を吹き込み続ける」と誓っています。

さらに、「天国へ行ったら水谷優子さんによろしく」と語りかけています。ちびまる子ちゃんの声優や原作者が次々と死去していく中、TARAKOさんは辛い気持ちでいっぱいでしょう。さくらももこさんは、本当に愛された漫画家だったのです。

さくらももこさん死去前のブログに綴られた内容

ちびまる子ちゃんに関わる人の死去と言えば、今年5月、歌手の西城秀樹さんが63歳で亡くなりました。さくらももこさんが西城秀樹さんの大ファンということで、ちびまる子ちゃんの中でも姉・さき子が西城秀樹さんのファンだという設定だったようです。

アニメの主題歌も歌っていた西城秀樹さんが死去したとき、さくらももこさんは追悼のコメントを発表していました。約3ヵ月前であれば、このときすでにさくらももこさんは病と闘っていたのかもしれません。大好きな人の死に、きっと胸が締め付ける思いだったのでしょう。

原作者さくらももこさん死去!ちびまる子ちゃんは今後どうなる?

9月2日は放送内容を変更

さくらももこさん突然の死去で、9月2日に放送される予定だったちびまる子ちゃんのお話が変更になりました。9月2日放送されるのは『まる子、つづらの中身が知りたい』と『まる子、きょうだいげんかをする』の2話です。『まる子、きょうだいげんかをする』は、1990年10月に放送された記念すべき第1話をリメイクしたもので、姉・さき子の声は水谷優子さんが担当しています。

ちなみに9月2日にもともと放送予定だった『まる子、ピラニアがこわい』と『まる子、種を食べたい』の2話に関しては、今後ホームページで放送日を案内するそうです。

今後も放送は続く予定

さくらももこさんが亡くなり、人々に笑いと感動を与えてきたちびまる子ちゃんの放送が終わってしまうのでは、と心配する声も多いようです。しかし今後も、ちびまる子ちゃんを愛する制作スタッフにより放送は続けられるとのことでした。日曜日、ちびまる子ちゃんを観て「明日も頑張ろう!」と気合を入れた人はたくさんいるはずです。今後もたくさんの人を励まして欲しいですね。

まとめ:ファンの心に生き続けるさくらももこさん

大人気アニメ・ちびまる子ちゃんの原作者であるさくらももこさんの死因などについてまとめました。作品から滲み出る優しさや人柄の良さに、たくさんの人が虜になったさくらももこさん。ちびまる子ちゃんをこの世に送り出してくれたことに感謝するとともに、さくらももこさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ちびまる子ちゃんに関する他の記事はこちら!

Thumbちびまる子ちゃんでまさかの放送事故?おばあちゃんが2人いる怪奇現象に! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbちびまる子ちゃんのキャラクター一覧!あの登場人物の名前や本名は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-11-16 時点

新着一覧