中日・森繁和監督ってどんな人?采配にクレーム殺到で解任の噂も?

プロ野球セ・リーグ中日ドラゴンズの低迷で、昨年就任した森繁和監督の進退が注目されています。采配にクレームが殺到し、解任を求められている中日ドラゴンズの森繁和監督とは一体どんな人物なのでしょうか。亡くなった森繁和監督の娘・麗華さんについてもまとめました。

中日・森繁和監督ってどんな人?采配にクレーム殺到で解任の噂も?

目次

  1. 中日のお父さん的存在!森繁和監督のプロフィール
  2. クライマックスシリーズ進出は難しい!?責任は森繁和監督にある!?
  3. 『森降ろし』の風吹く中日!来季の監督は誰?
  4. 中日ドラゴンズ成績不振の裏にあった森監督の娘の死
  5. 森繁和監督に対するファンの声
  6. まとめ:ファンサービスは一流!気になる森繁和監督の進退

中日のお父さん的存在!森繁和監督のプロフィール

駒澤大学で投手として大活躍した森繁和監督

森繁和監督は1954年11月18日生まれ、千葉県出身の元プロ野球選手です。現役引退後はコーチや解説者などを経て、2017年には中日ドラゴンズの監督に就任しました。『森繁』の愛称で親しまれており、強面で近寄りがたい風貌ですが、性格は気さくで心優しく人情味にあふれる監督です。

大学野球で活躍するも入団拒否!社会人野球でも活躍

森繁和監督は現役時代かなり活躍した選手でした。駒沢大学在学中には東都大学リーグで5度の優勝経験があります。1976年の春季リーグではエースとしてチームを勝利に導く他、自らも最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインを同時に受賞する実力の持ち主でした。第5回日米大学野球選手権大会では日本代表に選ばれ、日の丸を背負って試合に臨みました。

1976年には、ドラフトで1位指名されたロッテオリオンズへの入団を拒否します。自分はまだ完璧ではないから、と住友金属に入社、社会人野球への道を進みます。国内での活躍はもちろん、国際試合の代表選手にも二度選出されるという活躍ぶりでした。1978年、頭にデッドボールを受け大けがをしましたが見事に回復し、1979年ドラフト1位指名の西武ライオンズに入団しました。

チームに貢献した現役時代の森繁和

入団した西武ライオンズではルーキーで先発投手団の仲間入りを果たしています。しかしチームは最下位となり思うような成績が残せなかったようです。2年目からはチーム力も強化され、2桁勝利を記録するなどの好成績を残しています。

その後も好調でしたが怪我が続くようになり、1986年には肩の手術のために選手登録されませんでした。アリゾナ・アストロスに野球留学するも、1988年に現役を引退することになりました。選手生活は9年とそれほど長くはありませんでしたが、通算防御率が3.73で可もなく不可もなくといった成績を残しています。

指導者として優勝に貢献したコーチ時代

引退後はまず西武二軍投手コーチからスタートし、数年後には一軍投手コーチに就任しました。しかし10年後の1999年、投手陣の低迷の責任を負い解雇されました。2004年、当時監督だった落合博満からの要請で中日ドラゴンズの投手コーチとなりました。2010年、ヘッドコーチに就任した年には中日ドラゴンズが日本一に輝き、チームの優勝に貢献しています。

『監督代行』から『監督』へ

その後一度は中日を退団し、解説者や評論家として活動していた森繁和監督は、2014年に再び中日のヘッドコーチとして迎え入れられることになります。当時の監督・谷繫元信が選手と兼任していたため、監督代行を務める日もありました。

2016年、チームの成績不振を改善できない谷繫監督が療養したことでシーズン途中の8月から監督代行、後に解任されたことによって、森繁和監督が中日を引っ張っていくことになりました。こうして2017年からは正式に森繁和監督就任が決定したのです。

クライマックスシリーズ進出は難しい!?責任は森繁和監督にある!?

今シーズン中日ドラゴンズのチーム成績

中日ドラゴンズは今シーズン、4月の開幕直後から現在に至るまで5位と6位を行ったり来たりしている状態です。現時点で53勝69敗2分と負け越しており、自力でのクライマックスシリーズ進出は不可能となってしまいました。選手の個人成績も振るわず、ベスト10に名を連ねるような選手はほとんどいないようです。

クライマックスシリーズ進出が厳しくなった森繁和監督の采配とは?

9月になるとクライマックスシリーズ進出を賭けた真剣勝負が始まります。1試合も無駄にできない状況の中、森繁和監督の采配に注目が集まりました。自力でのクライマックスシリーズ進出が消滅した9月2日の対巨人戦、先発投手は調子の上がらない松坂投手でした。結果、2回で7点を失い、投手交代となるも巻き返せず9-13の負け試合となってしまいました。

采配ミスにクレーム殺到!?

2日後の9月4日、負けが許されない試合で抑え投手に起用されたのは、しばらくの間不調で2軍落ちしていた田島投手でした。田島投手のリズムが悪くその後の投手にも影響が出てしまったようです。中日が6点リードしていたのにも関わらず9回裏に同点、さらに延長11回に3点を与えてまさかの逆転負け。森繁和監督のこの采配に、ファンや関係者から多くのクレームが出たそうです。

『森降ろし』の風吹く中日!来季の監督は誰?

森繁和監督を解任させる動きも

松坂投手が2回で降板した日、森繁和監督の采配に対し球団側に多くのクレームが寄せられたようです。中日ドラゴンズ白井オーナーの元には、関連会社や関係者からも、森繁和監督に代わる候補者の案を持ち込んだりする人もいたようです。采配ミスを理由に森繁和監督にクレームをつけ、解任させようとする動きが出てきました。

来季続投を願う白井オーナー

しかしドラゴンズ白井オーナーは、電話や手紙でクレームが殺到しているにも関わらず、森繁和監督を解任させることには難色を示している様子でした。白井オーナーは森繁和監督のことを「真面目で人柄がよい」と高く評価しており、結果や順位だけで解任を決めてはいけないという考えなのでしょう。今回のクレームで白井オーナーの進退に対する問題も浮上しているようです。

編成には定評があった森繁和監督

采配にはクレームが多数あるものの、森繁和監督を編成面で高く評価する人もいます。メジャーは引退してもまだまだ活躍できる松坂投手を引っ張ってきたのもコーチ時代の森繁和と言われており、海外の優良選手を獲得する力にも長けているそうです。監督を解任しても、どうにかしてチームに残って欲しいと思う中日ファンも多いようです。

選手からも慕われるお父さん的存在

森繁和監督をよく知らない人からは、見た目から不愛想だったり怖い人と思われがちですが、本当はとても優しいひとだそうです。面倒見のよさや誠実さから選手にも慕われていると言います。指導に関しては厳しい面もありますが、「兄貴」とか「お父さん」的な存在なのでしょう。森繁和監督が解任されると悲しむ選手もいるかも知れません。

今季はやり抜くと決めた森繁和監督

クレームの嵐で解任を迫られている森繁和監督ですが、こんな状況でも「自分は最後までやり抜く」と宣言しています。チームの勝ち負けだけでなく個人成績にも気を遣い、最後まで中日ドラゴンズの面倒を見る心意気です。こういった誠実な態度が、選手の心をグッと掴むのでしょう。男前な森繁和監督を最後まで応援しようとしているファンもいます。

中日ドラゴンズ成績不振の裏にあった森監督の娘の死

亡くなった森繁和監督の娘・矢野麗華さんとは

仕事とプライベートを混同させてはいけないと頭ではわかっていても、森繁和監督が常に気にかけていたのは娘の麗華さんのことだったのではないでしょうか。森繁和監督の娘・矢野麗華さんは病気を患い35歳でこの世を去りました。麗華さんは一般の方のようで、明らかになっている情報はほとんどありませんでした。

亡くなったのはいつ?死因は何?

麗華さんの死因は乳がんでした。闘病期間は不明ですが、小林麻央さんが同じ年代で、同じ病気で亡くなっていることを考えると、娘の麗華さんも1年半ほど闘病していたと考えられます。麗華さんが亡くなったのは8月7日のことでした。森繁和監督は亡くなる前日、病室で娘・麗華さんと過ごしたそうです。「娘はまだ大丈夫だろう」そう思った矢先に訪れた永遠の別れでした。

娘の死の翌日も球場へ!対広島で無念の引き分け

森繁和監督が麗華さんの死の知らせを受けたのは、病室を出て新横浜から本拠地名古屋に向かう新幹線の中でした。すぐに引き返しましたが間に合わず、麗華さんの最期を看取ることはできませんでした。

その日、再び名古屋に向かうと球場にいる選手たちに「今日は一緒に戦わせて欲しい」と話したそうです。結局、広島に勝つことはできませんでしたが、1-1の引き分け。亡くなった麗華さんに勝ちこそプレゼントできませんでしたが、首位相手に全力で戦った父の姿は麗華さんに届いたのではないでしょうか。

森繁和監督に対するファンの声

「来季も続投を希望!」

ここ数年、なかなか上位に行けなかった中日ドラゴンズの監督を引き受けてくれた森繁和監督。誰がやっても苦しむなら、自分が面倒を見ようという責任感の強さも、多くのファンから愛される理由のひとつです。中日の低迷は監督の責任だけではないと、森繁和監督を擁護する声もあります。

「強面だけど優しい人」

ファンサービスなど、過去の監督がほとんど力を入れてこなかったことに着目した森繁和監督を応援する声も多々あります。プロ野球はファンがいてこそ成り立つものです。ファンサービスを徹底した森繁和監督が解任されると、中日ファンが減ってしまう可能性もありますね!

「解任してほしい!」

森繁和監督の人柄がどうであれ、結果が全ての中日ファンにはもう限界が来ているようです。谷繫元監督時代から数年、上位に行けない悔しさを抱えたファンからは、森繁和監督の解任を望む声が挙がっています。確かに結果だけ見ると、解任もやむを得ないのかも知れません。チームを応援するとき一番大事なものは人によって違うものです。

まとめ:ファンサービスは一流!気になる森繁和監督の進退

中日ドラゴンズの森繁和監督について調べました。チームの立て直しを図るべく就任しましたが、今季はどうやら失敗に終わってしまったようです。応援する声とクレームが入り混じる中、森繁和監督の進退はどうなるのでしょうか。亡くなった麗華さんのためにもできれば来季も頑張って欲しいですね。とにかく今は、残された試合を精いっぱい選手と共に頑張って欲しいです!

あわせて読みたい『プロ野球』に関する記事はこちら!

Thumb今、流行りのプロ野球大好き女子!あなたは好きな球団がありますか? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb落合博満の成績まとめ!プロ野球選手時代の伝説は?最年少三冠王 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-07-22 時点

新着一覧