元nano.RIPE青山友樹さんが死去。死因やドラムの実力がわかる動画を紹介!

ロックバンド『nano.RIPE』でも活躍していたドラマー青山友樹さんが死去しました。父・青山純さん、兄・青山英樹さんというドラム一家で育った青山友樹さんはどんなドラマーだったのでしょう。青山友樹さんの人物や死因について調べました。

元nano.RIPE青山友樹さんが死去。死因やドラムの実力がわかる動画を紹介!

目次

  1. 元nano.RIPEドラム青山友樹さんのプロフィール
  2. 華麗なドラムさばきを観てみよう!
  3. 青山友樹さん死去!死因は何?
  4. 突然の死去を悲しむ家族たち!結婚はしている?
  5. 人気ドラマ青山友樹さん死去に対するファンの反応は?
  6. まとめ:青山友樹さんの早すぎる死!前を向いて歩く兄を応援しよう

元nano.RIPEドラム青山友樹さんのプロフィール

青山友樹さんってどんな人?

青山友樹さんは1988年10月12日東京都に生まれました。2013年に『nano.RIPE(ナノライプ)』というバンドに加入し、2016年に脱退するまでの間、素晴らしいドラムのテクニックでバンドを盛り上げていました。脱退してからはソロ活動を展開しながらいろいろなバンドに参加したり、リハーサルセミナ―といった一般参加型のイベントのお手伝いをしていました。

家族も有名人!一流ドラマーの父を見て育った青山友樹さん

青山友樹さんがnano.RIPEに加入した2013年に死去した父・青山純さんもまた、名ドラマーとして活躍していました。山下達郎さんのライブやレコーディングにドラムとして参加するレギュラードラマーを務め、業界ではその名を知らない者はないというくらい、確かな実力の持ち主でした。

青山友樹さんは、父がドラムを叩く姿を幼い頃から見てきました。しかし特に指導を受けたわけではなく、教わったことは「上手くなるにはただひたすらドラムを叩くこと」とだけだったそうです。青山純さんは、青山友樹さんに影響を与え続けた偉大な父親でしたが56歳で死去、死因は肺血栓塞栓症でした。

兄もドラマーの青山英樹さん

青山友樹さんには兄がいます。青山英樹さんと言って、友樹さん同様に優れたドラマーです。プロのドラマーとしてさまざまなアーティストのツアーやレコーディングに参加し、高い評価を得ています。

さらに2012年には日本芸術専門学校でドラムの講師としても活動しています。2013年人気ガールズバンド『BABYMETAL』のバックバンドとして参加してからは、青山英樹さんの高い技術が広く知られることとなり、知名度が急上昇するきっかけとなりました。

所属していたバンド『nano.RIPE』とは

青山友樹さんが所属していた『nano.RIPE』というバンドをご紹介します。nano.RIPEは1998年に結成されたロックバンドです。千葉県出身、元同級生だったボーカル&ギター・きみコさんとササキジュンさんが中心となっているグループです。何度かメンバーチェンジを繰り返し、現在は初期の2人で活動しています。

個性的な声やサウンドでアニメの主題歌を手掛けることが多いnano.RIPEは、2018年で結成20周年を迎えるそうです。2013年から2016年までの3年間、活動を共にした青山友樹さんに追悼のツイートを投稿しています。

2015年頃から全国ツアーが拡大され、青山友樹さんもnano.RIPEのドラムとして全国各地を回っていました。青山友樹さんは食通であるようで、ツアーのたびに各地の郷土料理や名産品をTwitterに投稿することも多かったようです。素晴らしい才能があった青山友樹さんの死去の知らせに、nano.RIPEのメンバーもショックを受けていることでしょう。

nano.RIPE脱退後はソロ活動も

nano.RIPE脱退後も、1人のプロミュージシャンとしての実力を買われ、多くの人と仕事をしてきた青山友樹さん。ドラムのテクニックだけではなく、人柄の良さでたくさんの人に愛されてきたのが、青山友樹さんのTwitterからよくわかります。

華麗なドラムさばきを観てみよう!

nano.RIPEで演奏する青山友樹さんの動画をご紹介!

青山友樹さんがnano.RIPEで活躍していたときの映像を観てみましょう。ドラムはどうしてもステージの後ろ側に位置する楽器なのですが、それでもチラリと映る姿から、青山友樹さんのドラムテクニックの素晴らしさが伝わるのではないでしょうか。抜群のリズム感でバンドの心臓となる青山友樹さんのドラムを堪能しましょう。

気持ちよさそうにドラムを叩く青山友樹さんにウットリ!

青山友樹さんのドラムは聴いている人だけが感動するのではありません。誰よりも自身が最もドラムを楽しんでいるのが、映像を観てもよくわかります。アップテンポの曲ですら青山友樹さんはとても伸びやかに演奏し、この一瞬を心から楽しんでいるように見えます。そんな姿にウットリしてしまうファンもいたでしょう。

父・青山純さんのドラムを聴いてみよう!

青山友樹さんに影響を与えた伝説のドラマー・青山純さんのドラムがこちらです。nano.RIPEの奏でる音楽とは少しジャンルが違いますが、圧倒的な存在感はさすが青山友樹さんの父です。多くの有名ミュージシャンのバックドラマーとして活躍してきただけに、貫禄のあるドラムさばきです。

実力派ドラマーの兄・青山英樹さんの演奏はこちら!

同じ家族でもそれぞれに個性があります。兄・青山英樹さんの奏でる音は、とてもアグレッシブで強いイメージを持たせます。BABYMETALというガールズバンドに合わせた演奏ができるのはプロの成せる業でしょう。ジャンルこそ違いますが、家族3人がそれぞれに才能を発揮しているところがすごいですね!

青山友樹さん死去!死因は何?

青山友樹さん死去を報告したのは兄のTwitter

かつてnano.RIPEのドラマーとして活躍してきた青山友樹さんの死去を報告したのは、兄・英樹さんでした。亡くなったのは8月21日でしたが、英樹さんが自身のTwitterで報告したのは9月3日。すでに10日が経過していました。あまりに突然のことで、頭と心の整理がなかなかつかなかったのかも知れません。これを見た多くの関係者、ファンに衝撃が走りました。

死因は急性心不全

青山友樹さんの死因は急性心不全と診断されています。急性心不全とは、高血圧やアルコールの過剰摂取、ストレス、そして普通の風邪などから起こる感染症などが原因で引き起こされる心臓の状態のことを言います。つまり、青山友樹さんが急性心不全を引き起こす前に、体になんらかのトラブルがあったのかも知れませんが、それは明らかにされていません。

急性心不全とはどういう病気?

急性心不全とは実は病名ではありません。上記で述べたような様々な原因から、心臓にある血液を循環させる機能が急激に低下してしまう状態のことです。つまり心臓の機能が低下してしまったがゆえに、体のどこかに死因に繋がる何かを引き起こしてしまったと考えられます。

しかし、そのことがあまりはっきりしていないため「死因は急性心不全」と診断されることが多いようです。昨今、死去される有名人の死因には急性心不全が圧倒的に多いのですが、闘病生活もしておらず突然死去すると、ストレスの多い有名人はいろいろな原因が考えられます。そのため急性心不全と発表されることが多いようです。

ドラㇺの叩きすぎが原因!?

青山友樹さんは29歳、父の青山純さんは56歳という若さで亡くなったため「激しいドラムアクションが死因に繋がったのでは?」と疑う人もいるようです。しかし、急性心不全にはたくさんの原因が考えられますし、ドラマーでも元気に過ごしている人もいるので、そういったことが死因に繋がったとは考えにくいでしょう。

突然の死去を悲しむ家族たち!結婚はしている?

独身である可能性が高い

青山友樹さんには自身の家族がいたのでしょうか?29歳ならば、結婚して子供がいてもおかしくはない年齢です。しかし、そういった事実は見つけられませんでした。不規則な生活の中で、旅行したりと自由を満喫していたようなので、おそらく独身だったのでしょう。

姪っ子をとても可愛がっていた青山友樹さん

しかし、兄の青山英樹さんは結婚して女の子がおり、青山友樹さんはその姪っ子をまるで自分の家族のように可愛がっていたと言われています。よく可愛がって遊んでいたのならば、青山友樹さんが亡くなってきっと姪っ子さんも悲しんでいるでしょう。

仲の良い家族だとわかるTwitter

青山友樹さんが母親とも仲が良かったことがわかるTwitterがあります。青山友樹さんは兄・英樹さんともTwitterで画像を公開していることがあり、家族がとても仲が良いのだと想像できます。愛する夫、そして最愛の息子を亡くし青山友樹さんの母親も辛い日々を送っているでしょう。

人気ドラマ青山友樹さん死去に対するファンの反応は?

「素晴らしい才能だった」

青山友樹さんのドラムテクニックを知る人は、本当に彼の才能を高く評価していました。そして、青山友樹さんの早すぎる死に、ただ驚きを隠せない様子でした。ソロとして活動し、多くのミュージシャンとも交流があった青山友樹さんの死は、音楽業界にも大きな衝撃を与えたに違いありません。

「早すぎる死を受け入れられない」

じょじょにドラマーとしての活躍の場を広げ始め、まさにこれからというときの死の知らせでした。いつも笑顔で、人に優しかった青山友樹さんを失い、多くのファンも戸惑いを隠せないようです。ドラムを通じてたくさんの人に感動を与えた青山友樹さんは本当に愛されるドラマーでした。

まとめ:青山友樹さんの早すぎる死!前を向いて歩く兄を応援しよう

急性心不全のため亡くなった青山友樹さんについてまとめてきました。ロックバンドnano.RIPEでも活躍し、たくさんの人に愛されてきた青山友樹さんが惜しまれながらもこの世を去りました。亡き父と弟の意思を継いで、現役ドラマーの兄・青山英樹さんがこれからも素晴らしいドラムを届けてくれるでしょう。青山友樹さんのご冥福をお祈り申し上げます。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-17 時点

新着一覧